なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



流しそうめん/工作
Somen sink/Work
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140822-01AJ.jpg
流しそうめん装置を初めて作成 さまざまの失敗経験 改善含め纏め
 
8月16日に行った流しそうめん、子供達に喜んでもらえ、楽しいイベントになりました。流しそうめんのセットは今回初めて作成。作ってみてわかる様々の失敗を経験しました。今回その改善も含め纏めておこうと思います。
先ず、樋の作成。7月29日の工作教室の竹の材料準備を23日に行い、この日に流しそうめんの樋を長さ3mの太い竹を割って作りました。斧で半分に割り、節をハンマーで叩いて大雑把に取り、ディスクグラインダを使って滑らかに加工。竹の割面も手を切ったりしないように面取りを行い完成しました。
出来栄えも良く後は、本番前に、脚を作るだけ、作業の山は越えたと安心していました。台風で延期になったりで加工後約3週間強、そしてこの間、殆んどが雨模様で高温多湿状態。コミュニティセンターの軒下屋外に保管してあったのですが、青竹の樋は内側にかなりのカビが生えていました。(乾燥竹の方は殆んど生えず)。
青竹を使用する場合は、本番直前に樋を作るべきだったようです。
当初は屋外で行う計画で (3m+3m)2並列で行う予定でしたが、雨に備え、急遽屋内(厨房)に変更。樋は1列でよくなり、カビの生えていない乾燥竹の方を使用することでなんとかなりましたが、冷汗ものでした。
また、樋の配置も、左側を上流側にして立たないと、右利きの場合は、そうめんをすくえないことに、樋をセットして初めて気付きました。
室内の場合、床が滑らかでよく滑るので、樋の支持脚をロープで簡単に縛るだけでは、上手く固定できず、苦労。縛る部分に穴をあけその穴にロープを通して縛ることで、滑りや緩みがなくなり、何とか支持することができました。
脚の角度を保持する為に脚下部にロープを縛って固定。普通に使えば問題ないのですが、誤って脚を蹴飛ばしたりすると、ロープが緩んで倒れてしまいます。後日、針金を使って、角度保持も竹の棒で行うように改良しました。
頭で描いたイメージで造ってみると「あれ?」と様々の不具合が発生。未経験の世界でのモノ造りの難しさと、その楽しさを久々に味わい・・・物造りはやはり楽しいですね。

140823-06AJ.jpg
根元側の太い側に先端側の細い方を乗せる 夏場の保存はカビの恐れ

140823-01AJ.jpg
140823-02AJ.jpg
ホースの取付 ジョイント接続→様々の場所に対応可  直角接続の構造 

140823-05AJ.jpg
140823-04AJ.jpg
140823-03AJ.jpg
・支持脚改良/構造と寸法概要 
自立安定と分解組立の容易化に工夫 2本を長くし1本を短く Vで樋を安定保持
回転支点を針金で作成し全ての部品は連結され紛失防止 
固定棒は針金に通しインシュロックをスライドさせ固定

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
材料は?
タケです
ポイントは?
タケです(長さと高さ)
業者に頼むの?
それはタケーですので
自前で作ってあげます
あっタケーおこころ~
ソウメンどうでもないので
おもいのタケをこめて作ってあげます
ヽ(^。^)ノ
[2014/08/24 05:44] URL | PPKKS #su7LfdQk [ 編集 ]

カビ
Tazumichi様
おはよう御座います。

私も割り箸を竹で量産しようと計画したことがあり
ますがカビの問題があり出来ませんでした。
竹は結構水分を含んでいるようですね。
右利きと左利きですか。そういえば回転寿司は
右利き用に出来ているようです。
向きが違っても皿は取れますがそうめんはすくえませんね。

愛新覚羅
[2014/08/24 08:41] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: PPKKSさん
PPKKSさん おはようございます
レベルのタケえコメントありがとうございますm(__)m
タケの箸とタケの器でタケの脚に支えられたタケの樋に流す美味しい素麺
値段以上に価値のタケえ素麺になりました

タケの樋にカビが生えて以来
カビにはとてもカビんになってます
今後はありっタケの知恵を動員して
再発防止に努めたいと思います(>_<)
[2014/08/24 10:46] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re:愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます
ビックリしました
今年は雨が続いて高温多湿だったせいもあるのでしょうが
あんなにカビが生えるとは思いもよりませんでした

限られた樋の長さでできるだけ多くの子供に食べてもらおうと
最初は、樋の両側、左右に並んでもらおうと考えていましたが
とんでもないお粗末なアイデアでした(>_<)
[2014/08/24 10:53] URL | Taz #- [ 編集 ]

子供達の顔が!
子供達が、大喜びしてそうめんをすくう様子が目に浮かびますね!
我が家では、乾電池でグルグル廻る機械で食べましたが、本物の竹の流しそうめんにはかないませんね。
竹尽くしで、スバラシイですね。

DEN
[2014/08/24 22:04] URL | DENでん #- [ 編集 ]

Re: DENさん
DENさん こんにちは
グルグル廻るのは、そうめん流しというらしいですね
樋に流すのを、流しそうめんと言うとのこと
今回、はじめて知りました(^_^)v
[2014/08/25 13:11] URL | Taz #- [ 編集 ]

こんにちは☆
流しそうめんと一口で簡単に言っても、実際に
作ってみるといろいろ注意すべき点があるんですね(@0@)
以前TOKIOの番組でも超長距離流しそうめんにチャレンジされてて
かなり面白かったですwww

娘が高校生の時に、京丹波町の山奥にお住いの友人の家に
泊まりがけで遊びに行かせてもらったら、
そこのご主人が手ずから竹を使っての流しそうめんを
用意して下さっていたそうです。
珍しい経験ができたようで、帰宅後、目を輝かせて
あれこれ話してくれたのを思い出します。

きっと参加されたお子さんたちにとっても
忘れがたい良い思い出になったことでしょうね(*^^*)
[2014/08/25 16:01] URL | あすも #- [ 編集 ]

Re: あすもさん
あすもさん こんばんは
もの作り過程で、結果が予想外だったり、うまくいかずにいろいろ気付かされたり
アイデアを出して工夫したりと
いろいろ失敗しながら完成させていくのは、とても楽しいこです
そして、それを通じて子供達の笑顔を見れる
ほど、幸せなことはないですね(^_^)v

[2014/08/25 20:36] URL | Taz #- [ 編集 ]

さすが元技術屋さんらしい樋と支柱ですね。
それがしも毎年作りますが、使う日に竹やぶから切り出して割るのでカビの心配は皆無。
節をあまり丁寧に仕上げず、ハンマーでたたく程度がいいですよ。ソーメンが適度に引っかかるので取りやすいです。
[2014/08/25 23:06] URL | タコノアシ #hG7ZF4t. [ 編集 ]

Re: タコノアシさん
タコノアシさん おはようございます
日頃から竹に親しみ、竹細工などで竹を知り尽くしたタコノアシさん

今回、引っ掛かってはまずいと、節をツルツルになるまで取り除きましたが
> 節をあまり丁寧に仕上げず、ハンマーでたたく程度がいい。ソーメンが適度に引っかかるので取りやすい。
目から鱗のご指摘!
次にやる時は 、是非そうしてみようと思います。
[2014/08/26 09:20] URL | Taz #- [ 編集 ]

人間とは如何に贅沢な我儘な動物であるかを、最近、夫婦で痛感しています。日本で居た頃は、夏の休日の昼食に冷やしそうめんなんかを出そうもんなら、手抜きだ、サイドメニューがないなどと、避難轟々でしたが、こちらでは、冷やしそうめん単品でもご馳走です。これが旨いんだなぁ、などと言われると感が狂います(*_*)相方に言うと、我儘だったなぁ、と反省。反省されると、手抜きをしていたあの頃を反省するワタシ。お互い、我儘や贅沢は、後になって気づくものだねと笑いあいました。
[2014/08/28 16:05] URL | あきたさんち #- [ 編集 ]

Re: あきたさんちさん
あきたさんちさん こんばんは
環境や条件が変わると、人間の価値観って変化するんでしょうね
無くなってみてその価値に初めて気付くことってよくありますよね
時を重ねて経験が増えるほど、そういうことが一杯ありますね
[2014/08/28 22:06] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/589-36520c48