なんでも DIY Diary ・車・キャンパー
fc2ブログ
なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



Total

現在の閲覧者数:



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



S660/改造/DIY/第四弾
S660/Remodeling/DIY/Fourth
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

S660収納・積載改善 ファイナルアンサー キャリア取付専用トランク搭載

とにかく荷物の積めないS660、キャリアを取り付け大幅に積載性アップ。
しかしながら、キャリア積載では、雨に濡れる、埃に曝される、盗難の恐れ、固縛の手間、等々、多くの問題。
これ等の問題の解決策のファイナルアンサーは・・・トランク搭載。先ず思いついたのが、ビートの時に載せた赤いキャリーバッグ。ただこれは、赤い俵を背負った様で、スタイルがイマイチ。
長さ(横幅)が長く薄いイメージを思い浮べイロイロ調べ、探し出したのが、FP-80(885×380×240 \36,000)、しかしながら、販売休止中。
例によって、百均、ホームセンター巡りをしている際に、“ピッタリ!”という商品に偶然出くわす。それが、アイリスオーヤマ製のRVBOX 900F、即決、\2,900で購入。後日ネットでチェックすると、\2,600。
キャリー用トランクとして改造する一番のポイントが、施錠。南京錠ではカッコ悪い、専用の鍵施錠だと面倒、紛失の恐れもあり、理想は、ナンバーロック錠、ネットで探すも見い出せず。以前、友人に頂いた古いトランクが、ナンバーロック錠であったことを思い出しこれを流用。
脱着は、Jボルト4本を使ってキャリヤパイプに掛けワンタッチ脱着。
元のままでは、機能オンリー、まさにボックス。少しでもスタイリッシュにと、S660と同色に塗装することに、素材が、ポリプロピレンで難塗装素材。PP用のプライマー処理をし、同色に近い色を探して塗装。
トランクの脱着容易、荷物の出し入れも、ナンバーロック錠で、速やか簡単、暫く使って満足々。これにて、当面の、S660積載性向上改善作戦は、一応、一区切り・・・です。

2019/06/15 S660/改造/DIY/第三弾
2019/06/15 S660/改造/DIY/第二弾
2019/05/31 S660/改造/DIY/第一弾
2019/05/07 ビート/S660/乗り換え

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


キャリア収納 防水性・盗難防止・ワンタッチ収納取出の為トランク作成



アイリスオーヤマRVBOX改造 古トランク ナンバーロック錠流用 簡単施開錠


4本Jボルト(左側:固定 右側:脱着)をキャリヤパイプに掛けワンタッチ脱着 



リュック、カメラバッグ、三脚等々まずまずの収納 S660ロゴ 樹脂板自作

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

スポンサーサイト




S660/改造/DIY/第三弾
S660/Remodeling/DIY/Third
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

S660 改造第三弾 収納スペース創出切り札 ファイナルアンサー キャリア取付 

S660“とにかく荷物が積めない、収納できない”ということで、あらゆるスペースをチェックして改造してきたが、大幅な改善にはほど遠い。
そこで、ビートに取り付けていたキャリアを取り付けることに。下取に出す際に、あらかじめ、取り外しておいたもの。
新車にドリルで穴をあけることになり、少し躊躇があったものの、そこは思い切って・・・。思いのほか苦労したのが、エンジンフード裏の補強材。二重構造になっており、ここに大径の穴を空けなければならず、ドリルカッターを用いてなんとかクリヤー。このキャリアーは、ビート用のメーカー純正品。取付ステーは、ビートのエンジンフード形状にピッタリ合う様に・・・、ということはS660には微妙に角度が合わない、万力に固定して、角度調整し取付。
これで、いろんな物を積載できるようになり、大幅に積載性改善。外観的にも違和感なく満足。
といいつつ、固縛の手間、雨天時の防水等改善点あり、まだまだ改造は続く。

2019/06/15 S660/改造/DIY/第二弾
2019/05/31 S660/改造/DIY/第一弾
2019/05/07 ビート/S660/乗り換え

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



ビート用メーカー純正キャリア S660エンジンフード形状異なり取付座角度調整要



キャリアはボルト取付 新車にドリルで穴明け 裏の二重構造部苦戦



リュックサック、カメラバッグ等 固縛ロープやネットで固定 ビートの時はタイヤ積載


キャリヤ積載荷物固縛用 ロープ、ネット 座席左右のサイドスペースに収納

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック


S660/改造/DIY/第二弾
S660/Remodeling/DIY/Second
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

S660 改造第二弾 室内及び前後フード内 収納スペース創出 

S660 象徴的な特徴の一つが、“とにかく荷物が積めない、収納できない” これに失望し予約金を払っていたにも拘らず購入断念の経緯有り。
なんとか、積めるよう、収納できるよう、あらゆるスペースをチェックして改造。材料は可能な限り安価に、百均製品の流用を基本コンセプト。
・改造第二弾
①棚 育苗籠(百均)の底部利用 グローボックス下に アルミ材支持し取付 
②一眼レフカメラ収納ボックス 収納ケース(百均)加工しシート間フックに吊下 サーフにもサポート取付 
③バッグ 運転・助手シート裏面に 書類収納バッグ(百均にマジックテープを貼付け取付
④ボトルホルダー 自転車用(百均)をアルミ材で補強し 運転・助手席用2ケ所に取付
⑤カップホルダー 紙カップ、缶用にホルダー(百均)を前方:運転者 後方:助手用に取付 
⑥カードケース カードケース(百均)センターコンソール側面に両面テープ貼付 マイクロUSB収納 
⑦エンジンフード内 アルミダクトホース加工し二重構造樋作成 モップ、ウェス収納 
⑧フロントフード(ボンネット)内 PPシートで収納ボックス作製 ウェス、タッチペイント収納 
このレベルでは、荷物の積載はまだまだ、続く第三段。

2019/05/31 S660/改造/DIY/第一弾
2019/05/07 ビート/S660/乗り換え

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。

荷物積めず 室内カップホルダー、グローボックス、極小ポケットのみ 黄部追加



育苗籠(百均)の底部を利用しグローボックス下に棚作成 アルミ材で支持



収納ケース(百均)を加工し一眼レフカメラを収納 ハイラックスにもサポート取付



書類収納バッグ(百均にマジックテープを貼付け 運・助シート裏面取付け



ボトルホルダー/自転車用(百均)をアルミ材で補強 運転・助手用2ケ所



カップホルダー(百均) 紙カップ、缶用 前方:運転者用 後方:助手席用


カードケース(百均)センターコンソール側面に両面テープ貼付 マイクロUSB収納



エンジンフード内 アルミダクトホース加工し二重構造樋作成 モップ、ウェス収納


フロントフード(ボンネット)内 PPシートで収納ボックス作製 ウェス、タッチペイント収納 

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック


S660/改造/DIY/第一弾
S660/Remodeling/DIY/First
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

4月1日 BEAT(S660)納車 先ずは、シート、フロアマット等改造 第一弾

S660購入、乗り易く、使い易く、心地良く、好みに合せ・・・イロイロ改造。
先ずは、好みに合わせてシートカラーをビートと同じブラック+レッドに。Net販売でS660専用のブラック+レッドを購入。シートを外さず装着可能で、弛み等殆んどなく、思いのほかピッタリ装着。背もたれ背部にポケットが装備されており、荷物積載スペースの無いS660にとっては有難い。
低い車高でシート位置も低く、乗降時に、油断をすると足がドア取付のスピーカーに当たる。そこでスピーカー下部1/3にタイルカーペットをを加工し、両面接着テープでカバー取付。
ビートで使用していた防水マットを流用。床面に合せ、タイルカーペット切断し、ビート防水マットを結束バンドで連結しフロアマットを製作。
S660の最大の欠点、荷物積載スペースが全くない。これを改善すべく、現在改造中。Be continued!

2019/05/07 ビート/S660/乗り換え

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


シートカバー ブラック+レッド 好みの内装色に シート裏にポケット装備



スピーカーガード 乗降時足接触するのでタイルカーペットを使用しガード




フロアーマット Beatで使用のマットに タイルカーペット(500X500)を繋ぎ作成

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

ビート/S660/乗り換え
Beat/S660/Change
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

平成最後の4月1日 ついにBeatから大嫌いだったS660に乗り換え 

5年前、Beatの後継機として開発されたコンセプトカーS660。実車を見て一目惚れ、新車発売に先立ち、一日も早くゲットしたく購入予約。
そして待望の試乗、オートマ、マニュアル、2台試乗するも、ビートに比べ 
①ビートに比べ荷物が全く積めない(トランク極小のビートではあったものの
 シート後方スペース[図オレンジ部]に積載可能) 
②オープン解放感がない(シート後方の壁が肩口の解放感を阻害)
 の2点がどうしても妥協できず予約解約し購入断念。
本年1月に、26年目の車検を受けるも、マフラー穴あき修理をして、かろうじて合格。そして、右側ドアミラーは折損しビニールテープで縛ってその場しのぎ、ラジオ故障、アンテナ折損、自ら修理のフロントバンパー亀裂、ショックガス抜け、リヤウインドー白濁、幌キャンバス縫製ほつれ等々、満身創痍の状況。
大嫌いだったものの、やはりBeatの後継機のS660、再度購入検討。
開発コンセプトを貫き通す為に、積載、解放感を犠牲に・・・5年経ち、その妥協しない姿勢が、理解できるような気がし、乗換を決定。
大好きだったBeat、4月1日、S660納車直後にやったことは、自作エンブレムの貼付け、今でもハートはBeat。
キーレス、バックモニター、そして何と言っても、ターボパワー、大嫌いから愛おしさに、あたかもエープリルフールのように激変。
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート取付、日の丸の如く赤に白は良く似合う。
積載性、なんとしても向上させたく、納車後、あれこれとトライ、詳細は、後日報告予定です。

2015/04/15 HONDA S660/試乗/2台 ガッカリ予約解約
2015/04/01 HONDA S660/カタログ/入手 待望の情報開示
2014/12/14 予約/HONDA S660 一日も早くゲットしたい!
2014/07/07 Honda S660/開発中! 開発者達の熱き想い
2014/05/29 Enjoy Honda 香川/S660/2014 コンセプトカー実車報告 


☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


荷物が全く積めない オープン解放感がない 大嫌いだったS660




大好きだったBeat 自作エンブレムを引き継ぎ ハートはBeat

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック