なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



そして父になる/映画鑑賞
Like Father, Like Son/Movie viewing
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
131018-02A.jpg
9月28日全国ロードショー 大阪 あべのアポロシネマにて 10月16日鑑賞

話題の福山雅治主演の映画「そして父になる」を見てきました。
第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞し、公開初日2日間で映画観客動員ランキングで初登場第1位、その後も2週連続第1位となり、とても注目された映画で「見てみよう」と思っていました。
大阪に出かけ、丁度時間が取れたので見てきました。
出生時に子どもの取り違えが起き、6年間、育ててきた他人の子どもと、血の繋がった実の息子。子どもを交換するべきか、このまま育てていくべきか、双方の家族の葛藤の中、福山雅治演じる「父」を通して描かれています。
エリートで優秀な仕事人間、しかしクールで鼻持ちならない上から目線の主人公、悩み、葛藤し、血と家族時間と、愛について考え、そして父になっていきます…。
家族とはそして子供への愛とは、家庭を顧みることなく、自己中で、親として完全失格ともいえる自らと重なる部分もあり、途中から涙をこらえることができませんでした。

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
映画
Tazumichi様
おはよう御座います。

この作品は評価が非常に高いですね。
私も観てみたいと思っていました。
福山雅治は本来ミュージシャンなのですが大河にでたり
演技力も相当なものです。
でもきっかけがないと観よう観ようと思っているうちに
観ないで終ってしまい1〜2年後テレビで観るように
なってしまいます。

愛新覚羅
[2013/10/20 08:29] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

今年の秋は私も見たい映画がたくさんあります。
これも素敵な映画だった様ですね。
映画って良いですね。
映画を見ると何かしら自分の中に今まで持ち得なかった様な感情とか、思いが生まれます。
[2013/10/20 13:45] URL | Reveille #83M5tZdY [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん こんばんは

福山雅治も良かったですが
相手の家族の父親役のリリーフランキーもとても良かったです
是非見に行ってください
[2013/10/20 19:50] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: Reveilleさん
Reveilleさん こんばんは

やっぱり映画館で観るとイイですね
その時間はスクリーンの中に入り込んでいます

この秋
一杯映画を観れるとよいですね
[2013/10/20 19:58] URL | Taz #- [ 編集 ]

男性のTazさんはやはり父親側に
心動かされたんですネ~
私は二人の母達の気持ちになりました。

福山が息子が自分を写真に撮っていた映像を
見つけて涙するシーンには
思わず・・・ウルウでしたネ~
[2013/10/21 07:19] URL | taka #- [ 編集 ]

Re: takaさん
takaさん おはようございます

あのシーンは子供の気持ちが見えた瞬間ですね

どちらかというと淡々と描かれていましたが
ガンガン想いが伝わってきてスクリーンに引き込まれました

イイ映画でした


[2013/10/21 11:24] URL | Taz #- [ 編集 ]

取り換え子という難しいテーマを丁寧に誠実に描いた良作と耳にしています。

映画も手軽にDVDで観られる時代になりましたが
やっぱり劇場に足を運んでじっくりとその世界に浸りながら
心を揺り動かされたいですね!

『そして父になる』・・・映画館に行きたくなりました(*^^*)
[2013/10/21 16:43] URL | あすも #- [ 編集 ]

Re: あすもさん
あすもさん こんばんは

出来の悪い自己中な親だったわが身を
今更の如くに悔いるばかりでしたが

心に染みるとてもイイ映画でした
[2013/10/21 18:54] URL | Taz #- [ 編集 ]

是非見たい邦画の一つなのですが、残念ながら、こちらでは、まだ上映されてません。家族をテーマにした映画は、私達夫婦にとっても大変深い映画です。ただ、血縁だけでは片付けられない、絆が一番必要だと、実感したこの17年間でしたので、夫も、ワタシもこのような立場に立ったとしても、血縁ではなく、絆を優先する選択をしてしまうでしょうね、それが正しいか否かはわかりませんが。家庭を顧みなかったと仰いますが、仕事優先が必ずしも悪いとは言えませんよ。お子様たちも、大人になって、その背中の偉大さにきっと気付かれてるハズです(^_-)
[2013/10/24 17:33] URL | あきたさんち #- [ 編集 ]

Re: あきたさんちさん
あきたさんちさん こんばんは

タイでも上映されるとイイですけどね
重いテーマでしたね、ホント後悔の念が一杯の時間でした
ついつい、もう一度やり直せたらと思ってしまいました
ホント出来の悪い親でしたから…
クヨクヨはしてないので大丈夫です
とにかく楽しく明るく…です(^_^)v
[2013/10/24 21:53] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/466-5322a171