なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



竹ぽっくり/工作教室
Bamboo Pokkuri/Child Workshop
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

完成した竹ぽっくりに乗り ハイ!チーズ 自作完成の満足顔

恒例の夏休み工作教室、担当させてもらうようになって早や6年目。初回以来、ずっと竹に拘ってきたものの、限られた時間で、子供達が造ることの出来るテーマとなると、そろそろネタが尽きてきた感が否めず。
そんな中、子供の頃、空き缶を使って遊んだ“ぽっくり”を竹で造ることに。馴染みのないテーマだったのか、参加者は少なく、6名。
使用する竹は太く、手で挽くには大変。また、紐を通す穴明けも太いキリを使う。そこで、今回は、電動工具も知ってもらおうと、電動丸鋸と電動ドリルを用意。
7月28日、9時30分、コミュニティセンターに参集。皆、元気に大きな声で挨拶。今回は、少人数と云うこともあって、きめ細やかな対応も可能。ぽっくりの高さ等、基本、子供達の自主性を尊重、自由に決めてもらう。
中には50cm位の長さにしようとした子供もいたが、実際に切ってみると、乗れそうにもないと実感し、短く修正。
独りで、手引き鋸を使って最後まで切りきった子供も、その達成感の笑顔は最高。電動ドリルも、最初は恐る恐るだったが、直ぐにコツを掴んで自力加工。
試行錯誤しながら、目標達成の楽しさを味わってもらえた。
完成後、はしゃぎながら、夢中で歩き回る、子供達。“竹ぽっくり”、なかなか良いテーマだったと再認識。

・ぽっくりの語源について/Netより抜粋・編集
ぽっくりは木履(ぼくり)という下駄の一種が語源。木履下駄とはもともと日本の町方の子女の履き物。今でいうなら厚底サンダルのように高く、つま先部分が鋭利な形をしている。美しい布で作った緒をすげ、赤か黒のウルシが塗られる。舞妓や半玉、花魁や太夫につく「かむろ」の履き物でもあり、七五三のお祝い履きにも使われる。最近では、結婚式や成人式に用いられることもある。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


近所の御殿神社裏竹林の孟宗竹 同級生のK氏と共に伐採



6人と少人数 故の密接なフォローも可能 皆自身の手で造る


丸鋸も用意したが 自らの手で最後まで太竹を切断 達成感大


完成を楽しみ 片づけも自ら進んでしっかりやる Good Kids


工作単純なれど 子供達は大いに楽しみ なかなかのテーマ
 
2016/08/01 スマホスピーカー/竹/工作教室 (07/29)
2015/08/15 独楽/竹/工作教室 (07/30)
2014/08/18 おはしと器/工作教室/流しそうめん(07/29)
2013/07/26 水鉄砲/工作教室(07/25)
2012/08/05 竹トンボ/工作教室(08/04)

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト

2つの光の物語/カンパニー・デ・キダム
Two Lights Story
    /Compagnie Des Quidams
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

SETOUCHI SUMMER NIGHT FESTIVAL 2017 2つの光の物語

昨年、初めて SETOUCHI SUMMER NIGHT FESTIVAL 2016 真夏の夜の夢 を知り、終盤の8月4日に参加。サンポートという良質な空間で、夏の夜を楽しみ、素敵な“文化”に育って欲しいと実感。
引き続き、今年も開かれ、今回は、7月22日、初日、自転車で出動。“真夏の夜の夢”を堪能することは勿論乍、一番の目的は、カンパニー・デ・キダムのパフォーマンスを見、撮影すること。
幻想的な正に真夏の夜の夢を体感したような素晴らしいパフォーマンス。ただ、夜間撮影の難しさを改めて実感。
2週間の会期、何度も行きそう。 

・SETOUCHI SUMMER NIGHT FESTIVAL 2017/香川県HPより抜粋・編集
期間:2017年07月22日~2017年08月06日 場所:サンポート
アート県・香川のイメージ定着化とともに、交流人口の拡大を目的とし、、瀬戸内海を臨むウォーターフロントの特性を生かしたアート色豊かなイベント。

・カンパニー・デ・キダム/香川県HPより抜粋・編集
1994年から数々の公演を行い、フランスを拠点として国際的に活動しているスペクタクル・パフォーマンス・グループ。シアター、ダンス、音楽、サーカスの要素を持つ新感覚のストリートシアターパフォーマンス。「Rêve d’Herbert~ハーバートの夢~」と「FierS à Cheval~誇り高き馬~」は彼らの代表的なプログラムとして、フランス本国のほか、ヨーロッパ各地のフェスティバルやストリートで大きな評価を得ている。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



幻想世界 ギリシャ彫刻様の巨人達 クリオネの如く妖精に変身




妖精に宿る慈愛の眼差しの聖人達が展開 正に真夏の夜の夢 


エアーリリースし ひと時の夢も覚醒 8月6日迄開催 ご高覧を

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

ひまわりの里まんのう/2017
Sunflower Village Mannou Town/2017
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

初ひまわり畑訪問 見事に黄色絨毯拡がり 撮影シーンも多し

一面に咲き乱れたひまわりの写真、昨年から、FBやブログ等で見かけ。今年も、ひまわりのシーズン、そんな中、「ひまわりの里まんのうが見頃」とのローカルニュースが流れる。
空梅雨気味で、強い陽射しが降りそそぎ、ビートでオープン走行なんて論外の7月13日、初ひまわり園訪問。
満濃池西側、JR土讃線塩入駅周辺に黄色絨毯が拡がる。平日にも拘らず、まずまずの来訪者。友人と、カップルで、そして親子で、そんな中、目を引いたのが結婚式の前撮り、滞在中、2組が、炎天下の下、様々のショットを撮影。
観光列車、“四国まんなか千年ものがたり”が16時半頃に通過するので、今ハマッテいる流し撮りで撮影しようと、待ち構えていたものの、最徐行で登場。ひまわりの里を堪能できるようにと乗客へのサービス・・・残念。
撮った写真は、列車の前に電柱が、ひまわりは横、中には背面を向き・・・完全に撮影ポイントミス。
またも、“カメラ初心者”を実感。来年は最適条件で撮るべく、誓リベンジ。

・ひまわりの里まんのう/NET情報より抜粋・編集
香川県仲多度郡まんのう町帆山地区は「ひまわりの里」と呼ばれ、ひまわりの栽培が盛ん。ひまわり油に加工、しぼりかすは肉牛の飼料にし、「まんのうひまわり牛」として開発。1998年よりひまわり栽培
平成29年度の栽培面積は町内全域で約22ヘクタール、約100万本の花を咲かる。

・四国まんなか千年ものがたり/JR四国HPより抜粋・編集
多度津から大歩危間を走る観光列車。「おとなの遊山」をコンセプトに、和の風情にしつらえた空間の中、地元食材の料理を堪能し、大自然が生み出した里山や 渓谷美に思いを馳せる列車旅を提供。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


広大なヒマワリ畑が拡がる 強い陽差しの下実り 頭を垂れる



賑わうひまわり畑 様々のローケーションで撮影 前撮り目立つ



四国まんなか千年ものがたり 徐行 車窓から ひまわり堪能



蜜蜂やコガネムシ等の昆虫達 花粉を一杯纏い 実りの使者 

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

サンポート高松トライアスロン2017/エイジ/観戦
Sunport Takamatsu Triathlon 2017
           /Age/Watching
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

アジアカップに続いて トライアスロン一般 600名超え 参戦

前日のアジアカップは、オリンピックを目指す選りすぐり少数精鋭選手達の戦い。翌日、7月9日は、エイジ競技会(一般)で、エントリー、個人/480人、リレー/115名、インターカレッジ/30名と、600名超えの多数参戦。
2日続けて、自転車で会場のサンポートへ。観戦目的は、現役時代の同僚、Kさんが初参加と云うことで、その応援と雄姿撮影。
天気予報では、雨との情報もあったものの、靄っぽいながらが、何とか晴。大雨でも行くぞ!の意気込みだったので、幸運。
あまりにも多くの選手、水泳、自転車とも、Kさんの姿を見つけられず、最後のランニングでやっと走ってる姿を発見。
今回は、流し撮りをトライし、スイムからバイクに移るトランジションでランナーを流し撮り・・・帰宅後パソコンで撮影画像の確認・・・なんとそこにKさんの姿、ファインダーで覗いている時は全く分からなかったが、チャント彼の雄姿を撮影!・・・正にミラクル! 
スイム (750m×2周回)、バイク (5km×8周回)、ラン (2.5km×4周回)の鉄人レース。とんでもない世界、そのトライアスロンに参戦する後輩、誇り以外の何物でもない。初参戦で137位/500名、好成績!。
その雄姿に感動一杯。完走後の微笑み超カッコ良し。Kさんに深謝。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


雨の予報の中 何とか晴れ スイムスタート 観客も多数観戦



市内を疾駆するバイク 高松駅下を横切るトンネル周辺は見所



赤灯台 せとしるべでのランニング 最高のロケーションで激走



現役時代の同僚 Kさん初参戦 感動を頂きました 最高の笑顔


過酷な鉄人レースを終えゴールイン! 達成感・喜びもひとしお

2017/07/14 サンポート高松トライアスロン2017/観戦/エリート
2016/07/11 サンポート高松トライアスロン2016/観戦
2015/06/25 サンポート高松トライアスロン2015/観戦
2014/09/08 サンポート高松トライアスロン2014/観戦

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

サンポート高松トライアスロン2017/エリート/観戦
Sunport Takamatsu Triathlon 2017
           /Elite/Watching
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

トライアスロンアジアカップ(2017/ 高松) 迫力の高速バトル 

サンポート高松トライアスロンは、2010年 第一回大会以来、初の国際公式大会 アジアカップを7月8日に開催。一般参加の従来大会も翌7月9日に開催。
2大会は、其々、NTT ASTC トライアスロンアジアカップ(2017/ 高松)/エリート競技大会 と サンポート高松トライアスロン~瀬戸内国際体育祭~/エイジ競技大会。今回は、アジアカップを報告。
7月8日、午前6時、自宅を自転車で出発。気掛りだったお天気もまずまず。会場は、スカイブルーで統一デザイン、オシャレな雰囲気。
男子が7時、女子は8時25分のスタート。コースは、サンポート高松周辺の海と中央通り市街地コースで、男女共に、スイム:0.75km (1周回)、バイク:20km (4周回)、ラン:5km (1周回)。
男子は、72名エントリー/64名完走し古谷 純平選手(三井住友海上/東京)が、55分22秒で優勝。女子は、32名エントリー/全員完走。優勝は、1時間2分23秒で瀬賀 楓佳選手(トーシンパートナーズ/山梨)。
印象深かったのは、とにかく“速い”ということ、特に、バイク。シャー、ガーとタイヤ音を残して走り去るスピードは圧巻。
エントリーは少ないものの、男女共に見応えのある、素晴らしいレースでした。
以下、男子/左側、女子/右側に各シーン掲載。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。

男女共、選りすぐられたエントリー コンパクトながら高速バトル


バイクのスピードは圧巻の高速バトル 高速での接触落車も


スピーディなトランジットも重要スキル 慌ただしいバトル展開


逞しい脹脛 短距離走の様に駆け抜けていく 国際色も豊か


男女共独走で日本人優勝 流石、国際大会コースデザインも秀逸


古谷選手26歳 瀬賀選手19歳と若さ爆発 東京五輪が楽しみ

2016/07/11 サンポート高松トライアスロン2016/観戦
2015/06/25 サンポート高松トライアスロン2015/観戦
2014/09/08 サンポート高松トライアスロン2014/観戦

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

草抜き/薩摩芋/2017
Weeding/Sweet potato/2017
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

空梅雨気味だったものの 雨も降り 真夏日も 雑草も急成長

5月24日に薩摩芋植え付け、その後、ほど良い間隔で適度のお湿りもあって、水遣りに行ったのは3回程度。
2週間程前、少し雑草が目立ち始めたので、1時間程をかけて、手で草抜き。
それまで、空梅雨で殆んど雨も降らず、雑草の成長もイマイチだったのか、ここにきて本格的に雨も降り、気温も上昇。
一気に雑草も成長。7月6日、畑の様子を見て、ビックリ、あっという間に深い雑草に覆われ、薩摩芋の葉は草に埋没。
翌日、七夕、曇の天気予報が徐々に晴れ上がり、畑に出かけた11時前には、青空ものぞき、真夏のような陽射し。
背中に陽を受ける作業になるよう、畑の東側から抜くことに。曇、もしくは雨も予想していたので、飲み物は不携帯。
途中、丁度、実っていた枇杷で喉を潤す。植付け前の畑耕作の際に、陽射し確保の為に、樹の半分を選定したこともあってか、今までになく実のサイズも大きく、甘くて瑞々しく、とても美味。
午前中1時間で畑の1/3を、そして、午後に2時間、計3時間で無事草抜き完了。
今後のケアー、くれぐれも怠ることなかれ・・・。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


2週間程前も 手で草抜き 油断大敵 あっという間に草ボウボウ



午前中 約1時間で畑の1/3終了 炎天下 水分補給は枇杷



午後からは 残りの 畑の西側 2/3 を約2時間で作業終了

2017/05/28 植付け/薩摩芋/2017
2016/05/18 植え付け/薩摩芋/水事情/2016
2016/05/06 畝起こし/薩摩芋植え付け準備/2016
2015/05/23 植え付け/薩摩芋/2015 
2014/05/08 植え付け/薩摩芋/2014 
2013/05/11 植え付け/薩摩芋 
2013/05/05 畝起こし/薩摩芋植え付け準備/サラダ  
2012/05/19 薩摩芋植え付け  

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

紫陽花/撮影/2017
Hydrangea/Shooting/2017
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

花を追っかける・・・ことは無かったのに 今年は紫陽花 追っかけに

花を追いかけて撮影なんてことは、今まで無かったこと。ところが撮りつくされていると思っていたサクラ、その桜の様々な、表情、その造り出す空間に魅せられ、追っかけ撮影、4/224/25 の2回に亘ってアップ。
カメ友さんから、「アジサイが見頃のようですよ」と連絡されても、「アジサイかぁ」と、高を括っていたところ、偶然自宅庭で、母が植えたガクアジサイに目が留まり、一目惚れ。
という訳で、自宅庭や近所はもちろん、紫陽で有名な、番の州公園、亀鶴公園などにも出かけ撮影。またカタツムリを飼育し、紫陽花とのコラボしたり、夜間に照明を当てての撮影と、結構楽しく紫陽花を堪能。
何事にも、新たな世界のあることを実感。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


紫陽花で有名なスポット 近所のそして自宅庭 様々で撮影



紫陽花には雨 まるで宝石を散りばめた様に纏わり付く水滴



紫陽花に魅かれて(置かれて?)小生物とのコラボレーション



紫陽花には雨 雫とのコラボでファンタジーワールドへ誘う




フラッシュフラワーリングで浮かび上がる 非日常の紫陽花姿

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

カタツムリ/飼育/その後
Snail/Breeding/After that
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

最大8匹の飼育から最終3匹に モデルとしての活躍 期待大

紫陽花に蝸牛、絵になるなぁということで、カタツムリを飼育することに。自宅庭をうろうろして捕獲。
最初の1匹目は、カメ友さんの所へ、婿入り。その後、見つけたものを都度、飼育ケースに、結果8匹が狭いケース内で同居。
このうち、一匹は、カメ友さん所に1匹目のパートナーとして引き受けて頂き、残りは7匹。紫陽花に乗っかってもらて撮影中、少し席を外して帰ってくると、姿が見えず、結果6匹に。
カメ友さん同じく、2匹を飼育することにし、梅雨の雨の日にデッキ上に4匹を放つ。1時間経っても移動距離は1m前後。ゆっくりとした時間が流れるも、翌日には姿無く、無事庭へ帰還。
その後、昼、夜と、様々なロケーションで撮影。そんな時、デッキ上のテーブルの上にまた1匹。行方不明になったものか、放ったものか、はたまた新顔か・・・殻の色合いが3匹其々に個性あり。
結局、3匹を飼育することに。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


梅雨らしい雨の日 4匹をデッキに放つ 1時間後でも移動僅か



殻のコントラスト 薄いのから濃いのまで 最終 3匹を飼育 




我が カタツムリモデルチーム 様々のロケーションで活躍中

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック