なんでも DIY Diary サニールートコーヒー/カフェ情報/フィルムカメラ
なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



サニールートコーヒー/カフェ情報/フィルムカメラ
Sunny root coffee/Cafe info
         /Film camera
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

幹線 国道11号線沿い春日町に ディープなカフェ サニールートコーヒー

カメ友さんから、「若い店長さんが、フィルムカメラを若者に紹介し、お店の雰囲気も昭和レトロで・・・面白いカフェがある、但し喫煙を売りにしているお店なのでイヤかも」との紹介。
面白そうということで、行ってみる。個性的なカフェは、隠れ家のように郊外にあるのが常ながら、紹介されたサニールートコーヒーは、高松市春日町の幹線道路11号線沿い、ニトリと駐車場を共用し、外観も極めて一般的なお店。
入口横に Smoking OK の看板。そして扉を開けると、70年代の昭和レトロの世界が拡がる。大好きなミニカーや愛読した本の数々、そして現役のフィルムカメラが並ぶ。頂いたアメリカンコーヒーも好みにピッタリで美味しく味わう。Smoking OK も理解でき納得。
店長さんからフィルムカメラのお話を聞き、素敵な写真も見せてもらう。カメラと云えばデジカメと思って、40年以上前に、フィルム一眼を買っていたことを思い出す。帰宅後、探すと、埃まみれのバッグに入った オリンパスOM-1 と再会。カビ等を心配していたものの保管良好。
露出計の電池は既に廃版、互換品を探し通販で入手。専用のバッグも新調。ISO400のフィルムを入れ試し撮り。晴天屋外では、最大に絞り、最高のシャッター速度にしても露出オーバー、撮影できない・・・フィルターはこのような状況に対応する為にあるのだと改めて実感。
シャッターを押しても現像するまで分らず、費用を考えると失敗もできない。正に真剣勝負。
久々に、"撮る"、"カメラ" を再認識。時々、こいつと一緒に遊びたくなりました。

・OLYMPUS OM-1/購入1976年
 レンズ/ ZUIKO 28㎜ f3.5、 ZUIKO 50㎜ f1.4、 ZUIKO 200㎜ f4
 露出計用水銀電池 MR-9 互換品:アルカリボタン電池 LR625G

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



大坂万博 EXPO'70への拘り そしてフィルムカメラへの招待


溢れる大好き世界の品々 禁煙の身ながら店内喫煙可も納得



OM-1 42年前に購入30年以上お蔵入りのフィルム一眼 復活 

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト


コメント
どど~~~~ん真打登場。
蘇らせるのですね。
レトロっぽい写真集にまなうように、、
そうじゃ、私ももう一絞り、、wwwwwww

青春がよみがえってきそうですね♪
[2018/03/03 01:42] URL | hippopon #- [ 編集 ]

フィルムカメラ
Tazumichi様
おはよう御座います。

以前お話したことがあると思いますが亡くなった家内は
元プロカメラマンでした。そのためカメラは沢山ありました。
亡くなってから仲間の人達に形見分けしたのですが7台
ありました。デジタルは1台だけあってそれは私が使っています。
最近クローゼットの中からもう一台出てきました。
ニコンF-3のフィルムカメラです。レンズも一式ありました。
これは記念にとっておこうと思っています。

愛新覚羅
[2018/03/03 08:01] URL | aishinkakura #- [ 編集 ]

昭和の余韻を展示したカフェ、良い雰囲気
です。
高級機も展示されていますね。

所有されているOM-1は一世風靡した名機。
名機を駆使し、昔から良いお写真を撮影
されていたのだと推察します。

ピーカンでISO400のフィルムを使用すると
NDフィルターを使いたい場面もありますね。
連続撮影枚数も限られ、1枚を丁寧に撮影
する必要があったフィルムカメラ。
現代では贅沢仕様ですね。
[2018/03/03 08:01] URL | ichan #- [ 編集 ]

私も子どもの頃はフィルムカメラが当たり前でした。
その当時はなーにも考えずにシャッターを押してました。
「作品を作る」んじゃないですよ。
「ちょっとシャッター押して〜」とか「カメラ貸して〜」というノリで…。
今考えると、あれはちゃんと撮れてたのでしょうか???
そこにあるものをそのまま撮る。
そんな押し方です。
今はデジタル一眼で連写バチバチ、即結果を見て消去・保存。
それは便利で大変重宝してますが、
一瞬一瞬大切に切り取る。
現像まで結果もわからず…の方がより一層思いが込められますね。きっと。
写真とはなんぞや?の原点に戻る、そんなフィルムカメラ…

わたしもやってみたいゾォォォ(^-^)!
[2018/03/03 18:25] URL | 南 キリ #- [ 編集 ]

フィルムカメラ、味わい深いですね。
[2018/03/03 19:09] URL | バードアイ #- [ 編集 ]

Re: hippoponさん
hippoponさん こんばんは
どど~んな一枚が撮れるでしょうか
現像して、焼くまで、どんなものか判らない
安易にどんどん撮れるデジカメとは
シャッターを押す瞬間が全く異なりますね
青春とはいきませんが
タイムスリップした気持ちで撮りたいですね(^_^)v
[2018/03/03 19:42] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 愛新覚羅さん
愛新覚羅さん こんばんは
F-3とても素敵な逸品ですね
奥様の、温もりが残っていそうです
フィルムはアナログで人に優しい感じ
是非、F-3で素敵な一枚を撮って下さい(^_^)v
[2018/03/03 19:50] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: ichan さん
ichan さん こんばんは
70年代に拘った、私の青春時代そのもの
懐かしさを感じて、とても癒される雰囲気
大学の同級生がFBを見て
同じOM-1を持っていると写真付でコメントをくれました
同世代、同じ嗜好だったんですね(笑)
[2018/03/03 19:55] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: 南 キリ さん
南 キリ さん こんばんは
デジカメはホント便利、性能も超高性能
ピント、絞り、シャッター速度・・・カメラが最適に決めてくれ
そして撮影後も、自在に画像編集が可能・・・
ついつい、とにかく撮れば、なんとかなるとシャッターを押す
それに比べ、フィルムカメラは全て手動
焼くまでどんな具合か判らず、失敗しても消せない
正に、真剣勝負、一発勝負でシャッターを押す
その気迫、想いが写真にも表れるのかもしれませんね
フィルムカメラ、是非撮ってみてください。
[2018/03/03 20:03] URL | Taz #- [ 編集 ]

Re: バードアイ さん
バードアイ さん こんばんは
そうだと思います
まだ、試し撮り中ですが、焼くのが楽しみです(^_^)v
[2018/03/03 20:05] URL | Taz #- [ 編集 ]

銀塩カメラ(ミノルタSR-1s)のモノクロ時代は自分で焼いていたので好きでした
当時のカメラやレンズ、本当は置いておきたかったのですが、やはり保管場所やホコリをかぶるだけなので、割り切って全部下取りで消えました
デジカメのタイミングを逃さずバンバン取れる便利さを知った今、もう戻れない私ですv-16
[2018/03/04 18:34] URL | yogorou #Jr4WCcEI [ 編集 ]

Re: yogorou さん
yogorou さん こんばんは
完璧に忘却の彼方
今回、サニールートコーヒーでお話を聞いて思い出しました
幸運にも、保管状態良く、使えそうです
買った時、それほどのめり込むこともなく、ほどなくお蔵入り
フィルム時代を通して、カメラの写真の何たるかを
再認識できればと思っています。
[2018/03/04 20:53] URL | Taz #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tazumichi.blog.fc2.com/tb.php/1007-042919b6