なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



起重機船/船橋取付/四国ドッグ
Floating crane
 /Bridge mounting/Shikokudock
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

四国ドッグでの 起重機船による巨大な船橋の取付作業撮影

8月29日、10時頃、ラジコンやブログを通じての知人のNさんから、「四国ドックで深田サルベージのクレーン船が、大きな船橋を吊って取付作業をしています。撮影しては如何ですか?」との電話。
早速、ビートで出かけ、10時45分到着、クレーン船確認。既に、船橋は船体の所定位置に移動済。残念ながら、吊上げ状態を撮影することは叶わず。
1時間強、様々な方向から撮影。巨大な船橋を吊り上げる吊り具も巨大。これを外す作業は、とても興味深いもの。
巨大吊り具を、補助ウインチで移動させたり、船体の周囲に投錨した操船用ウインチを使って、巨大な船体の微動操作等、見事な作業に時間の経つのも忘れて見入ってしまい、気付けば、正午過ぎ。
情報提供してくれたNさんに改めて深謝。

・深田サルベージ建設/Wikipediaより抜粋・編集
大阪市港区に本社を置く、総合海事業者。海難救助(沈没・座礁した船舶のサルベージ)や、橋梁架設、船舶・浮体構造物の海上輸送、海洋開発事業など、海洋分野に関する幅広い業務を行なう。起重機船/金剛(主巻定格荷重2,050トン吊)、船体 長さ:85m 幅:38.8m 深さ:6m

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


深田サルベージ 起重機船/金剛 吊上2,000トン超の迫力



COOL SPIRIT/冷凍運搬船(650,000cf 型) 新しさ感じる外観




船橋を所定位置に取付 巨大吊り具の取外し作業も見応えあり

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
黙々との作業。
こうしてご紹介されて、本望でしょうね。
海事は潜っての建設もあるんですよ。
特殊な海の工事、これからもご紹介ください、
冷凍運搬船は喫水が上がってよく見えましたね。
彼らは 大変な洋上での海上荷役もあって港に戻るんですよ。

黙々と仕事する海の仕事です。
[2017/09/08 05:24] URL | hippopon #- [ 編集 ]

^^
ビート。いつ見てもいいデザインですよね。
あ。そうそう。S660購入計画?ありましたっけ?

ビートの面影を残しながらキレキレのデザイン。アレはアレで好きです。もっとも当方に購入予定はないんですけどねw^^)/
[2017/09/08 05:35] URL | waravino #- [ 編集 ]

すごい迫力
Tazumichi様
おはよう御座います。

ブログの写真でも迫力を感じます。実際は凄いのでしょうね。
ワイヤーロープも4,5本ではなく数多くつかっていますね。
想像を絶する力の入り方なのでしょう。
ビートの部品再販の情報は取れましたか。
あと10年は乗れますね。そうするとプレミアムがついて
大変なことになっているかも知れません。

愛新覚羅
[2017/09/08 07:30] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: hippoponさん 
hippoponさん おはようございます
クレーン業界でお世話になっていたので
とても興味深く撮影させていただきました
陸上の移動式のクレーンにくらべ、海上クレーンは超巨大
迫力満点、クレーン操作も独特のもの、見入ってしまいました
作業を粛々と進める人々、とてもカッコイイですね

それにしても、hippoponさん、お詳しいですね(^_^)v
[2017/09/08 10:04] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re:waravinoさん
waravinoさん おはようございます
ありがとうございます
S660、発売前に予約金まで納めたのですが
試乗の結果、購入断念しました(>_<)
ビートに乗り続けるしかありません(笑)
[2017/09/08 10:13] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん 
愛新覚羅さん おはようございます
とても迫力満点で、作業に見入ってしまって
気付けば、お昼を過ぎていました
ビート、最近、いろんなところが傷んできています
そんな中、部品再販情報は有り難い限りです
気軽に乗り回せるのがなによりです(^_^)v
[2017/09/08 10:23] URL | Taz #- [ 編集 ]

四国ドック
私も好きな所で、サンポートや北浜アリー近くへ行った時はどんな船v-108があるのか興味津々で見ています
時々、間近で見ることも
普段見ることの無いデカい船に圧倒され、人間がチッポケに見えます
そのデカい船に船橋を乗せるクレーン
迫力あったでしょうね
[2017/09/08 11:54] URL | yogorou #Jr4WCcEI [ 編集 ]

Tazさん、お早うございます。
 車で走っている時、たまたま四国ドックで冷凍船のブリッジを架装中に出くわし、元職でトラッククレーンのデザイナーであったTazさんが興味を持ってくれそうな格好な話題だと思い連絡させていただきました。
 私は走りながら横目で見ただけでしたが、こうやって改めて写真で見ると大変な作業なのだなあと感心しました。おそらく数百トンはあろうかと思われるブリッジ部を歪み無く均一に吊り上げる為には綿密な計算と最適な吊り具を駆使しての作業になるのでしょう。
 そして船体に寸分の狂いも無く、設計どおりの位置に取り付けるには、作業をする人たちのチームワークが欠かせません。
 さて約半日の作業に掛かった費用は如何程か、つい下世話な思いが頭をよぎりました。
[2017/09/08 11:59] URL | 南條 #n071iIV2 [ 編集 ]

Re: yogorouさん 
yogorouさん こんにちは
船って昔から好きで
船舶工学に進もうとしたこともあります
yogorouさんと同じように
気づくと四国ドックに行ってる・・・みたいなことがあります
巨大な玉掛ワイヤーの取り外し作業
どうやってやるのか興味津々、見入ってしまいました。
[2017/09/08 15:57] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 南條さん 
南條さん こんにちは
連絡頂き、ありがとうございました
船橋を吊っているところは見れませんでしたが
玉掛ワイヤーのハンドリングやフック位置の操作等
興味津々、時間の経つのを忘れてしまうほど見入ってしまいました
元クレーン屋として、久々に血が騒ぎ、実に貴重な体験になりました
改めて、感謝いたしますm(._.)m。
[2017/09/08 16:11] URL | Taz #- [ 編集 ]

大迫力のシーンを拝見させて頂き
有難うございます。

兎に角、でかいですね。
[2017/09/08 20:47] URL | ichan #- [ 編集 ]

釜石港
おはようございます。
大きいですね。
2012年に2度目の3.11後の東北訪問の際に、釜石港で関西から来た大型クレーンが、津波で陸に押し上げられた貨物船を吊り上げる準備をしてました。
地元の方のお話によると、港に入っていたこの貨物船は、何度も港内をグルグル回り、周辺の建物を破壊してしまったと云うことでした。
貨物船→http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/blog-entry-5669.html
旅程の関係で、実際に吊り上げる様子を見ることはできませんでしたが、改めて、水の脅威を感じた日でもありました。
巨大クレ→http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/blog-entry-5670.html
[2017/09/09 03:22] URL | yokoblueplanet #- [ 編集 ]

Re: ichan さん
ichan さん おはようございます
そうなんです、兎に角、でかいです
玉掛ワイヤーも、兎に角、太く
何もかも、迫力満点でした(^_^)v
[2017/09/09 06:17] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: yokoblueplanet さん
yokoblueplanetさん おはようございます。
大きな貨物船、それを吊上げたなんて凄いですね
陸上のクレーンでは、とても無理な作業ですが
船舶クレーン故の、超大型化が可能ということ
津波という水の脅威と同時に水上故に可能になる超大型クレーンの世界
自然への想いを新たにします。
[2017/09/09 06:28] URL | Taz #- [ 編集 ]

四国ドックは冷凍運搬船ではシェア日本一だそうです。
海へ行くと、屋島と新造船がよく見えます、ぼおっと見ていましたが
冷凍運搬船をせっせと造っていたのですね。

高松港玉藻防波堤の先端に立つ「せとしるべ」が「恋する灯台」です。

冷凍運搬船(650,000cf 型)
総トン数 16,800トン
載貨重量 16,700トン
全長 188.6m
幅 26.0m
深さ 14.1m


1955年(昭和30年) - 四国ドック株式会社を設立、三井造船株式会社の
技術指導により鋼船建造開始


1966年(昭和41年) - 初の冷凍運搬船(ガーナ向41,300cf“Sege”)建造

2007年(平成19年) - 60隻目の冷凍運搬船(615,000cf“Star Straos”)建造。


とかいていました。

65万cf型     冷凍船(れいとうせん、英語: reefer ship)、
cf型のcfが分からないので、せっせとネットで調べたが何の略か不明です。
carryキャリー  コンベア     フリーズ
コールド  FUNE       cold funeぐらいしか思いつきませんが。
65万も不明ですが。 容積? 何隻か造っているみたいです。
[2017/09/10 15:49] URL | 隠居 #- [ 編集 ]

Re: 隠居 さん
隠居さん おはようございます
四国ドックが、冷凍運搬船で、日本でシェアNo.1とは
知りませんでした、高機能船を得意とするドッグだったんですね
いつも、詳細情報を頂き、深謝
これからも、宜しくお願いしますm(..)m
[2017/09/11 11:00] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/964-264e4363