なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



通天閣/新世界/再訪
Tsutenkaku /Sinsekai/Revisit
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140914-01A.jpg
通天閣らしさ 新世界らしさを 改めて確認したくて 2週間後にまたまた来阪

先月の25日、日本橋へミニカーを求めて出かけた際に、久々にじっくりと通天閣を眺め、新世界の大阪らしさを改めて認識。帰宅後ネットでチェックすると、通天閣がリニューアルされていたり、新世界のまだ見てないところがあったりと、もう一度行ってみたい・・・ということで、9月10日に再び行ってきました。
通天閣は、以前に昇った時とは、大幅に変わっていました。内装も一新、昭和レトロとでもいうか、懐かしい雰囲気の空間に変貌。またビリケンさんも三代目に変わり、ピカピカで何か初々しくて、ご利益は如何に?といった感じもありましたが、これも時の流れの一コマと言ったところでしょうか。
意外だったのは、中に入ってエレベーターに乗るのに長蛇の列で、暫く待たないと上に上がれないという盛況ぶりでした。また、年齢層も若い人が多く最近の人気スポットになっているというのを実感しました。
通天閣から南の新世界の街並みは、とてもデコラティブな、そしてコテコテの大阪の街並みといった感じで、いつまでも残って欲しい景観です。平日にも拘らず、ここも多くの人々で賑わっていました。
街並みは、多くの人が訪れたくなる魅力ある街でなければ、廃れてしまいます。今後も、ホンマモンの浪速の街として残っていって欲しいと思います。

・ビリケン/ビリケンさんの歴史より抜粋
誕生は1908年。作者は米国の女性芸術家、フローレンス・プリッツ、当時の大統領のウィリアム・ハワード・タフトのウィリアムの愛称ビリーに、小さいを表す接尾語kenを加えたのが名前の由来とされる。しかし、異論も多数。当時の認識では、足を突き出す座り方はアフリカ人、顔立ちは東洋人がモデルで、足の裏をかいて笑えば願いがかなう福の神とされた。日本への輸入は1909年から翌年にかけて。家内和合、商売繁盛の神として日本中の花街を中心に流行したという。
初代ビリケンさんが大阪に登場したのは1912年。新世界に通天閣とともに開業した遊園地ルナパークにあったホワイトタワー内に設けられたビリケン堂で展示されていたという。
1979年に二代目ビリケンさんが登場。通天閣の展望台に鎮座し、御利益があるとして足の裏をなでる人が後を絶たず足の裏のすり減りなどが進んだため、2012年5月、通天閣並びに新世界百周年を記念して新たに三代目ビリケンさんが新調された。三代目ビリケンさんの中には金のビリケンさんでビリ金さんも納められている。

2014/09/02 通天閣/大阪の街並み

140914-02A.jpg
以前昇った入口は閉鎖され新たな地下への入口 中では一杯の人が列を

140914-03A.jpg
100mの通天閣展望台から300mの日本一ビル あべのハルカスを望む

140914-04A.jpg
140914-05Amm.jpg
左上:二代目 初々しい三代目 各所にビリケンさん登場 街中にエレベーターに

140914-06A.jpg
140914-07A.jpg
コテコテの大阪らしいお土産の数々 そして懐かしいスマートボール 若者も楽しむ

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
ビリケンさん
tazumichi様
おはよう御座います。

ビリケンさんは名前だけは知っていましたが、そのような
いわれがあったのですか。しかも最近のものかと思って
いたのですが歴史があるのですね。
スマートボールは懐かしいです。

愛新覚羅
[2014/09/14 08:07] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

通天閣、なぜか、歩いて登った記憶があるんですよね。。
15年以上前のことですが。
そんなの、ありえないですかねえ。
だから、エレベーターがないのかと思っていました。
[2014/09/14 09:09] URL | さやすけ☆ #- [ 編集 ]

Re:愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます
3代目ビリケンさんの足の裏を丹念になでなでしてきましたが
果たしてご利益の程や如何に・・・

昭和レトロな雰囲気一杯で
若者に人気のスポットになりつつあるようです。
[2014/09/14 10:42] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: さやすけ☆さん
さやすけ☆さん おはようございます
中層階までは、螺旋階段で上っていた時期があるそうなので
それを上ったんではないでしょうか
今では非常時以外は通行できないようになっているそうです

現在は、地下から中層階までエレベータで上って
そこから最上階までまたエレベータで上ります。
[2014/09/14 10:50] URL | Taz #- [ 編集 ]

こんにちは
初めて行った大阪でこの風景、この雰囲気、
「ここは日本であって、日本ではない。」そんな気持ちのマジになりました。
文化違いって大きいですねえ。
[2014/09/14 12:18] URL | 犬山にゃん太郎 #klcj.0UQ [ 編集 ]

大阪へは暫く行ってませんが、
あのパワフルな感じは忘れてません。
時々人に言われるのは、私はどうやら大阪のノリだそうです。
大阪、美味しいものが沢山有るってイメージです。

[2014/09/14 14:06] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

7月の初めに、友人と通天閣に行きました!
十数年ぶりの通天閣、とてもキレイになっていて、楽しかったです。外国人観光客がものすごく多くてびっくりしました。コテコテな雰囲気を活かしつつ、面白く新しい感じでよかったです。
[2014/09/14 15:07] URL | クマの杯 #- [ 編集 ]

Re:犬山にゃん太郎さん
犬山にゃん太郎さん こんばんは
大阪、浪速の文化は個性的ですよね
この新世界は、その個性が色濃く残っている街だと思います。
[2014/09/15 02:50] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re:太巻きおばばさん
太巻きおばばさん こんばんは
通天閣の中では、商魂逞しく、記念写真や案内などで
大きな声が響いていました、まさしく大阪のノリとでもいうか
ホントパワフルで明るい街
街の中では、たこ焼きを頬張る人、串カツを片手にビールを飲む人
昔から食い倒れと言われるだけあって旨そうな匂いが一杯です。
[2014/09/15 02:59] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: クマの杯さん
クマの杯さん こんばんは
平日にも拘らず、多くの人が訪れていました
若い人、そしてやはり、外国の人達が多かったですね
大阪の「らしさ」はいつまでも残していって欲しいです。
[2014/09/15 03:06] URL | Taz #- [ 編集 ]

ビリケンさん、触ったことがないんですよね。通天閣に行ってみないとなぁ。
[2014/09/15 11:26] URL | TORU #- [ 編集 ]

Re: TORUさん
TORUさん こんにちは
沢山の人がいたので
少し恥ずかしいと思いながらも、しっかり触らせて頂きました
御利益があると良いのですが(笑)
[2014/09/15 14:07] URL | Taz #- [ 編集 ]

こんにちは(^^)
ビリケンさんってビリーさんだったんですかww
長年、関西に住んで親しんでましたが謂れは
初めてお聞きしました(@0@)
まだ若々しい3代目の彼ですが、これから多くの人に
撫でられてだんだん風格を増していかれるんでしょうね。

猥雑なエネルギッシュさは東南アジアなどにも
よくある雰囲気ですが、あの確信犯的ベタ感は
新世界ならではだと思いますwww
[2014/09/16 10:45] URL | あすも #- [ 編集 ]

Re: あすもさん
あすもさん こんばんは

三代目は、ホントにピカピカと言った感じで無機的な感じがしました
すり減って、色あせても、時を刻んだビリケンさんの方が
私は、感じるものがあるんですが・・・
皆さんでいろいろ検討された結果なんでしょうね・・・

> 猥雑なエネルギッシュさは東南アジアなどにも
> よくある雰囲気ですが、あの確信犯的ベタ感は
> 新世界ならでは・・・
流石です!
云い得て妙、表現力の差を痛感させられます(>_<)
[2014/09/16 23:42] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/596-74d4beb5