なんでも DIY Diary
なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



手入れ/薩摩芋/2018
Care/Sweet potato/2018
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

植付け直後の水遣り その後雨に恵まれ 雑草繁茂 草抜き手入

5月15日、安納芋植付けから約1ケ月半経過。植付け直後は何度か水遣りをしたものの、その後適度に雨に恵まれ、根付、そして、順調に生育。
昨年収獲の芋の保管がすこぶる上手くいき、未だに傷むことなく保管。但し殆んどが芽吹いてきている。そこで試しに5個植付け。順調に芽吹き、今では結構生育。伸びた蔓を地中に埋め、今後の生育を観察。上手くいけば、来年からは苗を自ら調達可能になる。
とにかく、雑草の勢い凄し、今後のケアー、怠ることなかれ・・・。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


5月27日 水遣り 昨年収獲の保管芋芽吹き 5個 試しに植付け



6月21日 植付けから1ケ月強 草抜き 保管芋も順調に育つ



6月30 雨の合間に草抜き 生育は順調 伸びた蔓を地中埋め

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

市場見学/高松中央市場
Market tour/Takamatsu Central Market
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

6月16日 第1回 さぬきマルシェ見学ツアー/高松中央市場 

集合時間が5時15分、自転車で行くには、朝4時起き、翌朝目覚めたのは4時44分、「寝坊だ!」急いで支度をして、やむなくビートで。
向ったのは、高松市中央卸売市場水産物部。「さぬきマルシェ」見学ツアー 第1回 高松中央市場に参加。 
既に多くの参加者が、目印のオレンジキャップを被っている。ほどなく全員集合。見学前に符丁(ふちょう)という指の動きで数字を表す符丁や 暗号数字等を説明してもらい、場内へ。
ここの市場の特徴は、瀬戸内海での漁業、多品種少量の魚介水揚げ。場内の至る所に、トロ箱に入った魚や貝類等が並び、次々と“せり”にかけられ、テキパキと引取られていくものの、せりがいつ始まって、いつ終わったのかさえ判らない高速技、流石プロの世界。
水槽の中で泳ぐ活魚もせりにかかり、死後硬直を遅らせる等、魚の鮮度を保つ“神経締め”の実演も見せて頂いた。
マイナス25度の冷凍庫を体感もあったものの、カメラ内の結露を避ける為、ここはパス。出てきた人は心底冷え切った様子。これも貴重な体験。
活魚水槽棟や、仲買スペースなどいろいろ案内していただき、あっという間の2時間。そして最後は、新鮮刺身の絶旨朝食。その後、漁港に立ち寄り、素敵なショットもゲット。
早起きは三文の徳、充実の一日になりました。

・「さぬきマルシェ」見学ツアー 第1回 高松中央市場
日時:2018年6月16日(土) 5:15~7:30 雨天決行 集合:5時15分 魚市場入口 金額: 大人1,500円/中学生以下1,000円/3歳以下無料 内容:高松中央市場水産物棟見学、朝食(お刺身定食)付き 定員:20名まで 定員になり次第閉切 

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


午前5時15分 全員集合 目印のオレンジキャップを被り見学へ



次々と“せり”が行われ 魚たちがテキパキと引取られていく





瀬戸内海ならでは 多品種少量の魚介類 活魚も生簀に並ぶ



死後硬直を遅らせる等 魚の鮮度を保つ 神経締めの実演も



見所一杯 丁寧な説明 あっという間の2時間 最後は絶旨朝食

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

Tetugakuya/多度津町/カフェ情報
Tetugakuya/Tadotsu/Cafe Info
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

元讃岐信用金庫の天井の高い空間に カフェTetugakuya


今回も、カメ友さんの紹介でディープなカフェTetugakuya(哲学屋)へ。場所は、香川県西部、多度津町。多度津は、四国鉄道発祥の地で鉄道の町、今は、海岸線に、巨大なクレーンが林立し造船の町と言った様相。
ここも旧市街は、人影も少く寂れた感は否めない。町屋等、古民家をリノベーションしたカフェが多い中。Tetugakuyaは、昭和39年竣工の昭和レトロなコンクリート建築、讃岐信用金庫の行内に手造りリノベーション。
室内は、銀行独特の天井の高い空間。そこに西洋アンティークや古道具、少し不思議な雑貨など、オーナー拘りの品々並び。個性的なコーナーが、哲学カフェだけに、様々の本も並ぶ。
非日常の空間で、珈琲をいただきながら、まったりと流れる時間。
リフレッシュされます。

Tetugakuya/HPより抜粋・編集
 アンティークとデザイナーズ雑貨販売・喫茶
 香川県仲多度郡多度津町東浜2-22 TEL:050-5897-3829
 席16席 駐車場4台 営業:13:00~18:30 定休:火、水曜

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


昭和レトロ 元信用金庫の風合を残し 素敵な空間が拡がる



昭和37年竣工のレトロなコンクリート建築 店内には様々のコーナーが



怪しい雰囲気のある個性的な人形達 なにか語りかけてきそう



オーナーの個性が伺われる 厳選したヨーロッパアンティーク



ここの空間の目玉とも言える 元金庫室 個性的イベント空間に

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

防護柵設置/自宅前道路
Installing a protective fence/Front road
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

自宅前道路に防護柵設置 高仕様道路 木太鬼無線の影響か

6月14日の朝、10時少し前、救急車の近づいてくる音。窓から外を覗くと、香東川土手上の道から自宅前の道路に入ってこようとするところ。
その時、自宅前の道路では、丁度、ガードレール・防護柵の設置作業をしており、急遽工事を中断し、救急車が入れるよう、道路を塞いでいた支柱打ち込み用のミニバックホーを移動中。
自宅より少し上で、散歩中の方が倒れたとのことで、4名の救急隊員が、先行して徒歩で駆けつけ、その後、救急車がバックで現場まで。約30分の間、工事中断、ガードレール・防護柵の設置作業は、救急車が出ていってから再開。
支柱を打ち込んだ後、ガードレールを取付、防護柵と共に左右の田への転落を防ぐことが出来るようになった。
生まれれる前からあった道、ここに来て防護柵設置とは・・・
直ぐ近所、完成間近の木太鬼無線、LED街路灯設置、広い歩道、そして防護柵や防音フェンスの設置等、安全に配慮した高仕様の道路となっている。
自宅前の道路にも影響したのでしょうか・・・。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


自宅前道路 田や畑への転落の危険のあった盛土区間に防護柵



カカカカッと支柱打込みの振動音 寸法確認しながら手際よく作業



少し登った所で散歩の人倒れ救急車 幸に回復し 搬送せず



もうすぐ開通予定の近所の木太鬼無線 安全配慮の高仕様道路

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

カフェテリアボストン/高松市/カフェ情報
Cafe terior Boston/Takamatsu/Cafe Info
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

カフェテリアボストン 高松中心部に カフェとインテリアと雑貨のお店

庵治にある、生活雑貨とアンティークのお店アンティミテを訪れる中で、ロータリーキャンドルホルダーの製作に関わることに。
アンティミテさんの友人の誕生会に、このホルダーを持ち込んでお祝い。その様子がインスタグラムにアップされ、その素敵なお店に是非行ってみたいと思っていた。それが、カフェテリアボストンさん。
5月14日に、念願の初訪問。ドアを開けて店内に入るとそこに。笑顔で佇む女性。前日、月一、晴れの広場 Cielで開かれるカフェ Flat Coffee Grage のマルシェに出店し、初めてお会いしたフレグラントさん。その後、既に東京に帰ったと思っていた Flat Coffee Grage の翔一郎さんとも再会。正にミラクル!
そして、この日初めてお会いしたユニークなお酒とご飯のお店"時宅"のオーナーとも話が弾み、ボストンさんを後に、早速立寄って、楽しい食事。
人の集う店、出会いのスポット、なにより、素敵で楽しいオーナーご夫妻の吸引力の賜物。また行きます。
 
・カフェテリアボストン/Cafe terior Boston/HPより抜粋・編集
住所:高松市今新町8-2 ヤマナカビル1F Tel:087-802-1520
営業 【平日】7:30〜18:00 【土日祝】11:00〜20:00
平日の18:00〜20:00 連絡により開店可能
定休:水曜日、第1木曜日 ※ 臨時休業あり

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


素敵なご夫妻 人々が集い 様々の出会い ミラクルな出会いも 





開店一周年 素敵なオーナーご夫妻 センスの良いお洒落なカフェ




奥様と旦那様の母上の選りすぐりのセンスの良いアンティークコレクション 

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック