なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



虚構と現実のはざまで/塩江美術館
Between fiction and reality/Shionoe Museum
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

好みの作品求め またまたの来館 自転車で3度目の塩江美術館

塩江美術館、前回は、6月27日に来館、その時の次期企画展等のポスター展示で「四宮金一展 ―虚構と現実のはざまで―」を知り、是非見たいと思っていたので、約2週間後、7月12日の日曜日、自転車で行ってきました。
この日も、梅雨空と云うか、降りそうで降らない感じの曇り空、陽射しもなくサイクリングにとってはとても条件の良い日、ゆっくり空気を味わいながら約1時間半で到着。
早々に入館、期待通りの作品、暫し見入ってしまいました。「これは是非紹介したい!」との想いで、前回と同様、無理を承知で、職員の方に、館内全景という条件での写真撮影をお願い、許可を得ました。今回も寛容な対応に深謝です。
館内設置の大型モニターで、四宮金一氏の作品製作工程をとても詳細に紹介。ここまでオープンにするかと思う程、様々の工程、技術を公開。手法や技術を淘汰したメッセージを伝えようとする心意気を感じました。
・四宮金一展-浮遊空間から宇宙空間に-/㈶池田20世紀美術館/\800
・KIN-ICHI SHINOMIYA/FUJI TELEVISION GALLERY CO.,LTD./\400
販売されていた画集を2冊とも購入。イイ展覧会でした。

・四宮金一展 ―虚構と現実のはざまで―/塩江美術館HPより抜粋。
高松市合併10周年を記念し、「四宮金一展」を開催。四宮氏は、合併以前の塩江町において1993年から2003年にかけて開催されていた芸術祭、アーティスト・イン・レジデンス事業において講師として参加、アーティストを志す若い国内外の学生たちと交流してきた。また、2003年に香川県文化功労者賞、高松市政功労者賞、2008年には地域文化功労者文部科学大臣表彰を受けるなど地方に拠点をおきながら作品の創作活動を続けている。
本展では、50年余りの画業を振り返り、その中で制作してきた『Box』そして『Room』シリーズなどシェイプト・キャンバス(変形キャンバス)を用いることにより、平面を立体化する中で生み出された作家自身のあるいは現代社会で生活する人々の不安や焦燥感といった心象を独自の世界観で描き、表現してきた作品を紹介。



変形キャンバス作品が壁面に配され壁面全体が巨大な作品の体



いつもながら 落ち着く~ぅ 好みの作品一杯 素敵な癒しの空間


四宮金一展-虚構と現実のはざまで-2015年7月4日(土)~8月30日(日)


当日入手のパンフレット (クリック拡大で読むことができます)


会場で販売の画集 四宮金一展 KIN-ICHI SHINOMIYA 2冊購入

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
不思議な世界
Tazumichi様
おはよう御座います。

まるで立体が浮かび上がっているような、
CGの3Dの世界のような世界が広がっていますね。
こういう作品は展示するのも難しいのでしょうね。
冒頭の写真のHONDAのロゴがついているものは
何なのでしょうか。初めはマルボロのロゴかと
思ってクリックしてみたらHONDAでした。

愛新覚羅
[2015/07/25 08:18] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます

このバッグは自転車用に購入したもので980円の安物
とにかく目立つように、特に夜間に目立つよう改造しました
マルボロのようなマークは
赤白の反射トラテープを赤が三角になるように切り取り組み合わせたものです
それに、ホンダの展示会に行って貰ったシールを貼り付けました(笑)


[2015/07/25 11:13] URL | Taz #- [ 編集 ]

塩江美術館、立体感のある展示物ですね。
それにごちゃごちゃしてなくてすっきりと並んでます。
静寂な時間が流れてる様子。
ゆっくり見学できそうです。

自転車で何処でも行けるって良いなぁ。
[2015/07/25 15:09] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

Re: 太巻きおばばさん
太巻きおばばさん こんにちは

いつも独り占め状態で見れる・・・
落ち着く空間でジックリ鑑賞できます

大好きな美術館の一つです。
[2015/07/25 17:46] URL | Taz #- [ 編集 ]

空間に空間があるような、こういうの好きですね。
[2015/07/26 08:14] URL | バードアイ #- [ 編集 ]

Re: バードアイさん
バードアイさん おはようございます

そうですよね、壁面から飛びだす
浮かんでいるような作品でした。
[2015/07/26 08:24] URL | Taz #- [ 編集 ]

おっちょこちょいの私なら、壁全体にこの立体的にみえる作品があったら、頭をぶつけているでしょうね。面白いです。しかし、これだけのある種のだまし絵は感動しますね。塩江美術館に行ってみたいとおもいました。
[2015/07/26 16:20] URL | 丹後のきんちゃん #- [ 編集 ]

Re: 丹後のきんちゃんさん
丹後のきんちゃんさん こんばんは

こじんまりしていますが、とてもイイ感じの美術館です
うどんツアーがてら是非おいで下さい
ご案内しますよ(^_^)v
[2015/07/26 20:40] URL | Taz #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/07/27 11:26] | # [ 編集 ]

Re:カギコメさん
カギコメさん こんにちは

了解いたしました。
[2015/07/27 12:56] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/712-e187ee1a