なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



香港発見(4)/絢爛豪華
Discover Hong Kong(4)/Gorgeous
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140622-01A.jpg
香港のお寺 とても豪華な造り お金持ちの寄進が凄いんだろうなぁ

極彩色、金色、香港の街で見かけるお寺、モニュメント、どれも絢爛豪華。黄大仙祠の境内に祀られているさまざまの像、狛犬や十二支像等、いづれもブロンズでとても立派。
これ等を最初に見た時に、「財を成した華僑の人々が高額の寄進を行い、贅を尽くした寺院が造営されてきた・・・」そんなイメージが頭の中で浮かんでいました。
朱と藍緑の補色の作り出す極彩色の独特の世界は、日本美と言われるワビサビの枯れた世界観とは大きく異なります。しかし、東大寺の建立当時には、堂も仏像も、同様の極彩色で彩られ、現世にはない極楽浄土を描いていたと聞いたことがあり、日本人の美意識のルーツの一つであるようにも思います。
ただ、日本的な世界があるとすれば、香港にある世界は明らかに日本とは異なっており、その違いがとても刺激的で興味深いものでした。

・黄大仙祠/Netより抜粋
道教と仏教、そして儒教が習合しており、本尊は黄初平(晋時代の仙人)、観世音菩薩、そして孔子である。主に病気平癒祈願の寺院として信仰を集めている。香港で最も有名な寺院の一つ。金黄色の屋根に、精細彫刻の仏像、赤い円柱を持つ雄大な姿は、中国の古典的な雰囲気が漂っている。

140622-02A.jpg
黄大仙祠 幸運を得られるよう祈る多くの人々で賑わう

140622-03A.jpg
140622-05A.jpg
艶やかに彩色、彫刻された 本殿 屋根も像も陶器製で 豪華

140622-04A.jpg
140622-07A.jpg
吊るされた提灯 お守りや飾り 朱に金糸銀糸で華やか 中国流

140622-06A.jpg
黄大仙祠 十二支像 赤い糸の像 狛犬 すべて銅像 とても豪華

140622-08A.jpg
黄金 ハッピーバレーの龍の像 「金紫荊」香港返還時に中国から贈呈

2014/06/22 香港発見(3)/もう一つの香港/カオス 
2014/06/16 香港発見(2)/地下鉄/最良 
2014/06/10 香港発見(1)/街並

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
ホーン、コンなとこにしゃちほこが・・
ヤーネ、しゃちほこだってる
恐ろしい狛犬もいるぞ
まさかこっち来マイヌ~
KING KONGみたいのもいるぞ
そりゃHONG KONGだろう?
(ー_ー)!!
[2014/07/04 02:06] URL | PPKKS #su7LfdQk [ 編集 ]

極彩色
Tazumichi様
おはよう御座います。

綺麗な寺院ですね。日本も昔は同様だったと思いますがいつのまにか
侘びさびになっていったのでしょうね。
もしかしたら修繕費がなかったので無理に美意識を変えたのかも知れません。
日本でも日光の東照宮は極彩色です。

愛新覚羅
[2014/07/04 08:34] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: PPKKSさん
PPKKSさん おはようございます
マシンガン洒落圧倒されましたぁ
いっケンランだむに見えますが
ストーリがちゃんとありますねぇ(^_^)v
[2014/07/04 10:33] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re:愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます
恐らくそうでしょうね、あの極彩色を維持するのはとても大変だと思います
時の流れと共に自然の風合いに美を感じ見出すようになってきたんでしょうね
ワビサビの中にある絢爛は相互作用でどちらも際立ち
日本の文化になっていると思います。
[2014/07/04 10:38] URL | Taz #- [ 編集 ]

おはようございます♪
枯淡の味わい深い日本の寺社も素晴らしいですが
極彩色てんこ盛りの絢爛さも素敵だ~~~(*^^*)
主に使われている色が陰陽五行説に基づく
青・赤・黄・白・黒の五色というのもなにか意味が
あるのかもしれませんね。
プラス『金』というところがまたいかにも中華風(笑)

木鼻や鬼瓦、狛犬がすべて銅製というのも
興味深いです。ルーツはこちらにあるのでしょうが
こうして見ると日本は『木の文化』の国なんだなあと
改めて思います(^^)
[2014/07/04 10:47] URL | あすも #- [ 編集 ]

こんにちは。
1枚目の写真の、屋根の上に並ぶ生き物たち。
ナンだろうって思って描いたことがあります。

近くの公園の東屋が中国様式で作られていて、極彩色で、この屋根仕様。

きっと宗教的な云われがあるのでしょうね。このお写真の珍獣^^?たちは、ちょっとユーモラスですね。
[2014/07/04 11:00] URL | 魔女メグ #FhqeNpQ. [ 編集 ]

Re: あすもさん
あすもさん こんばんは
流石にあすもさん
同じものを見ても造詣のの深さが当方とは大違い
いつもいろいろ教えて頂き、有難いですm(__)m

中国、台湾、韓国と同様の様式にも思えるのですが
今回の香港は、質が高いというか、豪華というか
とにかく美しかったです。



[2014/07/04 21:08] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 魔女メグさん
魔女メグさん こんばんは
韓国の東大門や景福宮の屋根にも同じように並んでいましたが
狛犬のようなもので、瓦色というか黒っぽいもので
表情も良く分からず、地味な物でしたが

これは色も明るく、形も表情も可愛いですよね
左橋のふくよかな鯉の表情が特にお気に入りです。
[2014/07/04 21:37] URL | Taz #- [ 編集 ]

中華
何度か、香港からシンセン入りしましたが、香港にも暫らくご無沙汰です。
流石に、中華ですね。

DEN
[2014/07/04 21:58] URL | DENでん #- [ 編集 ]

Re:DENさん
DENさん こんばんは
アジアは中国がルーツで各国、特徴ある形で
文化が育まれ、各々魅力的になっていると思います
中韓共にもっと仲良くしたいものですね。
[2014/07/04 22:35] URL | Taz #- [ 編集 ]

黄大仙
こんにちは。

黄大仙は香港では占いを見てもらいに行く人が大勢います。
英語、日本語対応もあるので観光客にも人気です。
普段何も思わない、屋根の造形や飾りなど
改めて見てみようと思いました。多謝!

提灯やお守りや飾りはこうして撮ると紅色は一段と綺麗ですね。
やはりパワーが湧きます。
[2014/07/06 10:59] URL | メロンボール #- [ 編集 ]

民俗学? 芸術文化人類学? 宗教学?
エジプトのスフィンクス、ギリシャのケルベロス、西洋のガーゴイル、東洋のガネーシャ、ガルーダ、沖縄のシーサー… 狛犬に、鬼瓦…
具象にシュールのマントを纏わせ、守護神を創り、魔除けに使いうことで畏れと権威を生み出し、その自戒の自浄作用にも用いて来たのか
イソップ物語、日本昔ばなし、デビルマン、タイガーマスク、ハリーポッター…
今も脈々と続いている
斯く言う我も孫悟空 ⊂((・x・))⊃

お後がよろしいようで …^^;
[2014/07/06 12:33] URL | 悟空 #- [ 編集 ]

Re: メロンボールさん
メロンボールさん こんにちは

細かな造形が一杯施されていて
見ていて全く飽きない

ツアーの悲しさ、駆け足での滞在でした
ゆっくり見てみたかったです(>_<)

赤は大好きな色
中国は伝統的に赤のイメージがありますね。
[2014/07/06 13:13] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 悟空さん
悟空さん こんにちは

境内の像はどれも銅像なので
ディテールがしっかりしていて超リアルでした

見上げる大きさの十二支の像の中には
悟空さんのお供と見間違うような方々もいました

でもホント!人間の想像力は大したもんです。
[2014/07/06 13:21] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/570-c36cf5f2