なんでも DIY Diary 2019年03月
fc2ブログ
なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



Total

現在の閲覧者数:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



P1000用カメラ支持器/DIY
Cam,era Holder for P1000/DIY
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

望遠 3000mmのバズーカー砲 三脚取付用にカメラ支持器作成

コンデジバズーカー砲、超望遠3000mm相当が特徴の Nikon COOLPIX P1000を昨年10月購入
超望遠時は三脚を使いたいところながら、三脚用ネジは、カメラ本体底面にあり、三脚に装着すると、伸びたレンズとカメラ本体を、一番手前で保持するようになり、とても不安定。
そこで、重心位置で支持できる支持器をアルミ角パイプを使用して自作。
三脚+手添えの撮影では良好ながら、長穴部分がアルミ板一枚となり、リモート撮影には、剛性不足が否めない。
剛性アップ対策して改良せねば・・・。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。

本体底面の三脚ネジで三脚装着すると レンズ伸長時大きな負荷


カメラを支持するホルダーにより重心位置を支えることで安定支持



アルミ角材 30x15x1.5を切断加工 三脚取付部 長穴とし位置調整



自宅西方の病院を撮影 最縮~最長 24mm 1000mm 3000mm

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト




自撮り用三脚作成/百均/DIY
Selfie tripod creation/\100 shop/DIY
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

自撮り用三脚(赤円内)百均三脚改造し作成 イナバウアーで自撮り

最近、ブログのトップに自撮り写真を多用。そんな中、カメラ本体を地面等に置く際、凸凹や濡れていたりで、カメラ設置と画角調整に難を実感。
そこで百均の三脚を購入。ユニーバーサルに調整でき、画角調整は良好。但し、脚の開く角度が小さく一段状態では、とても不安定。カメラ高も地面置きに比べ高い。またカメラの脱着もネジ固定でやや難。
そこで、カメラ脱着は、EX-FR100用トライポッドマウンター EAM-1を、 \2,052(1,512+540) で 購入し、ワンタッチ脱着。
三脚の方は、本体下部に切込を3ケ所追加工し、全開脚可能に。平座金を追加し、回転可能とし、通常使用時には、切込無し位置に回し、従来通り使用。
カメラをポケットに入れて持ち歩く機会が増えたので、レンズ保護の為、レンズキャップもDIY。
面白いロケーションでモデルが欲しい時、自らモデルになって、ナイスショットを撮りたいもの・・・。

2018/09/18 手動ドローン改良/DIY
2018/07/25 新カメラ/手動空撮/DIY

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


従来のままでは不安定で左右傾き調整難あり 調整して撮影



百均三脚 2段型 一段時不安定 全開脚可に改造 低く安定して





本体下部に切込3ケ所加工 平座金追加し回転可能に 切込に合す



百均三脚に加え EX-FR100用トライポッドマウンター EAM-1 \2,052 購入



トライポッドマウンター購入で 自撮り棒 手動ドローン(固定用ナットDIY)にも



EX-FR100本体をポケットで持ち歩く機会が増え レンズキャップDIY

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

DIY 4回目掲載/ドゥーパ
DIY 4th publication/Dopa
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

DIYのバイブルともいえる 学研の雑誌ドゥーパに掲載第4弾

4年前、学研ムック ドゥーパに、初掲載されてから、ドゥーパ!4月号(129号)の「理想の工房は、これでいいのだ!」に、今回、第4弾として掲載。本屋にお立ち寄りの際は、手に取ってお読みください。

・学研ムック ドゥーパ!129号 2019年4月号/学研HPより抜粋・編集
豪華2大別冊付録付き春の特大号!第1特集は「みんなの手作りキャンピングギア大集合!」。第2特集は、「理想の工房は、これでいいのだ!」。DIYerの憧れ「工房」をテーマに、木工趣味人の工房スタイルやアイデア、こだわりのポイントなどを多数紹介。何をメインに作るかで広さも置く工具も大きく変わる工房。個性豊かな実例集できっと理想の工房が見つかる! 収納や集じんなどのアイデア集もあり、これから工房を作りたい人やアレンジしたい人は必見。
3月8日(金)発売 定価:本体1093円+税

2018/10/12 DIY 再掲載/ドゥーパ/時計型薪ストーブ 
2017/01/13 時計型薪ストーブ ドゥーパ取材掲載 
2015/07/22 ツールツリー    初ドゥーパ掲載 

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。

ドゥーパ!129号 2019年4月号 豪華2大別冊付録付き に掲載




74頁上段に掲載 木工から金工まで嗜むマルチDIYerの屋根裏工房


86頁右下角に掲載 工房の粉じんからパソコンをガードする部屋


工房詳細図(提出原稿) 屋根裏 夏暑く、冬寒し エアコンあれば・・・

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

VACCA/森の中のピッツェリア/三木町
VACCA/Pizzeria in the forest/Miki town
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

広野牧場直営 古民家リノベの素敵な空間 自家製チーズのピザ旨し

2016年末、広野牧場のジェラートのお店 MUCCA訪問。その時、隣に大きなピザ窯を設えた 広野牧場チーズ工房が建設中
そして、先日登った嶽山の東方眼下に、MUCCAがあることを知り、再訪。そして、森の中のピッツェリア ヴァッカが完成し営業。
古民家をオーナー自らリノベーション。古い風合を生かした とてもハイセンスな素敵な空間。その日は、既にピザオーダーは終了し、後日訪問することに。
2月26日、カメ友さんとヴァッカピザ初体験。定番のマルゲリータを注文。生地はサクサクカリカリ自家製チーズは風味豊かでとても旨し。
トラットリア・ティノ(端岡)、ピッツェリア アル チェントロ(綾川)、そして、ここ三木町の森の中のピッツェリア ヴァッカ。食べ比べができるほど、食通でもないけれども、ここのピザ旨し。
ジェラテリアとイチゴ農園が併設され平日にも拘らず、多くの人々で賑わう。人気スポット。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


オーナー自ら古民家リノベーションのお店 お洒落なピザ窯



古民家の風合を生かした とてもハイセンスな素敵な空間



一階で注文 焼上ると受取 階上や屋外で頂く この日はマルゲリータ


ピッツェリア ジェラテリア 苺農園 チーズ工房 イロイロ味わえる美味しさ

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

陶・墨・藍染 三人展/かまどホール/坂出
Pottery・Sumi・Indigo dye
     3 men exhibition/Kamado Hall
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

陶・墨・藍染 三人展 坂出 かまどホール ゆっくりのんびりポタリング

風の姿展Art Summit on the Miyama 出展に誘って頂いた陶芸家の貴志さん。
分野の全く異なる、陶・墨・藍染 三人展に貴志さんが出展ということで、好天に恵まれた3月8日、坂出にある かまどホールへ、ゆっくりのんびりポタリング。
会場に着くと、貴志さんは不在で、この日在廊の樋笠さんに、ご挨拶。作品や、創作活動等について、イロイロ貴重なお話を伺う。
感じるところ、共感満載、先輩に対し失礼な物言いながら、“意気投合”。
個性溢れる作品も堪能させて頂き、あっという間に時間が流れ、楽しい一時。帰り際、3月10日に、三人のトークショーがあると聞き。10日再訪。
トークショーには多くの方が駆けつけ、三人の魅惑の世界に引き込まれる。
樋笠さんの金言  “一會"人との出会いは宝  “道楽・極道"道を楽しみ道を極める  “過去の私、今のわたし、未来の私、すべてわたし、だいじなのは、これからの私”
3月24日まで開催、是非ご高覧を。

・陶・墨・藍染 三人展/貴志 勉  樋笠幸三  佐竹幸郎 
会期:2019年3月2日(土)~3月24日(日) 休館日/月曜日 10:00~17:00 会場:名物かまど坂出駅南口店 かまどホール 坂出市駒止町1-3-4 TEL0877-46-2178 入場料:300円※70歳以上高校生以下無料

注)作家敬称略させて頂いています。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


多数の人々が 素敵な空間・素敵な作品を堪能 楽しい作家トークも 





陶/貴志 勉 土を愛し 少年の気持ちを持った多彩な表現 




墨/樋笠幸三 最年長ながら現役経営者 パッションパワフル 墨世界 




藍染/佐竹幸郎 深い藍世界に引き込まれる 服飾生地を染色



ナイスガイズ 陶/貴志 勉  藍染/佐竹幸郎  墨/樋笠幸三 


三作家の個性が素敵にコラボ 3月24日まで開催 是非ご高覧を

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

やきものがスキ!!アートもスキ/香川県立ミュージアム
Like potatoes! ! also like art
       /The Kagawa Museum
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

3月5日 やきものがスキ!!アートもスキ 香川県立ミュージアムへ

風の姿展Art Summit on the Miyama 等に出展し、知り合った陶芸家の田中さん、貴志さんその御両人が出展されている“やきものがスキ!!アートもスキ”を観に県立ミュージアムへ。
3月5日、毎年この時期恒例の確定申告へ。今年から税務署周辺交通渋滞を解消の為、サンポートに会場変更。9時過ぎ自転車で出かける。既に多くの人が処理待ちで、1時間以上待ってなんとか11時過ぎに無事申告書提出。
やきものがスキ!!アートもスキ は、5日が初日で、午前中は、田中さんが在廊とのことで、サンポートから近い県立ミュージアムへ直行。
一部写真撮影不可のエリアがあったものの、作家さん達の作品は、ほぼ撮影可。田中さんの説明も伺いながら、ジックリ鑑賞。
様々な作品を堪能。あらためて、“やきもの”は、いいですね。会期は、3月17日(日)迄、是非ご高覧を。

・朽ちた死も進行形/貴志勉
やきもの製作という個人的な行為を通し、どのように社会と関わることができるのかを考えている。今回の作品には、砂の形も焼いて固まる。押しつぶされそうなプレートに想いを込めている。

・環/田中保基
中国古代の青銅器に魅せられ、陶器での表現に取り入れるべく製作を続ける。本作では、円をモチーフに渦文様を規則的に施すことで循環する様を表現。
・印刻花器/田中保基
青銅器の「觚」の形に倣い装飾には印華文と彫を組み合せた技法「印刻」を用いている。

注)作家敬称略。キャプションは、展示プレートより抜粋。

・やきものがスキ!!アートもスキ/かがわアートナビより抜粋・編集
香川県陶芸協会創立50周年記念展。縄文時代から江戸時代に及ぶ「讃岐のやきもの」と、現代の作家達の感性あふれる作品を一堂に展示。やきものの魅力を紹介。
[展示構成]プロローグ「やきものの国」の始まりと隆盛 第1章たべものとやきもの 第2章江戸時代の多彩なやきものと現代 第3章アートなやきもの 総展示点数:約180点
開催日:2019年3月5日(火)~3月17日(日) 9:00~17:00 場所:香川県立ミュージアム 2階 特別展示室

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



エントランス やきもの アート空間 用に供するやきものアート



田中さん/印刻花器 等、3作品 貴志さん/朽ちた死も進行形 



造形的に好きな作品 そして面白・楽しい作品と 素敵なアート


会期3月17日(日) やきもの歴史からアート迄 是非ご高覧を

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

梅まつり/栗林公園/2019
Plum Blossom Festival/Ritsurin garden
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

2月23日 恒例の栗林公園 梅まつり へ 好天の下 春の兆しを味わう

2月の23日(土)、24(日)の2日間、恒例の栗林公園の梅まつり開催。
木太鬼無線開通でとても近くなった栗林公園、好天に恵まれた23日、首にP1000を下げ、自転車で出かける。
昨年の12月21日、全国で一番早く梅が開花し、約2ケ月が経過したものの、白梅、紅梅、約170本が美しく咲く。
そんな中で、梅観茶会。目にも美しい菓子、口の中に微かに甘みが残り、お抹茶の美味しさが際立つ。至福の時。
昨年4月にコイヘルペスが確認され、7月末までに全て処分。その後の検査で安全確認後、11月に100匹のコイを放流。
発生前の状況に戻したいとして、錦鯉復活応援プロジェクト コイサポで寄付金募集中。
華やかな鯉達が群れ泳ぐ姿、一日も早く復活して欲しいものです。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


好天に恵まれ素敵な野点 お菓子頂き美味しいお抹茶を味わう




園内には約170本 梅の種類により開花時期が異なり長く楽しめる



錦鯉復活応援プロジェクト コイサポ 甚だ些少ながら \1K寄付 


木太鬼無線開通で 栗林公園とても近くなる 梅だけでなく椿も

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック