なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



塩竃神社例大祭/宇多津秋祭り
Shiogama Shrine Festival/Utazu Autumn Festival
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
141028-01A.jpg
宇多津秋まつり 塩竃神社例大祭 各地域からの勇壮な太鼓台が迫力満点

半年ほど前に現役時代の同僚と呑んだ時に、「宇多津の太鼓台祭りを一度見に来ないか」との誘いがあったので、10月25日に自転車で行ってきました。高曇りで時々陽が射す感じでサイクリングには絶好の日和、約25km、1時間10分位で宇多津に到着。
事前に連絡せずに来たので、携帯電話をかけるも出ず(後で聞くと耳に無線機を装着し携帯はマナーモードで深いポケットに入れていたので気付かなかったとのこと)。途中、街の人に神社の場所を教えてもらい、近づくにつれ、通りに屋台が並び、だんだん人が増え、神社の境内に着くころには多くの人々で賑わっていました。
再度、同僚に電話するもやはり出ず、地区の太鼓台の総代をやっているとのことだったので神社の社務所の前で、祭りの役員と思しき方に「K.Kさんってご存知ありませんか?」と聞くと、なんと偶然にも同僚の親類の方!
連絡がつき、やっと会えるも、宇多津太鼓台保存会会長ということで、太鼓台の進行監督を行なっており、太鼓台はお神酒の入った荒れた運行をするものもあり、事故の無いようにと、真剣な面持ちで指揮をしていました。
宇多津まつりは、3日間に亘って行われますが、4時間程の滞在で、ほんの一部しか見ていませんが、幼い頃の祭りの雰囲気というか、暮らしの中で、祭りに情熱を傾け、爆発させる、全身で楽しむ人々の様子がとても印象的でした。
広域行政で合併ありきの中で、丸亀にも坂出にも組することなく、宇多津町としてのアイデンティティを守ってきた故でしょうか、地域共同体がしっかり引き継がれ、14機の太鼓台が今なお現役で参加していました。伝統ってホントにイイもんですね。

141028-15A.jpg
2014年宇多津秋まつり 10月24日(金)~26日(日)/宇多津町HPより抜粋

141028-02A.jpg
小高い丘の上に 宇夫階神社と塩竃神社が並ぶ 街全体で楽しむ祭り

141028-03A.jpg
141028-04A.jpg
塩竃神社 塩田で栄えた宇多津らしい神社 華美ではないが質実な風情

141028-05A.jpg
伝統が引き継がれ 住民の主体の祭り 会長を務める同僚の後姿に風格

141028-06A.jpg
141028-07A.jpg
141028-08A.jpg
141028-09A.jpg
宮入 粋な半被を纏った老若男女に担がれた太鼓台が次々と境内に練り込む

141028-10A.jpg
141028-11A.jpg
141028-12A.jpg
お下がり 幼い頃は地元の小さな氏神さまでも こんな風情があったなぁ・・・懐

141028-13A.jpg
141028-14A.jpg
聖通寺神事場迄お下がり 神輿の後に14機の太鼓台 同僚の太鼓台は2番目


太鼓台を 落して差し上げての掛け声 「よのなかみごとにせ~」と示す心意気

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
勇壮です
Tazumichi様
おはよう御座います。

動画までサービスしてくださったのですね。
とても勇壮です。時々ドスンと落とすようなことを
するようですが上に人が乗っていたら危険ですね。
昔の同僚の方にはやはり事前に連絡しておいた方が
よかったでしょうね。なんで事前に連絡くれなかった
のだと言われませんでしたか。

愛新覚羅
[2014/10/29 08:35] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re:愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます

中で太鼓を叩いてる人は落下のショックで結構大変でしょうね

プチサプライズで敢えて連絡せずに行きましたが
訊いた人が偶然にも親戚の方だったのが
私にとっては、ビッグサプライズでした(^_^)v

[2014/10/29 09:58] URL | Taz #- [ 編集 ]

祭といえば太鼓がなくちゃあ・・

なぜ、マツリにはタイコを望むのかなあ?

昔から言うだろ・・・

????

マ~ツリ好きと言えばタイコ~望




(ー_ー)!!
[2014/10/29 17:58] URL | PPKKS #su7LfdQk [ 編集 ]

Re: PPKKSさん
PPKKSさん こんばんは

洒落でタイコーしようと思っても
PPKKSさんには叶いません
挑戦をして後悔しても
あとのマツリです(>_<)
[2014/10/30 00:54] URL | Taz #- [ 編集 ]

勇壮!
中々勇壮な祭ですね。
撮影も大変だったでしょう。

小生が幼い頃、部落の祭でミコシが出ましたが、当時の事、担ぎ手は酒を食らって、みこしも掘りに落ちたり大暴れでした。

DEN
[2014/10/30 19:47] URL | DENでん #- [ 編集 ]

Re: DENさん
DENさん こんばんは
警察からかなりの数の警官が動員されて監視をしていました
勢いが余っての、危険行為が結構あるらしく目を光らせていました
この日も、一番先頭の太鼓台が、かなり暴走気味で荒れていました
血の気の多い人は、小競り合いをして、一発触発の雰囲気
どちらにしても安全第一ですね。
[2014/10/31 01:08] URL | Taz #- [ 編集 ]

祭祀
今年は何故か例年よりも数多く
至る所で山車行列や乞食獅子の舞を見ました
祭りの場には今も昔も子どもの輪が似合いますね

この後姿
空からでも一目で分かりますねえ
このタフさは、ちょいワルさんに負けず劣らず
やはり一角の化け物!「輝き」が違いますね ( ̄▽ ̄)
この間、多度津でお会いしました
[2014/11/01 22:17] URL | 悟空 #- [ 編集 ]

Re: 悟空さん
悟空さん こんばんは

結構荒くれ太鼓台があって、これを取り仕切るのは大変です
流石KKさん、滲み出る風格が周囲の秩序を保たせていましたね

伝統文化はイイですねぇ
いつまでも遺していきたいですね。
[2014/11/01 22:34] URL | Taz #- [ 編集 ]

屋島にも、大宮八幡宮の太鼓台祭りがあって、よく家族で行ったものです。まさに、オトコの祭り‼︎と言う感じですよね。ワタシなんかは、真近で見て怖いなぁと思ったこともありましたが、娘は、ワタシも太鼓台に乗りたい〜‼︎なんて言い出すことがあり、その頃から男の子っぽかったですから、今の職業を選ぶのも納得です(´・_・`)ただ、太鼓台を組み立てたり、解体するのは、ワタシも見るのが好きでした。ワタシの実家の地域も小さいながら太鼓台がありましたので、祖父母とお手伝いに行っていました。座布団に施された見事な刺繍や、提灯の手入れは、手間暇かかりますが、たった数日しかお目見えしない太鼓台を守ることが、伝統を守るということだと祖父母も言っていました。
[2014/11/03 16:58] URL | あきたさんち #- [ 編集 ]

Re: あきたさんちさん
あきたさんちさん こんばんは
あきたさんちさんのところのように、家族で楽しんでいるって感じでしたね
地域挙げて、皆で盛り上げ楽しんでいるという感じで
昔の、古き良き時代を思い出しました
太鼓台を維持メンテナンスをしたり、多くの担ぎ手を各々の地域で確保する・・・
伝統を守っていくということは、街が生きていてこそ初めて可能なんですね
伝統を守るということは、街を守ることでもあるんですね。

[2014/11/03 19:06] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/610-d14aa6c5