なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



男木島/瀬戸内国際芸術祭 2016 夏会期
Ogijima/Setouchi Triennale 2016 Summer
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

女木島から めおんに再乗船 大好き 男木島ワールードへ 

8月24日(水)、カメ友さんと共に、女木島へ、そして、お昼過ぎ、女木島巡りを終え、再び めおん 乗船、約20分で男木島へ。
男木島には、平地が殆んど無く、集落は、島の西南部の急斜面に集中し、細い路地が網の目のように巡らされ、家々を結び、平坦地に家々が並ぶ女木島とは、趣が大きく異なる。
男木港に近づくにつれ、港に一際目立つ白い建造物 男木島の魂/ジャウメ・プレンサ が目に飛び込んでくる。
平日にも拘らず、多数の乗船客が下船。入れ替わって、折り返す めおん には、高松へ帰る多くの人々が乗船。
第一回瀬戸内国際芸術祭 が開かれた2010年7月、初めて男木島訪問、急斜面にへばりつく集落等、強烈な印象を受け、それ以来、男木島ファンに、その後何度か訪問。
訪問当初、小学校は休校中、その後、中学校も休校。しかし、瀬戸芸を機に3世帯の家族がUターンし、2014年の4月に、小・中学校が再開。
過疎化が進んでいた中、明るい兆し。素敵な島の景観、暮らし、いつまでも残って欲しいと願うばかり。
瀬戸芸の作品は、お気に入りのものをいくつか紹介。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


ウィークデーにも拘らず 多数の人々が アートアイランドへ



青空に 真白な 男木島の魂/ジャウメ・プレンサ が映える



子供達の作品が そして日々目前で 色彩塊が生まれていく



キネマティック 竹の奏でる快音 アキノリウム/松本秋則



カレードスコープ ブラック&ホワイト/川島 猛とドリームフレンズ 面白空間



暗闇に浮ぶメモリーセル 輝く 記憶のボトル/栗 真由美

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
バリ島でからからなるのをかってきたけど、
音は都会では禁物でしょ。どこに行ったかしら??
人がまたもどりますように、、
今まで住めたんですものこれからも住める。
需要を生み出せばいいんですものね。
[2016/09/12 02:25] URL | hippopon #- [ 編集 ]

小島
Tazumichi様
おはよう御座います。

たった3家族の増減で学校の開閉も決まるなんて信じられない小島です。
ステンドガラス風の作品にねばりついているのは
Tazumichi様でしょうか?

愛新覚羅
[2016/09/12 07:34] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

お早うございます。

島の暮らしは陸の孤島の暮らしより厳しい
かもしれません。
しかし、その島ならではの魅力があるから
Uターンしてくる方もいるのだと思います。
各種のイベントなどで島が賑わいを取り
戻せると良いですね。
[2016/09/12 07:35] URL | ichan #- [ 編集 ]

男木島も女木島に次ぐ賑わいのようですね
めおんが大活躍というところでしょうか

サウンドオブジェ、アキノリウム良いですね
明かり、影そして画像からでも音が感じられ、
素朴さも相まって癒されます
[2016/09/12 10:38] URL | yogorou #Jr4WCcEI [ 編集 ]

Re: hippopon さん
hippopon さん おはようございます
この竹の、とても素敵な音色を奏でていました
「へぇこんな音がするんだ!」と感激
かけがえの無いとても素晴らしい景観・風情
いつまでも、人の営みと共に残って欲しいものです。
[2016/09/12 11:42] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます
島民が200人に満たない小さな島
そんな中、2014年~2015年の一年間で26人が他地域から移住
移住者の大半が20代から30代と若い人達、良い兆しです
ハイ、へばり付いているのは、本人です(笑)
[2016/09/12 11:55] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: ichanさん
ichanさん おはようございます
ありがとうございます
医療とか買い物とか厳しい面は多々ありますね
厳しくとも、それを上まる魅力があるんだと思います
いまでは島民の10%がUターン移住者のこと
この傾向が続いていって欲しいと思います。
[2016/09/12 11:59] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: yogorou さん
yogorou さん おはようございます
平日にも拘らず、多くの人で賑わっていました
めおん は、ホント、可愛くて
瀬戸内海にとてもマッチして、素晴らしいデザインですね
サウンドオブジェ、アキノリウム 今回一番のお気に入りです
先日風鈴を造ったこともあり、とても興味深いものでした
是非、生の音色を聴いて下さい。
[2016/09/12 12:04] URL | Taz #- [ 編集 ]

過疎化が進んでた町に人が戻ってくる。
故郷の良さを再認識したんですね。
人が多く集まり繁栄する日が来ることを期待してます。
記憶のボトル、凄く素敵です。
[2016/09/12 14:10] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

Re: 太巻きおばばさん
太巻きおばばさん こんにちは
最近は若い方々のUターンが増えているとのこと
小中学校も再開され、今後もこの傾向が続いて
ずっと遺っていって欲しいち思います
記憶のボトル、古い蔵の暗闇の中
幻想的で素敵な作品でした。
[2016/09/12 14:29] URL | Taz #- [ 編集 ]

切り絵がステンドグラスに変身
服の色が、マッチ!!
作品がより一層素敵になったのでは(^^)

学校の再開♡子供たちの声が聞こえるようです♡
良かったですね!!

[2016/09/12 22:04] URL | 苺ばばろあ #- [ 編集 ]

Re: 苺ばばろあさん
苺ばばろあさん おはようございます
ありがとうございます
素敵な楽しい作品が一杯でした
子供達の声
一番元気が出ますね(^_^)v
[2016/09/13 11:07] URL | Taz #- [ 編集 ]

男木島は屋内の展示が素晴らしかったです。

島独特の山の斜面に張り付いたような街並み。
家々の間を行く坂道、路地は迷路のよう。
作品を探して歩いていると
高松港からほんの40分、沖合に浮かぶ島だということを忘れてしまいます。

女木・男木とも、素晴らしい宝島です!!
[2016/09/14 08:39] URL | 南 キリ #- [ 編集 ]

Re: 南 キリさん 
南 キリさん おはようございます
高松から20分、40分でタイムスリップしたような
古き良き景観と暮らしぶり、ホント
女木島、男木島は、宝物ですね
そして、男木島は、細い迷路のような路地を巡って
古民家の中に、それぞれ個性的に広がるアート空間
とても楽しいですね(^_^)v
[2016/09/14 09:21] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/848-e3b3f53e