なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



竹トンボ/工作教室
BambooCopter                       写真をクリックすると拡大
120804-01A.jpg
夏休み子ども講座/親子で作る竹とんぼ ナイフを使って子供たちと楽しく作る

小中学校時代の同級生から、「昔から手先が器用だったけん、夏休み子ども工作教室の講師をやってみんか?」と声をかけられた。少しでもお役に立てるならと快諾。
後日、テーマを運営者のコミュニティセンターの方々や友人と打ち合わせをして決めることとなった。
何をするかと思案したが、近頃使わなくなったナイフを使っての工作を…竹とんぼを作ればと考えた。
昔は鉛筆もナイフで削っていた、昨今は、危険と云うことで、どちらかと云うとナイフから子供たちを遠ざけている。実際に危険なものを使って初めてその危険性を理解でき、危険を防ぐことができる。そしてなにより、魔法のような力をもった道具を手に入れることができる。木片や、竹の欠片から、船や、車や、人形、そして竹とんぼを自分の手で作り出すことができる。
ほんの少しでもこの想いが伝わればと思い、「竹とんぼ作り」を提案した。結果、了承を得た。危険を承知の上で、万が一も配慮し、救急箱や、保険等、万全の準備をして頂くことに。
結果、6名の子供そして親御さん4名の参加となった。
最初は、鉛筆を削ってもらいナイフの使い方に慣れてもらった。全員が初めてのナイフ、恐る恐るではあったが徐々に慣れ、その危険なところも理解してもらい、竹とんぼ作りへ。一番シンプルな写真の左から3枚目のものを作ってもらった。
危なっかしいところも多々あったが、少しずつ削り約1時間、何とか形になり始めた。一応、軸を取付、試験飛行。ギュッと手のひらで捩じって放つと、飛んだ!
次々と飛ばし始め、楽しそうに燥いでいた。中に、「今度、またやろうね!」と声をかけてくる子どもも…
ジジィが一番、楽しくて素敵な時間を過ごすことができました。ありがとう!

尚、コミュニティセンターのブログにも紹介されています。こちらをクリック

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
 講師、お疲れ様でした! 
 記事を読んでいて、危険な道具の危険性を理解しつつつかいこなす醍醐味…まさに、わたしとチェーンソーの関係もそれだと思いました。

 話が飛躍しますが、安全そのものの状況より危険と隣り合わせのドキドキ感に興奮するってことも進化?進歩の原動力だと思います。そして、それが道具を使いこなし進化してきた人類の他の動物たちとの大きなちがいだと思います。
 竹トンボ作りから将来すばらしいエンジニアがそだつかもしれないですよ! 
 
[2012/08/05 20:02] URL | きこりまま #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>  講師、お疲れ様でした! 
>  記事を読んでいて、危険な道具の危険性を理解しつつつかいこなす醍醐味…まさに、わたしとチェーンソーの関係もそれだと思いました。
>
>  話が飛躍しますが、安全そのものの状況より危険と隣り合わせのドキドキ感に興奮するってことも進化?進歩の原動力だと思います。そして、それが道具を使いこなし進化してきた人類の他の動物たちとの大きなちがいだと思います。
>  竹トンボ作りから将来すばらしいエンジニアがそだつかもしれないですよ! 
>  
きこりままさん こんばんは
いや~っ楽しかったですよ。
どの子もナイフを持ったのは初めて。
小さな手で、細い指で、固い竹を削るのは本当に大変だったと思います。
少しは手伝ってもらったりしながらも、皆、何とか「飛ばす」ことができました。
「今度、またやろうね!」と声をかけてくる可愛い女の子。
そして最初からとにかく黙々と集中して削る男の子。
竹のサンプルとして持って行った1m近い竹を、
その子は「欲しい」と、大事そうに抱えて持って帰りました。
[2012/08/05 21:07] URL | Taz #- [ 編集 ]

こんばんわ!
チョイワルジジィさんがちびっ子と触れ合うと、創造性のスイッチが入るんでしょうね〜( ´∀`)
そのスキル、知識、人間性?を子供の育成に役立てるために、TAZU次郎先生として活動しましょう!
[2012/08/05 21:48] URL | kenken #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
kenkenさん こんばんは
子どもは、正直だからリニヤーな反応が返ってきて、ストレートだよね。なによりパワーが溢れてるよねぇ。
だからジジィはこのパワーを浴びて元気を一杯もらえます。楽しいです。
でも、「でんじろう」さんにはなれないですねぇ。やっぱり怪しげな「Tazumicchi」かな。
[2012/08/05 22:23] URL | Taz #- [ 編集 ]

何か光景が目に浮かびますね(^^)
私も小学生のころ工作が好きで竹トンボもよく作ってたのを思い出しました。
子供たちにもいい思い出になったと思います。道具を使うことの楽しさを覚えてほしいですよね。
因みに私、鉛筆はカッターで削ってます(^_^;)w
[2012/08/08 00:21] URL | #- [ 編集 ]

おはようございます。楽しかったですょ。
子供達にとっては結構大変な作業だったと思うんですが、頑張って皆飛ばすことができました。
目がキラキラしてました。
[2012/08/08 07:50] URL | Taz #- [ 編集 ]

Tazさんに直接モノ作りを教えていただけるなんて
こどもたちは幸せ者ですね♪
[2016/06/19 23:57] URL | 南 キリ #- [ 編集 ]

Re: 南 キリさん
南 キリさん こんばんは
子供達の輝く目と、歓声に
触れさせていただけるなんて
有難く、とても幸せ者です(^_^)v
[2016/06/20 00:25] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/184-4ec3c0c1