なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



勝賀山登山/弦打コミュニティセンター
Katsuga.M climb/T.U community center
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140525-01A.jpg
地元のコミセンから隣町の勝賀山へ 標高364m 全行程約9km ハイキング

5月24日、初夏を思わせる快晴の中、地元、弦打校区コミュニティ協議会主催の勝賀山ハイキングに参加してきました。
地元の中学は、1962年に3地区を統合。校舎は、勝賀山の麓にあり、これに因み校名を勝賀中学校と決定。自宅から西を見ると頂上が平らで特徴のある山影を毎日望むことができます。今の時期は丁度この山頂部に夕日が沈んでいきます。
こんなに馴染みのある山にも拘らず、今まで一度も登ったことがありませんでした。同級生から登山ハイキングのあることを教えられ絶好の機会、即参加することに。当日参加も受け付け、総勢21人(子供3人、最年少は5歳)が参加。
ハイキングの目的は地元の史跡を通じて地元への理解を深めるということで、今回は、勝賀城跡、今岡古墳、養福寺、佐料城跡等を巡った訳ですが、地元に、こんなに様々の史跡があるとは思っていませんでした。
また、参加した人達とも交流でき、地元愛も自然に芽生えてくる良い機会となり、素敵な地域作りにつながって行きます。
とてもイイ機会を与えて頂き深謝。また参加させてください。

・勝賀城跡/香西氏の詰め城、土塁の城、高松史跡。
・今岡古墳/古墳時代中期(5C)土盛墳墓、全長70m、標高64m前方後円墳。
・養福寺/天長(824~834)年間に円珍・智証大師が開基。香西氏の菩提寺。
・佐料城跡/鎌倉~戦国時代にかけ340年余りの香西氏の居城。
◇弦打ふるさと学習探検隊資料より抜粋

追)足の筋肉痛が残って痛いです。でも、お弁当が最高に旨かった。
  参加した子供達に一杯元気をもらいました。ありがとう。

140525-02A.jpg
平地は気持ち良く進む足 昇るにつれ道も荒れ勾配もきつくなり息上がる

140525-03A.jpg
頂上には勝賀城跡 地元の人々の手で整備され 土塁が往時を偲ばせる

140525-04A.jpg
弦打地区を一望 向側の浄願寺山麓の自宅も望遠で覗くとハッキリ見える 

140525-05A.jpg
美しい気品漂うアザミ 鮮やかな野イチゴ 頂上に咲く花々 自然に癒される 

140525-06A.jpg
頂上では樹木に遮られていた眺望が 下山するに従い開け 高松市街も

140525-07A.jpg
真宗興正派 白雲山円頓院 養福寺 ご接待の甘茶に疲れも吹き飛ぶ

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
よくばりハイキング
Tazumichi様
おはよう御座います。

これはよくばったプランですね。
いっぺんに色々な時代の史跡をたずねられるので有意義な一日でしたね。
子供がいたのでは疲れたと根をあげることもできず張り切らざるをえませんね。
年齢が年齢ですから1週間は疲れが残るでしょう。ゆっくり回復してください。

愛新覚羅

[2014/05/26 09:01] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん こんにちは
足が痛くて、階段の上がり降りがきついです
でも、ホントに楽しい一時を過ごせました

子供って元気ですね
大人は息が上がってゼイゼイハアハアの状態でも
ドンドン登って行きましたからね
特に最年少5歳の子は先頭を行く勢いでした
エネルギーを一杯もらいました。

[2014/05/26 14:08] URL | Taz #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/05/26 18:55] | # [ 編集 ]

Re: カギコメさん
カギコメさん おはようございます
ご無理をなさらぬように。
[2014/05/27 05:54] URL | Taz #- [ 編集 ]

こんにちは♪
持久力と根性がないので登山はニガテなんですが(笑)
これだけの史跡を見て回れるルートとなると
心惹かれますね~(*^^*)
特に養福寺の個性的な木鼻と美しい透かし彫り!
これを観れるんだったら頑張って足腰鍛えようかしらん
(腰痛が治ったらですけどねww)

ここだけの話ですが・・・もしかしたら深秋の頃に
香川県へお邪魔できるかもしれないです♪
実現したら行きたいところがいっぱいで
嬉しい悩みとなりそう~(≧▽≦)
[2014/05/27 17:13] URL | あすも #- [ 編集 ]

花の写真
アザミと野いちごの写真、キレイですねー!
撮影テクニックが良い証拠。

DEN
[2014/05/27 21:42] URL | DENでん #- [ 編集 ]

Re:あすもさん
あすもさん こんばんは
少し前から減量散歩を始めていたので、なんとか最後まで歩けましたが
勝賀山の最後はとても勾配が急で、流石にきつかったですが
山頂の城跡の想像を超えた雰囲気と眺望
そこで頂いたお弁当は最高に美味しかったです
その後も、いろいろと史跡を巡り、地元に居ながらビックリでした

是非是非讃岐来訪を!そして存分に堪能してください
うどん県民として、お待ちしております\(^o^)/
[2014/05/27 22:02] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: DENさん
DENさん こんばんは
ありがとうございます
頂上に咲いたり実ったりしていると一層美しく感じます。
[2014/05/27 22:04] URL | Taz #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/05/28 02:06] | # [ 編集 ]

Re: カギコメさん
カギコメさん おはようございます
こちらこそ宜しくお願いいたします。
[2014/05/28 06:44] URL | Taz #- [ 編集 ]

山のかたちが良いですね。
心が和む見晴らし。
眺める時の愛着も違ってきます。
郷土愛、ですね。
[2014/05/28 08:15] URL | いちしんふたば #- [ 編集 ]

Re: いちしんふたばさん
いちしんふたばさん おはようございます
戦の時のみ、立て籠もる城だったので
平らな頂上近辺の周囲はとても急勾配となっています
均整のとれた山の形になっているんでしょうね

頂上から故郷を一望すると
じわ~っと自然に郷土愛が湧いてきますね(^_^)v
[2014/05/28 09:53] URL | Taz #- [ 編集 ]

 勝賀山、ふるさとの山に向かひて言うことなし、弦打村の戦死した人も、勝賀山を愛していました、勝賀山についての思いを言い残してビルマデ戦死しました。
 勝賀山は弦打から見るのが一番だと思います。
しかし、登と、勝賀山の七合目ぐらいから上は本当にきついと思いました。
 香西氏は京都にいた香西氏が一番有名だと思いますが、私は長宗我部氏と戦った香西氏がすきです。
 養福寺は、同級生が住職をしていました。
[2014/06/02 14:24] URL | まーくん #- [ 編集 ]

Re: まーくんさん
まーくんさん こんにちは
返事が遅くなって申し訳ありませんでした

勝賀山はホントに心の中にずっと残る故郷の山ですよね
その山に今回初めて登ったというのはいささか恥ずかしい話なのですが・・・

養福寺のご住職は同級生だったんですか
どなたなんでしょうか?
[2014/06/05 16:12] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/560-17ecf94f