なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



キャノピー立上/パラグライダー/ツリーデッキ
Canopy start-up/Paraglider/Tree deck
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
141008-01A.jpg
いろんなことが繰り広げられるツリーデッキからの光景 今回は パラグライダー

懲りずにまたまたツリーデッキからの光景です。ぼんやりと外を見ていると、河川敷には、多くの人々が訪れ、様々なことを、広~い空間で繰り広げます。
この日は、最初、河川敷の中に、移動しているカラフルなもっこりしたものが、目に入りました。遠目には、何か良く判らず、乗用タイプの芝刈り機がグランドの芝を刈っているのかと思いましたが、動きが左右にヒョコヒョコと揺れ芝刈り機にしては動きが変だったので、例によってカメラの望遠で覗いて確認。
それはパラグライダーを丸めて背負って歩いている人でした。パラグライダーの翼の部分は、キャノピーと呼ばれるのですが、このキャノピーを開く練習を広い河川敷を利用して行っていたのでした。
風上に向かってキャノピーを地面に広げ、ラインを持ちグッと引き揚げキャノピーを頭上に持ってくる。この状態で斜面から飛び立つことができます。
平地で、このキャノピーを開く練習を行い、これを習得して初めて、実際に飛ぶことができるようになります。
かなり以前ですが、パラグライダーは、一日体験コースで飛んだことがあります。
午前中は、平地でこのキャノピーを開く練習。お弁当を食べ午後になると、丘の上に上がり、下からの講師のハンドマイクの指示に従い実際に飛行。
思っていたよりずっと簡単に飛ぶことができました。気持ち良くて、講師の指示を無視して飛行し、降りてから大目玉を食らいました。
当時、既にラジコングライダーを飛ばしており、飛行原理等、知識はそれなりにあり、簡単に感じたんだと思います。
ラジコンでは、技術、天候、メカなどの原因で、幾度となく墜落の経験があり、自ら飛ぶことを趣味とするには至りませんでした。
今でも、飛べると気持ちがイイだろうなぁ、と思うのですが・・・

・パラグライダー/Wikipediaより抜粋
原型はNASAが開発した宇宙船回収用のパラフォイル(柔軟翼)。スポーツとしてのパラグライダーは、1978年頃、フランスのスカイダイバーが山の斜面からスクエアーパラシュート(四角いパラシュート)で降りたのが始まりとされる。日本で普及し始めたのは1986年から。当初は滑空性能が低くスキー場のゲレンデを斜面と並行に滑空を楽しむ程度のもので飛行時間にして約3〜5分程度であった。日本のファルフォーク社が楕円翼を採用して飛躍的に性能向上を計ることに成功してハンググライダーのようなソアリング(上昇気流による長時間フライト)が可能になった。その後、各社とも研究が進み性能の向上は続き、現在では一般のフライヤーでも2〜3時間の滞空や地上2000m程度までの上昇ができる。

141008-02A.jpg
141008-03Am.jpg
拡げ-引き揚げ-風上へ移動-降ろし-たたみ-背負って戻り 何度も練習々

141008-04Am.jpg
141008-05Am.jpg
141008-06A.jpg
数日後 再び練習に訪れる 今度は橋の上からじっくり撮影 もくもくと練習

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
パラグライダーのコーチする場所ある?
そこの原っパグライダーヽ(^。^)ノ
低地でコーチ・・なんちゃて!(^^)!
そのコーチは警視庁少年課だな
ヒコーを指導ってかい(>_<)
[2014/10/08 03:47] URL | PPKKS #su7LfdQk [ 編集 ]

パラグライダー
Tazumichi様
おはよう御座います。

実際に見たことは何度もありますが自分でやるには
度胸がありません。テレビなんかでコメントを聞くと
相当気持ちがいいらしいのですが、やはり恐怖心
のほうが強いです。バンジージャンプしかりです。

愛新覚羅
[2014/10/08 08:41] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: PPKKSさん
PPKKSさん こんにちは
空を飛ぶので、チョットしたミスが死に繋がる恐れがあり
訓練は手を抜けません
このグライダーでイイなんてことは絶対にありません(>_<)
[2014/10/08 12:54] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん こんにちは

気持ち良さがホント、半端なくて
怖さは全く感じませんでした

ただ継続して、飛ぶとなると
いつかポカミスが出そうな気がして、思い留まりました。
[2014/10/08 12:58] URL | Taz #- [ 編集 ]

パラグライダーの練習とか車を磨く夫婦とか、様々な人々の日常が垣間見えるって、なんだかとってものどかで幸せな気分になります。ツリーデッキ、素敵な空間です。
モノを大切に長く使うって美徳なのに、年式の古い車に乗っていると、むしろ税金が高くつくので買い替えざるをえないと聞きます。残念なことです。車を丁寧に磨く夫婦の姿はとても微笑ましいなと思いました。
[2014/10/10 18:37] URL | クマの杯 #- [ 編集 ]

Re: クマの杯さん
クマの杯さん こんばんは

実に様々の人の姿を見ることができるんですね
橋の下、グラウンド、広々として、自由に過ごせますから・・・

少々、覗き的な側面もあるので少し遠慮気味なんですが
ついつい目が行ってしまいます

車磨きは、日が落ちる直前まで、二人で黙々とやっていました
同じ感性でないと、あれほど黙々と二人で一緒の作業はできないと思います
至福の時間を二人で過ごせたんだと思います

物を大切に愛おしく使うってとても素敵なことです。
[2014/10/10 20:58] URL | Taz #- [ 編集 ]

パラグライダー!
マレーシア赴任中、同じく赴任していた日本人に、モーターパラグライダーをやっている人が居て、海外に来てまで?と思っていたら、彼は更に海外遠征して、インドネシアやタイ、台湾にも行ったかな。
「もし事故ッタらどうするんだー!」と、社長にお叱りを受けてましたよ。

DEN
[2014/10/10 21:38] URL | DENでん #- [ 編集 ]

Re: DENさん
DENさん こんばんは

一度はまったら、やめられなくなるでしょうね
モーターパラグライダーは、とにかく簡単に、空を飛べるので
ただ簡単故に、油断はら事故と言う怖さがありますね

ポカミスの多い当方は怖くて趣味にはできませんでした。

[2014/10/10 22:18] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/603-b4bcfbaf