なんでも DIY Diary
なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



水路工事/御殿貯水池/着工
Canal construction
  /Goten reservoir/Construction
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

南部導水路更新工事本格化  先ずは水路周辺整備で伐採

昨年末に、御殿浄水場南部導水路更新工事の先駆けとして、ポンプ停止による不具合防止の揚水運転継続設備が最上流部に設置されたが、先日より水路全域に亘って、水路周辺整備として雑木の伐採を開始。
水路周辺の住民に配布された 南部導水路更新工事/全4頁に、水路の詳細が示され水路の概要が示された。
水路への転落防止の為、開水路両側に柵、自宅上部の水路部は、歩鋼板で蓋をされ、水路側道はコンクリート舗装とのことで、現在とは大きく様変わり。
今後の工事進捗に興味津々。

2017/12/21 水路工事/御殿貯水池 

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


木太鬼無線と交差 既に水路の形が現出 20m間隔の測点



工事スペース確保の為 水路周辺の雑木の伐採 巨木も有り



水路周辺の住民に配布された 南部導水路更新工事/全4頁

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

雑木伐採/ストーブ用薪調達
Logging/Firewood procure for stove
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

薪ストーブ用にと お向い畑地の雑木伐採 まる3日間苦闘

昨年の年末年始休暇、お向いの従兄の息子さん家族で雑木林化した畑地の伐採。ストーブの薪に使えるから、「伐採手伝ってイイかな?」即答で了承。
手前は畑地に利用していたので、雑木の密度も疎だったので、一日で終了。その後の中断を経て、一念発起1月23日より伐採再開。
使用するのは、格安の電動チェンソー。電源は自宅から、奥の雑木伐採には、延長ケーブルを4本用意したものの、最奥は届かず最終5本を接続。
格安ながら、思いのほかパワフルで直径約40cmの巨木も見事伐採。玉切りも切断姿勢が撮り易く、思いの他スピーディ。コスパ最高のお気に入り。
薪に仕立てるには、玉切り、薪割と作業続行。厳しい寒中ながら、暖房不要の汗だくの三日間でした。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


お向かい従兄の畑地 手前は昨年末伐採 今回は奥の密集地帯



自宅より道路を過って延長ケーブル4本使用 電動で巨木と苦闘



自宅の薪ストーブ煙突の煙を見ながら伐採 太さにより長さ調整



伐採木 大・中・小・枝付に分類 これから玉切り、薪割と作業続行

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

庭通路改修/階段化/安全化
Garden passage renovation
        /Stepping/Safety
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

煉瓦に生えた苔で傾斜部分 雨天時滑り危険 階段化し改修

自宅庭の通路には、煉瓦を敷設。一箇所スロープ部があり、煉瓦に生えた苔が雨天時濡れると、とても滑りやすくなる。
生前、父がここで滑って手首を骨折したこともあり、高齢の母には、「ここは絶対に通ってはならない」と約束。
先日、生垣の外、道路に居た折、母が、両手にゴミ袋を持ち、サンダル履きで降りて来て鉢合わせ。「通らんと言っとったやろ、万が一骨折したらどうするん!」 約束を破った母を、きつい言葉で叱咤。後で、再度、ジックリと説明して、「もう通らない」と再約束をしたものの、滑りやすい危険な状態を放置していることが、最大の危険要因と猛省。
通路に敷き詰めた煉瓦は、植栽の根が蔓延って凸凹、これも躓きの可能性あり。
そこで、煉瓦を全て全て剥がし、滑り易かったスロープは階段に、蔓延った根は除去して平坦に。
しゃがみこんでの力作業、腰がきつかったものの、なんとか改修完了し安堵。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


長年放置の結果 植栽の根が蔓延って 煉瓦も凸凹で危険



改修部の煉瓦を全て剥がし 蔓延った根も切断 除去 再整地



スロープ部は階段に 土壌部整地後煉瓦を裏返して再敷設

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

掛け時計/アンティーク/職人技
Wall clocks/Antique/Craftsmanship
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

超お気に入り アンティークショップで購入の掛け時計 職人技記 

昨年の12月、初めて訪れた庵治の雑貨アンティークショップ、アンティミテ。特に目に付いたのが古い時計達。中で一番のお気に入りが、文字盤を外して、動作テスト中の本品。メカの美しさと手業の風合が、一際味わい深い。
数日後、カメ友さん等と再訪。カメ友さんらが、お気に入りのアクセサリなどを購入するのに、つられるように・・・。先日、気になっていた掛け時計を、“私も・・・”と思い切って購入。
持ち帰り、早速壁に掛け、ネジを巻く、カチカチ、ボ~ンボ~ン・・・と順調に時を刻む。今まで久しく感じることのなかった“時の流れ”実感。
翌日、時間合せをして数時間後、停まっているのに気付く。ゼンマイが緩んだのかと思い、巻いてみるも、緩んでいない。振り子を振らして起動するも、暫くして停まる。何度かトライするも停まってしまう。
そこで、アンティミテさんに連絡。折り返し、時計の改修を行ったサルベージさんから電話が入り、電話越しに「時計の音を確認させて下さい」とのこと、携帯電話を時計に翳してカチカチ音を聴いてもらう。「最適位置からズレています、時計の最下端を左に5mmをほど動かしてください」と音を聞いて、時計を掛けている角度の微調整を指示。
「良くなりました、少し行き過ぎました」を何回か繰り返し、「正常な状態になりました。これで暫く様子を見てください」と正常作動に。
その後1ケ月以上になるが、一度も停まることなく正常に作動。
“音”を聴くだけ、それも電話越しで、メカの調子・状況を把握し、正常に導く!、まさに職人技、感動の一瞬。
味わい深い手造りの装置、至る所に人の息遣い、痕跡を感じる。それに命を与える人の技。時を経て時間を刻んだ逸品は何ものにも代え難い存在感。アナログってやっぱり最高。

・掛け時計/時計コレクターのサルベージさんの手による改修品
昭和初期の4日巻。林時計株式会社製か(文字盤のトレードマークより)。ウズリンでボーンボーンと時を知らせる。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


一目惚れのメカニズム 製造当時の輝きを放つ真鍮色 機構美





手造り 時間のメモリーが至る所に 塗料のヒビ割れも愛おしい



型紙作成 目盛貼付作業 目盛はカラーシートをカットし作成

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

薪割/楔使用
Wood splitting/Wedge use
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

薪割顛末 割れな~い欅 楔とハンマーを購入して何とか薪に

今年は、とても寒く、そして安納芋の保管を成功させるため、薪の消費量も例年に比べかなり増加。
そんな中、造園業を営むお隣さんから、庭の樹木の間引きで、昨年の夏に伐採していた欅を頂いた。
間引きした欅とあってかなり太く、割らずには薪として使えない。そこで玉切りをし、斧で割ろうと振り下ろすも、弾かれ、喰い込まず、全く割れる気配無し、そこで玉切りの長さを半分程度に短くして、辛うじて割るも、サイコロのような薪に、薪棚に積めない。
そこで、ホームセンターに出かけ、楔とハンマーを購入。流石に楔、なんとか割ることが出来たものの、何度も何度も打ち込まないと割れず、効率悪し。
チェンソーで縦方向に切れ目を入れ、なんとか全割。
その後、ネットで楔を購入しようと、チェックすると、楔は2個セットで使うのが常識とのこと・・・、今回も我流の徒労の“巻”でした。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



造園業のお隣さんから頂いた欅 斧では割れず! 楔でなんとか



欅 断面は歯が噛みあった様に繊維が絡み 硬い! 粘ばい!
 


この玉切りサイズだと楔でも中々割れず 切目を入れ全割

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック