なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



戦時下の画業/猪熊弦一郎
Works during World WarⅡ
       /Genichiro Inokuma
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

台風21号室戸沖通過 嵐の中 MIMOCAへ 戦時下の画業 鑑賞 

10月15日、NHK“日曜美術館アートシーン”で、猪熊弦一郎展 戦時下の画業が紹介され、これは是非行かねばと、台風21号が室戸沖通過し風雨の強い中、10月22日の日曜日、カメ友さんとMIMOCA訪問。
肉筆、筆捌き、ペン軌跡を通して、70年の歳月を越え作家の息遣いが蘇り。イロイロと感慨深い時間が流れる。
11月末までの会期、是非ご高覧下さい。

・猪熊弦一郎展 戦時下の画業/MIMOCA HPより抜粋編集
会期:2017年9月16日(土)~11月30日(木) *会期中無休 時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
猪熊弦一郎(1902−93)は、40歳前後に戦争の時期を過ごし、軍の委嘱で作戦記録画を描く従軍画家として二度戦地へ派遣された。猪熊が描いた作戦記録画として現存するのは一点で、他に戦争を直接あらわした絵は殆んど残っておらず、一方、従軍先で市井の人々や風景を描いた油彩画、疎開先で描いたデッサン等は、猪熊の手元に保管。その多くは日常を描いた当たり障りのない写実的なもので、表現が規制された当時の状況や、それでも何か描かずにはいられなかった画家の有り様が伺える。戦後、猪熊は戦争画について、自分の思いを語ることはほぼなかった。戦後70年を過ぎ、戦時下の芸術が再考されるなか、本展では、同時期の猪熊の足跡をたどり、一人の画家が戦争と、どう向き合い、その画業に戦争がどう影響したのかを検証。作戦記録画を含む当時の作品に加え、写真、日記、書籍、書簡等の資料、親交が深かった藤田嗣治、佐藤敬、小磯良平等、他作家の記録画もあわせて紹介。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


作品82点 資料42点 多数展示 戦時下の画業を生々しく伝える



筆捌きペン軌跡から 70年の時を越え作家の息遣いが伝わる



今月一杯の会期 是非ご高覧を 11月23日は開館記念日で無料



カフェレストMIMOCAでランチ いのくまの昼飯 ヘルシーで絶旨


ゲートプラザの壁画やオブジェと 歳を忘れ童心で戯れるの図 

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

可動式猫ガードネット/駐車場/DIY
Movable cat guard net/Garage/DIY
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

車の屋根で寝る猫防止に可動式猫ガードネット作成 手直し幾多

一年程前から、駐車場の車の屋根の上に、猫が昇って寝る、ということがあり、最近その頻度が急増。
特に雨の日に多く、泥や砂で汚れた足で昇り、足跡が付くのはもちろん、駆け上がっ際に、砂等によって塗装面に擦り傷跡が、また、側面から一気にジャンプして昇る場合はキックも強くなり傷も深くなる。
これは、なんとか対策せねばと、イロイロ検討。ポイントは、設置が短時間で容易に、そして出来る限り安く。ということで、網を使用する方式に。
ホームセンターに出かけ様々の網をチェック。ロープを編んだ網は、枠等が必要なので、自立可能な樹脂や鋼製の網を選択。見映え機能的には、樹脂製が良かったものの、値段が約1万円と高く、鋼製樹脂びきを購入。
車両後方の網は枠に取付け、この枠と駐車場東端の柱との間に網を張り、この網をロープで屋根に吊るし吊上げて格納という方式。
設置後、様々の問題、改良点が続出。
各網の固定をホルダーに引掛け固定するも、ホルダーの爪の位置が上下同時に入る取り合いとした為、なかなか上手く入らない。そこで下部の爪を長く改造することで、下部をガイドにセットできるように改良。
また、当初、吊下げロープは左右個別に引き、網が捩れ変形。そこで左右ロープを連結し一か所で操作。
上下操作時にも網が弛み変形擦る為、2ケ所網を吊り重錘にて吊下げ。
当初の設置から様々の問題、改善点が出てきて、これらを対策。この問題解決のプロセスが実に楽しい。
設置以来、猫の侵入は全く無し・・・です。
・滑車は百均製、および戸車を改造し作成。重錘は、サプリメントの樹脂容器に釘を入れ作成。ホルダーは、軸組建築補強用帯板をカットし作成。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


網種々検討 コスパ良い鋼製使用 吊下げ可動にて設置格納



滑車を利用し一か所にて操作 網倒れ防止の吊下げは重錘式




ホルダー 当初フック部同形状 2ケ所同時掛け困難で下部を長く

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

大豊作/薩摩芋収穫/2017
Great harvest/Sweet potato/2017
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

薩摩芋を育て初めて7年目 不作の多かった中 大豊作に!

薩摩芋、自ら植付け初めて今年で7年目。ズボラ放置で、凝りもせず再々の不作。そして昨年も不作の極み。
今年こそはと、心を入れ替え、水遣り、草抜きとそれなりのケアー。そして、枇杷の木を剪定して日当たりも確保。昨年のリベンジをと、密かに豊作祈念。
そろそろ収獲せねばと思うも、10月12日以降、天候悪く、叶わず。10月20日、午前中の雨が止んだので、午後から急遽出陣。
長雨と午前中まで降っていたこともあってか、畑は水浸し、至る所に水溜り。芋掘りと云うより、泥濘の中での蓮根掘りといった様相。
今回から、4本爪フォークを使用。従来の2本爪鍬に比べ、芋の損傷減。掘った芋は粘った泥が多量に付着。水溜りを少し深くし、ここで洗い、土落し。
日没で、2/3を収穫してこの日は終了。翌日から再び雨、台風21号の台風一過、10月23日に残りを収穫。結果、コンテナ3.5個分の収獲。
苗1本あたりの収量で比較すると、2015年を100%とすれば、昨年の60%から、今年は、なんと176%。大豊作!
毎年、保管に失敗。今回は。木製の保管庫を造り、保管もなんとか見通しをつけたいもの。保管庫については、後日詳報予定。

171026-99B.jpg

2016/10/21 不作/薩摩芋/2016
2015/10/23 天の恵/薩摩芋収穫/2015

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


水遣り 草取り 少々遅れ気味乍手入 4本爪フォークにて収獲



いつもの乾燥畑が一変 水浸し泥濘 まるで蓮根収獲の様相




水溜りを造り芋洗浄 大サイズも多 コンテナ3個半の大豊作 


今年の特徴 ビッグサイズ多 0.8kg以上10個 最大は1.1kg

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

父母ヶ浜/三豊市仁尾町
Chichibugahama/Nio town Mitoyo City
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

日本のウユニ塩湖と云われ 今 話題の 仁尾町 父母ヶ浜で

秋雨前線の影響か、10月12日以降、10日余りずっと雨か曇。美しい夕日に渇望・・・。せめて画像ででも、夕日を・・・。
10月4日、天気よく美しい夕焼けが期待できそう、と云うことで、カメ友さんに誘われ、今話題の、仁尾町、父母ヶ浜へ。
期待以上に美しく焼け、とても素晴らしい夕焼け、話題になっているだけあって、平日にも拘らず、結構な数の人が訪れる。
テレビカメラもセットされており、カメラ側面に山陽放送のロゴ、“日本のウユニ塩湖”と云うことで、カメラマン、アナウンサーが取材中。
ウユニ塩湖の様な状況とは、干潮時に砂浜に出来る溜まりに映り込む様子で、夕焼け時に干潮であることが条件。条件に合致したこの日、“ウユニ塩湖”を期待して取材に来ていたものと思われる。
ただ、夕焼けは申し分なかったものの、生憎、風が強く、映り込みが乱れ、イマイチ“ウユニ塩湖”に。
と云いつつ、皆さん、素敵な一枚を撮ろうと、いろいろポーズを取る、そんな様子を、横から撮影。
もちろん、了解を得て撮影。吉野川でラフティングの大会に参加の3人の女性や、男の子連れの若いご夫婦など、楽しく撮影。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


今話題 この日は山陽放送から 水面近くにカメラを構える




吉野川でラフティングの大会に参加の 明るく楽しい3女性



可愛い男の子連れ 若いご夫婦 素敵な家族ポーズが一杯

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

2017 フォト古高松写真展/鑑賞
2017 Photo Furutakamatsu Exhibition
  /Appreciation
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

庵治観光交流館 Y塾の皆さんと 2017 フォト古高松写真展鑑賞 

近所で写真教室を開いている鉄工所を営むYさん、先日から、教室の工場に顔を出して、写真の指導をして頂いている。
10月15日、そのYさんから、連絡を頂き、Y教室の方々と共に、Yさんの運転する車に同乗し、庵治観光交流館へ。
開催されていた 2017 フォト古高松写真展を、Yさんのコメントを聴きながら皆さんと共に観覧。
会場責任者の方、ご本人、そしてYさんにも了解を頂き撮影。(映り込みご容赦)
滝講師の水色ホールは、印刷後放置し退色したものを作品として展示(左側、右側は印刷直後の原画)
多くの写真に接することによって、様々の刺激、感動を得て、撮影への新たな想いが湧いてきます。

・2017 フォト古高松写真展
2017年10月4日(水)~10月15日(日) 9:00~17:00 庵治観光交流会館 市民ギャラリー
※ 会期終了後の紹介となり、申し訳ありません。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


雨模様にも拘らず 最終日ということもあり 多くの観覧者で賑う



テーマを“水”とした作品 と 自由画題の力作21作品を展示


滝講師/水色ホール 山中 博/ファーストラッシュ、力の限り


パンフレット ご挨拶、出展者作品名簿 2017庵治町写真コンテスト

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック