なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



善通寺駅/現役最古駅舎/サイクリング
Zentsuji Station/Active oldest station/Cycling
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

登録有形文化財の善通寺駅 自転車でゆっくり出かけ 全走行距離66km

秘密のさいこさんのブログで紹介された善通寺駅、日本最古の現役駅舎かも・・・という内容に、「行ってみたい!」と思い。
自転車で行くには、片道約30kmで丁度イイ感じの距離。まずまずの好天気であった2月3日の節分の日、今年の恵方、西南西の方向に、一路善通寺駅へ。
途中、綾歌郡綾川町陶の五社八幡神社に立ち寄って参拝。平日の昼時ということもあってか、人の気配も無く静寂に包まれていました。ふと目を転じると、境内の神門の横に紅梅が、ちらほらと花が咲き始め春の気配が。
途中寄り道をしたりと、ゆっくりのんびり走行、2時間弱で目的の善通寺駅に到着。駅前の道路も広く綺麗に整備されており、非常に端整で美しい駅というのが第一印象。
入場券を求めて駅の中へ、駅舎、跨線橋、ホーム等は、基本、木造と鉄骨、白色のペンキで保守塗装され、日常的な手入れや清掃も丹念にすみずみまで行なわれている様子、清潔で、落ち着いた雰囲気。
特にホームや跨線橋の屋根の骨組みは、シンプルなトラス構造、特に鳩除けに取り付けられた櫛形の針はとても繊細で、あたかも装飾の様に見事。
駅舎内は、券売所、そして売店として入居しているセブンイレブンと、白い壁面と天井に囲まれ、駅舎の屋根、おそらくダイナミックな軸組構造は、残念なことに全く見えません。将来は見えるようにして欲しい・・・
ただ入口の引き戸は木造の引き戸となっており、次の人の為に、開け閉めをしてあげているシーンを何度となく見ました。車止めに塗られた淡い紫色と同じ色に塗られた引き戸、古き良きものに、人の心も優しくなるといった風情。
素晴らしい駅舎、いつまでも遺して欲しいものです。
この後、駅周辺を少し走りましたが、最初に目に入ってきたのが偕行社、そして自衛隊の施設内に煉瓦造りや、木造の古い建物、いっぱい興味深い建物がありましたが、今回は、時間の都合もあり、次回改めて訪問することに。
善通寺市美術館もあるし、なにより総本山善通寺もあり、近いうちにまた行きましょう。次は違うルートで行くという自転車ならではの楽しみもあります。

・善通寺駅/Wikipediaより抜粋
善通寺市の中心駅で、全特急列車が停車。1889年(明治22年)開業時からの木造駅舎に1922年(大正11年)の陸軍大演習の際に車寄せ部分などを増築。開業当初、屋根は切妻造だったが、1991年の改修で寄棟造に。日本最古の現役駅舎とされる武豊線亀崎駅の駅舎より古い可能性がある。明治22年3月30日と記された建物財産標が存在。国の登録有形文化財。 明治20年代の建物財産票を持つ現存する駅舎は、ごく少数。

・旧善通寺偕行社/善通寺市HPより抜粋
陸軍将校の親睦及び学術研究を目的とする団体「偕行社」が社交場として建設した歴史的にも貴重な施設。明治36年(1903)竣工、国の重要文化財にも指定された。



A/五社八幡神社 行程途中静寂に魅かれ参拝 紅梅咲き始め春の気配




B/善通寺駅 外観端整で美しく 構内やホームにも味わい深い光景が



駅舎内は残念ながら古い趣は無し 唯一入口扉は木製引き戸で趣あり




各ホーム屋根 木造骨組み白く塗装 味わい深く美しい 鳩除けの繊細美



跨線橋 鉄骨構造に板張り外壁 端整な美しさ ペンキ塗り重ねが趣き深い


C/旧善通寺偕行社 重要文化財の風格 今回は外観のみ 次回探訪予定


全走行距離66km 無理せずゆっくりポタリングといった感じで善通寺駅まで

2015/01/13 八栗寺/ジョージナカシマ記念館/サイクリング 
2014/12/29 ジョージナカシマ記念館/不発/サイクリング 
2014/12/11 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館/サイクリング 
2014/11/10 歯ART美術館/サイクリング 
2014/11/04 塩江美術館/サイクリング 

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
善通寺駅
Tazumichi様
おはよう御座います。

善通寺駅はとても日本最古だとは思えないほど綺麗ですね。
よほど手入れが行き届いているのでしょう。
そんなレトロな環境のなかにセブンーイレブンがあるのも面白い感じがします。

愛新覚羅
[2015/02/06 08:25] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます

とても綺麗に手入れされていました
唯一残念だったのが
屋外にあるトイレで、とても汚れていました

古い建物に
セブンイレブンのロゴがとても似合っていました(^_^)v
[2015/02/06 10:00] URL | Taz #- [ 編集 ]

早速行かれたんですね
Tazさんの行動力は いつも感動モノです
私も見習わないと(・∀・)

駅の中をマジマジと見たことはないんだけど
こんな風になってるんだ
鳩除けは素晴らしいですね
  ただ以前利用した時 普通にホームを歩いてました
  怖ろしい(TωT)

偕行社はおススメです
無料で見学できるのも嬉しいですよね
[2015/02/06 12:53] URL | 秘密のさいこちゃん #- [ 編集 ]

Re: 秘密のさいこさん
秘密のさいこさん こんにちは

そうでしたね、鳩がNGだったんですよね(>_<)
日本最古かも・・・と云われているにも拘らず
とにかくとても綺麗でした

紹介ありがとうございました、善通寺って味わい深くてイイ街ですね
偕行社をはじめ、次の善通寺探訪が、とても楽しみです。
[2015/02/06 17:17] URL | Taz #- [ 編集 ]

日本最古には見えないですね。
手入れの良さが伺えます。
[2015/02/07 07:14] URL | バードアイ #- [ 編集 ]

Re:バードアイさん
バードアイさん おはようございます
綺麗に使ってるなぁという印象でした
ずっと遺していきたい宝物ですね。

[2015/02/07 07:23] URL | Taz #- [ 編集 ]

京都にも1904(明治37)年に建設された木造駅舎(二条駅舎)がありましたが、1996(平成8)年に嵯峨野線が高架化されると駅舎の役目を終え、1997(平成9)年に梅小路蒸気機関車館に移築、復元。
梅小路蒸気機関車館のエントランス・資料展示館として使用されています。
次回こちらへ来られた時は、梅小路蒸気機関車館へもどうぞ(笑)
[2015/02/07 12:05] URL | yogorou #Jr4WCcEI [ 編集 ]

Re: yogorouさん
yogorouさん こんばんは

早速ネットで見ましたが、とても立派な駅舎
流石に京都ならではです
惜しむらくは、現役駅舎で遺して欲しかったですね

美山行きた~い(^_^)v
[2015/02/07 18:58] URL | Taz #- [ 編集 ]

善通寺は、通った学校があるため、馴染み深い町です。特に偕行社は、高校生の頃、よく見学に行きました。最近は、同窓会がありました。生憎、ワタシは、参加できませんでしたが、次回は、是非参加したいと思います。
[2015/02/09 17:07] URL | あきたさんち #- [ 編集 ]

Re: あきたさんちさん
あきたさんちさん こんばんは
善通寺の街並みをゆっくり見たことはありませんでしたが
古き良きものが遺ったとても素敵な街ですね

今度は、偕行社をはじめとしてじっくりと味わいたいと思います(^_^)v
[2015/02/09 17:28] URL | Taz #- [ 編集 ]

 讃岐鉄道は明治22年多度津を起点に琴平まで15.5km造られました、琴平まで参拝客を運ぶために多度津港の近くに造られました、ドイツ製の機関車を使用していました。

 大阪府の人と愛媛県讃岐國の人18人が発起人でした。

 多度津駅は多度津藩の陣屋跡に造られました、たいへんプラットホームの長い駅でした。
 
 多度津駅は西に線路が延長されるときに現在地に移設されました、多度津、善通寺間も線路も東から西に移設されて今のようになりました、琴平駅も古いですミニ展示場がありました、たいへん立派です。
[2015/02/10 13:09] URL | まーくん #- [ 編集 ]

Re: まーくんさん
まーくんさん こんにちは

お久しぶりです
コメントありがとうございます

流石、いつものように郷土の歴史に関して造詣深い
讃岐鉄道の始点・終点の駅は立派だったんでしょうね
今度、機会があれば是非両駅に行ってみたいです(^_^)v
[2015/02/10 13:41] URL | Taz #- [ 編集 ]

Uさんが訪ねて行かない前に少し整理をします、元の多度津駅は港のそばに南北の二階建ての建物でした。
 線路は東方向に伸びていました、多度津測候所の前を汽車が後ろ向きにつないで走っている有名な写真があります。
 
 今の多度津駅T2.12に新しく造ったもだと思います、移築は私の間違いのようです、なお外観を大改築しています。

 古い二階建ての多度津駅は藤原桃介が社長をしていた四国水力本社として移築して使用されたたと書いてあるのを見たことがありますが建物の形が違うようなので、これも間違いかなと思いました。

 多度津の町立資料館はお勧めです。

 琴平駅は大正11年に造られました。
[2015/02/11 12:15] URL | まーくん #- [ 編集 ]

Re: まーくんさん
まーくんさん こんにちは
いつも情報ありがとうございます
行く際に、参考にさせて頂いて両駅を探訪したいと思います
今後も、よろしくお願いします。
[2015/02/11 12:44] URL | Taz #- [ 編集 ]

再訂正  「水力発電の父」福沢桃介のことを藤原桃介と間違って書きました、藤原銀次郎と頭の中で混線しました。 
 多度津には北の方に火力発電所が長いことありました、汽車からよく見えました、子供のころ四水の火力発電所だと教えてもらいました、今も大きな掘割があると思います。
[2015/02/11 13:06] URL | まーくん #- [ 編集 ]

Re: まーくんさん
まーくんさん こんにちは

ご丁寧にありがとうございます

余談ですが、現役時代に
同姓同名の藤原銀次郎さんという方がいました。
[2015/02/11 14:12] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/654-00079aa0