なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



高松市立美術館/リニューアル
Takamatsu City Museum of Art/Renewal
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

約1年をかけ改装 3月に リニューアルオープン の高松市美術館へ

高松市美術館、約1年をかけて改装、今年の3月にリニューアルオープン。リニューアル後、初めて訪問、開催中の展覧会を鑑賞。
展覧会は、2つ。一つは、第43回高松市民美術展。誰もが自由に参加できる展示会として長年親しまれ、日本画、墨彩画、洋画、書道、篆刻、陶芸、木彫、七宝焼、ちぎり絵、パッチワークキルト、表装、革工芸、写真と多岐に亘る力作300点余を展示。
もう一つは、なんのき村展。写真愛好グループ、“写真道場なんのき村”メンバーによる写真展。展示は2年ぶり。21名のメンバーが素敵な作品を展示。どちらにも、ニッコールクラブメンバーが出展しているとのことで訪問。
美術館正面は、赤いモニュメントから、黒御影の石彫に大きくイメチェン。そして展示ルームの床は、グレーのカーペットからフローリングに、また、天井照明は、大幅に増設され、明るく変貌。様々の作品を堪能。
ロビーでは、2009年から始まったという、第8回目の街クラシックin高松が、開かれ、市民の集う美術館を実感。
今後の、企画が楽しみです。

・高松市美術館の改修/高松市公式HPより抜粋・編集
高松市美術館は、1988年8月に開館。高松市の文化芸術活動 の推進に大きな役割を担ってきた。 しかし、余暇利用の多様化、県内での相次ぐ美術館の新設等の背景で、来館者数の減少、開館24 年が過ぎ、建物・設備機器の経年劣化等、様々な問題が顕在化。そこで、 改修・修繕だけでなく、展覧会の充実や系統的な美術品の収集等、美術館本来の機能 と、賑いや交流 を創出という2つの機能強化に取組み、気軽に美術館へ人が集えるよう、カフェや ミュージアムショップなども整備。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


リニューアル前後の高松市美術館 アフター(上段) ビフォアー(下段)



多岐分野 市民美術の祭典2016 第43回高松市民美術展 



なんのき村展 “写真道場なんのき村”メンバーによる写真展


お気に入りの水墨画 ニッコールクラブメンバーの方々の写真


展覧会案内カード 第43回高松市民美術展  なんのき村展



街クラシックin高松 ロビーでの瀬戸フィルメンバーによる演奏

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
誰もが自由に参加できる展示会,幅が広いですね。
自分で心を込めた作品を皆に見てもらう。
明日への活力になりますね。
写真展も面白そうなものが沢山有りそう。
[2016/09/30 04:58] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

高松市立美術館
Tazumichi様
おはよう御座います。

ニッコールクラブメンバーの方々の写真はすごいですね。素人目にも力作だということが解かります。
Tazumichi様もこのような写真を撮るようになるのでしょうね。
クラシック演奏をするには天井が高くて理想的な音響でしょうね。美しいメロディーが聴こえてきそうです。

愛新覚羅
[2016/09/30 07:57] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

美術館のビフォーアフター。興味深く拝見しました。
過去に1,2度見学に行っただけなので全然記憶にない・・・。
そのうちの1回がロバート・キャパの写真展だったのを思い出しました。
あの時、もっと写真を鑑賞する目があったらなぁ~。
子育ての合間、ただただ非日常に身を置きたくて出かけたのでした。
[2016/09/30 07:58] URL | 南 キリ #- [ 編集 ]

おはようございます。
外光を取り入れて、時間で、天候で変わるのが
皮膚感じに良さそうですね。
[2016/09/30 09:17] URL | hippopon #- [ 編集 ]

Re: 太巻きおばばさん
太巻きおばばさん おはようございます
自由に参加できるということで
ホントに広範囲、様々な分野の作品がありました
作者が楽しんでいる様子が伝わってきますね。
[2016/09/30 10:07] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます
皆さん経験豊富で機材も立派なもので
なかなか、追いつけません(笑)
天窓から陽射しが射すのもなかなかのもの
演奏場所として、とても素敵ですね。
[2016/09/30 10:11] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 南 キリさん
南 キリさん おはようございます
結構行ってたんですが、記憶ってあやふやですね
リニューアル前後の写真を比較して、なるほどって感じでした
当方も、写真を本格的に始めてやっと半年
奥深いなぁ~と、実感の今日この頃です。
[2016/09/30 10:16] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: hippopon さん
hippopon さん おはようございます
天窓から差し込む陽射しが
空間の豊かさを産み
演奏も一際素敵に聴こえます(^_^)v
[2016/09/30 10:41] URL | Taz #- [ 編集 ]

こんにちは~

高松市民美術展には搬入時に観たような気になっていましたが、こちらでじっくりみせていただき良かったです。
昨日はその高松市美術協会の日帰り旅行(兵馬俑展と東洋陶磁美術館)でしたが、友達と「美術館って、いったいどこが変わったのかな~」と話していました。
みんな???でしたよ(笑)

リニューアル前と後の比較でようやく納得いたしました(^^)/


日本画の作家さんで巨木をテーマに描かれてる方がいます。

http://blogs.yahoo.co.jp/nihongayarou/71440141.html

勢いで描いてしまった拙いコメントにも丁寧に答えてくださいました。
よくよくブログを読むと院展作家さんで、茨木県展の審査員とわかりました(^_^;)
[2016/09/30 13:25] URL | つくも(月萌) #yftrNhoQ [ 編集 ]

Re: つくも(月萌)さん
つくも(月萌)さん こんばんは
ありがとうございます
あまりにも数が多くて、概要しか紹介できず
そして、終わってからの紹介と云うことで、誠に申しわけない限りです
自らも、リニューアル前後の比較をして、なるほど・・・と云った感じでした
巨木の絵良いですね、御紹介ありがとうございました。
[2016/09/30 23:54] URL | Taz #- [ 編集 ]

なんのき村展 “写真道場なんのき村”メンバーによる写真展の会場の写真など、小さい写真で見ると、写真を見ている人も作品の一部かな?と思ってしまいました。
Tazumichiさんの写真も、とてもいいですね。
[2016/10/01 05:22] URL | きくちゃん #- [ 編集 ]

お早うございます。

リニューアル前も立派な建物ですね。
照明や採光に気配りしたリニューアル。

オープンな空間を利用した演奏、異なる
フロアからも鑑賞できるのは中々のもの
です。
[2016/10/01 08:04] URL | ichan #- [ 編集 ]

Re: きくちゃんさん
きくちゃんさん おはようございます
ありがとうございます
丁度、観に来られていた人々が、グループ毎に楽しそうに鑑賞
なので、“写真”らしくなったのでしょうか(^_^)v
[2016/10/01 10:39] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: ichanさん
ichanさん おはようございます
商店街の中にあると言っても良いくらい
高松の街の中心にあって、美術館というより
商業ビルのような建物ですが
今回のリニューアルで
より見易く、楽しめる美術館に変身でしょうか。
[2016/10/01 10:53] URL | Taz  #- [ 編集 ]

美術館はすごい。
美術館は進歩する。
私が子供のころは市の美術館は栗林公園の入り口にありました。
木造平屋建てで絵の記憶より、油臭い木の床しか思い出せません。
バスも大みそか、ごろにはこんな匂いがしていました正月準備でしょう、これだけで酔いました、少年の日の思い出です。
その後、職場で木造用の床ワックスを塗ったとき昔のままだなと思いました、ただの油でないかと思いました。
チュウインガムでも、けっ飛ばしただけでのきました。
今の市立美術館の場所は日本銀行高松支店、その前は、高松信用組合がありました。立派すぎてはいる勇気がなくて隣の本屋までしか行けません。 
絵は難しいので分かりません。
 印象派というのがあるのだなというレベルですが、誰が見ても分かる絵があります。 
 絵画界の「ロダン」だと私は思います、透明絵具で重ね塗りをして描いているようです。  
 「上西 竜二」展
 高松市塩江美術館 平成28年10月16日まで
[2016/10/02 16:05] URL | 隠居 #- [ 編集 ]

Re: 隠居さん
隠居さん おはようございます
懐かしいお話です、ウンウンそうだったなぁと
懐かしく読ませて頂きました
>バスも大みそか、・・・正月準備でしょう
それにしても、観察力が凄いですね
塩江美術館はよく行ってます
また、自転車で行ってみましょうか。
[2016/10/03 08:32] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/854-15184322