なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



豊稔池ダム/景観発見/地元/ビート
Hounen dam/Scene discovery/Hometown
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
130607-01A.jpg
美しい 年月を刻む重厚な芸術品 こんな素晴しいダムが地元にあったとは

地元と云うには少し遠いですが、香川県にこんな素晴らしいダムがあったとは知りませんでした。それは国の重要文化財でもある豊稔池ダムです。自宅に配られてくる香川県の広報誌で知りました。
6月7日、梅雨というのに良く晴れて暑い日、午前中は母の脚として走り、自宅で昼食をとってから行ってきました。いつもの様にビートで、流石にオープンは断念です、陽射しが強く暑過ぎます。
といつつ、平日とあって車もさほど多くなく地道を快適にドライブ。自宅から約50km、香川県の西端、観音寺市の山間にあり、約1時間程で着きました。
ダムに向かう側道を谷へ下り、緑のトンネルを抜けると、急に前方が開け、全くの別世界が目に飛び込んできました。ダムの雰囲気、そして周囲の景観、まるで中世のヨーロッパにタイムスリップでもしたかのような錯覚を覚えました。
特に着いた時は、誰もおらず、この空間に独りで、正に時空を超えて来た感覚、それくらいインパクトのあるものでした。
一番のポイントは石積です。やはりコンクリートの構造物とは異なります。歳月を経て一個一個の石に深い表情が刻まれています。
もう少しすると「ゆるぬき」というダムからの放水があります。ダイナミックな水の躍動と水煙のもたらすマイナスイオン、そして放水と流れる水の奏でる音…是非体感してみたいと思います。

130607-02A.jpg
何処から見ても美しい 渋い石と萌える緑のコントラスト 自然融合の景観 

130607-03A.jpg
5連マルチプルアーチは圧巻 石積が年月を刻み絶妙の空気を醸し出す

130607-04A.jpg
当時最先端技術を駆使 多連アーチそしてサイフォン式の洪水吐もその一つ 

130607-05A.jpg
衛星写真では見事な5連アーチが浮かぶ 重厚な石積みにビートは似合う

豊稔池ダム(ほうねんいけダム)は、現存する日本最古の石積式マルチプルアーチダム。2006年、国の重要文化財(建造物)に指定(指定名称は「豊稔池堰堤」)。
豊稔池ダムは、讃岐山脈から流れ出る柞田川を上流で堰き止め、柞田川の左岸に広がる水田を潤す。度重なる大旱魃への対策として1926年に着工。1930年に完成。
ダム補修工事により上流部はコンクリート補強されているが、下流部には当時の古い石積みが現存。
多連式アーチダムとしては、宮城県仙台市の大倉ダム(二連式)を含め、全国に二つしかなく、当時米国で最新技術であったマルチプルアーチが適用されるなど土木史、ダム技術史を語る上においても貴重な建造物。
(Wikipediaより抜粋)

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
ダム
Tazumichi様
おはよう御座います。

まるで中世のお城ですね。迫力があります。
技術的には解りませんが姿だけでも観る価値十分ですね。
確かに不思議とビートが似合っています。

愛新覚羅
[2013/06/10 09:08] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

豊稔池のゆるぬきをテレビなんかで見ると、讃岐の田植えシーズン全開初夏が来たと言う感じがしますね。今年は、テレビで見られないのが残念です。水に恵まれない県ゆえに、昔から貯水には、知恵を絞ってきたんでしょうね。ゆるぬきも、豊作を祈る儀式もするくらいですから、それ位、思いが伝わりますよね。美しい、地元の風景は、のこしていきたいですね。
[2013/06/10 09:17] URL | あきたさんち #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん こんにちは
この歳になるまで行ったことがなかった
報道で何度か「ゆるぬき」は、目にしていていたはずなんですが…
これもリタイアして視点が変わったということでしょうか
とにかく素敵でした
[2013/06/10 11:41] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: あきたさんちさん
あきたさんちさん こんにちは
行った時は静寂に包まれ神秘的なイメージを醸し出していましたが
ダイナミックな放水の「ゆるぬき」は是非見てみたい
というより体感してみたいですね
[2013/06/10 11:45] URL | Taz #- [ 編集 ]

アーチダムどっち?
アーッチダム(p_-)
[2013/06/10 12:16] URL | PPKKS #su7LfdQk [ 編集 ]

 香川県のオタカラだと思います。

 江戸時代から連綿と続いてきた大野原村の人の熱意を感じました。 

 設計は佐野藤次郎 アーチ構造で設計、アーチ構造は日本では少ない。
 
 S4.5.14 三土忠造大臣、工事現場を視察加地茂治郎 組合長宅で 「田野々池」から「豊年池」と命名。

 サイホン」式の独創的なダムだそうです。
 
 S4.11.30 工事完了 大干ばつの時だったので、すでに貯水にかかっていた。
 
 S5.3.27 竣工式。 坪井知事が参加、挙式。


[2013/06/10 12:49] URL | マ―坊 #- [ 編集 ]

Re: PPKKSさん
PPKKSさん こんにちは
> アーチダムどっち?
> アーッチダム(p_-)
ホーネン、イケます
ありがとうございました
[2013/06/10 13:37] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: マ―坊さん
マ―坊さん こんにちは
こんなお宝をしらなかったなんて恥ずかしい限りです

地元の人々の熱い想い、人海戦術で
当時よしては、凄い短期間で完成させたそうですね
これは、日本のお宝です
[2013/06/10 13:43] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/401-6dc62dfe