なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



韓国再訪(05)
ReVISIT KOREA(05)                 写真をクリックすると拡大
120924-02A.jpg
敦化門 昌徳宮の正門 宮殿に現存する最古の正門 建設1412年 再建1609年

昌徳宮/世界遺産
北村韓屋マウルを堪能して、安国駅に向かって丘を降りてくると、駅の東北部に世界遺産の昌徳宮(チャンドックン)があります。
ところが、とても残念ながら、なんと休館日でした。折角の機会だというのに… 事前に調べてなかった、と云うより日頃の行いが良くなかった為でしょうか。
昌徳宮は正宮である景福宮に対する離宮として創建され、現在の韓国国内の宮殿の内、最も創建時の面影を残している宮殿です。
かろうじて見ることのできた、正門にあたる敦化門(トンファムン)は大韓民国最古の門といわれています。見ることはできませんでしたが、この他、儀式の執り行われた正殿の仁政殿、国王が執務をしていた宣政殿、王と王妃の寝殿だった大造殿など13棟の木造建築が現存しているそうです。
又、宮殿の北に広がる李朝時代の王朝庭園である後苑は秘苑とも呼ばれ、園内には多くのあずまやや人工池などがあり、韓国造園技術の極致といわれてとのことです。
昌徳宮の建造物群は、1997年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
多くの建物は丹青(タンチョン)という鮮やかな装飾や彩色が施されているとのこと。敦化門からもその様子を見る事ができました。
返す返すも中に入れなかったのは残念でした。

120924-02B.jpg
西側丘を降りてきた所から望む 大木左の建物が昌徳宮

今回9月の再訪問のレポートは、以下をクリック
韓国再訪(04)    北村韓屋マウル
韓国再訪(03)    漢江河畔の暮らし
韓国再訪(02)    漢江(ハンガン)ナイトクルーズ
韓国再訪(01)    仁川国際空港凄い

☆ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、本家/Tazumichiをチェック
・・・本家/Tazumichi のチェックは、こちらをクリック
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/237-f101367c