なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



お盆/墓参り
Obon/Visit to a grave
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

今年もやってきたお盆 自宅近く相作墓地に 母と共に赴き参拝

盆入りの前日、8月12日午後6時少し前、母と共に、自宅から約1km、香東川西側沿いにある相作墓地へ。
土手や周辺の草むらが除草剤を撒き茶色く変色、草刈りの手間を考えるとこうなってしまうのは仕方ないのかもしれないが、やはり緑に包まれていた方が良い。
と云いつつ、水汲みをし、墓を清め、伝統の灯籠を吊るし、花を供え、蝋燭に火を灯し、線香をあげ、父を偲び、兄を想い、合掌。幾度となく務めてきた“お盆”。
この歳になってくると、お盆を迎える気持ちも少しづつ変化、自らの亡き後にも想いを馳せることも・・・
一日一日、精一杯生きねば。南無阿弥陀仏。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


自宅から約1km 香東川の西側 相作墓地に当家の墓がある



石碑の如し 父懇意の石屋さんに造ってもらった 父自慢の墓 


父、兄 そして祖父(母方) 伝統の灯籠 献花 蝋燭・線香を供す


墓参前の三条池 蓮華が咲き 命が育まれ 日脚が天より降りてくる

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
お盆なさっていらしたのですね。
お盆になると本家のお墓を思い出します。
祖先が営々と守ってくれた命。
感謝して大事にせねばとおもいます。
朝の露のようなはかないものであっても、精いっぱい生きたいです。
[2017/08/23 06:33] URL | hippopon #- [ 編集 ]

うちの母方の祖父母が、隣の本村墓地から見守ってくれています。
いつも、墓参りに行くと立派な自然石の墓碑が建っているのを見て、父の墓も自然石にすれば良かったかな~って思っていました。
まさかtazuさん家のお墓とは思わなかったです。
[2017/08/23 07:11] URL | 翔モデルクラフト #9YMCdFGs [ 編集 ]

墓参り
Tazumichi様
おはよう御座います。

立派なお墓ですね。おっしゃるように年とともに墓参り
するときの気持ちが変わってきています。
父親のときはただ面倒だと思うだけでしたが家内が
入ってからは義務ではなく率先して行くようになりました。
多分自分が入った後はだれもこなくなると思いますので
方法を考えています。

話題は変わって嬉しいニュースがあります。ご存知かも
知れませんがURLを貼っておきます。
http://www.asahi.com/articles/ASK8B4J3HK8BULFA01G.html?ref=rss

愛新覚羅
[2017/08/23 07:31] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: hippopon さん
hippopon さん こんにちは
日頃、不信心な身なれど
お盆になると、なぜか感じるものがあります
また、この歳になってくると
想いも少し変化してきているようです
精一杯、生きていきましょう(^_^)v
[2017/08/23 13:28] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 翔モデルクラフト さん
翔モデルクラフト さん こんにちは
ありがとうございます、父も喜んでいると思います
父の懇意にしていた石屋さんにお願いして
父のイメージで造ってもらったそうで
父、お気に入りのお墓です。
[2017/08/23 13:32] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん こんにちは
父の想いの詰まったお墓なので、アップしておこうと思っていました
そして、母と共に、墓に参ること自体も、感慨深いものが・・・
歳ですね(笑)

知りませんでした、嬉しいニュ-スありがとうございますm(__)m
[2017/08/23 13:41] URL | Taz #- [ 編集 ]

ご先祖様があって、今の生かされている自分がある
ご先祖様に感謝の気持ちと近況報告v-421
ガッチャーミー
(人の考え方は、人それぞれですが・・・)
[2017/08/23 19:36] URL | yogorou #Jr4WCcEI [ 編集 ]

ご先祖様の供養は田舎に残された者の務め
と言うことで彼岸やお盆のお参りは行って
います。
墓掃除も行っていますが、隣の墓の篠が
侵入して来ているので、植本さんのお宅の
お墓のように美しくはありません(;'∀')
[2017/08/23 20:53] URL | ichan #- [ 編集 ]

Re: yogorou さん
yogorou さん こんばんは
そうなんですよね、営々と繋がっているんですよね
京都は、お盆にちなんで様々の行事があって
よりご先祖様絵の想いを新たにしますね
南無阿弥陀仏m(__)m
 
[2017/08/23 21:10] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: ichan さん
ichan さん こんばんは
父は、末っ子で、当家の墓は、父の建立したもので
ご先祖様は、収めていませんが
手を合わせるとご先祖様も感じます
最近の墓掃除、除草剤散布が増え
茶色に変色した景観は、どうも好きになれません(>_<)

[2017/08/23 21:20] URL | Taz #- [ 編集 ]

お墓
時代、時代。そのとき、その時の人々の気持ちに左右されていると思います、大事にしなければならないと思います。私は2か所の墓を見ています。
お墓が阿波の青石に見えますが?
私の親戚の墓にも古い、宝篋印塔がありますが、墓のことは何も聞いていないので分からないと言っていました。
高松藩松平家は無縫塔の墓です、その上に廟があったそうです。
天保二年(1831)に富裕層 が墓地を造り出したそうです。江戸幕府が墓石の設置を許可しましたので。
私の村の郷士の人は江戸時代の初めから墓を多数造っています。
村の墓地で庄屋の人の墓に「天保8年7月」と書いていました。
川の土手に「 熊之助 10才  明治3年6月13日 」と書いた墓があります。
庄屋の人たちが造りました。
菊池 寛が「義民甚兵衛」をこの墓をみて作ったと年寄りが言っていました。
義民甚兵衛の碑は、今でも香東川畔に立って居る(大正九年、中央公論) 少なくとも菊池 寛は弦打村が好きだったのでしょう。
村の墓地に「 明治13年12月 建之 」と書いている古い墓があります、由良石で笠石をかぶっています。庵治石は硬いので加工技術が進んでから墓石に使用されました。
明治17年(1884年)この頃からお墓が造られたらしいです。だから、あまり古い墓はないそうです。
[2017/08/25 15:11] URL | 隠居 #- [ 編集 ]

Re: 隠居さん
隠居さん おはようございます
この歳になると、ご先祖さまがあって自らがあると
しみじみと思います
墓地も、時代とともに、場所が変わったりして
昔から引き継がれたものは少ないようですね
ただ、自らが今日あるのは、絶えることなく引き継がれてきた証し
墓の前で手をあわせると、ご先祖様に想いを馳せ、感謝しますね。
[2017/08/26 08:22] URL | Taz #- [ 編集 ]

最後の3枚とてもしんみり心に響きます。
私たちを見守ってくださるご先祖様。
そのありがたい存在に感謝したいと思います。
[2017/08/26 23:16] URL | 南 キリ #- [ 編集 ]

Re: 南 キリ さん
南 キリさん こんばんは
今あるのは、繋がれてきた故
神秘的な何かを感じますね
そういう想いで改めて周囲を見ると
非日常の世界が見え、感じる・・・ような気がします。

[2017/08/27 00:24] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/960-97fc43a5