なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



昆虫接近/玉虫
Close to Insect/JEWEL BEETL    写真をクリックすると拡大
120904-01Am.jpg
宝石のような七色の輝き 自然の神秘を感じる Nikon COOLPIX P510で超接近観察
写真をクリックして画面が切り替わった後も、もう一度写真をクリックすると更に拡大 ヤマトタマムシを超接近観察

庭を歩いていると、多数の蟻に取り付かれた昆虫が目に留まりました。手に取ると蟻に取りつかれているものの、かすかに脚が動いており、まだ生きていました。それは、とても綺麗な玉虫でした。
余りにも美しかったので、写真を撮ることにしました。恐らく息も絶え絶えの状態だったと思いますが、薩摩芋の葉の上に静かに置いて撮影しました。
ファインダーを覗いて、超接近で観察、撮影すると、改めてその造形の美しさの圧倒されます。自然の営みは神秘で神聖です。
正式名は、ヤマトタマムシ/学名 Chrysochroa fulgidissima とのこと。
この種類の鞘翅は、死んでも色が変わらないので、法隆寺宝物「玉虫厨子」の装飾として使われています。タマムシは、吉丁虫とも書かれ、古くから縁起の良い虫と言われてきました。タマムシをもっていると、女性は恋がかない、箪笥に入れておくと着物が増え、虫がつかず、幸せになる、などといわれてきました。
撮影後、タマムシは、動かなくなりました。合掌。

120904-02A.jpg
トレジャーコレクション棚に安置しました。

☆ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、本家/Tazumichiをチェック
・・・創作詳細は、本家/Tazumichi こちらをクリック
スポンサーサイト


コメント
COOLPIX大活躍ですね まじまじと見ると綺麗ですね(*´∀`*)
悪い虫は付いたらいかんけど、何の虫も付かないとなんも起こらないですよね〜
いってきます!!
[2012/09/05 07:14] URL | #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
おはようございます。
夏を精一杯生きて、今まさに絶えようとするとき、自然の掟で蟻の糧にならんとする、その瞬間に偶然出会い、そのあまりの美しさに感動!
自然ってホントなんでこんなに凄いの…
行ってらっしゃい!!
[2012/09/05 08:36] URL | Taz #- [ 編集 ]

小学生の時何かの教科書に「玉虫の厨子の写真がのっていました。どんなものか見たかったと思っていた事を思い出します。
[2012/09/05 09:45] URL | kaze #tjT4FRaA [ 編集 ]

Re: タイトルなし
kazeさん おはようございます
とても強烈な印象が残っています。当時、玉虫を知らず、虫を貼り付けたと云うのが、具体的にイメージできず、玉虫の厨子だけが突出して記憶に残りました。
[2012/09/05 10:12] URL | Taz #- [ 編集 ]

薪棚には沢山幼虫がいるようですねぇこれの。
真昼に飛べる虫はなかなかいません。
人間は脳の発達からいち早く形態を変える(変わる)前に装備をかえ社会化を変容させてこの厳しい自然の世界から身を守ってきました。

この玉虫も、体をこのように光らせてプリズムの色をさせることで捕食者「鳥」から身を守る術を得た。

でも一番素晴らしいのがその色ではなく「そう想った・そう考えた・そう思考した」というのが素晴らしい!

我々とまったく同じものをあんな小さい小さい脳と体の中に持っている。

彼らの進化から脳は巨大にならずに今の形態になっているので、人間の様に様子が時間とともに変わる前に道具を作って身を守るなどが出来ない・・・けれど生命のブレない中心の思考「生きのびる」というところでは我々も彼らもまったく同じ「こうしたい」「こうありたい」「こうなっていきたい」という強い「意思」があることがわかります。

この「意思」と言ったその部分は有機体として存在する4次元までの知られている世界には共通してもっていることがわかるので、みーんな気づかないだけで、それぞれが根っこでつながってじつはひとつなのかも・・・と考えてみたりするのが楽しいですねぇ(*^^)v

人間もDNA変換とかクローンとか神の領域をどうのこうのと言って研究進めないとかありますが、そう言っている人達が実は本来の神さんの事なんてなぁーんも知らんとかで、実は絶対にやってくる太陽の寿命(こちらが地球よりも先)、また地球での天変地異(絶対ありえますねぇこれも)、それらを考えたら、よその太陽系を見つけてそこまで旅に耐えられる人間、種の保存をするべきだろうと強く感じます。

そしたら一番すばらしいなぁと感じたのが、このあいだから気になってみている監督「リドリースコット」のあのブレードランナー・・・あれは本当にジーンときて今のSFやら人間ドラマの映画に大きく影響していると感じました。

あれってなんともリアリティある地球の未来だったかんじです。
[2012/09/05 10:34] URL | ヒゲMac #ONVmrvNQ [ 編集 ]

Re: タイトルなし
ヒゲMacさん こんにちは
いつもながら、ひげMacさんの博学には脱帽ですね。
最近特に、自然の営みに圧倒されてますね。
技術屋としてそれなりにいろんなものを、生み出してきたつもりですが、
ホントたわいないことでしたねぇ…自然界にくらべて

[2012/09/05 12:35] URL | Taz #- [ 編集 ]

玉虫沢山集めてぜひタズミチの厨子造ってください(*^_^*)
[2012/09/05 12:57] URL | PPKKS #su7LfdQk [ 編集 ]

Re: タイトルなし
PPKKSさん こんばんは
是非そうしたいところですが、残念ながら、これまで生きてきて、
玉虫には数度しか会ってません。
なので、何百年も数千年も生きてないと作れないですね(>_<)
[2012/09/05 17:43] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/219-88ab1163