なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



漆植樹/さぬき市/讃岐漆芸美術館
Lacquer tree planting
 /Sanuki City/Sanuki Lacquerware Museum
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

讃岐漆芸美術館主催の漆植樹祭 12月5日(土)漆仲間の手で植樹 

香川漆器、誇りうる香川の伝統工芸ですが、取り巻く環境は、需要の低迷をはじめとして、なかなか厳しいものがあります。中でも、国産の漆、その生産、調達は危機的状況にあると言っても過言ではありません。
こんな中、讃岐漆芸美術館のオーナーである多田さんの提唱で、漆の栽培・生産を行い漆芸作家の支援を目途として、12月5日(土)植樹祭を開き漆の木を植樹。
オーナーの多田さんを始めとして、漆芸作家の方、等7名の方々が参加。予め耕作され植樹の準備がされた畑に19本の漆の苗木を、皆さん和気藹々と楽しく、植えました。年内にあと12本を植え、今年は計31本の植樹となり、今後、草刈や施肥等の手入れをして10年後には漆が採れるようになるとのこと。
その後、すぐ近くの多田さんの生家で、労をねぎらい、差し入れの自家栽培の蜜柑を頬張りながら、お茶して談笑。もちろん話題は漆について。
伝統工芸、香川漆器の様々の問題も一杯伺って、その厳しい状況を再認識。しかし、今回の植樹のように将来の夢に向かっての新たなチャレンジ、熱き思いも一杯語られました。
多田さんのお話では、「今回ご参加いただいたメンバーを中心に、漆の木を守り、讃岐漆芸の発展に寄与することを目的に、『NPO法人讃岐うるし』を設立の予定。参加の希望や意見・質問は、多田さんまで」との計画。
今後の展開が楽しみです。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


讃岐漆芸美術館オーナー生家 さぬき市の畑(橙色)に漆植樹




将来の漆林(借用画像)を思い浮べながら苗木を愛おしく植樹


差し入れの自家蜜柑を頬張り 漆談議に花が咲き 夢膨らむ

2015/11/19 漆(安倍耕治)・陶(田中保基)2人展/讃岐漆芸美術館
2015/10/11 妹背裕(漆)・貴志勉(陶)二人展/讃岐漆芸美術館

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
漆の木の植樹祭、ありがとうございました。
皆様のおかげで素早く素敵に植樹できました。
取材いただいた植本さんの写真も素敵です。どんどんと讃岐漆芸の現状を広報していただき感謝です。
今回の植樹は、香川の漆栽培の先輩である加藤様のご協力がなければできませんでした。
漆芸をはじめ伝統の継承は皆様のご支援、ご協力がなければできません。
今後ともよろしくお願いします。
[2015/12/10 11:11] URL | 讃岐漆芸美術館 オーナー 多田博文 #- [ 編集 ]

時代の変化と共に漆工芸が忘れられてしまうのは惜しいです。
でもこうして苗木を植えて、伝統を守って行ったら、
いつかは貴重な伝統工芸として、注目を浴びる日が来ると思います。
皆様の御活躍を心より願ってます。
[2015/12/10 11:15] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

お疲れ様でした。無事植樹が終わったたようでw
(負けると少し時間が経ってから症状がでるので、まだ安心できないけど…w)
[2015/12/10 11:18] URL | きくちゃん #- [ 編集 ]

Tazumichi様
おはよう御座います。

確かにそうですね。原料の漆がなければ始まりませんね。
工芸の方にばかり目がいってしまいがちですが原料の確保は最重要課題ですね。
それにしても10年ですか。木材利用よりは短期間ですが、それでも長いですね。

愛新覚羅
[2015/12/10 11:21] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: 多田博文さん
多田博文さん おはようございます
皆さん、お疲れ様でしたぁ!
皆さんの「漆」への熱き想いに触れ
また、伝統工芸、香川漆器の置かれる厳しい状況を
生の声で伺うことができ、とても貴重な機会になりました
先人が築いてきた伝統工芸
何とか遺していきたいものです
細やかですが、そのサポーターになれたらと思います。
[2015/12/10 11:24] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 太巻きおばばさん 
太巻きおばばさん おはようございます
裾野の広い産業で、厳しい状況を一朝一夕に打開するのは難しことですが
このような人々の力によって支えられています
こんな中、香川漆器の将来ビジョン持った行政の支援、政策が望まれます。
[2015/12/10 11:25] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: きくちゃんさん
きくちゃんさん おはようございます
葉っぱとか、幹とか、恐る恐るに触りました・・・
5日経って、これと云った症状が出てないので
大丈夫みたいです(^_^)v
[2015/12/10 11:36] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます
一つの産業は裾野が広く、様々の人びとが関わっていて
後世に遺していくのは、ホントに大変です
少しでもサポートできたら良いですね。
[2015/12/10 11:41] URL | Taz #- [ 編集 ]

チャイナは 陶器、
ジャパンは漆、頑張ってほしい分野です。
皆様のご活躍、お祈り申し上げます。
[2015/12/10 18:18] URL | hippopon #- [ 編集 ]

Re: hippoponさん
hippoponさん こんばんは
ありがとうございます
漆に造詣の深いhippponさんのような方が
一杯増えてくれるとイイんですけどね。
[2015/12/10 18:34] URL | Taz #- [ 編集 ]

お疲れ様でした
こんばんは。

いつも有難うございます。

以前は漆が自生していましたが、下草狩りとか、
手入れを怠ったため、竹が侵入したり、山が
ボロボロの状態です。

植樹などしていかないと、工芸品を守れない
時代になってしまいましたね。

昔は、屋敷林の中にも生えていました。
何に使ったのかは分かりませんが・・・。

タラボと外見が似ているのが難点です。
[2015/12/10 21:05] URL | ichan #- [ 編集 ]

Re: ichanさん
ichanさん こんばんは
ありがとうございます
時代が流れて行っているんですね
ホント、山は荒れ放題になってしまいました
少しでも守っていきたいものです。
[2015/12/11 00:05] URL | Taz #- [ 編集 ]

みなさんの笑顔に感動しました。いい事をしたという気持ちが伝わってきました。日本の漆事情はこの間NHKの所ジョージさんの番組でもみました。日本の伝統ってこういう努力で支えられていくんですね。私も私なりの世界で支えていきたいと思います。
[2015/12/11 04:48] URL | 丹後のきんちゃん #- [ 編集 ]

Re: 丹後のきんちゃんさん
丹後のきんちゃんさん おはようございます
厳しい、国産漆の状況、なんとかしたいという熱い思いで集い
鍬や鋤を持って、和気藹々と、皆さんで、楽しく植えました
素敵な笑顔ですね。
[2015/12/11 09:27] URL | Taz #- [ 編集 ]

ずいぶん奥深いことをしていますね、とうとう、ウルシに、かぶれて源流まで行きましたね。
だんだん、きこりさんに、にてきたみたいですね。  きこりさんは、つやまのほうによくいきます。    「分け入っても 分け入っても 青い山」 
  
 水木しげるさんは怖い漫画を描く人だと思っていました。 子供のころ高松の貸本屋で怖い漫画を見て以来、ゲゲゲの鬼太郎も好きになれなかったのですが、こういうことも言っていますので本当は面白い人だったんだと、思いなおしました。

    幸福の七カ条の 
第二条 しないでいられないことをし続けなさい。
第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。
第四条 好きの力を信じる
 きこりさんもこれかな。        年が寄とこんな言葉が好きになりました。
  「老子」も面白いです。

 私の生れた村に子供のころ座卓を砥いでいる家が2軒ありました。 メラミン樹脂の食卓など田舎にはなかったです。   ウルシが主力でした。

 和ろうそくはウルシの実を原料にしていましたが、今はハゼノキの実を原料にしているようです、ウルシで作ると良いものができるのでしょうか?  お寺では紅い、太いのを使用しているのを見ました。  大洲では手でこねくりまわして和ろうそくを作っていて、店先で販売をしています。

[2015/12/13 09:37] URL | まーくん #- [ 編集 ]

Re: まーくんさん
まーくんさん おはようございます
最後は、杜に還るとでもいうか
自然の恩恵を受けて生きることはやはり人間の原点ですね
幸福の七カ条
とてもイイですね、斯くありたいと思いますね(^_^)v
いつも感心するんですが、幼いころの近隣の事を
実に良く観て覚えていますね、凄いことです。

[2015/12/13 11:18] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/758-42ead771