なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



さかい利晶の杜/堺市
Sakai-Rishonomori/Sakai City
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

硝子張りのモダンな館 さかい利晶の杜 堺の歴史文化を紹介

11月に旧天王貯水池自転車博物館サイクルセンター、そして堺刃物ミュージアム、いか食堂と訪問しレポートした中で、ぴあのの小箱/pianoさんからのコメントで、「さかい利晶の杜」を紹介して頂き、今回の来阪目的の一つが、ここの訪問。
12月6日(日)、もう一つの目的の土塔を訪れる前、近くには、ザビエル公園や仁徳天皇陵のある堺区宿院町西の「さかい利晶の杜」を訪れてきました。
今年の3月20日にオープンしたばかりの、硝子の館、モダンな博物館、千利休と与謝野晶子を紹介する観光施設。パネルや映像を多用し、センスの良い解り易い説明がされており、堺の文化に触れることができました。
改めて堺の「凄さ」を実感。pianoさんありがとうございました。

◇さかい利晶の杜/HPより抜粋編集
・千利休茶の湯館/千利休と茶の湯を歴史文化から解き明かす
「利休と堺」・「茶の湯」・「利休の生涯」の3つのコーナーに分け、堺で生まれた千利休(1522年~1591年)と茶の湯を紹介。日本のベニスと称された室町から江戸時代初期にかけての堺のまちを描いた「住吉祭礼図屏風」を大型タッチパネルによりデジタル化した「デジタル住吉祭礼図屏風」では、天下一の茶人・千利休を生んだ堺のまちの国際都市としての繁栄を紹介。
・与謝野晶子記念館/歌人与謝野晶子の作品世界とその生き方に触れる
中央部に設けた「晶子の装幀」コーナーでは、数多い晶子の本の装幀を紹介。造本にこった色彩豊かなものが多く、夫・寛の「後世に残るものでなければならない」という考え方によるもので、美術品としても高い価値がある。装幀は藤島武二や中澤弘光といった一流の画家が手掛けている。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。








千利休の生涯 利休を産んだ国際都市堺の繁栄と文化を紹介




与謝野晶子の作品と生涯 生家駿河屋の店先を実物大で再現


往時の堺 ジオラマで再現 訪問直前に出会った阪堺電車には・・・

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
ガラス張りのモダンな建物の中で展開される、
さかい利晶の杜、堺の歴史文化に吃驚します。
どちらも私は詳しくは知りませんが一見の価値がありますね。
生家駿河屋の店先を実物大で再現されたり、力が入ってるなぁと思います。
もっと世に知れ渡ると良いと思います。
もしかしたら知らないのは私だけ?・・・
[2015/12/22 02:31] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

Tazumichi様
おはよう御座います。

堺は昔独立都市国家のようだったそうですね。
それだけに奥が深いのでしょう。
鉄砲や茶道が有名ですがきっと色々と堺にしか
ないものがあるのでしょうね。

愛新覚羅
[2015/12/22 08:06] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

行ってみたい場所です
こんにちは~。

与謝野晶子については、以前は堺駅前に、アルフォンスミュシャと同じ建物での展示があったのですが、そこがミュシャ館として独立し、晶子に関しての展示は一段とスケールアップしているようですね。

一度行ってみたいと思っていた場所なので、ご紹介いただいてうれしかったです。
[2015/12/22 11:57] URL | ぢょん・でんばあ #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/12/22 14:10] | # [ 編集 ]

Re: 太巻きおばばさん
太巻きおばばさん こんにちは
市内の至る所に古墳があって
往時には日本のベニスと呼ばれ
そんな中で生まれ培われた利休や晶子の世界、文化
ホントに奥深い街ということを改めて知りました
当然、当方も知りませんでした。
[2015/12/22 14:34] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん こんにちは
先日訪問した、刃物ミュージアム、自転車博物館
往時の堺が、技術で栄えていたということもあって
興味深かったのですが
今回は、日本文化に欠かせない人物像に触れ
堺の奥深さを改めて実感しました。
[2015/12/22 14:40] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: ぢょん・でんばあさん
ぢょん・でんばあさん こんにちは
コメントありがとうございます
今年の3月にオープンとのことで、とてもお洒落でセンスのよい施設でした
特に、展示のセンスが良く、同時に非常に判り易いもの
且つ、特定のもの以外は基本カメラOKというオープンスタンス
堺の文化を存分に堪能させて頂きました。
[2015/12/22 14:51] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: カギコメ15/12/22 14:10:38 さん
カギコメさん こんにちは
吉報のお知らせ!良かったですね。
[2015/12/22 14:55] URL | Taz #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/12/22 22:35] | # [ 編集 ]

Re: カギコメ15/12/22 22:35:44 さん
カギコメさん こんばんは
ご無理をなさらぬように。
[2015/12/22 22:56] URL | Taz #- [ 編集 ]

こんばんは。

利休の会記をよんでいると、くしあわびとかいてはあるものの実査に某いうものか分からず、
日本料理人などにもきき茶道具専門のはくぶつかんいもききましたが答えが出ませんでした。
これだとくし形にきってありますね。
非常に興味深いですしどなたが監修なさったのか?
根拠などしりたいです。
酒井には、まだのこってるのでしょうか?
あわびは伊勢神宮の発祥からのしあわびにしたりしてましたので 興味があります。
小さいころのしあわびを三宝に載せてたべたことがありました。
美味しかったけれども、今買おうと思ったらすごく高いのでびっくりしました。
何の時だったのかも覚えてませんけど
あわびは中国への輸出品でもあって、興味深いです。
干して戻したのであるか?
煮貝もこの時期よくいただきますでしょ、
食べ物に異議を持たせ照るように思うのです。
利休は死を賜る前に盛んに大名とあってます。
そちらの勉強がお留守になってしまって、
今夜もご訪問がまわりきれません。
[2015/12/23 00:20] URL | hippopon #- [ 編集 ]

誤字脱字、、赤面のいたりです。
申しわけありません
[2015/12/23 02:22] URL | hippopon #- [ 編集 ]

Re: hippoponさん
hippoponさん おはようございます
流石に、茶の湯の世界に造詣の深いhippoponさん
そして、幼いころに貴重な経験を一杯されているんですね
興味深い世界ですが、門外漢の当方には、なかなかハードルが高いです
料理の監修は、茶道研究家の筒井紘一氏、再現は、懐石辻留により行われた
と解説してありましたが、詳細は判りません
hippoponさんのリサーチが進み、判明した時は、またご教授ください。
[2015/12/23 09:24] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: hippoponさん
hippoponさん おはようございます
ドントマインドです(^_^)v
キー入力より、茶の湯の世界への熱き想いが先行
そんなhippoponさんの気持ちが伝わってきました。
[2015/12/23 09:29] URL | Taz #- [ 編集 ]

ありがとうございます、
そうだ!!辻留があった!
東京の懐石は、気位だけで、中味も無い料亭(問題の)
チェーン店の京料理屋。
出張っていきたはいいけど、昼ご飯すらダメな
有名料亭など、勉強不足なところばかり、
調べます、
あ、、お正月過ぎないと、神保町にもいけそうにないけど、、
道が出来ました。ありがとうございます。
凄く幸せな気持ちです。
分からないことの糸口て本当に有り難くて、
体中から幸せがわいてくる。
なんかこの謎4.5年持ってるうちに忙しくなってしまって。
心から感謝します。

早稲田を出た江戸料理の人がいるのだけど、そこはやはりアワビなの。
他は、いい加減な江戸料理で、ウズラなんか、私が作る!と言いたいほどだった
味は、京都風で、ww
お金がそうは無いので後回しで、、食べる事もなかなかチョイスが難しいです。
株頑張らないとね。
[2015/12/23 14:40] URL | hippopon #- [ 編集 ]

Re: hippoponさん
hippoponさん こんばんは
謎探究の糸口が得られた由
門外漢の当方が少しでもお役に立てたのであれば、望外の幸せ
謎を解き、楽しみにしております。
[2015/12/23 19:32] URL | Taz #- [ 編集 ]

「さかい利晶の杜」の紹介をありがとうございます。
まだ新しいので、堺人も知らない人が
多いと思います。
さかい利晶の杜のそばにあった、秀吉ゆかりの井戸には
行かれたでしょうか。
そこに行くと、ボランティアの人が
いろいろ説明してくれます。
ところで、阪堺電車には・・・の続きが楽しみです。こちらでは「チンチン電車」と呼んでいます。最終駅は浜寺駅ですが、
その近くの南海電車の浜寺公園駅は国の登録有形文化財
なので、必見です。
[2015/12/23 22:45] URL | piano #aYDccP8M [ 編集 ]

Re: pianoさん
pianoさん こんばんは
「さかい利晶の杜」は、実に判り易くて素敵な所でした
ありがとうございました
今度行く機会には、周辺も含めてゆっくりと散策できたらと思っています
阪堺電車の走っている広~い紀州街道の景観は、堺の宝です
「チンチン電車」にも乗車して、電車の窓越しに堺を観てみたいですね。
[2015/12/24 00:02] URL | Taz #- [ 編集 ]

こんばんは、メリークリスマスです(^_-)
千利休さんの展覧会、すごく情緒があって素敵ですね。。
堺市はあまりよく存じなかったのですが、歴史と伝統が強く根づいた所なのですね。
あ、Tazumichiさんはこういう展覧会はいつもどうやって調べてるんでしょうか?私も僭越ながら興味がありまして、一度行ってみたいのですが…(>_<)
今年も僅かですが、来年も良いお年を迎えてくださいね。。
[2015/12/24 23:14] URL | ゆーの #- [ 編集 ]

Re: ゆーのさん
ゆーのさん おはようございます
ありがとうございます
この施設は今年の3月オープンで、硝子張りのモダンな建物ですが
展示内容はとてもセンスが良く、同時に非常に判り易いものでした
機会があれば是非、訪問して見てください
訪問のキッカケの、一番は、皆さんのブログを通じて
そして、今回の「さかい利晶の杜」は、コメントを頂いたブロガーさんの紹介でした
ゆーのさんも良いお年を迎えてください。
[2015/12/25 09:03] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/762-40e2a746