なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



石の里アーティストたち/高松市石の民俗資料館
Artists of Stone village /Stone Culture Museum
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
141017-01A
高松市石の民俗資料館 芝生広場 石の里のアーティストたち/庵治石 Part13 

ニュースで石彫の作品展示があるのを知り、観てきました。会場は高松市石の民俗資料館、場所は八栗ケーブルの登山口駅の少し南。自宅から約13km。
石の民俗資料館は、今回初めての訪問。先日購入したばかりの自転車の調子も確認したくて、自転車で行くことにしました。天気もまずまず、自転車も快調、気持ち良く、五剣山の麓まで到着しました。
ここから約1kmの坂道、最後の方はかなりきつい勾配、ゼーゼーハーハー息も絶え絶えでしたが、何とか無着地で上り切りました。さすが16段変速です。(自転車についてはまた別の機会に紹介させてもらいます)
石の民俗資料館は、とても立派なものでした。眼下に街並みがそして西側に屋島が望め、広々として緑に包まれた気持ち良い空間です。芝生広場では、何組かの家族連れが作品を観たり、設置された遊具で遊んだりして、長閑な雰囲気でした。
作品は、芝生広場に溶け込むような感じで、展示と言うより設置されおり、各々個性的で楽しく観させて頂きました。
高松市内、そして香川県内には多くのパブリックアートとしての石彫があります。庵治石の産地として育まれてきた石彫技術、そこから生み出される作品の数々。今後も、この地の文化として育んでいって欲しいと思います。

帰りは少し遠回りして、茶坊たがわさんで美味しいランチを頂いて、古巣や、高原水車、蓮池などに立ち寄り存分にサイクリングを楽しみました。
その夜は、爆睡。翌日は筋肉痛。暫く自転車に夢中になりそうです。

・石の里のアーティストたち/石の民俗資料館HPより抜粋
牟礼町と庵治町の境付近の山は、日本における代表的な花崗岩の石材産地として古くから有名であり、採出される良質の岩石は「庵治石」の名で広く知られる。この郷土の宝である庵治石の素材の良さを生かし、庵治・ 牟礼在住の石匠の里のアーティストたちが制作した創造性豊かな石彫作品を石匠の里公園・芝生広場に展示。
期間:10月4日(土)~11月3日(月・祝)  時間:9時~17時  場所:芝生広場  
アキホ・タタ/安部 重竹/岩田 一輝/上村 隆之/岡田 昌臣/木村 英司
神野 淳平 /髙石 覚 /藤野 充茂/森岡 量基/山田 浩之/館職員

141017-02A
入口 春のポパイ/下次 正一 が迎えてくれる 少し秋めいて色付いた木々

141017-03A
141017-05A
141017-04A
141017-06A
141017-07A
141017-08A
石匠の里公園・芝生広場に展示された作品 さまざまな表情を見せる

141017-09A
芝生広場常設の Cross・Cross/'00 この他にも多数の常設作品が

141017-10A
141017-11A
141017-12A
「石の里のアーティストたち」の12作品とパンフレット 是非お出掛けを
  
☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
石の彫刻
Tazumichi様
おはよう御座います。

いつも素敵な作品を紹介して下さりありがとう御座います。
つやつやの石にカラーを施すのは難しいのでしょうね。
その部分だけ荒くしているのでしょうか。
よくよく考えたら墓石屋にも観音像とかがありますが
石屋さんも彫刻家なのかも知れません。趣が違いますが。
16段変速の自転車ですか。見てみたいです。
ブログ掲載を楽しみにしています。

愛新覚羅
[2014/10/17 08:35] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

おはようございます♪

今日は「石の里のアーティストたち」つながりでしたね!

作品ひとつひとつ、丁寧なご紹介に感激♪

お店にもお立ち寄りいただき、ありがとうございました。
[2014/10/17 09:02] URL | 茶坊たがわ(UP) #yftrNhoQ [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます
そうです、石屋さんは彫刻家です
ここ庵治・牟礼町地区は地場産業として石材加工が盛んで
様々の彫刻が街の至る所にあります
イサムノグチ、流政之と言った著名な作家もこの地に工房を構えています

自転車、いまハマッテいます
散歩からこちら自転車に移行して
ダイエットといった感じです
愛車、後日紹介させて頂きます。
[2014/10/17 11:11] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 茶坊たがわさん
茶坊たがわさん おはようございます

偶然に同じ日のUPになりましたね
当方の機械的なレポートに比べ
たがわさんのは、深み、ハートが感じられますね
精進せねば(>_<)

初茶坊たがわさんでしたが、生憎お目にかかれず残念でした
また伺いますので宜しくです。
[2014/10/17 11:18] URL | Taz #- [ 編集 ]

庵治に行けばいろいろな石の作品が見られますね。
しかし、民俗資料館の近くは通っても、一度も行っていないなぁ。
アキホ・タタさんの色を付けた3本線、別の作品をどっかで見たような気がします。
一度行ってみようかな。

庵治石といえば、墓石屋さんでの桁違いの値段には驚きでした。
その様な石があちこちに・・・。贅沢です。
[2014/10/17 12:54] URL | yogorou #Jr4WCcEI [ 編集 ]

Re: yogorouさん
yogorouさん こんにちは

イイところですよ
芝生広場には、子供用の遊具も設置されているので
お弁当を持って、お孫さんとピクニックがてら行くのもいいかもしれませんね

本物の庵治石はもうあまりとれないのでとても高価なんでしょうね
父は庵治石の売り物にならない形状のものをもらってきて
お墓にし、石碑のようなお墓になりました。
[2014/10/17 13:26] URL | Taz #- [ 編集 ]

さっそく、先ほど孫を連れて行ってきました😁
[2014/10/18 11:33] URL | yogorou #Jr4WCcEI [ 編集 ]

Re: yogorouさん
yogorouさん こんにちは
さすがに素早い!!
今日は天気も良くて最高だったでしょう
常日頃の行いの良い証ですね(^_^)v
[2014/10/18 13:58] URL | Taz #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/10/18 15:27] | # [ 編集 ]

Re: カギコメさん
カギコメさん こんにちは
こちらこそありがとうございました
とても楽しい時間を過ごせました。

[2014/10/18 17:05] URL | Taz #- [ 編集 ]

山から山
花果山の石猿は
五行山を抜け出し
チビ猿を連れ立って
五剣山の麓、石匠の里に舞い降り
芝生の上でよく昼寝をしたものでした

しかし、16段変速とはいえ
峰山の反対側から其処まで自転車で
しかもあの登りを・・・・
ようやりまんなあ、オラ無理。

PS. 丹下さんの方舟、ピンチですねえ


[2014/10/18 23:38] URL | 悟空 #- [ 編集 ]

Re: 悟空さん
悟空さん こんばんは

今回初めて行ったんですがとてもいいところですね
家族連れには最高の環境ですね

最近自転車にはまってます
安い自転車ですが、とにかく良く走ります
先日も、裏山を春日側から無着地で上りきりました(^_^)v

津波に備えてあの方舟は遺しとかないかんです
一度壊したら二度と復元はできなくなってしまいます。




[2014/10/19 00:00] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/606-1e1a531c