なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



漆(安倍耕治)・陶(田中保基)2人展/讃岐漆芸美術館
Rhus(Abe)・Pottery(Tanaka)
   Duo exhibition
  /Sanuki Lacquerware Museum
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

漆と陶 二人展 讃岐漆芸美術館での第二弾 多数の力作並ぶ

讃岐漆芸美術館で11月3日まで開かれていた [妹背裕(漆)・貴志勉(陶)二人展] に続き、11月6日から17日までの12日間、現代漆芸の安倍耕冶さんと現代陶芸の田中保基さんの二人展 [漆・陶2人展] が開かれました。
既に会期の終盤でしたが、午前中の曇から晴れ間が覗き始めた 11月15日(日)の午後、いつものように自転車で出かけ、栗林公園内の讃岐民芸館での [やきものと玩具] を鑑賞した後、讃岐漆芸美術館に向い、[漆・陶2人展] を鑑賞。
伝統を重んじながらも、新たなイメージを創出するエネルギーの溢れる、素敵な数多くの作品が並んでいました。一方で、基本どの作品も販売品であり、日常の生活の中に彩りを演出し、お気に入りになる、身近な作品達。
美術館に来る前に立ち寄った、栗林公園の商工奨励館では、伝統工芸士の西岡春雪さんが、蒟醤の実演を行われており、いろいろとお話を伺い、また実際に剣で漆を彫る体験をさせて頂くこともできました。
この日は、漆芸三昧と云ったところ、2人展鑑賞後、展示場階下のカフェギャラリー夏炉で、美味しい珈琲を頂きながら、オーナーや2人展を観に来られた漆芸ファンの方等と、暫し漆芸談議。気付けば、日もとっぷり暮れ、ライトを点けての帰宅。
漆芸香川の恵まれた環境を堪能した一日でした。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


メッセージ性のある作品 ついついこういう作品に魅かれる(笑)






「使えるもの」をテーマにした素敵な作品が一杯 作品はすべて販売品



漆の御椀 菓子器 どちらも 取っ手がとってもキュート


安倍耕治さんのほのぼのとする可愛い猫の作品 9作品展示 


会場入手案内状 展示終了でのレポートとなり 申し訳ない限り

2015/10/11 妹背裕(漆)・貴志勉(陶)二人展/讃岐漆芸美術館

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
漆器、こうして見ると簡単なようですが、
何度も塗り返しますよね。
根気の要る作業だと思います。
個人的には左側の猫ちゃんが立ってるのが好きです~
[2015/11/19 06:00] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

漆工芸
Tazumichi様
おはよう御座います。

作品もさることながらディスプレイが見事ですね。
空間の使い方や照明が作品を引き立たせている
ようです。同じものが家庭に置いてあっても
これほどの感動は与えられないでしょうね。

愛新覚羅
[2015/11/19 08:09] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

おはようございます。

何かお求めになりましたか?
秋風が気持ち良さそうですね。🚴
東京も今日は晴れたようです。
[2015/11/19 09:42] URL | hippopon #- [ 編集 ]

Re: 太巻きおばばさん
太巻きおばばさん おはようございます
そうなんですね、とても長い工程を経て漆器は造られるんですね
猫ちゃんの作品は、9点ありましたが一部の紹介になっています
また映り込みがあったりして
実際の作品を届けられず、申し訳ないです。
[2015/11/19 11:49] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます
この美術館は、個人が立ち上げたものですがとても充実
空間や、照明もさることながら
温度、湿度も管理して漆器への最適の条件にしています。
[2015/11/19 11:54] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: hippoponさん
hippoponさん おはようございます
残念ながら、今回は、鑑賞のみ(>_<)
昨日まで雨でしtが、今朝からは晴れてきているので
心地良い秋晴れになりそうです。
[2015/11/19 11:59] URL | Taz #- [ 編集 ]

こんばんは。

いつも有難うございます。

何らかのメッセージを送っているのでしょうが、
何だろうなというものもありますが、行灯風の
照明器具や机など、実際に見てしまったら
欲しくなりそうなものがあります。
多分、高価なのでしょうね。
[2015/11/19 21:23] URL | ichan #- [ 編集 ]

昔叔母が 漆のお汁椀を使うたび
丁寧に水分を拭き取って片付けていたのを思い出します
作るときも何度も丁寧に塗って磨いて
良いものは完成するまでも したあとも
手間暇かけていくものなんですね
艶が違いますね~

猫ちゃん 表情がいいですね
[2015/11/19 23:37] URL | 秘密のさいこちゃん #- [ 編集 ]

Re: ichanさん
ichanさん こんばんは
いつもありがとうございます
そうです、欲しいものが結構ありました
ただ、今あるものを考え想いを押さえました(笑)
値段は、リーズナブルなものだと思います。
[2015/11/19 23:53] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 秘密のさいこさん
秘密のさいこさん こんばんは
漆器は手入れが肝要ですよね
キチンと手入れをされたものは
使い込むにつれ光沢を増して艶やかになると聴いています
先日、買った珈琲カップもそうなると良いのですが
可愛い猫ちゃん、一杯いましたよ。
[2015/11/19 23:59] URL | Taz #- [ 編集 ]

メッセージ性のある作品が私は理解することが苦手なのですが。好きか嫌いかでしかわかりません。または落ち着くか、落ち着かないかという感じです。最初の展示してある全景の写真が広角レンズで撮られた物ですか。全体が一気に飛び込んできたのには、撮り方に心が奪われました。
[2015/11/20 05:57] URL | 丹後のきんちゃん #- [ 編集 ]

Re: 丹後のきんちゃんさん
丹後のきんちゃんさん おはようございます
好きか嫌いか、落ち着くか落ち着かないかが一番大切なことだと思います
全景の写真は[180°パノラマ]機能を使って撮影したもので
全体を表現したい時に、結構多用してます。
[2015/11/20 09:00] URL | Taz #- [ 編集 ]

漆は100回塗って1mmだそうです。

 香川漆器には蒟醤(きんま)、存清(ぞんせい)が、あります。   存清(ぞんせい)は斜めから見ると彫り跡が見えますので違いが分かります。  玉楮象谷(たまかじぞうこく)の銅像が中央公園にあります。
  漆の椀は水につけていると割れてしまうのですぐ拭かなければならないです。

 香川県漆芸研究所  満35歳以下 3年間(受検料、授業料、入学金は無料)  

 
 
[2015/11/22 11:40] URL | まーくん #- [ 編集 ]

Re: まーくんさん
まーくんさん こんばんは
最近、漆芸に関心を持つようになって
やっと香川漆器の基本を少しづつ知るようになってきました
先日は、蒟醤の漆を刻む体験もし
伝統工芸士の西岡春雪さんともお話しすることができました
香川県漆芸研究所に学んでみたいなぁと思って聞いたら
「満35歳以下」とのこと・・・残念(笑)
[2015/11/22 19:07] URL | Taz #- [ 編集 ]

漆と陶の2人展、ご紹介いただき感謝です。
無事閉幕することができました。
素晴らしい写真の数々で展示会の魅力を余すことなく表現していただけました。
漆のものと陶器のもの、通常の生活でも空間を共有しています。
今回と前回の2回の展示会は日常的な生活空間を表現したものでした。
成功したと思います。
漆を中心とした展示ですが、今後も皆様のご期待に応えらるよう頑張ります。
ご支援よろしくお願いします。
[2015/11/28 22:24] URL | 讃岐漆芸美術館 オーナー 多田博文 #mQop/nM. [ 編集 ]

Re: 多田博文さん
多田博文さん こんばんは
とても素敵な作品を、存分に堪能させて頂きました
これからの企画展も、大いに楽しみにしています
気に入った作品に出会えたら、是非購入して
作家さん、伝統工芸を細やかながら支援できればと思っています(笑)
[2015/11/29 00:04] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/752-242ddee1