なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



高原水車/親子水車うどん体験会
Takahara W・W/P・C W・W Udon experience・M
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140323-01Ammmm.jpg
周囲を麦畑そして大きな楠や樹々に囲まれた髙松市内とは思えない水車場

正式の高原水車友の会の発会に向けて、まず地域の皆さんに知ってもらい理解してもらおうと、3月22日、「親子水車うどん体験会」が開かれ、参加してきました。
水車場の前には、さぬきうどん用に品種改良された小麦、さぬきの夢2009が緑が絨毯の様に青々と伸び、周囲は大きな楠や樹々に包まれ髙松市内とは思えない風情。
天気にも恵まれ、本格的な春を感じる清々しい中、数組の子供達と親御さんに参加してもらって、とても楽しい時間を過ごしました。
先ずは、水車場の役割、製粉とは何かを実際に麦やお米の穂や精麦、小麦粉などを用意し、子供達に問いかけクイズ形式で楽しく学んでもらいました。
実際の水車や製麺機等の機械を前にしての説明には、目を輝かせて興味深そうに説明を聞いていました。
製麺機を使ってのうどん作りは、子供達の好奇心爆発。さぬきうどん用に品種改良された小麦/さぬきの夢2009から作られた小麦粉を練るところから始まって、製麺機に練った小麦粉を入れ3~4回製麺機を通して圧縮して伸ばす。
製麺機は本来は水車の力で動くのですが、人力で行う様に改造してあり、子供達も先を争って大きなプリー回し、とても楽しく、子供達の力でうどんを作ることができました。
いわゆる手打ちうどんの作り方とは異なって機械で作ったうどんなので、率直なところ、味の方はあまり期待していませんでしたが…
ぶっかけとしっぽくうどんを頂きましたが、ビックリ!、メチャ旨です!細めのうどんで程よいコシがあり絶品です。お代りをして3杯も頂きました。子供達にも大好評で、6杯をペロリとたいらげた子供もいました。
自分達で作ったことが最高の調味料であったことは否めませんが、それを抜きにしても実に美味しいうどんでした。
うどんを堪能した後は、紙芝居も演じてもらい、とても楽しい一時を過ごすことができました。子供達の記憶の中にしっかりと刻まれことと思います。
地域に根差して、地域に愛される水車、宝物として後世に遺して行く上でとても有意義な一歩、催しでした。
水車の復活を目指し、一歩一歩、地道に活動を続けることの大切さを、改めて強く感じた一日でもありました。

注)W・W/Water Wheel P・C/Parent and child ・M/meeting
注)しっぽくうどん/さぬきの味歳時記より
  数種類の季節の野菜(大根、ねぎ、にんじん等)そして、油あげ、豆腐等を、汁とともに煮込み、ゆでたうどんの上から共に煮た野菜をかけたもの。秋口から冬にかけてのうどんの食べ方で、讃岐の冬の代表的な郷土料理。

140323-02A.jpg
製粉機としての水車の役割の説明 実際の水車を前に説明 輝く子供たちの目

140323-03Am.jpg
140323-04A.jpg
水車と共に残る製麺機 さぬきの夢2009を使い うどん作り 懐かしい紙芝居も

2014/02/06  高原水車/友の会
2013/12/07  高原水車/産業遺産

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
うわ~っ、製麺機だなんて、とても懐かしいです。
私の実家の母もよく製麺機でうどんを作り、味噌煮込みうどんを食べさせてくれておりましたが、母の味の中ではクジラ肉料理や手作り白菜のお漬物と並んで忘れられない味です。
[2014/03/24 05:51] URL | Reveille #83M5tZdY [ 編集 ]

いい体験
Tazumichi様
おはよう御座います。

子供たちはいい体験をしましたね。大人でも面白い
でしょうけれど子供にとっては魔法を見ている感じ
なのでしょう。
3杯とか6杯とかすごいなあと思ったら小さい器なの
ですね。これならいけそうです。

愛新覚羅
[2014/03/24 08:38] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

Re: Reveilleさん
Reveilleさん おはようございます
う~ん、懐かしい味が口の中にジッワ~っと拡がりますね
幼い頃の母の打ったうどんそしてクジラの竜田揚げ

子供達にとって、今回のうどん作りはとても良い思い出になったと思います。
[2014/03/24 10:59] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん おはようございます
子供達には、実に良い体験でイイ思い出になったと思います
小ぶりの器で食べると、おかわりがしたくなるんですね
本当は3杯と云わずもっとたべたかったんでが・・・
とにかく美味しいうどんでした。
[2014/03/24 11:11] URL | Taz #- [ 編集 ]

   水車小屋
 私も春の陽気に、さそわれて水車小屋の見学に行きました。

高原水車  高原忠雄さん屋号は車屋と言うそうです。
のどかだなと思い、 春の小川は、さらさら行くよ 歌いながら、一歩一歩、童心にかえり心を清め、これから現れる水車小屋に思いをはせながら南側からアプローチをしました。
 しばらく行くと風情のある雑木林がありました、国北独歩の武蔵野をほうふつさせられました。
 その中に水車小屋がありました、その手前の中庭に西洋的な雰囲気を感じました、たぶん、多くの人が持っていた水車小屋のイメージと違ったものを感じたと思います、私はさびれた水車小屋だと思っていました、芭蕉が出てきて一句ひねるような所だと思っていました、まさか、西洋人の好む中庭があるとはまつたく思っていませんでした、ホームパーテーもよし、また結婚式の会場などに、 これは実にいいという声がどこからともなく聞こえて来ると思いました。
 私は南側から来ましたが、昔は東から大勢の人が車に米、麦を乗せ車を曳いて来たと思います、東側からは、ひしひしと歴史を感じました、昔のにぎわいが目にうかびました。 
 今その場所に新たな表札がかかっています、その場所に、ぜひ来て昔をしのんでください、実にいいと思います、   明治は遠くなりにけり、
[2014/03/24 16:47] URL | まーくん #- [ 編集 ]

Re: まーくんさん
まーくんさん こんばんは
お気に入りになられたようで、良かったです
タイムスリップしたようなイイ雰囲気を残していますよね
宝物として後世に遺してあげたいです
まーくんさんも力添えをしていただけると、有り難いですね。
[2014/03/24 18:25] URL | Taz #- [ 編集 ]

子供たちにとってもいい体験ですし、何より楽しそうです!
[2014/03/24 20:58] URL | ろー #YeFwB4VE [ 編集 ]

Re: ろーさん
ろーさん こんばんは
水車や紙芝居に目を輝かせ
楽しそうにうどんを作ったり
良い思い出ができたと思います。
[2014/03/24 21:58] URL | Taz #- [ 編集 ]

もウドンな子供も
うどん好きになりますねえ(#^.^#)
[2014/03/25 10:18] URL | PPKKS #su7LfdQk [ 編集 ]

Re: PPKKSさん
PPKKSさん おはようございます
自分で作ったウドンは
そウドンどん食べて
6杯も食べてしまいました(^_^)v
[2014/03/25 10:41] URL | Taz #- [ 編集 ]

昔の讃岐女は、うどんが打てないと嫁の貰い手がない、なんて事が言われたくらい、足踏みうどんは女性の仕事だったらしいです。ワタシも、祖母にある程度仕込まれましたが、暫くうどんを打ってません。貰い手は、うどん屋さん行ったらえぇやん。と言ってくれてるので、その言葉に甘えてます(*☻-☻*)本帰国したら、また、打ってみようと思います(*☻-☻*)
[2014/03/26 14:00] URL | あきたさんち #- [ 編集 ]

Re: あきたさんちさん
あきたさんちさん こんばんは
さぬきうどんは、こねて寝かせて足踏みをしてコシができるものと思っていましたが
今回の製麺機は粉からこねて機械に3~4回通すのみで
味は期待していませんでしたが、これが実に見事
絶妙な腰があり、とても美味しいうどんでした
帰国したら、是非手打ちで打ってください(^_^)v
[2014/03/26 18:04] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/534-4f17dde3