なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



四谷シモン人形館/坂出/フォトコン応募
Yotsuya Simon Doll-House/Sakaide
             /Photo Con applicants
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

坂出アートナビパンフレットから 気になる 四谷シモン人形館

“坂出アートプロジェクト 2016 人工の地層と人の夢”に行った際に入手した、坂出アートナビ2016、そして四谷シモン人形館のパンフレット。一目見て、とても気になる存在、これは見てみたい。
初のフォトコン応募で作品出品の為、坂出美術館に出かけた3月29日、近くにある、四谷シモン人形館の淡翁荘へ。
淡翁荘は、昭和11年に淡翁・鎌田勝太郎氏が居宅として建築されたもの。その様々の部屋に、人形達が佇み、そしてあるものは潜んでいたりと、ワクワクドキドキの空間。
異空間の中、是非人形達とお話してください。

・四谷シモン(Yotsuya SIMON)/HPより抜粋・編集
1944年、東京生まれ。1965年にベルメールの作品を知り、球体関節人形をつくりはじめる。2000年から2001年にかけて全国5都市で大規模な回顧展が開催される。2002年にはNHK「美と出会う」で特集番組が放映。2003年、国立近代美術館企画の「今日の人形芸術―想念の造形展」に出展。2004年、パリ市立アル・サン・ピエール美術館主催の「人形POUPEES展」に出展。エコール・ド・シモン主宰
人形館によせて/四谷シモン
人間にとって一番身近でありながら、同時に一番わかりにくいもの。「人形」はいつも、みる人を居心地悪くさせる。人形とは玩具なのか、アートなのか・・・・・このあいまいさも、そうした居心地の悪さを増幅させる。人形とはいったいなんなのでか。こうした居心地の悪さゆえに敬遠されてきた人形は、逆にその居心地の悪さゆえにアートの最先端をいくものとして注目され、人形が美術館やギャラリーで展示される機会も増加。とはいえ、人形が十分に市民権を得たとはいえないのが現状であり、人形作品がなかなか見られないという声が多いのも事実。こうしたなかで、鎌田醤油の歴史的な建物「淡翁荘」の中に常設展示されることとなり、年月を積み重ねたこの洋館は人形作家にとって願ってもない夢のような展示空間であり、人形たちの安息の場所に相応しいもの。美術館や画廊とは異なる雰囲気をもった室内で作品を体験し、人間にとって永遠に不可思議な存在である人形についてあらためて自分の眼と心で考えてる機会となれば幸いである。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。







1階は全て男性像 全て個性的 どこかに憂いを感じる面影 




2階の一角に女性像 さまざまな少女・女性像に魅せられる


ユリイカの表紙を飾る人形達 人形館で入手のパンフレット

注) 掲載写真には、一部修正を加えたものがあり、作品をありのままにお伝えできていません。是非、人形館に足を運んでいただき、作品の素晴らしさを体感ください。

2016/04/09 人工の地層と人の夢/坂出アートプロジェクト 2016/旧藤田外科
2016/03/31 人工の地層と人の夢/坂出アートプロジェクト 2016/人工土地
2015/06/22 坂出人工土地/DOCOMOMO

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
四谷シモンさんの美術館があるのですね。
独特の世界で、洗練されてますでしょ。
原宿でお教室もなさってるんですね。
役者としての彼も好きです。
赤テントで頑張った独りなんですものね。
文化人との交流。時代を生きてる方ですね。
少し前に六本木で展あったみたい。
来年は行けるようにしないと、、
[2016/06/02 05:01] URL | hippopon #- [ 編集 ]

四谷シモンさんの人形館があるなんて、本当に驚きました。そして、それをしてくださった方も、これまた凄い方だなぁーと二重の驚きです。

好き・嫌いは微妙なところですが、彫刻家の舟越桂さんにも通じるような印象もありました。
が・・・女性像は・・・・ うーーん 作者はかなり女性に恨みがあるのかなぁーーなぁんて思ってしまった私でした^^
[2016/06/02 06:44] URL | mimiha #- [ 編集 ]

四谷シモンさんのお人形の、
入魂の一作一作なんでしょうね。
一人で見たら怖い気がしますが・・・(笑)
[2016/06/02 07:36] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

人形
Tazumichi様
おはよう御座います。

人形を初めて作った目的は呪いだったのではないかと想像します。
藁人形は釘を刺したりしますがハニワなどは破壊したのだと思います。
それがいつの日か芸術性を持ってきたのではないでしょうか。
それにしても人形が沢山あるところに夜は行きたくありません。

愛新覚羅
[2016/06/02 08:00] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: hippopon さん
hippopon さん おはようございます
パンフレットを偶然にもらって、初めて知りました
独特の風合、雰囲気に魅了されました
ただ、この世界は、好き嫌いがあり
嗜好に合わない方もいらっしゃるでしょうね。
[2016/06/02 09:08] URL | Taz #- [ 編集 ]

人形
久しぶりに四谷シモンさんの人形を見せていただきありがとうございます。
40年近く前、平凡社の雑誌『太陽』に載っていた頃以来です。
[2016/06/02 09:09] URL | MK #- [ 編集 ]

Re: mimihaさん
mimihaさん おはようございます
大切にしたいとても素敵な人形館だと思います
地場のお醤油屋さん、鎌田醤油さんの一連の施設の一つで
郷土史博物館、讃岐醤油画資料館なども、近くに併設され
文化へ貢献する企業。メセナ活動として立派なことだと思います
そうですねぇ、女性像は、特に印象深い世界を醸し出していましたね。
[2016/06/02 09:17] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 太巻きおばばさん
太巻きおばばさん おはようございます
ですね、美しい、可愛いとは言い難いですね
独特のリアリティとキネマティックな世界が
技術屋として生きてきた琴線に触れます(^_^)v
[2016/06/02 09:22] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます
かもしれませんね
喜び、怒り、哀しみ、楽しみと人の様々の生き様
人の一面を切取った作品ですね
展示の仕方も、驚きや恐怖を呼び起こすようなものもあり
夜に見るのは、怖そうです(^_^)v
[2016/06/02 10:13] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: MKさん
MKさん おはようございます
ありがとうございます
是非、坂出まで人形達に会いに来て下さい。
[2016/06/02 10:16] URL | Taz #- [ 編集 ]

こんな近くで仕事をしながら
全然知りませんでした

まるで生きてるみたい( ゜o゜)

フォトコン 楽しみですね
[2016/06/02 12:40] URL | 秘密のさいこちゃん #- [ 編集 ]

Re: 秘密のさいこさん
秘密のさいこさん おはようございます
坂出恐るべし、鎌田醤油さんアッパレ
素晴らしい人形達が待って居ます
フォトコンは、入選でした
既に坂出美術館で展示されています
是非、人形館と共にお立ち寄りください。
[2016/06/03 09:06] URL | Taz #- [ 編集 ]

 鎌田氏は江戸時代、塩庄屋をしていたみたいです。今は数種類のだし醤油が有名です。
 額には「新居栄」と書いているみたいです。
明治元年、京都に崇徳天皇御遷還のおり、正史の本陣は鎌田宇平太宅です。
 香川県がなくて愛媛県讃岐の国の時、中学校がなくなったので鎌田氏は私立の中学校を造りました。
 鎌田氏は図書館、博物館、社会教育館も造りました。
当時、鎌田共済会図書館には5万7000冊の蔵書がありました、県立図書館に匹敵しました。
 現在は図書館を博物館にしています。いいものが沢山あるそうです、人の話だと、「香川県史」を造るので鎌田共済会で資料の複製を作っていましたが、原本の方は高松空襲で焼けてしまいましたが、資料は鎌田に残りました。
『ふるさと探訪 坂出の町並みを歩く』があります。 鎌田共済会郷土博物館も見学地になっています。 平成28年6月26日(日) 集合 午前9時30分 JR坂出駅
[2016/06/03 13:28] URL | まーくん #- [ 編集 ]

ご無沙汰してます~!
バイクにカメラ、かと思えば畑仕事等と頑張って居ら凄いことですね。
「ニッコールクラブ」にもご入会で早速フォトコンにもご応募との由、
楽しみも倍増で誠に慶賀に存じます。
当方はボチボチですが何卒宜しくお願いいたします。
[2016/06/03 23:24] URL | まっくんの館 #- [ 編集 ]

Re: まーくんさん
まーくんさん こんばんは
いつも貴重な詳細情報ありがとうございます
企業活動で得た利益から社会貢献、地域の文化高揚に貢献
鎌田醤油さんは企業の鏡、香川の誇りですね。
[2016/06/03 23:39] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: まっくんの館さん
まっくんの館さん こんばんは
コメントありがとうございます
あれこれ、とりとめもなくやっている・・・
ということで、カメラが何とか柱になればと思っています(笑)
こちらこそ宜しくお願い致します。
[2016/06/03 23:45] URL | Taz #- [ 編集 ]

ブログ拝見して興味深々です(^-^)
今度行きます!
行きますとも〜!
[2016/06/04 12:23] URL | 南キリ #- [ 編集 ]

Re: 南 キリさん  
南 キリさん こんにちは
是非実際に人形達に対面してください
写真ではお伝えできない素晴らしい作品達です。
[2016/06/04 15:09] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/810-dd4274c6