なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



漆でマイ箸づくり/香川大学×コトバス/讃岐漆芸美術館
My chopsticks making lacquer
       /Kagawa University × Kotobasu
          /Sanuki Lacquerware Museum
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

地元再発見の旅 漆でマイ箸づくりを開催 讃岐漆芸美術館

まさに偶然! 讃岐漆芸美術館漆で行なわれた「漆でマイ箸づくり」というイベントに遭遇。
1月30日の土曜日、かねてから行きたいと思っていた昭和レトロのぷりしら商店へ、そして、翌31日から5日間の休館予定の讃岐漆芸美術館へ、自家製柚子ジュースの素(柚子の砂糖漬け)を持って行こうと計画。
初ぷりしら商店を堪能して、午後3時半頃には讃岐漆芸美術館に到着。ビートを駐車場に停め、ドアを開けると、多田オーナーが、「取材に来てくれたんですかぁ?」と、一瞬何?と思う間もなく、「今日は、バスツアーがあって、ここで漆の講義をして、漆でマイ箸を作ってもらうんです」とのこと。
コトバスツアーと香川大学が連携して、「観光で地域を盛り上げたい!」 こんな想いから、香川の地域資源・食・地場産業を掘り下げ、気軽に地元の隠れた魅力を再発見するバスツアーを企画。『地元再発見の旅』で、地元のことを愛し活躍している「人」に出会い、その「人」の存在があるからこそ、地域は輝く。このツアーでは、そんな地域で活躍する「人」との交流を図ることも大きな目的・・・というツアーで今回は、【地元再発見の旅15】 漆でマイ箸づくり&びわ蜜 王越で郷土料理の鯛めし というもの。
暫くするとバスが到着、スタッフの方を含め総勢28名のお大勢の客様。美術館始まって以来の賑わい・混雑。2班に分かれ、カフェ夏炉では、讃岐漆芸の歴史と現状について多田オーナーの講義。階上の美術館では、中田漆木さんの指導で漆でマイ箸づくりの体験実習。
熱心に聴講し、実に楽しそうにマイ箸への絵付けをされていました。このような機会を通じて、香川漆器への理解・愛着が深まるのはとても意義深いことだと、実感。
偶然でしたが、とても良い体験になりました。そして若者達の地域活性化のこの活動、今後の展開が楽しみです。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



多くの参加者で溢れる夏炉 讃岐漆芸の歴史と現状の講義


漆でマイ箸づくり 中田漆木さん製 漆絵付け箸のサンプル



マイ箸への漆絵付け塗り 中田漆木さんの指導で絵付け




皆さん各々マイ絵柄を決め 真剣集中して絵付けに没頭


マイ箸も造り 満足の表情で帰路へ
カウンター上には賑いの名残が…


讃岐漆芸美術館看板支柱/工芸生作品
コトバスツアーHPより抜粋・編集

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
楽しそうなツアーですね
絵付体験とか人気ですもんね
普段買うには敷居の高い漆も
お箸なら手が届きそうだしオリジナル作れるのいいなぁ
若い人のアイデアっていいですね~
[2016/02/06 00:11] URL | 秘密のさいこちゃん #- [ 編集 ]

こんなイベントがあったら、参加したいですw
植物園のイベントに参加したりすることがありますが、わりと内容がマンネリだったりします…w
やはり、実用的なほうがいいですね。
[2016/02/06 06:23] URL | きくちゃん #- [ 編集 ]

マイ箸
Tazumichi様
おはよう御座います。

少しの時間しかないのに素晴らしいマイ箸が出来ていると思ったらサンプルですか。
いくらなんでもこんなに上手くは出来ませんよね。
[2016/02/06 07:39] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

お早うございます。

マイ箸造りは良いアイデアだと思います。
カラフルなのも現代的で良いと思います。

大学の若い力が率先して街興しをしている
地域は活力がありますね。

「日光」は有名でも、「栃木県」てどこにあるの
と言われるほど全国でも無名な県です(;´・ω・)
[2016/02/06 07:59] URL | ichan #- [ 編集 ]

Re: 秘密のさいこさん
秘密のさいこさん こんにちは
偶然に出会ったバスツアーでしたが
笑い声の絶えないとても楽しい雰囲気でした
特に漆でマイ箸への絵付けはとても楽しそうで
若者のフレッシュパワーを感じました。
[2016/02/06 12:13] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: きくちゃんさん
きくちゃんさん こんにちは
地元再発見という、それも若者のアイデアでの企画
見ていて、なにか心温まる雰囲気が流れ
皆さんとても楽しそうでした。
[2016/02/06 12:16] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん こんにちは
中田漆木さんの「かなこ箸」どれもとても素敵な箸ですよね
皆さんの絵付けした箸の写真最下段中央の箸は、かなこ箸そっくりに描かれて
短時間にも拘らずすごい集中力描き切っていました。
[2016/02/06 12:42] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: ichan さん
ichan さん こんにちは
若者による地域活性化の活動は心強いですね
栃木は日光、那須で徳川、皇室と所縁のある地
そして宇都宮の餃子
私にとっては知名度高いですよ(^_^)v
[2016/02/06 12:47] URL | Taz #- [ 編集 ]

マイ箸
赤いビートが見えますが?
良い箸が出来たようですね。

DEN
[2016/02/06 17:50] URL | DENでん #- [ 編集 ]

Re: DENさん
DENさん こんばんは
この日は、2ケ所廻ったので、ビートでの訪問となり
昨日は、自転車で行ってきました。
[2016/02/06 21:40] URL | Taz #- [ 編集 ]

偶然が必然になる。そんな思いを感じた出来事でした。カフェに入っていらっしゃった時、勘鋭く取材に来られたと思っちゃいました。
タイミングのいい人と悪い人、いますよね。
さて、今回の偶然はタイミングが良かったか、悪かったか? どちらなのでしょう(笑)

そうそう、マイ箸、みなさんもチャレンジしてみませんか?
かなこ箸に負けない素晴らしいお箸が出来上がります。2人から作家さんの都合に合わせて予約を受けます。
少しでも漆文化が復活するようご協力ください。
漆器こそ、日本を代表する文化なのです。
[2016/02/07 22:38] URL | 讃岐漆芸美術館 オーナー #mQop/nM. [ 編集 ]

こんばんは

絵付け箸、漆?かぶれないんですね。
細かい作業は、集中力が要りますね。
後が、爽快そうな作業ですね。
[2016/02/07 23:07] URL | hippopon #- [ 編集 ]

Re: 讃岐漆芸美術館 多田オーナーさん
讃岐漆芸美術館 多田オーナーさん おはようございます
讃岐漆芸美術館は、まさにミラクルスポットと云っても過言ではありません
今回のことに限らず、様々のミラクルに遭遇させていただきましたぁ
何といっても、多くの人びとと出会えたのが一番です
マイ箸作り、ホントに皆さん楽しそうに絵付けをやられていました
世界で、ただ一つの、宝物
なにより、漆と云う伝統文化と共に暮すという豊かさ
イイですね。
[2016/02/08 10:44] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: hippoponさん
hippoponさん おはようございます
漆は、触るとかぶれるので、最初に丁寧な取扱いの注意のお話がありました
基本、触れない、もし触れた時は、専用の洗浄液で洗えばOK
短時間で描き上げないといけないので、皆さん集中されていました
なので、完成すると文字通り歓声が上がってました(笑)
[2016/02/08 10:48] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/776-5befbc67