なんでも DIY Diary ・ブログ
なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



防護柵設置/自宅前道路
Installing a protective fence/Front road
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

自宅前道路に防護柵設置 高仕様道路 木太鬼無線の影響か

6月14日の朝、10時少し前、救急車の近づいてくる音。窓から外を覗くと、香東川土手上の道から自宅前の道路に入ってこようとするところ。
その時、自宅前の道路では、丁度、ガードレール・防護柵の設置作業をしており、急遽工事を中断し、救急車が入れるよう、道路を塞いでいた支柱打ち込み用のミニバックホーを移動中。
自宅より少し上で、散歩中の方が倒れたとのことで、4名の救急隊員が、先行して徒歩で駆けつけ、その後、救急車がバックで現場まで。約30分の間、工事中断、ガードレール・防護柵の設置作業は、救急車が出ていってから再開。
支柱を打ち込んだ後、ガードレールを取付、防護柵と共に左右の田への転落を防ぐことが出来るようになった。
生まれれる前からあった道、ここに来て防護柵設置とは・・・
直ぐ近所、完成間近の木太鬼無線、LED街路灯設置、広い歩道、そして防護柵や防音フェンスの設置等、安全に配慮した高仕様の道路となっている。
自宅前の道路にも影響したのでしょうか・・・。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


自宅前道路 田や畑への転落の危険のあった盛土区間に防護柵



カカカカッと支柱打込みの振動音 寸法確認しながら手際よく作業



少し登った所で散歩の人倒れ救急車 幸に回復し 搬送せず



もうすぐ開通予定の近所の木太鬼無線 安全配慮の高仕様道路

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

カフェテリアボストン/高松市/カフェ情報
Cafe terior Boston/Takamatsu/Cafe Info
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

カフェテリアボストン 高松中心部に カフェとインテリアと雑貨のお店

庵治にある、生活雑貨とアンティークのお店アンティミテを訪れる中で、ロータリーキャンドルホルダーの製作に関わることに。
アンティミテさんの友人の誕生会に、このホルダーを持ち込んでお祝い。その様子がインスタグラムにアップされ、その素敵なお店に是非行ってみたいと思っていた。それが、カフェテリアボストンさん。
5月14日に、念願の初訪問。ドアを開けて店内に入るとそこに。笑顔で佇む女性。前日、月一、晴れの広場 Cielで開かれるカフェ Flat Coffee Grage のマルシェに出店し、初めてお会いしたフレグラントさん。その後、既に東京に帰ったと思っていた Flat Coffee Grage の翔一郎さんとも再会。正にミラクル!
そして、この日初めてお会いしたユニークなお酒とご飯のお店"時宅"のオーナーとも話が弾み、ボストンさんを後に、早速立寄って、楽しい食事。
人の集う店、出会いのスポット、なにより、素敵で楽しいオーナーご夫妻の吸引力の賜物。また行きます。
 
・カフェテリアボストン/Cafe terior Boston/HPより抜粋・編集
住所:高松市今新町8-2 ヤマナカビル1F Tel:087-802-1520
営業 【平日】7:30〜18:00 【土日祝】11:00〜20:00
平日の18:00〜20:00 連絡により開店可能
定休:水曜日、第1木曜日 ※ 臨時休業あり

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


素敵なご夫妻 人々が集い 様々の出会い ミラクルな出会いも 





開店一周年 素敵なオーナーご夫妻 センスの良いお洒落なカフェ




奥様と旦那様の母上の選りすぐりのセンスの良いアンティークコレクション 

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

山陽堂/アンティークモール/倉敷
Sanyo-do/Antique Mall/Kurashiki
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

屋根の上にビクター犬が一杯並ぶ アンティークモール 山陽堂

5月6日、ゴールデンボンバーライブ参戦、開演までの時間、美観地区をそぞろ歩きし、ライブ会場の倉敷市民会館の近く、アイビースクエアーガーデンの南側に、一際目を引く建物。
屋根の上に、ビクター犬が一杯並び、赤く目立つ看板には、(1階)倉敷山陽堂アンティークモール、(2階)倉敷貯金箱博物館とある。
躊躇なく入館料300円を支払って入館。所狭しと、正におもちゃ箱をひっくり返したような様相で、様々の品々が並ぶ。
なかでも、ビクター犬の蒐集は、屋外のみならず屋内にも多数鎮座しお出迎え。
様々な蒐集品があるが、やはりミニカー、ブリキの玩具等に見入ってしまう。
ほんの一部を写真紹介、改めて再訪し、ゆっくりジックリ鑑賞したい。

・倉敷山陽堂アンティークモール/HPより抜粋・編集
貯金箱博物館・DOG資料館・おもちゃ博物館を併設。ちょっぴりマニアックな日本文化をぎっしり詰め込んだプチミュージアム。古美術品/中国美術/中国陶磁器/掛軸/絵画美術/古民具/陶磁器/硝子製品/江戸・明治・大正浪漫・昭和レトロ
入館料:高校生以上/300円 中学生以下/200円 未就学児/無料

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



ビクターのロゴで有名なニッパー犬が約90匹 屋根の上に並ぶ 



安田オーナー館長 気さくでおおらかなお人柄 説明も丁寧に




キューピー 鉄人28号 昭和レトロ 懐かしい人形達のオンパレード




大好きなミニカー、飛行機 玩具も一杯ついつい見入ってしまう

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

最終工区進捗/高松市道木太鬼無線/2018/06
Progress of final work area
  /Takamatsu city road Kita-Kinashi
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

街路灯も設置 トンネル近くは舗装も開始 開通間近の木太鬼無線

長きに亘って工事、遅れに遅れていた木太鬼無線の西春日から鶴市間が、やっと7月2日に開通するとのこと。縁石、排水路、歩道、街路灯工事等、開通に向け、残業をして追い込んでいる様子も見られる中。
6月4日夜、8時頃から約30分間、街路灯試験点灯を偶然目撃。スマートなデザインの街路灯、LED光の鎖を空中に繋ぎ、まだ未舗装の道路が浮び上る。
そして、翌6月5日には、カメ友のKさんからの情報。トンネル事故に備え、開通前に、高松市消防局が、救助訓練をするとのこと。早速見学に出かける。乗用車2台が、正面衝突し、一台の運転手が車内に閉じ込められたとの想定で、高松市消防局員およそ40人が訓練。
6月6日、朝から雨、そんな中、窓外には、作業をする人の姿。もうすぐ開通。

・木太鬼無線7月2日に開通/KSB HPより抜粋編集
7月2日に開通するのは、都市計画道路・木太鬼無線の西春日から鶴市まで約2km。うち約500mがトンネル。高松市が1999年から約51億円をかけて整備。通勤時間帯の産業道路や中央通り、東バイパスの渋滞緩和が期待される。当初、2013年開通を目指していたが、用地買収に時間を要し5年遅の開通。7月2日は午前10時から、地元自治会が開通式を行い午後2時から通行できるようになる。

2017/12/05 最終工区進捗/高松市道木太鬼無線/2017/12
2017/10/10 最終工区進捗/高松市道木太鬼無線/2017/10
2017/09/20 最終工区進捗/高松市道木太鬼無線/2017/09
2017/08/11 最終工区進捗/高松市道木太鬼無線
2017/02/03 最終段階/高松市道木太鬼無線
2016/10/09 工事再開/高松市道木太鬼無線
2014/01/25 貫通道路/高松市道木太鬼無線

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


開通間近の工事進捗 縁石 排水路 歩道 街路灯工事等進む



街路灯試験点灯 30分程度の短時間 この時のみの限定光景




トンネル事故想定訓練 ヘルメット着用・車道立入禁止で見学

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

ウーム・ブロカント/雑貨屋/倉敷
WOMB BROCANTE
  /Sundries & Antique/Kurashiki
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

倉敷美観地区の蔵に素敵な"古道具"屋 WOMB BROCANTE

久々に、倉敷へ。5月6日、ゴールデンボンバーライブ参戦、開演までの時間、美観地区をそぞろ歩き。最初に入った林源十郎商店、その3階にある、三宅商店カフェ工房の上を見上げてビックリ。スケボー、ジョウロ、調理器具等、様々の物が空中浮遊。とても楽しくセンスの良い照明器具。
カフェの方に尋ねると、WOMB BROCANTEというお店の創作とのこと。そのお店の倉敷店が美観地区にあると教えられ早速訪問。
美観地区の数多い蔵の中でも趣一際といった佇まいの蔵、中に入ると、どこを見ても、見入ってしまう味わい深い品々。
"古道具"のピックアップそして、そのディスプレイが、アーティスティックでセンスの良さを実感。
児島の本店にも行ってみたくなりました。

・WOMB BROCANTE 倉敷美観地区店/Webより抜粋・編集
 〒710-0054 岡山県倉敷市本町5-25 OPEN 11:00-18:00
 TEL:090-1337-0685
・2018年2月3日に、WOMB BROCANTE 児島の2号店として倉敷美観地区にオープン。児島本店は主に家具等の大型道具を扱うのに対し、倉敷店は雑貨がメイン。陶器、ガラス、木工雑貨等、日用品の数々が所狭しと並ぶ。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


カウンターはまるで我が薪棚を彷彿とさせ これだけで魅かれる


180603-24B.jpg
各スポット毎のディスプレイがとてもアーティスティック まるで作品のよう



吊るしにもセンスの良さ 中央のドライフラワー実は照明 創造力発揮



自由な発想のオンパレード ハイセンスな品々 見て楽し味わい深い



用に供して役立ってきた時を人の営みを刻んだ見飽きぬ品々
 
☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック