なんでも DIY Diary 2018年11月
fc2ブログ
なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



Total

現在の閲覧者数:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



プラヤ/津田/カフェ情報
PLAYA/Tsuda/Cafe Info
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

超絶景 地中海カフェ プラヤ/津田 土日のみの限定営業 

津田に超絶景のカフェがあると聞き、出かける。ここは土日のみの営業、台風24号が接近中で雨模様の9月29日、午後4時半頃、初訪問。
駐車場には一台の車もなく、悪天候で既に閉店気配。ドアは空いたので、声を掛けると、「もう締めようかなと思ってたけど、イイですよ」
他にお客無く、オーナーからイロイロとお話を伺う。リビング東側全面硝子の窓から眼下に津田湾を望め、まさに噂通りの超絶景。
デザイナーのオーナー、作家の奥様の作品、立体造形や絵画が、店内を飾り、とてもとても素敵な空間。
そして、クラッシクオープンカーMGBをお持ちと聞き、わざわざ車庫を開けて頂く。お洒落なレモンイエローが艶やか、ウットリ。
眼下のプライベートビーチを、晴れた日に見せてもらいたく、約1ケ月後の11月3日、再訪。駐車場から坂道を降りていくと、北側は崖、南側は突堤に囲まれた、正にプライベートビーチ。
陸揚げされた、ヨット、カヌーなどのマリンスポーツ。煉瓦で積まれたピザ窯、BBQ炉、ウッドデッキやテーブルが設えられ楽しい時間を過ごせる。
とにかく、とてもゴージャスで素敵な場所。空間を味わうので目一杯、まだ飲み物しか頂いていない。次は、是非ランチを、そして夏場にビーチを体感したいもの。

・地中海カフェ PLAYA/スペイン語でビーチ
 〒769-2401 香川県さぬき市津田町津田2973−1 
 土日のみ営業 11:00~18:00
 電話: 0879-42-3131 予約:090-1574-4930

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



まさに超絶景 眼下に津田湾が 全面ガラス張りの特等席  



作家である奥様の素敵な作品群 店内にアート作品が溢れる



プライベートビーチ ヨットやカヌーのマリンスポーツ 煉瓦積 BBQ ピザ窯も



わざわざ車庫を開けて頂き MGBの撮影 艶やかな美車体



2度目の訪問時 お客様の車 シトロエンSM 重厚で超美しい

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト




P1000購入/3000mm相当/バズーカ
Purchase Nikon COOLPIX P1000
   /Equivalent 3000 mm/Bazooka
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

P1000 コンデジとは程遠い馬鹿デカサイズ バズーカ砲 ゲテモノ買い!

それまで、カメラは、COOLPIX P510(光学42倍) 一台。2015年12月、より望遠性能の向上したP900(光学83倍)を購入。これ以降、一眼を購入するも、35mm判換算24-2000mmで、愛機としてとても重宝。
そんな中、10月、NETでP1000の発売を知る。望遠性能が更にアップし、なんと光学125倍。そしてP900では、使い物にならなかったマニュアルフォーカス、これが、新たなコントロールリングでピント合わせができるとのこと。P900は、使い込んで、もうかなりヨレヨレ。
早速、カメラ店で現物確認。一番にコントロールリングをチェック、使い易く完璧なレベルに進化。ただ、とにかくバカデカイ、そして価格もコンデジとしては、超高額、呆れるサイズと価格で敢えて製品化した技術者の“心意気”に共鳴し即決で購入。
7月に購入のCASIO EXILIM EX-FR100。手動ドローンと称して、異アングル撮影。このP1000も超望遠という異アングル、どうやら腕の無さを、異アングルでカバーしようとしている・・・ようです(笑)

・Nikon COOLPIX P1000 主な特長/Nikon HPより抜粋・編集
さらに大迫力3000mm相当(35mm判換算)、光学125倍 超望遠/ ステレオ音声付き4K UHD動画撮影/ 直感的に使える高操作性のコントロールリング(ピント合せ 露出補正)/ 本格的画造りができるRAW(NRW)対応/ 2018年度「グッドデザイン賞」受賞

・日本カメラ財団、2018年の「歴史的カメラ」を発表/2018/12/20
ニコンCOOLPIX P1000、ニコンZ 7、パナソニックLUMIX FT7、キヤノンEOS R の4機種を選定。日本最初の試みがされているものや、市場で特に人気を博するなど、技術史的および歴史的に意義のあるカメラを選定するもの。日本のカメラ発展の歴史を長く世に留めるために、専門家や学識経験者による審査委員会が1年間に発売された新製品すべてを対象に審査する。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


光学125倍 35mm換算で3000mm相当 ピント合せにコントロールリング



自転車乗りサポート キャップホルダー 予備電池収納バッグ 早速取付



近接撮影時 レンズで被写体が影に入るのでLEDリングフラッシュ購入



先ず定番の月撮影 寝室窓から手持ち撮影 超望遠とにかく逃げる



飛行機撮影 高空飛行の飛行機雲 着陸機 夕暮もピントOK



こちらも 定番の鳥 光量十分の条件だと手持ちでもクリヤー



望遠によるボケ撮影 手前-被写体-後景 コントロールリングでピント容易

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

ライブ鑑賞/パクシンとケイタロウのライブ vol.2
Live viewing
  /Live of PAKshin & Keitaro vol.2
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

今年3回目 パクシンとケイタロウの音楽会 栗林町の RAKDO にて  

ライブ最高!、今年3回目のパクシンさんとケイタロウさんのライブ。当初情報では、会場は、住所のみ開示で、ミステリアスなライブ会場。
結果、設備、音響効果抜群の 音サロン“RAKUDO”のこけら落しとも云えるライブ。
今回は、至近距離で鑑賞。ジャズ、ボサノバ、琉球ソング、昭和歌謡、そしてパクシンさん作詞作曲の喫茶アラジンのテーマソングと極上の演奏を堪能。
演奏終了後、アンコール!・・・突如のサプライズ「翔一郎さん、27歳の誕生日が明日!」全員で、ハッピーバースデー、そして、お母さんが母となって27周年、翔一郎さんから感謝の気持ち、ケーキ、そしてダリアの花をプレゼント。
親子愛に包まれ、素敵なサプライズ。あっという間の3時間。演奏後も観客の皆さんと歓談するお二人。次のライブ開催をお願いして、帰路へ、幸せ気分で、心地良くペダルを踏む。
今回、お披露目となった“RAKUDO”さん、オーナー曰く、道楽を逆さ読みした命名とのこと。今後の企画が楽しみ。

・Flat Coffee Garrage Presents パクシンとケイタロウの音楽会 vol.2
 DATE:11/19(MON) OPEN:17:00 START:18:00 完全予約制先着30名
 at RAKDO 高松市栗林町1-5-8

2018/08/30 ライブ鑑賞/ケイタロウとパクシンのライブ
2018/04/16 ライブ鑑賞/パクシンとケイタロウの音楽会

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


素敵なライブスポット 美味しい珈琲を味わいながら最高のライブ



素晴らしいライブ パクシンさん ケイタロウさん カッコイイ!



Flat Coffee Garrage 翔一郎さん 27歳サプライズバースデー and 母君


当初ミステリアスな会場 栗林町にできた 音サロン RAKUDO

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

明智探偵事務所/旧坂出港務所
Akechi Detective office
     /The old Sakaide port office
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

坂出港に残る超素敵な建物 旧坂出港務所 ロケ地公開で訪問

Akazykの灯りとカガミ展を企画したSさん、そのSさんがいつか手に入れたい建物として携帯の待ち受けにしていたのが、今回訪問の旧坂出港務所。
今夏、坂出の花火大会の撮影に出掛けた際に、「ああ、これがSさんのお気に入りの建物だ!」と初めて見て、その素晴らしさを実感。
10月中旬に、アンティミテさんを訪れた時に、「ウチの自転車が映画に出るんです!」との話。江戸川乱歩少年探偵団シリーズ 明智探偵事務所 が坂出出身の監督によって坂出市内をロケ地にして撮影されたとのこと。
期間限定でロケ地公開があると知り、公開最終日の10月28日、田中さんの陶展を観た後、旧坂出港務所を訪問し、内部もジックリ観、建物を存分に味わう。改めて是非とも遺して欲しいものと思う。

・旧坂出港務所/Netより抜粋・編集
坂出港に残る戦前の港湾事務所。塔屋上部のドーム、メダリオンや付柱などの古典様式の装飾をみることができる。坂出港は、四国一の貨物取引高を誇っていた。坂出の物流を支えた建物がこの旧坂出港務所。当時は、港に就航していた大阪商船航路の切符売場としても使用されていた。完成:1934年4月完成 鉄筋3階建て。

・BD-明智探偵事務所/公式サイトより抜粋・編集
日本の推理・ホラー小説の草分け的存在とも言える昭和の大文豪、江戸川乱歩。本作は乱歩作品の中でもエンターテイメント性の高い少年探偵団シリーズを原案に完全実写映画化。監督は坂出出身の名倉良祐。オール坂出ロケ映画『がらくた』(2016)と同じく香川を舞台に、乱歩のファンタジーな世界観を紡ぎ出す。

CHECK
http://tazumichi.blog.fc2.com/blog-entry-1069.html

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


昭和9年に建てられた旧坂出港務所 超雰囲気のある建物



期間限定で公開 明智探偵事務所(旧坂出港務所2階)を復元



事務所内レトロな品々 ロータリーキャンドルホルダー企画のSさん調達



アンティミテさん保有のレトロ自転車 Sさんお気に入りの旧港務所


ロケ地MAP 坂出市内はもちろん ちょっと遠い周辺地域も網羅 

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

トラットリア・ティノ/イタリアン/御厩町
TRATTORIA Tino/Italian/Mimaya
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

自宅から5kmのご近所に開店(4月)のイタリアンレストラン紹介

カメ友のKさんが、超旨いイタリアンレストランを、9月8日のFace Bookで紹介。自宅から約5kmの御厩町に、4月に開店した民家倉庫を改装し、石釜の有るお店、トラットリア・ティノ。
一週間後の9月15日の夜、興願寺での寺バルからの帰路、初訪問。先ず立派な石窯が目に飛び込んでくる。店内は梁の見える古民家の風情で落ち着いた雰囲気。カウンター席に座わると厨房でテキパキと手際良く調理するシェフの姿。
Kさんの「今まで美味しいと思っていた店より美味い!特に塩加減が私にはぴったり!」とのFBの感想に即納得。
先日は、お昼に訪れ、ランチメニューのクアトロフォルマッジを頂く、これも極旨。先ずは、全メニュー制覇を目途に、また来ましょう。

・TRATTORIA Tino
 イタリア料理店  〒761-8042 香川県高松市御厩町1499−2
 11:30~14:30(LO14:00) 17:30~21:30(LO21:00) 木曜定休日
 電話: 087-807-3095

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


高松市西部運動センターの近く田園地帯に倉庫を改装したお店



ドンと鎮座する本格石窯 強遠赤でサッとカリカリモッチリに焼上




豊富なメニューを 気さくなイケメンシェフが調理 極旨を堪能


美味しい料理 そして居心地の良い落ち着く雰囲気 また行こう

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

不作/薩摩芋収穫/2018
Poor harvest/Sweet potato/2018
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

急坂をサーフで 畑裏上方の道から初収穫 残念ながら不作 

11月5日、安納芋の遅い収獲。木太鬼無線が開通後、畑の裏上方の狭い急坂を初めてサーフで登る。方向転換の際、路肩から左前脱輪し車輪が宙に浮くも、岩を挟み、四駆にし無事脱出。畑へ降りると、雑草に覆われ、悲惨な状況。
植付け前の施肥無し、異常高温、度重なる台風来襲、春先の薪作りで患った両手の腱鞘炎の為、草抜きもままならず、草ぼうぼうの状態に。
収穫の前にまず草抜きといった為体。小さな芋が殆どで不作、当然の結果。
そんな中、昨年は大豊作で保管もうまく行き越冬。食べきれず、5月になると保管箱の中で芽吹いてしまい、試しにこの芋を植え付け、今回、ちゃんと芋が育っていたことを確認。
来年は、苗を自作できそう。

2017/10/26 大豊作/薩摩芋収穫/2017
2016/10/21 不作/薩摩芋/2016
2015/10/23 天の恵/薩摩芋収穫/2015

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


草ぼうぼう 雑草に覆われ 日照、栄養を奪われ可哀想な芋



コンテナ2個を持って行ったものの 残念ながら1個分の収穫



洗浄し泥を除去 速やかに乾燥の為 デッキテーブルに並べる

181109-99A.jpg
一昨年の不作に次ぐ不作 作物は正直 不作の理由は我にあり



ブログアップ後 本日保管箱に収納 傷付いたモノを焼芋に

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

田中保基 陶展/灸まん美術館
Yasuki Tanaka Ceramics exhibition
       /Kyuman Art museum
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

善通寺の灸まん美術館(初訪問)での 田中保基 陶展 鑑賞

午後からは快晴、10月28日(日)、善通寺の灸まん美術館で開催の “田中保基 陶展”に、ビートで出かける。
灸まん美術館の存在は知っていたものの、訪れるのは初。美術館としては小振りながら、自然採光も採りいれた本格的な美術館。和田邦坊画業館常設展開催中。
和田邦坊氏の作品は、後日再訪することとし、今回は、田中さんの陶展をしっかり鑑賞。作品個々の個性、ディーテールの表情に注視して鑑賞。細かな表情の豊かさに魅了される。
追)展覧会終了後の報告御容赦。

・田中保基 陶展
 2018年10月26日(金)~30日(火) 灸まん美術館 善通寺市大麻町338

☆田中保基さん作品紹介記事
2018/05/10 讃岐のやきもの展/商工奨励館/栗林公園/2018
2017/06/12 田中保基陶展 in clover cafe/ポタリング
2017/05/07 2017 讃岐のやきもの展/商工奨励館/栗林公園  
2017/03/11 2017 春のやきもの祭/讃窯/サイクリング  
2017/01/04 新しい春の器展/琴平/サイクリング  
2016/09/18 土と墨の象/田中保基×秋山由美展/ファイブ・ペニイズ  
2015/11/19 漆(安倍耕治)・陶(田中保基)2人展/讃岐漆芸美術館  

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。






小振りながら 自然採光の本格的な美術館 素敵な作品が並ぶ








食器、花器、置物等力作が一杯並ぶ 様々の表情に魅せられる

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

香南歴史民俗郷土館/現代刀展/ポタリング
Konan History and Folk Local Museum
 /Modern sword Exhibition/Pottering
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

刀展そして写真展を巡って 所々に小さな秋を感じ乍 ポタリング  

カメ友さんから、高松市香南歴史民俗郷土館が面白い。現代刀展、古本まつりが開かれ、お城のような立派な建物、池には見事な錦鯉も泳ぎ、ブログネタに行ってみては、と情報を頂く。
秋晴れの心地良い10月24日、香東川自転車道を沿道の小さな秋を感じながら、興味深い被写体もチラホラ、都度停まりシャッターを押す、のんびりポタリング。
歴史民俗郷土館、情報通り、とても立派な施設。現代刀ながら、やはり日本刀は美しい。来場者も殆んど無くジックリ観賞。
自転車道を折り返し、ランチをSwitchさんで戴く、暫し寛ぎ、サンポートへ。写真家 所 幸則氏の「フォトラボK」。その受講生の作品展を観賞。
のんびりポタリングそして、“技”観賞。“秋”を堪能。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



心地良い天気 香東川自転車道 沿道楽しみ お昼はSwitchさん



歴史民俗郷土館 民俗展示室、歴史展示室、図書室、研修室等を設備 





現代も活躍する刀匠たちの刀を展示 会期12月2日(日)まで


サンポートシンボルタワー 5階 e-とぴあサロン フォトラボK 作品展 観賞


全行程約35km 香東川沿いに香南歴史民俗郷土館からサンポート

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック