なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



久方/栗林公園
After a long time/Ritsurin garden
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
131111-01A.jpg
久方の栗林公園 立冬過にも拘わらず紅葉はまだまだ それにしても美しい緑

久し振りに訪れた栗林公園、ゆっくりと散策してきました。最初は確か小学校の遠足、それから幾度となく訪れましたが、お花見だったり、友人を案内したりとかで、ゆっくりと廻ったことはありませんでした。
加えて、現役を退いてからは、少しは廻りの物に眼がいくようになってきましたが、昔はゆっくりと園内を楽しむ眼も気持ちも無かったように思います。
そんな訳で、よ~く知っている筈の景観でしたが、改めていろいろと感動しました。
今回最初に、感じたのは池の水の綺麗なことでした。少し寒くなってきた季節の影響があるのかもしれませんが、どこの池も、池の底の見える澄んだとても綺麗な水でした。水面が多い公園だけに清々しい気分で散策できました。
今まで歩いたことのない迷路のようなところも行きましたが、そんな中で気付いたのが巨木の多さ、悠久の神秘を感じます。長い年月、丹精込めて手入れをされてきた故でしょう。これからも長く時を刻んで行って欲しいものです。
園内に散在する掬月亭をはじめとする茶室、これらもじっくり見たことはありませんでしたが、いやはや味わい深い風合、洗練された伝統美を感じることができました。
四季折々様々の表情をみせてくれる素晴らしい景観があることを再認識。これからは時々足を運びたいと思います。

・日暮亭
 明治31年に茅葺き草庵型の茶室として建築。洞床席など5茶室がある。
 その真ん中に水屋を設けるなどの工夫、東、西側にそれぞれ露地をもつ。
 日暮弁当、抹茶、あん餅雑煮と鰆の押し寿司など食事も楽しめる。

・旧日暮亭
 西湖の畔にある三百年以上前の江戸時代初期の茶室の様式を伝える建物。
 茶室内部に土間を持つ珍しいもの、三畳の畳が藩主の席、土間は床机を
 置き家来の席。大名茶席らしくにじり口ではなく普通の障子戸の貴人口。
 屋根は茅葺き、天井は杉皮で田舎屋風の造りとなっている。
 蹲踞手前の円形の井筒内の水は、上の池から送水し水が沸上る様な仕掛。
 本来は自然を写す日本庭園とは趣を異にする。
◇栗林公園HPより引用

131111-02A.jpg
掬月亭、日暮亭、旧日暮亭、等々 時を刻んだ伝統美の建物 美しいお茶室

131111-03A.jpg
南湖周遊和船 園内には巨木が多い また盆栽技術を駆使した手入れ松も多い

131111-04A.jpg
澄んでいて底まで見える 水がきれい 野鳥や鯉 生き物達も気持ち良さそう 

131111-05A.jpg
演奏を終え 日暮亭での楽しいお昼 最高の雰囲気の中 お弁当と抹茶を堪能

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
違った景色
Tazumichi様
おはよう御座います。

確かに現役時代と今は同じところでも景色が変ってみえます。
というか現役時代はまともに見ていなかったのだと思います。
こんなにいいところだったのだと改めて認識されたのですね。
水が綺麗なのは素晴らしいです。普通はよどんでいて緑色に
なっているところが多いですから。

愛新覚羅
[2013/11/13 08:35] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

時間がゆったりと流れていく感がありますね。
余裕をもって時間をゆっくり楽しむことができる年代。
見えないモノが見えてくる。(近くは見えませんが…。)

お池で鴨や鯉を見ると思わず「Come on、来い」って。
[2013/11/13 12:03] URL | yogorou #Jr4WCcEI [ 編集 ]

巨木がリンリツリン??
精力リツリン??
リツリンのターザン??
うーん・・カモン、コイをやられたら・・・・もう、ダジャレが出てこん(-.-)
[2013/11/13 12:38] URL | PPKKS #su7LfdQk [ 編集 ]

先走って池ない事してしまいました。
今日僕が悪かったです (反´д`省人)
[2013/11/13 13:52] URL | yogorou #Jr4WCcEI [ 編集 ]

Re:愛新覚羅さん
愛新覚羅さん こんばんは

特にブログを始めてからそれまで
気付かなかったもの、見えなかったものに
目がいくようになりました

水が綺麗なのはイイですね
そういえば瀬戸内海も随分と綺麗になってきていると思います
[2013/11/13 17:09] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: yogorouさん
yogorouさん こんばんは

幸せなことです、こんな風に毎日過ごすとバチが当りそうです(>_<)

「鴨オン、鯉」 は参りましたって感じですね(^_^)v
[2013/11/13 17:14] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re:PPKKSさん
PPKKSさん こんばんは

園内の池の水は
水質成分リツリンの含有が少なくて
      酸素の含有がコイので
とても綺麗なんだそうです

そうおっしゃらずにもっとコイのが
出てコイ出てコイですよ PPKKSさん(^_^)v
[2013/11/13 17:27] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re:yogorouさん
yogorouさん こんばんは

達人同志で競い合い
高みを極めてくだシャレm(__)m
[2013/11/13 17:31] URL | Taz #- [ 編集 ]

Uさんの写真が一番、栗林公園をあらわしています。

 "明治43年文部省発行高等小学読本(教科書)の文章中に、風致の美を持って世に聞こゆるは水戸の偕楽園、金沢の兼六園、岡山の後楽園にして、これを日本の三公園と称す。
然れども高松の栗林公園は木石の雅趣却ってこの三公園に優れり”

 元は香東川の跡を豪族の佐藤氏が庭として造る。

 あとは髙松の殿様が営々として築き上げる。

 なを佐藤氏は生駒市が秋田矢島に移された、ときについて行っています。
[2013/11/14 12:51] URL | #- [ 編集 ]

Re:□□さん
□□さん こんにちは
コメントありがとうございます

あらためて栗林公園の良さを感じました
後世にちゃんとのこしていかなければなりませんね

偕楽園、兼六園、後楽園もじっくりと味わってみたいです。

[2013/11/14 15:35] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/408-dfcb058c