なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



ジョージナカシマ記念館/牟礼町
George Nakashima memorial gallery/Mure
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
150112-01A.jpg
冬枯れの林の中 ジョージ ナカシマ記念館 木と語らうアーティストの世界 

昨年末に、訪問するも生憎、年末年始の休暇で入館が叶わなかったジョージ ナカシマ記念館、やっと鑑賞することができました。
1月10日午後1時過ぎ、来場者は2名ほど、入館料を支払うと、「ご説明しますので」ということで、豊田事務長さんが、丁寧に、興味深く説明をしてくれました。
展示作品、パネルを前に、そして展示された椅子に実際に座って、座り心地を体感したりと、木を愛し木と語らい、素晴らしい家具を生み出したジョージ ナカシマの説明を受け、その生涯、そして作品に感動。
中で、興味深かったのは、なぜ香川に?・・・建築遺産ともいえる県庁舎、イサムノグチ、流政之のアトリエがあり、ジョージナカシマ記念館がある。・・・その答えが、豊田事務長の説明を聞く中で、今回初めて判りました。香川県知事を務めた金子正則氏(1907~1996)が、核となって彼らアーティストの繋がりを生み、その礎を築き今日がある・・・初めて金子知事の先見性に気付かされました。
一階の喫茶で珈琲を味わいがら お孫さんが製作したというジョージナカシマのプロフィールビデオを鑑賞。気付くと、約2時間の滞在、あっという間に過ぎた2時間、とても興味深く、楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。

・ジョージ ナカシマ記念館/香川アートTravel-ガイドマップより抜粋
木と対話しながら家具づくりを行ったジョージ ナカシマ。彼の作品に囲まれていると、まるで森の中にいるような心地さえしてくる。その生き方や哲学を伝えたいと、1964年以来、世界で唯一ナカシマがその技術を認め、ともに家具製作をしてきた桜製作所が記念館を設立。ここには、建築家時代の仕事という貴重な初期の椅子をはじめ、ナカシマの仕事場で使われている机など約60点の作品がある。アメリカ、ニューホープの工房以外では、ジョージ ナカシマの作品を鑑賞できる世界で無二の場所。

・芸術と文化を活かした街づくり 瀬戸内・高松視察研修報告書 より抜粋
香川県には、猪熊弦一郎、丹下健三、イサム・ノグチ、流政之、ジョージ・ナカシマ等、数多くの芸術家、建築家、デザイナーが作品を残している。その背景には、香川県知事を6 期24 年(1950~1974)に亘り務めた金子正則知事の存在があった。地元出身の画家、猪熊弦一郎は、金子知事の中学時代の先輩で、県庁舎の建設にあたって、設計者の丹下健三を知事に紹介したのはこの猪熊であったという。彫刻家イサム・ノグチを知事に紹介したのも猪熊であり、やはり彫刻家の流政之は丹下が紹介したもの。さらには、流の勧めで米国の家具デザイナー、ジョージ・ナカシマが来日するなど、人と人との繋がりが香川に多くのアーティストを呼び込む契機となった。このように香川県には、金子知事の時代に培われた、アート・建築に係るDNAが存在したといえよう。

150112-02A.jpg
手に触れ、実際に座ったりすることもできる展示場 吹抜けロビー左右2室

150112-03A.jpg
ジョージーナカシマヒストリーのパネル展示を通しアート県香川のルーツ解明

150112-04A.jpg
一階の喫茶で珈琲を頂きながら ジョージナカシマのプロフィールビデオを鑑賞

150112-05A.jpg
アートともいえるジョージナカシマの家具/桜製作所のHPより画像借用 転載不可

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
Tazumichi様
おはよう御座います。

ジョージナカシマさんの家具は北欧調なのかなと思ったらもっとシンプルで
スカッとしたデザインなのですね。
アップルのスティーブ・ジョブズとも相通じる感じを受けました。

愛新覚羅
[2015/01/19 08:12] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます
ジョージナカシマさんは建築家で最終マサチューセッツ工化大学卒業の工学者
なので、彼のデザインには力学的に見極めたとても優れた構造にもなっており
それがシンプルな美しさを生み出しているのだと思います

そういう意味で先進的にITを追及した
スティーブジョブズ氏にも通じるものがあると思います。
[2015/01/19 08:29] URL | Taz #- [ 編集 ]

こんにちは!

ジョウジ・ナカシマ氏は知りませんでした。
プロフィールを拝見し、凄い方ですね~。

シンプルなデザインと色合いが、素敵です!!
家を建て直し、この家具に囲まれ
生活が出来たら最高でしょうね~!!(夢)

桜ショップでナカシマ氏調の、家具を求める事が
出来るのでしょうか?
[2015/01/19 10:34] URL | 弥生 #qauwC6GU [ 編集 ]

こんにちは☆
シンプルでありながら小さな遊び心が絶妙なバランスの
ジョージナカシマの椅子、昔から憧れです!
いつかは自分の物に・・・なんて贅沢はとても申せませんが
いつか腰かけてみたいと思っていたら、そうですか
香川に行けば座れるんですねww

イサムノグチ氏が香川県に所縁があるというのは
聞いたことがありましたがジョージナカシマ氏も!
金子元知事の、感性の豊かさと先見の確かさが
よく分かります。
こういう方が日本を引っ張る存在でいらしたら
この国ももっと心豊かになると思うんだけどなあ。。。
[2015/01/19 11:02] URL | あすも #- [ 編集 ]

Re: 弥生さん
弥生さん こんにちは
 
木を見極めて木を活かした椅子やテーブルは
使い込むほど風合いが深まり何代にもわたって使えそうです
銀座と高松の桜ショップ
そして、ジョージナカシマ記念館ショップで販売しているそうです

高価なものですが、使ってみたいですよねぇ。
[2015/01/19 12:36] URL | Taz #- [ 編集 ]

ジョージ ナカシマ氏は存じませんでした。
私も、こちらではバウハウスなど見学し、
家具に興味を持つようになりました。
椅子がどれも繊細な感じがします。
ドイツには無いスタイルですね。
[2015/01/19 12:55] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

Re: あすもさん
あすもさん こんにちは

讃岐探訪の際には是非リストアップしておいてください
記念館の近くに、イサムノグチ庭園美術館、そしてナガレスタジオがあります

当方の誕生の翌年から24年間に亘って香川県知事を務められましたが
当時は若気の至りで、体制を良しとせず
金子知事の行政には殆んど関心を持っていませんでしたが

「文化」を育むために明確なビジョンを持ち、先見性と実行力ある偉大な
政治家であったということに気付かされました。
[2015/01/19 13:13] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 太巻きおばばさん
太巻きおばばさん

ジョージナカシマ氏は建築家でもありMITも卒業し
バウハウスの目指した合理主義・機能主義に通じるものがあると思います

アメリカ生まれですが
日本のわびさびの味わいを反映した作品になっていると思います
とても高価なのでなかなか手が出ませんが欲しい逸品ですね。
[2015/01/19 13:26] URL | Taz #- [ 編集 ]

どんな部屋に置いてもしっくりくる椅子ですね
シンプルなのに当たり前じゃない感じが素敵(=^▽^=)
[2015/01/19 14:29] URL | 秘密のさいこちゃん #- [ 編集 ]

Re: 秘密のさいこさん
秘密のさいこさん こんにちは

構造的に理にかなった形をして
装飾を排し、普遍性があって美しく
どんな環境でもしっくりくると思いますね。

[2015/01/19 17:55] URL | Taz #- [ 編集 ]

こんばんは~詳しいレポ参考になりました♪

家具、直にさわれるのがいいですね。
先日姉に、ジョージナカシマ記念館にいこうと話しましたら、
なんど説明しても「イサムノグチ」というので閉口しました(笑)

丹下さん設計の県庁、そこで仕事する人には使いにくいのですよ。
娘の勤める社宅は安藤忠雄の設計ですが、そこも冬さむくて、みんな嫌と(@_@)
アートと快適な住居空間とのバランスは難しいようです。
[2015/01/19 20:39] URL | UP #yftrNhoQ [ 編集 ]

ジョージナカシマの家具
ジョージナカシマさんの家具(イス)は、本当にアートですね。
小生が作ると、どちらかと言うと「ゴツイ」物になって仕舞うので、あこがれますね。

DEN
[2015/01/19 21:18] URL | DENでん #- [ 編集 ]

Re: UPさん
UPさん こんばんは

たがわさん所の、テーブルや椅子もとても素敵ですが
お近くなので散歩がてらに立ち寄れそうですね

県庁舎はなんといっても1958年竣工(当方小学3年生)ですから
冷暖房等への配慮はまだまだの時代ですね
当時の小学校は木造で冷暖房は全くありませんでした

安藤さんの設計は、ややもすると快適性や安全性を犠牲にして
デザイン性、前衛性を優先している感が否めないところがありますね
梅田丸ビル緑化などは、大半がプラスチックの蔦を使用したフェイクだったりします
前衛と言われるほど、いろいろ無理をするんでしょうか・・・

[2015/01/19 22:40] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: DENさん
DENさん こんばんは

ジョージナカシマの家具は高度な加工技術前提の作品ですね
いかにDENさんの技術が優れていても
加工機械設備や吟味された良い材料でないと
悔しいですがあのデザインは、なかなか難しいですよね

DENさんのデザインも当方のデザインも各々個性ですから
一緒に胸を張りましょう\(^o^)/
[2015/01/19 22:48] URL | Taz #- [ 編集 ]

こんばんはです♪

ついにジョージナカシマ記念館へですね!
その昔、大阪高島屋の展覧会で椅子に座ったり、
テーブルに触ったりとしたあの思い出がよみがえります!
そう、6枚つづりの左上の椅子です!!
お尻の割れ目にぴったりでした(笑)

家具の展覧会も初めてだったので、とっても印象に残ってます。
[2015/01/20 02:30] URL | 菅原しずか #JalddpaA [ 編集 ]

Re: 菅原しずかさん
菅原しずかさん おはようございます

座られたのは、ジョジナカシマの象徴ともいえる
コノイドチェアですね
また、お尻感覚を蘇させる旅に
記念館、そして高原水車へ
是非、お出かけください(^_^)v

[2015/01/20 09:11] URL | Taz #- [ 編集 ]

オシャレなイスですね。
札幌には、イサムノグチ設計のモエレ沼公園というのがあります。
ちょっと不思議な場所ですよ。
[2015/01/20 19:54] URL | さやすけ☆ #- [ 編集 ]

Re: さやすけ☆さん
さやすけ☆さん こんばんは

イサムノグチ設計のモエレ沼公園は知っていますよ
ゴミ処理場の跡地を公園化して、自然環境保全のなどが
印象に残っています
機会があれば一度行ってみたいです(^_^)v
[2015/01/20 22:12] URL | Taz #- [ 編集 ]

Tazumichi さま

こんばんは。
ジョージ・ナカシマという人を初めて知りました。
木のぬくもりが心地よく引き出された洗練されたシンプルさ、
とでも表現すればいいのでしょうか?
たまらなく愛着を感じます。
香川というところにそんなにも多くの芸術家が紐付いているとは、全く驚きでした。イサムノグチは大好きな芸術家です。

そういえば、村上春樹氏の「辺境・近境」というエッセーの中で、香川のある地主の方がとても熱心に、芸術家を受け入れていたというようなことを読んだ覚えがあります。ただ、その方は種田山頭火だけは認めなかったのだとか。

芸術家を紐づけるDNAが香川にはあるのかも・・・

讃岐うどんブレイクのずっと以前に、瀬戸大橋を渡る途中のPA でおばちゃんが普通に作ってくれたうどんのファンになって以来、讃岐うどんちょ〜大好きmarutaです。いつの日かうどんと芸術とを堪能しに、香川へ行きたいです。
あ、ごろぉさんのスケッチも見られるのですよね。

香川って、実はアートのPOWER SPOTだったりして・・・
[2015/01/20 22:44] URL | maruta #sf10P6Ng [ 編集 ]

Re: marutaさん
marutaさん こんばんは

コメントありがとうございます

流政之、イサムノグチの彫刻が街の至る所にあり
旧県庁舎のロビーには猪熊弦一郎の巨大な壁画が
直島には草間彌のオブジェを初めとしてさまざまの作品が
そして、3年毎に、瀬戸内国際芸術祭が開かれます

日本で一番小さな香川県ですが、アートの熱気は結構なものです

是非、美味しいうどんと素敵なアートを堪能する旅にお出かけ下さい(^_^)v

ジョージナカシマ記念館のすぐ近くがごろぉさんの絵が見れる茶坊たがわさん
そして同じ地域に、ナガレスタジオやイサムノグチ庭園美術館などがありますよ。
[2015/01/20 23:39] URL | Taz #- [ 編集 ]

椅子 2

コノイドチェア
やっぱりこの椅子は「真横」が一番ゾクッとします

一見座るだけのようで、仕事をしたり、遊んだり、
寛いだり、眠ったり、食事をしたり、語らい合ったり
時間を潰したりと色んな事を叶えてくれる
アームチェア、デッキチェア、ロッキングチェア
シェードロング、スツール、座椅子、カウチ、ベンチ
沢山のカテゴライズが行われ
コルビジェ、ローエ、イームズ、マッキントッシュ、剣持
名だたる建築家やデザイナーが挑み
ミニマムコンストラクション志向からオモシロチェアまで
様々な姿で魅せてくれます

因みに中学坊主は柳さんのバタフライにシビレました
今は仕事場のヤコブセンのアントで昼飯です
是非 爺っつぁんも一脚 挑戦してみてください
やっぱり椅子はいーっすね〜
諄い? ^^;
[2015/01/21 23:04] URL | 悟空 #- [ 編集 ]

Re: 悟空さん
悟空さん こんばんは

先ず、椅子だけに、諄くても椅子よってか?(笑)

40年前にお気に入りで買ったのがニーチェア、長年使ってましたね

人生の中で椅子に座ってる時間ってとても長い・・奥深いアイテムですね
機能とアートが融合して逸品が生れるとイ~スね。
[2015/01/21 23:34] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/646-fbb0152f