なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



韓国再訪(04)
ReVISIT KOREA(04)                 写真をクリックすると拡大
120924-01A.jpg
かなりの急傾斜地に 上流階級の人々の古い屋敷が残っており 趣のある街並み
120924-01C.jpg
現在も人々が住んでいる 生きた素敵な空間になっている 中には超モダンな家も
120924-01B.jpg
ブティックとか骨董、雑貨等を扱うセンスのイイお店が多い シャレた喫茶でコーヒも

北村韓屋マウル
2日目の10日も快晴、大陸の高気圧に覆われ、とても爽やかな気持ちの良い、日本の猛暑が嘘のような天気でした。
この日は、韓国の歴史を垣間見ようと、北村韓屋(プッチョンハノッ)マウルを訪れました。地下鉄3号線安国駅から北に延びる大通りを昇って行くと、かなり急勾配の傾斜地に、タイムスリップしたような古い街並みが待っていました。
ここは、権力を持つ家門や王族など両班(ヤンバン)と呼ばれる上流階級の居住地だったというこどです。狭い路地には、朝鮮時代(1392~1910)末に建てられた伝統韓屋から、最近建てられた真新しい韓屋まで、時代別の韓屋がぎっしりと並んでいました。
大通りには、センスの良いブティックや現代的なカフェ、ショップが立ち並んでいました。又、裏通りもシャレたお店がありました。文化の匂い一杯のマウル(村)でした。

今回9月の再訪問のレポートは、以下をクリック
韓国再訪(03)    漢江河畔の暮らし
韓国再訪(02)    漢江(ハンガン)ナイトクルーズ
韓国再訪(01)    仁川国際空港凄い

☆ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、本家/Tazumichiをチェック
・・・本家/Tazumichi のチェックは、こちらをクリック
スポンサーサイト


コメント
素晴らしい景色ですね!
韓国も行きたいなぁ
[2012/09/25 14:33] URL | 日々の #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
日々のさん こんにちは
是非とも行ってください。素敵な風情でしたよ。
[2012/09/25 16:16] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/232-e3026014