なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



女木島/瀬戸内生活工芸祭2014
Megijima/Life industrial arts festival 2014 in Seto
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140926-01Am.jpg
2012年から2年ぶり 瀬戸内生活工芸祭 前回は行かなかった女木島へ

一昨年に開催された瀬戸内生活工芸祭2012。この時は、女木島会場には行かず仕舞いでしたので、今回は、「是非行こう」ということで、9月17日に行ってきました。
毎日の生活の中で、用に供する「有用」な「工芸品」を作っている作家が、時には、「無用」だけれども心を開放し気持ちを楽しませる作品を・・・そんな作品を展示。女木島はとても「アート」な空間となっていました。
高松港からフェリーめおんに乗船し僅か15分で女木島に到着。この日は、暑くもなくとても心地良い天気もでしたが、女木島は、喧噪の気配もなく、潮騒が、そして心地良い浜風が、高松とは別次元、全くの別世界でした。
こういうロケーションで作品に触れることができる贅沢を存分に味わってきました。
イヤァ~ホント癒されました。

「瀬戸内生活工芸祭2014」 女木島会場
・日時 :9月13日(土)→23日(祝) 11:00→16:00
・会場 :女木島 
・入場料:800円(期間中フリーパス、ただし9/20.21は入場制限有り) 
・女木島作家プログラム、島の家の6つのギャラリー
 恩塚正二/岩谷雪子/ナカオタカシ/熊谷幸治/吉田次朗/三谷龍二

2012/11/30  行ってきました/瀬戸内生活工芸祭2012

140926-02A.jpg
140926-03A.jpg
140926-04A.jpg
140926-05A.jpg
140926-06A.jpg
6人の作家 様々の作品を そこはアートアイランド 暫し別世界に漂う

140926-08A.jpg
140926-07A.jpg
140926-09A.jpg
FRPで造られた大中小のハウス アイポイントで多様な空間が見える 

140926-10A.jpg
対岸の高松も近い 高松港からフェリーめおんでわずか15分 別世界 

<<<おまけ>>>
昨年の瀬戸内国際芸術祭の時の作品「女根」も今回の瀬戸内生活工芸祭の会場の近くだったので見てきました。
・女根(めこん)/ベネッセアートサイトより抜粋
休校中の女木小学校中庭で展開する大竹伸朗の作品。中庭には、敷地に対し明らかに不釣り合いな大きさのブイと、女木島に自生していたヤシの木が直立。その周囲には複雑に屈曲した木の根や熱帯植物が溢れ、大竹が女木島の印象として感じとった植物の生命力と、それを象徴する“根”を主軸に、空間全体が作品となっている。作品名である女根(めこん)には、女木島の“女”と、「生命力」の象徴としての“根っこ”、そして本作品が女木島の人々の憩いの場として島に“根付いていくこと”への願いが込められている。

140926-11A.jpg
140926-13A.jpg
140926-12A.jpg
140926-14A.jpg

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
瀬戸内アート
Tazumichi様
おはよう御座います。

Tazumichi様から今までも瀬戸内のアートを沢山みせて戴いております。
そのため私の頭の中には瀬戸内=芸術という式がなりたっています。
本当は漁業や農業もあり日常生活もあるのですよね。(笑)

愛新覚羅
[2014/09/26 08:35] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

女木島は45年前に行った。
鬼ヶ島ということで、宝物が隠してあったと言われる洞窟に入った記憶がある。
桃太郎さんが全部持って行ったという事で何も無かったですが。
今や芸術の宝物があちこちに点々と。
ハウスの窓から見える瀬戸内の自然の景色。
1日中のんびり眺めていたい衝動にかられます。
[2014/09/26 09:32] URL | yogorou #Jr4WCcEI [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます
もちろん漁業や農業もあるのですが、高齢化で細々営んでいるといったところです
瀬戸芸の「女根」にしても、休校となった校舎を利用してのもので
ある意味、人口減少、高齢化の象徴でもあります
こんな中、地域の活性化も目的の一つとしてこのような活動が行われています
継続させていくには、観客としてでも参加し、盛り上げていきたいと思っています。
[2014/09/26 10:41] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: yogorouさん
yogorouさん おはようございます
イイとこですねぇ、高松港からわずか15分で全くの別世界があります
芸術で活性化を図るのは大いに結構なことでこれからも益々盛んになって欲しいです

ところで活性化の案として、グライダーサイトなどを山の斜面に作れば楽しんですけどね・・・

PS)今回も別件所要でレガッタに参加できません(>_<)
  復帰は絶対にしますので、お見捨て無きようお願い致しますm(__)m
[2014/09/26 10:49] URL | Taz #- [ 編集 ]

こんにちは♪
最近とくに瀬戸内界隈のアートが熱いですね!
生活工芸作家さんの手による芸術作品、とても
興味があります(*^^*)
開放的なお座敷に延々と展開する焼き物が素敵♡
[2014/09/26 14:44] URL | あすも #- [ 編集 ]

Re: あすもさん
あすもさん こんにちは
豊かな自然の中で、自由な表現を楽しめるのは
とても恵まれていると思います
一過性に終るのでなく
永く引き継いで、文化に育っていってくれるといいのですが・・・
[2014/09/26 16:14] URL | Taz #- [ 編集 ]

面白そうですね。是非一度訪れてみたいものです。他の島でもありましたよね。
[2014/09/28 11:17] URL | TORU #- [ 編集 ]

Re: TORUさん
TORUさん こんばんは
瀬戸内国際芸術祭は、3年毎に開かれています
多くの島々でいろいろな作品を楽しむことができます
今度2016年に開かれます
その際は是非おいでください。
[2014/09/28 19:11] URL | Taz #- [ 編集 ]

娘が幼い頃の夏休みの恒例行事が女木島へ海水浴に出掛ける事でした。今は、瀬戸内の島々は、海水浴よりアートを目当てに訪れる人々も増えたようですね。美しい島々とアートやそこに根付く文化など様々な交流によって過疎化が抑止され、少しでも活性化されたらいいですねp(^_^)q
[2014/09/29 18:38] URL | あきたさんち #- [ 編集 ]

Re: あきたさんちさん
あきたさんちさん こんばんは
海水浴もイイですね
幼い頃に、海水浴で行ったことがあります
当時は、その良さがわかりませんでしたが
今行くとその素晴らしさに感動します
いつまでも大切にしたいと思ってしまうほど
昔ながらの雰囲気が残っています
帰国したらまたご家族で行ってください。
[2014/09/29 23:58] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/600-c3ae0372