なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



藤/孔雀藤/岩田神社/2016
Wisteria/Peacock wisteria
     /Iwata shrine/2016
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

孔雀藤への長寿祝い 藤まつり として 毎年地元住民が催す 

連続して“藤”についての記事。藤尾八幡神社に続き、今回は地元岩田神社の孔雀藤。藤尾八幡神社で、素晴らしい藤を見た後、地元岩田神社での藤の咲き具合が気掛りに。
昨年の岩田神社の藤は、房の数も少なく、丈も短い、花の咲き具合としては“不作”。不作の翌年は、“豊作”と云われており、藤尾八幡神社からの帰り、薄暗くなりかけていたものの立ち寄る。予想通り、昨年に比べ、明らかに豪華に咲き誇っている様が、暗闇の中に浮かび上がっており、好天に恵まれた翌4月26日、朝方より再訪。
丁度、“藤まつり”の真っ只中、ささやかながら屋台も出ている。まつりの期間中には、お茶会やウクレレ演奏等も開催され、そして、子供たちが願い事を書いた絵馬の山門への飾り付け等、孔雀藤の長寿を祝う催しとして、地元の人々の手によって盛り上げられている。いつまでも続くように願うばかり。
毎年、訪れて、一昨年、そして昨年とブログ掲載、孔雀藤を撮影。
ニッコールクラブに入会するまでは、どちらかというと写真に人が入らないように撮影。が、今では人が入らないと物足りないとまで感じるようになり、人の持つ物語性魅かれるように、そんな中、園児たちの来訪は楽しい撮影に。
来年もどんな一枚が撮れるか楽しみ。
 
・藤まつり/高松市飯田町岩田神社
2016年4月23日~5月5日 お茶会やウクレレ演奏などを開催。県指定自然記念物の「孔雀藤」は、樹齢800年といわれる。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


毎年恒例の 藤まつり 今年も多くの人々を招き入れ 癒し贈呈 




今年は多くの房が そして丈も長く 香が漂い 見事に咲き誇る



樹齢800年 命の花 神秘の空間に 溢れる子供達の生気




コラボレーション 廻りとの関係で 見えてくる孔雀藤の魅力

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
藤が見事ですね。
花の長さが私が知ってるのとは違いますね。
ブルーの帽子を被った園児達が可愛い。
元気で育って欲しいです~
[2016/06/17 02:45] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

亀戸天神の藤も長くて、、見事でした。
観光の目玉みたいでしたが、
藤が枯れたことがあったそうで、、
宮司さんの責任を町内の各店舗で聞かされてびっくり。
自分たちの藤なんですよね。
お宮のであって、街の皆のものなんですね。
生き物だからお手入れに気をつかいますでしょうに。
街の人から見たら、祖先からの預かり物のようでした。
賑やかな下町だったことを思い出しました。
お世話の方、ありがとうございます。
こちらでも拝見してます!!
[2016/06/17 06:13] URL | hippopon #- [ 編集 ]

岩田神社の藤
Tazumichi様
おはよう御座います。

不作と豊作の繰り返しは自然の摂理なのでしょうね。
私も撮影のときは人に入ってほしくないのですが、
写真を良くみると人が入っている方が生活感、躍動感がありますね。

愛新覚羅
[2016/06/17 07:34] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: 太巻きおばばさん
太巻きおばば さん こんにちは
ここの藤は樹齢約800年で
その花が美しく見事に咲くと神々しい感じさえします
そんな中、園児達の戯れる姿は、イイですねぇ。


[2016/06/17 13:28] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: hippopon さん
hippopon さん こんにちは
この孔雀藤は樹齢約800年
地元の人たちの手で大切に管理されてきましたが
最近、傷みが目立つ様になってきました
危機感を感じ、万が一の時に備えて、苗木を作って育て
孔雀藤の後継を育てています
今まで、何世代にも渡って世話をしてきた人々に深謝
なんとしても孔雀藤を次世代に引き継いでいきたいものです。
[2016/06/17 13:37] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん こんにちは
来年は、また“不作”かもしれません(>_<)
ホント、最近は、写真を撮ろうとどこかに出かけて
人がいないとガッカリするようになってしまいました(笑)
[2016/06/17 13:45] URL | Taz #- [ 編集 ]

お早うございます。

樹齢800年とは何ともおめでたく、
有り難い藤ですね。
花も見事です。
[2016/06/18 06:34] URL | ichan #- [ 編集 ]

Re: ichanさん
ichanさん おはようございます
ありがとうございます
800年前と云えば鎌倉時代・・・
思っただけで悠久の時の流れに引き込まれます(^_^)v
[2016/06/18 09:21] URL | Taz #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/06/18 21:19] | # [ 編集 ]

Re: カギコメ16/06/18 21:19:45 さん
カギコメさん こんばんは
ありがとうございます。
[2016/06/19 04:10] URL | Taz #- [ 編集 ]

Iwata Experiment

繊細な藤色と黒く太くうねる幹
万葉の時代から人を惹きつける
トラップにハマってしまいましたか?

絵馬?越しの藤と緑もTazライクアプローチ
しかし、コレは…マトリックスというよりも
くまモンならぬ、パンダちゃん
藤の魅力も園児のベイビーブルーの前では
色褪せてしまってるかな
この笑顔に敵うものはないか
そろそろカメラ担いで公園デビューっすか?
[2016/06/19 11:37] URL | 悟空 #- [ 編集 ]

見ごたえのある素晴らしいお写真!
惜しげもなく見せていただきありがとうございます。
藤の花房はもちろんのこと、
可愛らしいこどもたちとのコラボ。
色々な角度から切り取られた藤の表情。
どれをとっても素敵です!
来年も良い条件で撮影できますように♪
[2016/06/19 23:07] URL | 南 キリ #- [ 編集 ]

Re: 悟空さん
悟空さん こんばんは
コメントありがとです 御指摘の通りかな?
あどけない天使のような表情を汚すのは断腸の思いなれど
モンスターペアレントの顔もチラチラ脳裏に・・・
可愛く、パンダ風にはしてみたものの
ターゲットの存在を存在たらしめる、周辺状況
こちらの方が気になる今日この頃です。
[2016/06/20 00:11] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 南 キリさん
南 キリさん こんばんは
身に余るお言葉、恐縮です
カメラ初心者として、とにかくいろんなトライをしてみたい
今は、その楽しさに魅了されているんでしょうね
来年はどんな風に見え、撮れるのか?・・・楽しみ・・・です。
[2016/06/20 00:16] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/819-9b4243d4