なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



豊島/瀬戸内国際芸術祭
Teshima/Setouchi Triennale
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
130915-03A.jpg
130915-01Am.jpg
130915-02A.jpg
豊島美術館 予備知識も無く長く待たされてやっと観た 壮大な遊び心に感激!

瀬戸内国際芸術祭の夏会期に、豊島、息吹島、そして小豆島と行ってきましたので、順次報告したいと思います。今回は豊島です。友人のTさんと行ってきました。17のアート作品がありましたが、印象深かったものを報告します。

[豊島美術館]西沢立衛/建築家と内藤礼/アーティストが2010年秋に誕生させた美術館。島の北東の瀬戸内海を望む棚田の拡がる丘の中腹、とても美しい自然の中、白いドームが良く似合います。
長く待たされ、挙句、直前に靴を脱がされ、一体何があるのかと不可解でしたが、入口から中に入った瞬間、ガーンと別世界に引き込まれ、とても感動しました。美術館と云う呼称なので、絵画とか彫刻とかなんらかの作品が展示されているのではと想像していましたが、建物それ自体が作品でした。
内部は白一色、床のいたるところから水が湧き出し、床の緩やかな傾斜で水滴がゆっくりと滑り次第に集合して大きくなり低いところには「泉」が誕生するという作品。
2箇所に開いた大きな穴から陽が射し、風が静かに吹き抜け、静寂に包まれた心が癒されるとても素敵な空間でした。
この巨大な構造物を「想い」で形にするその「遊び心」に感動しました。

[豊島横尾館]絵画11点の展示はさることながら、庭園と円塔の中のインスタレーション作品はなかなか面白いものでした。尚、建築は永山祐子という女性の方。
美術館の入り口横には大きな窓があり、真っ赤な硝子を通して庭園を覗き、中へ入ってビックリ、そこには庭石が真っ赤に塗られ異様な世界が広がっていました。
円筒の中は、床面と天井が鏡面になっており入口から覗くと底のない穴のように見え入口から入るのが一瞬ためらわれました。
そんなこんなで、とても印象深い横尾館でした。

[あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする]港に面した空家をレストランに改装。店内は印象的な幾何模様の空間がまるごと作品となっていて、非日常空間での食事も楽しめます。

[島キッチン]地元産の魚や野菜を使ったおいしい料理を楽しめる。テラスでは音楽やダンスなどイベントやワークショップも開催。

[あなたの最初の色]島キッチン敷地内の古い蔵に映像インスタレーションを展示。幼い頃、真っ暗な蔵の中に迷い込んで見た幻想の世界。

[空の粒子]唐櫃/青木野枝 地元の人々が「清水」と呼び、大切に保全されている清水霊泉。その横に錆びた彫刻が空に浮かぶ。

[電気自動車]坂道の多い島内の移動手段として試験的に導入された日産の電気自動車。近未来的なデザイン。乗ってみたかったのですが、ずっと先迄、予約で埋まっているとのことでした。
 
130915-11A.jpg
豊島横尾館/家浦地区の集落にある民家を改修してつくられた横尾忠則の美術館

130915-21Am.jpg
130915-22A.jpg
あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする/トピアス・レーベルガー

130915-31Am.jpg
島キッチン/半屋外に席がある開放的なレストラン

130915-32A.jpg
あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液)/ピピロティ・リスト

130915-41A.jpg
空の粒子 小さな島で水の絶えたことのない清水 日産の電気自動車

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
超大作
Tazumichi様
おはよう御座います。

芸術を解さない私でも感動しそうです。
こういう解り易いのは大好きです。
建物自体が作品というのはなんとも素敵です。
金もかかっているでしょうが。

愛新覚羅
[2013/09/30 08:44] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

どっかに大きな美術品造るセットナイカイ?('-'。)
[2013/09/30 12:00] URL | PPKKS #su7LfdQk [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん こんにちは

スケールのデカイお遊び感がとても痛快でした
機会があれば是非おいでください
[2013/09/30 12:42] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: PPKKSさん
PPKKSさん こんにちは

瀬戸芸の評判があまりにもよいので
ついつい行っテシマった…です
[2013/09/30 12:46] URL | Taz #- [ 編集 ]

再生
産廃問題から20有余年
中坊さんは今の豊島を見てどう思うのかな

当時出会った書籍
レーチェル カーソンの「沈黙の春」
化学物質による環境複合汚染について書かれたものです
衝撃は大きく、以降 仕事をする上でも少なからず影響を受けています

この書の中に現場主義の勧めを
広い部屋と小さな窓の関係で喩えて
自ら見ようとしなければ真実は見えてこないことを説いてます

豊島美術館はそのインパクトに加え
まるでこの現場主義をも示唆してるかのよう
五感を研げと (p_-)

[2013/10/02 22:33] URL | 悟空 #- [ 編集 ]

Re: 悟空さん
悟空さん おはようございます

レーチェル カーソンを読んだ時は衝撃を受けましたね
人類にとって彼女の警鐘はおおきな意味があります
その悲しい現実がの一つが豊島で
微かな希望を取り戻してくれたのが島民そして中坊さんなんでしょうね
[2013/10/03 07:02] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/453-77c2b47f