なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



60年代JETRO収集 香川県保管/瀬戸内海歴史民俗資料館
'60s JETRO collection OEP of Kagawa storage
 /Seto Inland Sea Folk History Museum
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

久々に五色台の山上 瀬戸内海歴史民俗資料館 を訪問 

日頃から当ブログにコメントを頂く"まーくんさん"。先日のコメントで、「瀬戸内海歴史民俗資料館でJETR収集海外優秀商品の展示があり、ブリキ製玩具もある」との情報。
9月10日、早速訪問。自宅の西方、五色台の山上にある瀬戸内海歴史民俗資料館。久々に訪れ、改めて建物の素晴らしさを実感。"天空の城"を彷彿とさせる姿。
各種建築関係の受賞歴に加え、2013年には、DOCOMOMO Japanにより「日本におけるモダンムーブメントの建築」に選出。いつまでも遺して欲しい建物のひとつ。
常設展示は、「海のくらしと祈り」、「海の道・瀬戸内海」、「船のルーツを考える」、「塩飽の石工用具」、「槍屋と讃岐の農具」などをテーマに、国重文指定の漁具や船などを展示し、見応えのあるもの。久々に堪能。
今回訪問目的のJETR収集海外優秀商品の展示は、展示順路の最終エリアに展示。改めて香川のデザインに取り組んできた姿勢、活動を再認識。
県産品のデザイン向上に取り組んできた行政マンの熱意に感服。ハングリーな時代のパッション、やっぱ、昔の行政マンは凄い。
工芸品、工業製品のデザイン、元技術屋として堪能。

・'60年代JETRO収集海外優秀商品-香川県保管の驚きの見本群 展
 /瀬戸内海歴史民俗資料館HPより抜粋・編集
'55年代、高度経済成長期の日本にとって大きな課題の一つは、輸出拡大を図る為のデザインの改善。JETROは、'55~'65年代に海外優秀商品見本収集や産業意匠改善研究員海外派遣、日本手工芸品輸出推進等を積極展開。展示の資料は、JETROが日本の地場産業の輸出振興やデザインの参考にする為、欧米諸国から収集。日本各地を巡回。台所用品や玩具、衣類、家具等の生活用品。収集した3万点に及ぶ商品のうち約2千点を'70年前後に香川県に受入。県内の産業デザインの指導に供された。今なお色あせぬ素敵なデザイン。海外商品や地元の伝統的な民芸品に学び、新しい手工業品を創造し、産業振興や輸出促進、デザインで生活を豊かにしようとした当時の香川県のこころみは、他県に例を見ない。

注)OEP/overseas excellent products、JETRO/日本貿易振興会

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。

日本建築学会賞を受賞 公共建築百選に選出等 素敵な空間




国重文指定の瀬戸内海の漁具や船等を常設展示 見応え有



山の傾斜地形に合わせ 高低差のある外光溢れる展示空間



'60年代JETRO収集海外優秀商品 香川県保管 驚き見本群




色褪せないグッドデザインの数々 大好きブリキ製玩具 味わい深し


'60年代からより良きデザインに取組む姿 過去の行政マン凄し

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
この建物ル・コルビュジエの別荘ににてる。
このスタイルぽっく作ってるレストラン銀座にあります・
ここにも、、しかも、いい感じの大きさで、、
気持ちよくって。月をめでたいでしょ。wwじ~~ん 爆))
さすが、、TAZU殿。
[2016/09/15 02:59] URL | hippopon #- [ 編集 ]

日本は島国、いつも海と共に生きて来た人々が多いんですよね。
決して良い事ばかりでは無く辛いことも有ったと思いますが、
こうして現代の人々が伝え残してくれるって素晴らしいと思います。

[2016/09/15 04:31] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

ブリキのおもちゃ
tazumichi様
おはよう御座います。

村上水軍を彷彿とさせるような船ですね。
あれれ本文にあったブリキのおもちゃは?
と思っていたらちゃんと最後にありました。
やはりこういうものは楽しいです。

愛新覚羅
[2016/09/15 07:45] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: hippopon さん
hippopon さん おはようございます
この建物、設計者は当時香川県職員であった山本忠司氏
県職員にこのような人物が生れた背景には
香川県庁舎等を設計した丹下健三氏と
その丹下を全面的に支持した金子知事の存在があり
改めて。当時の香川県行政マンの凄さを感じます
本日の高松は、残念ながら曇天
中秋の名月を愛でることはできそうにありません(悲)

追)以下サイトで建物の詳細確認できます
http://www.pref.kagawa.jp/setorekishi/about/archi.html
  
[2016/09/15 09:27] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 太巻きおばば さん
太巻きおばば さん おはようございます
瀬戸内海という美しい海で育まれてきた文化
その営みを感じることのできる文化財の数々
次世代にチャント遺し
伝承していって欲しいものです。
[2016/09/15 09:49] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます
久々にほうもんしたので
ついつい、建物、常設展が先に来てしまいました(笑)
ブリキ玩具はもちろん、他の展示品も
存分に楽しむことが出来ました。
[2016/09/15 09:53] URL | Taz #- [ 編集 ]

私も香川県に行った時寄りました
面白いところでした
瀬戸内海関係の展示中心だったように記憶しています
建物の外壁を飾る石組みなど内装外装ともユニークな建物でした
香川県が現代建築で特別な地位を占めている理由がこの記事でわかりました

[2016/09/15 19:39] URL | 水嶋 #- [ 編集 ]

Re: 水嶋さん
水嶋さん こんばんは
外壁の石は、建っている丘を整地した時に
現場で出てきた石をそのまま利用してるんですね
香川の現代建築のキーマンは金子知事
周辺には、猪熊弦一郎、イサムノグチ、ジョージナカシマ
流政之そして丹下健三
これらの背景で、県職員の方が、この建物を設計
こういう文化は大切にしていきたいですね。
追)円空記事興味深く拝読させて頂いてます。
[2016/09/15 21:08] URL | Taz #- [ 編集 ]

一度しか行ったことないんですが
たしかここは無料で見学できるんですよね
景色も良いし
面白い展示なのですごく嬉しい施設だなと思いました
しかもこんな楽しそうな企画展があるなんて

ただ道がいまだにわかってません
(いつまで経っても自力で五色台へ行けない)
[2016/09/15 23:59] URL | 秘密のさいこちゃん #- [ 編集 ]

Re: 秘密のさいこさん
秘密のさいこさん おはようございます
大槌島、小槌島の見える大崎ノ鼻展望所から
五色台に暫く上がって行けば、道なりで
最初に、道路の左側に現れる建物
それが瀬戸内海歴史民俗資料館です
企画展は、9月19日(日曜日)まで
是非、御高覧下さい。
[2016/09/16 09:19] URL | Taz #- [ 編集 ]

瀬戸内海歴史民俗資料館
船や漁業に関する資料が多く展示され私も好きな所です
しかもタダ
昨年中学時代の同窓生と訪れた時の感想が
「こんなに立派な施設がタダって、信じられない」
そして、「全然人がいない」
五色台スカイラインは木々が覆い
折角の高台を走っているのに瀬戸内が見えない
(気が付かないだけで、見えるポイントはあるのでしょうか?)
皆で「もったいない」「もったいない」でした

もっとイベントなどを行い、活性化されれば良いですね
[2016/09/16 14:49] URL | yogorou #Jr4WCcEI [ 編集 ]

Re: yogorou さん
yogorouさん こんにちは
先ず、感じたのが同じ思い
タダ、そして人が殆んどいない(土曜日なのに・・・)
久々の訪問でしたが、改めて、建物の素晴らしさを再認識しました
昔は、スカイラインも有料で木々が管理されて
見晴らし良く、多くの車で賑わっていました
スカイライン沿いでグライダーを飛ばしたこともあります
今は、多くの施設が寂れて廃墟のようになっています
賑わいが戻ってきて欲しいですね。
[2016/09/16 16:41] URL | Taz #- [ 編集 ]

お早うございます。

自然の地形や石を利用した造形は
流石ですね。
漁具や懐かしいブリキ玩具など、
タイムマシンにのったような気に
させられる展示物、保存状態も良好。
担当された方の労力は相当なもの
だったと感じます。
[2016/09/17 07:56] URL | ichan #- [ 編集 ]

Re: ichanさん
ichanさん おはようございます
ありがとうございます
いわば、環境に優しいエコを先取りした建物
そして、その設計を県職員が行った
昔の、行政マンは凄い・・・再認識しました
温故知新・・・先人に学ぶことは沢山ありますね。
[2016/09/17 08:59] URL | Taz #- [ 編集 ]

 ブリキ製玩具いいですね、曲線が特にいいです昔、母方の祖母が買ってくれた事を思い出しました。、昔は缶詰のカンで作っていました。
 ソリッドモデル工作入門に、全金属製零式艦上戦闘機五二型 / 下采直・下采昇というのがあります。
 瀬戸内海歴史民俗資料館の外壁は、サヌカイトだと勝手に思っていました。小さな部屋(建物)をつないで造っていました。
 漁船を山の上まで持ってくるのが、大変だったそうです、漁船の真ん中に糸を張って図面を描いていました。


[2016/09/17 15:27] URL | まーくん #- [ 編集 ]

Re: まーくんさん
まーくんさん こんばんは
情報ありがとうございました
おかげで楽しい時間を過ごせました
久々に訪れた瀬戸内海歴史民俗資料館も
改めてその素晴らしさを実感
これからも、情報、宜しくですm(__)m
[2016/09/17 21:26] URL | Taz #- [ 編集 ]

だるまのようなお人形さん、可愛すぎますね~
これがブリキ製なんて信じられません。
丁寧に作られた事が見て取れます。
どこかエキゾチックでもありますね。
いつもありがとうございます。
またお邪魔します、Tazumichiさん
[2016/09/17 21:48] URL | kozoh55 #- [ 編集 ]

Re: kozoh55さん
kozoh55さん こんばんは
ありがとうございます
時を刻んだもの
職人さんの息遣いを感じられるもの
いつまで見ていても
見飽きることはありませんね。
[2016/09/17 22:15] URL | Taz #- [ 編集 ]

この建物もそうですが、
五色台全体、活用せねばもったいない空間ですね~。
海を眺めるのが好きな私の希望ですが、
あちこちに展望台(兼 カフェ)ができるといいなぁ♪
[2016/09/21 00:52] URL | 南 キリ #- [ 編集 ]

Re: 南 キリさん
南 キリさん おはようございます
往時の五色台は、様々の施設があって
とても賑わっていました
当然、スカイラインからの瀬戸内海の眺望は絶品
瀬戸内海歴史民俗資料館は、なかでも素晴らしい施設、建物
他にも、立派な施設が一杯
瀬戸芸とのコラボ、海外へのアピールなど
いろいろ知恵を出して賑わい復活して
遺産を遺していきたいですね。
[2016/09/21 09:28] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/849-30bd7178