なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



第3回大阪御堂筋アート/大阪
3rd Osaka Midosuji Art 2017/OSAKA
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

第3回大阪御堂筋アート展 久々に大坂へ 初回とは様変わり?

大阪御堂筋アート展、3年前の初回時は“御堂筋そぞろ歩きアート展”の名称でスタート。御堂筋を歩き、作家、スタッフの熱い想いが伝わり、印象深いアート展。
昨年は、行けなかったので、今年は是非行くべしと、6月6日、早朝5時51分発のバスに乗車。9時少し前、なんばに到着、早速、御堂筋へ。
元々このアート展に行くきっかけは、善通寺のアート展でリア友になった水嶋さん、そして、風鈴展で知り合った貴志さん。今回は、このお二人の作品を観ることが目的。
今回のアート展の印象。初回に比べ、圧倒的に絵画の比率が多くなっており、御堂筋という舞台その空間に、彫刻等、ダイナミックな立体造形を期待していたが、激減。・・・大いなる失望。来年に期待。
久々の大阪、途中で旧友と待ち合わせ、お喋りも弾み、お互いの元気を確認。なんばから梅田へ、そしてまたなんばへ御堂筋を往復して、少々お疲れ気味。午後9時前には、帰宅。
疲れたものの、たまには、大都会の空気も旨し。

・第3回大阪御堂筋アート "The 3rd Osaka Midosuji art" 
◇会期:2,017/5/15(月)~6/15(木) ◇会場:大阪市御堂筋界隈 ◇主催:アートコネクト実行委員会 ◇後援:大阪府、大阪市、大阪市北区、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟、御堂筋完成80周年記念事業推進委員会  ◇協力:御堂筋まちづくりネットワーク

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。

No.51 水嶋 康宣/わたしはそよ風の行き先を見た/銀泉備後町ビル


No.42 貴志 勉/人にできることは忍耐のみである/御堂筋野村ビル




御堂筋のビル ロビー、廊下、ショーウインド、庭園等 33ケ所に展示


全33ケ所の展示 御堂筋をなんばから梅田そしてなんばへ

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
みどーすじの見どーころは?
あ~と感動するものがすくなくて
造形物への造詣を深めるつもりが
絵画ばかり多くて,行った甲斐がない・・
ということでしょうか(~_~;)

ブログ三年ぶりで復活しました\(^o^)/
[2017/06/15 03:54] URL | PPKKS #su7LfdQk [ 編集 ]

何となくわかります
Tazumichi様
おはよう御座います。

たまには、大都会の空気も旨し。
 ↑
地方の方がうまいに決まっていますが、久々だと違うの
ですよね。私も良くわかります。

さて作品の方ですがやじろべえの片側の爆弾のような
ものが気になります。反戦作品かなにかでしょうか?

愛新覚羅
[2017/06/15 07:51] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

大阪を楽しまれたんですね。
陽光を取り入れた明るい野村のロビー気持ちよさそう。
具象的なものから 抽象的なものまで、
ハレ舞台ですね。
[2017/06/15 09:19] URL | hippopon #- [ 編集 ]

Re: PPKKSさん
PPKKSさん こんにちは
 コメントありがとうございます
み事御推察の通りです
どうして、絵ばかりになってしまったんでしょうか
うらみ節ではありませんが、せっかく遠く大阪までいったのに
すばらしいアートを期待して行ったのに
じ回に、期待したいと思います

ブログ再開、おめでとうございます\(^o^)/
[2017/06/15 12:53] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 何となくわかります
愛新覚羅さん こんにちは
たまに、都会に出かけると、イロイロ刺激を受け
なにやら、元気が湧いてくるような(笑)
“人にできることは忍耐のみである”
と云う題名から推察・・・
でも基本は、感じるままで良いと思います(^_^)v
[2017/06/15 12:59] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: hippopon さん
hippopon さん こんにちは
ハイ、久々の都会の空気を一杯吸いこみました(笑)
期待した、立体造形作品が少なかったので
少々残念でしたが、思う存分堪能しました(^_^)v
[2017/06/15 13:08] URL | Taz #- [ 編集 ]

都会は刺激があってイイですね〜。
それに人が多くて、少々変な事していても放っておかれるのがありがたい…
街角で写真を撮っても、あまりうるさく言われなさそうですが、
どうでしょうかね?
[2017/06/15 15:05] URL | 南 キリ #- [ 編集 ]

大阪の御堂筋までその時間で行けてしまう
とは近いですね。

造形作品が少なかったのは残念ですが、
絵画も悪くない感じです。
[2017/06/15 20:06] URL | ichan #- [ 編集 ]

御堂筋でこんなのをやってるんですね。時々仕事で御堂筋にはいくんですよね。
[2017/06/15 20:47] URL | TORU #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/06/15 21:06] | # [ 編集 ]

わざわざおでかけくださったのですね!
ありがとうございます。
拙作まで掲載いただき恐悦至極です。
確かにダイナミックな造形物少なかったですね。
何かの巡り合わせとは言え私も大人しく?していたので責任を感じますm(_ _)m
[2017/06/15 21:34] URL | 水嶋康宣 #- [ 編集 ]

Re: 南 キリ さん
南 キリ さん こんばんは
時には、都会の刺激、イイですね(^_^)v
高松に比べれば、かなり気楽にスナップ撮影ができそうですね
それにしても、最近人物スナップが難しくなってきた気がしますね。
[2017/06/15 22:28] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: ichanさん
ichanさん こんばんは
高速バスを利用すると、大坂へは、案外早く、割安で行くことが出来ます
絵画が悪いという訳ではないのですが
ビルのライブ空間にはやはりダイナミックな立体造形が似合うなぁ
と思った次第です(笑)
[2017/06/15 22:39] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: TORU さん
TORU さん こんばんは
お仕事で御堂筋に行かれた時には
情報チェックをして覗いて見てください(^_^)v
[2017/06/15 22:42] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: カギコメ17/06/15 21:06:31さん
カギコメさん こんばんは
情報ありがとうございます
是非、足を運んでご高覧下さい(^_^)v
[2017/06/15 22:44] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 水嶋康宣さん
水嶋康宣さん こんばんは
素敵な作品を生で拝見でき、堪能しました
絵がダメという訳ではありません
ただあの御堂筋の空間には
やはり、ダイナミックな立体造形が似合いますよね(^_^)v
[2017/06/15 22:49] URL | Taz #- [ 編集 ]

^^
左下の赤い花が咲いている写真。
まわりはガラスファイバーか何かで。
できているんでしょうか?
くもの巣のように張り巡って。
ある種の緊張感があって好きな写真です^^)/
[2017/06/16 21:40] URL | waravino #- [ 編集 ]

Re: waravinoさん
waravinoさん こんばんは
コメントありがとうございます
赤い花は銅版で、クモの巣のように見えるのは
サランラップを捩じって貼っているものと思います
平賀 茉莉さんの作品です。
[2017/06/17 00:27] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/942-33b5f893