なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



妹背裕(漆)・貴志勉(陶)二人展/讃岐漆芸美術館
Imose(Rhus)・Kishi(Pottery) Duo exhibition
        /Sanuki Lacquerware Museum
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

早く訪れたかった讃岐漆芸美術館へポタリング 二人展を鑑賞

「私費を投じて、讃岐漆芸美術館を立ち上げた」とニュースで知ったのは昨年の4月頃。一度行かなくてはと思っていながらいつの間にか1年半が経過。
今年の5月、総本山善通寺東院境内で開かれた現代屋外アート展 第4回 ART AT THE TEMPLE 2015 に出展されていた妹背裕さんと貴志勉さん。この漆芸と陶芸のお二人が二人展を讃岐漆芸美術館で開催。
「これは、是非行かねば」ということで、初讃岐漆芸美術館、やっと10月2日金曜日の午後、例によってポタリングで行ってきました。
到着してすぐ2階の展示室に上がって、作品を鑑賞。想像していたより広く、会場を埋め尽くすほど、数多くの作品が展示されていました。野心的な芸術作品と同時に花器や食器などの日用雑器も多く、ジックリと堪能させていただきました。
鑑賞を終えて、階下のカフェギャラリーの夏炉にて、珈琲を頂きながら、オーナーの多田さんご夫妻と漆器のことや香川のアートなど、話が盛り上がりました。
珈琲が美味しかったのはもちろんですが、そのコーヒーカップ、木製漆塗り、持った瞬間、意外な軽さに手がビックリ、そして唇に接した時の柔らかさと温かさ、陶器のそれとは全く異なるものでした。一杯の珈琲を深~く味わえる、そんな感じのコーヒーカップ。
「因みにお値段は?」と聞くと「1万5千円です」・・・「う~ん・・・やはりお高いですねぇ」家に帰ってからも一度考えよう・・・と購入逡巡。
帰り際、「お願いします。今日持ち帰ります!」 お気に入りのグリーンをチョイス。ということで、スプーンをプラスして、〆て17,820円でお買い上げ。
そうなんですこれは自分へのご褒美であると同時に、漆芸という伝統工芸をほんの少しでも支えることができればと思ってのこと。
使い捨てでなく、良いものを長~く愛おしんで使う。今だからこそ、そんな「エコライフ」が求められているかもしれません。
これから、美味しい珈琲とお喋りを楽しめる新たなポタリングスポットができました。

≫会期は11月3日まで、是非ご高覧ください。
 
・讃岐漆芸美術館/Net情報より抜粋
香川漆器の美と技を発信する新たな施設として2014年4月、高松市上福岡町に誕生。重要無形文化財保持者(人間国宝)をはじめとする県内作家の名品に加え、若手の意欲作や実用品を積極的に紹介。カフェを併設するほか、絵付けや彫漆などの体験教室も開き、漆芸の魅力を五感で味わってもらう。オーナーは、多田博文さん、多嘉子さん夫妻で、館長には県文化功労者で漆芸家の北岡省三氏。

御夫婦は、漆芸への造詣深く、情熱に溢れていますが、自らは漆芸はやられず、全くの素人、いわば超々強力漆芸サポーターで、日々、自宅から美術館へ通い、伝統工芸を盛り上げるべく奮闘されています。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



美術館の2階が展示場 温度湿度を管理し漆器に適した環境





妹背さんの漆芸作品 伝統を打ち破り熱気が迸る作品が一杯



貴志さんの陶芸作品 多様なテクスチャー 素敵な日用具も一杯



一階には喫茶と漆器の販売コーナー お気に入りのカップ購入
     (カップ&ソーサー Original 「瀬戸の凪」 中田陽平)


妹背裕・貴志勉 二人展案内 讃岐漆芸美術館パンフ/表裏

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
漆工芸
Tazumichi様
おはよう御座います。

漆というと食器くらいしか思いつかないのですが色々あるのですね。
ちょっと考えて即購入ですか。5000円くらいなら出来ますが15000円
となると私なら無理でしょう。(笑)

愛新覚羅
[2015/10/11 08:11] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます

それはもう、脂汗をかくほど考え
最後は目を瞑って清水の舞台から飛び降りた・・・そんな感じです

漆工芸の盛んな高松と云われていますが
やはり、製品が売れないと、なかなか持続していくのは難しい状況の中
思い切って購入しました。
[2015/10/11 09:49] URL | Taz #- [ 編集 ]

朝書いて飛んでしまったのです。
私も漆の、手触りが良くて、保温に優れてた器を探してるのですが、なかなか。4
漆の様な釉で、焼き物があるのですが、
ご飯茶碗飼って、すぐに失敗とわかってしまって。

なかなか思うようにいきません。
軽くて、気持ちよさそうですね。
わっぱのカップは、軽すぎる。

松千年翠の色ですね。
塗は色々な技法をさりげなく、、
デッキで飲む珈琲は格別な事でしょう。

先日は愉しく遊んでくださってありがとうございました。
すごく元気で頭の濁りが取れてゆきました。
ありがとうございました。
[2015/10/11 10:13] URL | hippopon #- [ 編集 ]

素晴らしい記事、ありがとうございます。
素晴らしい記事ありがとうございました。
自転車で回られて取材された様々なアートを堪能させていただいています。
今回も漆芸および讃岐漆芸美術館を的確に紹介していただき、感謝です。
また、コーヒーを飲みながらゆっくりと楽しい時間を過ごしてください。
[2015/10/11 10:19] URL | 多田 博文 #- [ 編集 ]

Re: hippoponさん
hippoponさん こんにちは

木の器ってやっぱ優しい感じですかね
プチ贅沢な気分で美味しい珈琲を頂きたいと思います

イヤァ次から次へと展開が速く
貧脳の身としては、打ち返すのがやっとでしたが
実に楽しかったです。
[2015/10/11 16:39] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 多田 博文さん
多田 博文さん こんにちは

喜んで頂けて良かったです
少しでも輪が広がればイイですね

自転車での散策の新たな楽しみな寄り道ポイントができました
また行きます。

[2015/10/11 16:45] URL | Taz #- [ 編集 ]

「私費を投じて、讃岐漆芸美術館を立ち上げた」
意気込みが感じられます。
近くだったら私も行きたいくらいです。
カップ、素敵です。
こういうのって中々無いと思います。
大切なカップが一個増えましたね。
[2015/10/11 17:45] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

素敵なカップ購入されましたね。自分へのご褒美、大事ですよね。美味しくコーヒーを飲まれ、また活力となることでしょう。
[2015/10/11 18:53] URL | ノーベル賞候補犬メイゴンサン #- [ 編集 ]

Re: 太巻きおばばさん
太巻きおばばさん こんばんは

御夫婦で漆芸に対して熱き想いがあり
讃岐漆芸美術館を立ち上げたとのこと
美味しい珈琲を頂きながらのお喋りはとても楽しいです
 
このカップはお宝です
使い込んで、漆の風合い引き出そうと思います。
[2015/10/11 18:58] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: ノーベル賞候補犬メイゴンサンさん
ノーベル賞候補犬メイゴンサンさん こんばんは

一層美味しい珈琲が飲めそうです(笑)

・gooでコメント頂きましたが
 こちらに転送し返信させて頂きました。
[2015/10/11 19:03] URL | Taz #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/10/11 19:34] | # [ 編集 ]

Re:カギコメさん
カギコメさん こんばんは

豊穣な時間を楽しみたいと思います(^_^)v。
[2015/10/11 20:33] URL | Taz #- [ 編集 ]

最初の写真を見たとき、これが美術館とびっくりしましたが、自宅と聞いてさらに感心。よく考えれば、自宅が自分の作品を一番表現できるなあと思いました。さらにその作品を使ってのコーヒータイム。これも一つの日用品を作られている作家の自己表現だと。大きな美術館にないものを感じさせていただきました。
[2015/10/12 04:02] URL | 丹後のきんちゃん #- [ 編集 ]

お早うございます。

漆器は伝統的なものしか見たことが無かったので、斬新さに驚きました。

漆器は、高価ですし、取扱いにも注意を要する
ので、中々手を出せません。
[2015/10/12 07:35] URL | ichan #- [ 編集 ]

Re: 丹後のきんちゃんさん
丹後のきんちゃんさん おはようございます

御夫婦の情熱溢れる素敵なとても素敵な美術館です

説明不足で、申し訳ありません、ご自宅でなく、漆芸家でもありません
私も、当初、丹後のきんちゃんさんと同じように思っていました

誤解を生まぬよう、記事に、追記させて頂きました
申し訳ありませんでした。
[2015/10/12 08:02] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: ichanさん
ichanさん おはようございます

伝統的な物は味わい深くてイイですね

高価なものでも、愛おしんで長~く使う、子々孫々まで
本来のエコになるかもしれませんね
伝統的な工芸も持続できる
そんな風になるといいんですけどね。
[2015/10/12 08:18] URL | Taz #- [ 編集 ]

相棒
漆器といえば汁椀
こどもの時から同じ味噌汁の器
処どころ傷や引っ掛かりはあるが
重ね重ねられた朱は
未だしっかりとした強さと美を留める
日々の具と化し、供され続けている
正月3が日は黒椀に任せ、少しの間お休みです
まるで…と言ったら しばかれそう
んん〜 旨い! 感謝 m(_ _)m
[2015/10/12 22:59] URL | 悟空 #- [ 編集 ]

Re: 悟空さん
悟空さん おはようございます

常に寄り添って朝餉の友、まさに相棒
先人の知恵で造りこまれた漆芸と云う伝統工芸
一般的には英語でJapanと云われるもの
Urushi大切の遺していきたいですね。
[2015/10/13 08:22] URL | Taz #- [ 編集 ]

おはようございます
先日は飛行機を見ながら楽しいお話をさせていただき、
素敵な出会いに感謝しています。
教えていただいたこちらのブログも、
写真の綺麗さ、豊富さと、
わかりやすく丁寧な文章に引き込まれ、
わくわくしながら拝見させていただいております。

ところで貴志さんの器。

私も清水の舞台から飛び降りたつもりで
コーヒーカップを作っていただいたことがあります。
持っているだけでにやけてしまいます♪
[2015/10/26 08:53] URL | なんじょう #- [ 編集 ]

Re: なんじょうさん
なんじょうさん おはようございます

空港のあのスポットは絶好の撮影ポイントですね
ピンボケ写真が一杯でしたが、中にはまずまずの写真も
暫くは、ナイスショットを期待して通いそうです

逸品を自分へのご褒美・・・にやけてきますよね、ついつい(笑)
[2015/10/26 11:02] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/739-aa4c0027