なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



ウルトラマン/高松市立美術館
ULTRAMAN/Takamatsu City Museum of Art
121021-01U.jpg
10月28日(日) 高松市立美術館に行って ウルトラマンアート!展を観てきました

率直に云って、高松市立美術館で「ウルトラマン」っていうのは、なんだか少しミスマッチという感じがしていました。
しかし、10月28日の最終日に高松市立美術館を訪れ、実際に観てみると、怪獣、SF、特撮、等、文化として歴史を刻んだ一つのアートなんだということを、実感しました。
会場には、多くの子供連れが足を運んでいて、今も続く人気の高さに驚きました。

高松市立美術館特別展 
「時代と創造-ウルトラマン&ウルトラマンセブン ウルトラマン・アート!」
 9月15日(土)~10月28日(日)
テレビから最初の怪獣ブームを生み出した「ウルトラQ」を先駆として、1966年(昭和41年)7月に放映が始まったテレビ番組空想特撮シリーズ「ウルトラマン」銀と赤の巨大なヒーロー、そして次々と現れる怪獣たちの魅力はテレビの前の子どもたちを釘付けにする、一大ブームを巻き起こしました。
翌年にはさらに本格的なSFを目指した「ウルトラセブン」が登場。ウルトラマンとウルトラセブンは、今日まで続く変身ヒーロー、怪獣と人間たちとが織りなすファンタジードラマの原点と位置づけることができます。円谷プロダクションが制作。

121021-02U.jpg
会場入口最初の部屋は撮影自由 等身大ウルトラマンやセブン、その他のキャラが

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
昭和ブームの一つの象徴が円谷のウルトラマンとセブンですねぇ。
特にこの2作品はアダルトな雰囲気を色々と漂わせて、セブンの怪獣のデザインセンスなどは今でも新鮮で斬新!
これがこの後のウルトラシリーズを進めていくごとに、だんだん幼稚なチンドン屋みたいなデザインになっていくのが悲しい(>_<)

なぜそうなっていってしまったのか・・・改めてアダルトなセンスあるデザインになって欲しいのだが・・・もうそれは無理かなと。

いや、昭和のあのデザインが今の時代には骨太で斬新なのかもしれませんね。

岡山でもこういうのやれっていいたいわ(^^;)
[2012/11/11 13:16] URL | ヒゲMac #ONVmrvNQ [ 編集 ]

このあいだ思い出させていただいたブラウァーの絵の花みたい
たしか空に浮遊してたっけ 男がまたいで乗ってたような…

しかし、こんな昆虫顔がヒーローになっちゃうとはね
どこだかのノートメーカー、表紙写真の昆虫はだんだん不人気になり
花だけに特化したそうですけどねえ


[2012/11/11 15:13] URL | ONEDAY #- [ 編集 ]

Re:ひげMacさん
ひげMacさん
こんばんは
パイオニアの持っているエネルギーはやはり凄いですね。
一度、道が出来てしまうとオリジナルを超えることはどんどん難しくなりますよね。
どちらにしてもウルトラマンは昭和の文化として歴史に刻まれたことは確かだと感じました。
[2012/11/11 20:27] URL | Taz #- [ 編集 ]

ONEDAYさん
こんばんは
人間の考える怪獣は、身の回りの動物や昆虫等がイメージの原点となるのでしょうね。
悲しいかな、創造力の限界なんでしょうね。
餓鬼の頃、夏休みになると毎日の様に虫を追いかけて野山を駆け廻りました。
今の子供達にも自然と戯れ、いろいろと感じて欲しいものです。
[2012/11/11 20:31] URL | Taz #- [ 編集 ]

OH MY HERO!
あ~しもた!終わってしまった。
何か盛況だったらしいですね。
うちの子ザルと行こうと言ってたのですが(T_T)

幼稚園に上がる頃に最初に出会ったヒーローで、私にとってはサブカルチャーじゃない。
(実は仮面ライダーの方が好きでしたが(^^ゞ)

円谷、石ノ森、永井・・・
スティーブジョブスやフイリップディック、村上隆よりもすごいアーティスト・・なんて思っちゃう。
全てティーンエイジャーになる前に見たやんって。

建築であり、音楽であり、絵画であり・・自動車であり、いつの時代もアンチテーゼがあり、時代を豊かにしてきたと思ったら軌道修正必要と気付くため新しいHEROが出てくる・・のかな。

しかし、勧善懲悪の頃は良かったが、頭で考えすぎる、それをいとも簡単に見せつけられる時代は子供たちはほんと大変。
どっかの大学教授が自分とそっくりなロボット作ってますが、やっぱり、レプリカントはいかんでしょう。石ノ森さんが009で提起しているでしょう・・・とか

そろそろ危ない・・やっぱり自然の中で時計ストーブで鍋でも突つこう(^^)/
寒くなってきたことだし。




[2012/11/11 22:54] URL | 孫悟空 #- [ 編集 ]

Re:孫悟空さん
孫悟空さん
おはようございます
見逃したのは残念でしたね
CGで簡単にバーチャルワールドを表現できる今たからこそ、ウルトラマンやゴジラそして仮面ライターの意味、価値を再認識するんでしょうね。
心に響く、揺さぶるものは何かを考える機会になりました。
また、荒唐無稽なことを肴に鍋をつづきましょう!
[2012/11/12 07:00] URL | Taz #- [ 編集 ]

私は怪獣博士でしたよ(^-^)
人に近い形をした星人は
高度な知能があり、色も形も魅力的でした!
上のお写真にもあります「メトロン星人」などは
見ているだけで胸騒ぎ (((^-^)))!
[2016/08/27 03:35] URL | 南 キリ #- [ 編集 ]

Re: 南 キリさん
南 キリさん おはようございます
ウルトラマン放映の頃は既に高校生
自らのヒーローは、鉄人28号、そして月光仮面
でも、この展示を観て、日本の特撮の歴史
なにより“アート”なんだと実感しました。
[2016/08/27 08:34] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/272-1281654a