なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



海王丸II世/高松港寄港
KAIWOMARUII/Takamatsu Sun Port Port call
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

海王丸Ⅱ世 サンポート高松 5万トン級岸壁に接岸 美しい

12月2日、お昼のローカルニュースのエンディング画面の背景にいつものように高松港、5万トン級岸壁に帆船の姿が・・・
早速、いつも確認している 香川県/土木部/港湾課/クルーズ客船 にて最新情報を確認するも記載なし。
見間違いか、はたまた録画画像かと思い、今度は地元民放の西日本放送のサンポート高松のライブカメラをチェック。確かに大型帆船が停泊。
大型帆船と云えば、日本丸か海王丸、そこで、検索サイトで[高松港 海王丸]と入力したところ、香川県のHP/くらし・社会基盤/港湾・空港・航路/香川の港湾/高松港へのクルーズ船等の入港予定 で情報ゲット。
5万トン級岸壁への入港情報なのに、そして同じ香川県港湾課が管理しているのに、別情報、何故なんでしょうか?どこか変。
疑問はさておき、海王丸の日程は、着岸が、2015年11月28(土)11時、離岸は、12月3日(木)14時、つまり明日出航するということで、明朝、自転車で出かけることに、ただ天気予報は午後遅くから雨模様とのこと、雨の降らないことを祈る。
翌日3日、風が強く雲が厚いものの、雨は降っていない、予定通り自転車で出かけ、様々のアングルから、現物を見るのは初めての海王丸を、記憶にそして画像に記録。
帆を制御するためのロープや滑車、複雑に張り巡らされる。暫し見入って、その一つ一つの機能を想像・・・楽しい時間。
次は、帆走の姿を是非見てみたいものです。

・海王丸/Wikipediaより抜粋
海王丸(かいおうまる)は、日本の航海練習船で大型練習帆船。初代海王丸と、2代目の海王丸II世がある。初代海王丸は1930年(昭和5年)進水、約半世紀にわたり「海の貴婦人」として親しまれ、1989年引退、海王丸II世がそのあとを引き継ぐ。姉妹船として日本丸。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


海の貴婦人と称される 美しさ気品に溢れ 自然に委ねた美 


船首像は横笛を吹く女性の「紺青」/東京芸術大 西大由作




帆船の艤装 木製 鋳物製 麻ロープ等 味わい深い艤装


タラップの横に展示の説明パネル どこから見ても絵になる



航海練習船としての一コマ 早速、練習生がロープ結び実習訓練

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
海王丸は現在富山県の海王丸パークに係留展示されております。うちの製鋼所のすぐ隣で製鋼所の排煙が景観を損ねるとか白眼視されておりました。
先住者も後から来た貴婦人にはかなわず対策に追われたことを思い出します

カイ性もなくなり現役引退したくせに
オウ年の誇りを忘れられず
マルで貴婦人の如く鎮座まします海王丸
[2015/12/07 06:59] URL | PPKKS #su7LfdQk [ 編集 ]

海王丸
Tazumichi様
おはよう御座います。

どこから見ても美しいですね。
ひたすら優雅です。海の貴婦人という呼び名がピッタリです。
こんな船に乗ってみたいです。(労働なしで)笑

愛新覚羅
[2015/12/07 08:01] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: PPKKSさん
PPKKSさん おはようございます
海王丸Ⅱ世は富山港で台風による
カイ難事故で
オウ時の姿がもう見れないのではと危惧されましたが
マルで新造船のようによみがえりましたね
貴婦人は富山の自慢ですね(^_^)v
[2015/12/07 08:59] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re:愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます
大型帆船は、芸術作品といっても良いくらい美しいです
帆を張って。帆走してる姿
そして乗船して風を感じてみたいですね。
[2015/12/07 09:07] URL | Taz #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/12/07 09:54] | # [ 編集 ]

Re: カギコメ15/12/07 09:54さん 
カギコメ15/12/07 09:54さん おはようございます
若かりし頃は、造船大国日本の巨大タンカーに
憧れ、造船マンを目指したことも・・・
船は時間がゆったり流れてイイですね。

[2015/12/07 10:36] URL | Taz #- [ 編集 ]

帆船、いきなり目の前に出て来たら狂喜乱舞してしまいます。
船は大好きですが帆船はまた格別。
女性的な美しさを感じます。
我が家地域の夏祭りに船関係のテントが出て
結び目を教えてくれたりします。
私は参加しませんがドイツ人男達が群がってますよ(笑)
[2015/12/07 14:38] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

こんにちは。
私もこの日、見に行きました(笑)
着いた時はタグボートが引っ付いてたから
お会いしてはいないと思いますが、
出来れば帆が上がった姿を見たかったですよね。
[2015/12/07 17:25] URL | カワイ #- [ 編集 ]

県土木のページいつもチェックされてるんですね
私もたまには見てたらみようかな

帆船ってきれいですね
本物は一度しか見たことないけど
こんな船で旅ができたら素敵だろうな~
あ、そんな贅沢言わない
ふらりとその辺回ってくれるだけで満足(笑)
[2015/12/07 20:16] URL | 秘密のさいこちゃん #- [ 編集 ]

帆船
こんばんは。

帆船そのものが芸術品だと思いますが、
海洋丸Ⅱ世は、全てが至高の芸術品ですね。

船は、やはり女性なのですね。

海に近いのは羨ましいです。
[2015/12/07 20:27] URL | ichan #- [ 編集 ]

Re: 太巻きおばばさん
太巻きおばばさん こんばんは
大型帆船は、格別な存在ですね
多くの帆を制御する為に張り巡らされたロープ
まるで帆船の神経回路のよう
いつまで見ていても見飽きません(^_^)v
[2015/12/07 21:19] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: カワイさん
カワイさん こんばんは
この日の午後2時出港と聞いていたので10時過ぎに行ってきました
そうなんです、是非帆走してるところを見てみたいですね
凄腕のカワイさんの撮った写真がとても楽しみです。
[2015/12/07 21:26] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 秘密のさいこさん
秘密のさいこさん こんばんは
5万トン級岸壁にどんな船が着岸するかとても楽しみなので
チェックしてます
たまにサンポートに自転車で行くと潮風に癒されます
帆走で乗船させてくれたら最高\(^o^)/
[2015/12/07 21:31] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: ichanさん
ichanさん こんばんは
ありがとうございます
帆走という最高の機能を果たしながら
よくこんな美しい造形が出来たものだと感動
優雅で、美しい姿はやはり貴婦人がピッタリですね。
[2015/12/07 21:35] URL | Taz #- [ 編集 ]

帆船はかっこいいです。ボトルシップなんか自分の部屋に飾りたくなりますね。色合いといい形といい、ほれぼれします。ちょっと艦長になって望遠鏡をもっている姿にも憧れます。海の男はロマンですね。
[2015/12/08 11:28] URL | 丹後のきんちゃん #- [ 編集 ]

Re: 丹後のきんちゃんさん
丹後のきんちゃんさん こんにちは
まだ実際に帆を張った状態は見たことが無く
いつか見てみたいものです(^_^)v
[2015/12/08 11:50] URL | Taz #- [ 編集 ]

私も見ました‼
サンポート高松の検索で入港予定が分かりますよ~
[2015/12/08 12:32] URL | 藤目です #- [ 編集 ]

Re: 藤目さん
藤目さん こんにちは
流石に情報通ですね(^_^)v
今度は帆走が見たいです\(^o^)/
[2015/12/08 12:54] URL | Taz #- [ 編集 ]

海の貴婦人と言われるだけあって、ドッシリと言うよりか、スゥ〜としてスマートな佇まいが気品に溢れています。帆をはると、一層美しいでしょうね〜(*☻-☻*)シラチャは、漁師町ですが、残念ながら美しい船にお目にかかったことはありません(^^;;
[2015/12/08 18:15] URL | あきたさんち #- [ 編集 ]

Re: あきたさんちさん
あきたさんちさん こんばんは
惚れ惚れするフォルム、なんでこんなに美しい造形なのかと思う程(◎_◎;)
熱帯地域の海には、帆船がとても似合いそうです
いつかシラチャにも貴婦人が現れると良いですね。
[2015/12/08 19:45] URL | Taz #- [ 編集 ]

素晴らしい船を、グッドタイミングで見ることが出来ましたね。
それに写真がまた良い!
海なし県に住む小生にとっては、大変うらやましいです。

DEN
[2015/12/08 19:55] URL | DENでん #- [ 編集 ]

Re:DENさん
DENさん こんばんは
ありがとうございます
ニュースの背景で、偶然に見つけたのがキッカケ
ラッキーでした(^_^)v
[2015/12/08 20:25] URL | Taz #- [ 編集 ]

帆船はいいですね、前に日本丸を見たとき思ったより小さいと思いました、いつも大きな船が停泊しているので。   咸臨丸は620 t アメリカ人はこんなちっさい船で太平洋を渡ってきたと言ってびっくりしたそうです、航海は切手にもなった、あのひっくり返りそうな絵のとおりだったのでしょう。

帆を張るのを見に行ったときタイヤがいっぱい付いた、タグボートが前後少し離れたところにいました、多分帆を張って走り出すと困るからでしょう、神業がいるのでしょうか?
帆を張り、その後に帆をたたむとタグボートは静かに去っていきました、帆を張るのを見るときは、時間厳守が必要だと思います。

「海のますらを」に、一回り大きい「大成丸」がでています。 高等商船学校のようすも出ています、卒業したら海軍予備少尉になれました、なるほどと思います。

戦争中、練習船は真っ黒に塗られてマストをはずして、瀬戸内海で石炭を運んでいました、年寄りが高松港にも寄港していたと言っていました。  マストが無ければ「白菊の歌」も歌えないです。

練習船は戦後、南方からの引き揚げ船として使用されていました、父親はリバティ船で名古屋の三菱航空機の格納庫まで帰ってきたと言っていました、シンガポールに行くときはタンカーのありた丸でした。
中学生の時、プラモデルの日本丸を作りました、今の日本丸のプラモデルほど立派では、なかったです。
[2015/12/10 10:33] URL | まーくん #- [ 編集 ]

Re: まーくんさん
まーくんさん おはようございます
コメントありがとうございます
帆を張るところ見たなんて、とても貴重な経験ですね、羨ましい
帆船一つにしても、情報が深いく、尚且つ、お年寄りや父上の生きた情報
いつもながら造詣の深さに感心します。
[2015/12/10 11:49] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/757-26aed34f