なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



高松市水道博物館/耐震補強等工事
Takamatsu City Waterworks Museum
/Seismic reinforcement etc construction
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

御殿浄水場の高松市水道資料館 耐震補強等の工事開始

4月9日(日)、西方寺山の桜と御殿浄水場をめぐる/ふるさと探訪に参加した際、高松市水道資料館が、耐震補強等の工事を行う為、 4月10日~約一年休館する事を知る。
高松市水道資料館耐震補強等実施設計業務仕様書の設計要件には、「水道資料館の文化財的価値、基本的な設計方針、特性、現状等を十分に把握した上で、水道資料館の文化財的価値を損なわず、かつ、発注者が予定している新たな活用方法に適した耐震補強及び改修、水道資料館の外観と調和した外構、工期、耐久性、維持管理等に配慮すること。」とあるので、現行のイメージは崩さず。“古さ”を継承できるものと期待。
ただ、聞いた話では、建物の横に植栽されたソメイヨシノは、古木の為、全て伐採するとのこと、残念至極。
可能な限り現状を毀損することなく工事が進められることを願うばかり。

・高松市水道資料館/高松市HPより抜粋・編集
1987年6月6日、高松市の近代水道発祥の地である御殿浄水場内に開館。建物は、高松市の近代水道創設のために建設された旧御殿水源地のポンプ室、事務室、倉庫を改装。これらの建物は、1917年と1918年に建設されてから1986年に現在の管理棟が完成するまで、約70年間に亘って使用。長い年月の間に増築や改築された部分はあるものの、ほとんどの部分は建設された当時の姿を残しており、歴史的・文化財的価値が高い建造物として、1985年に厚生省(当時)の「近代水道百選」に選ばれたほか、1997年には歴史館(旧ポンプ室)とPR館(旧事務室)が、また、2016年には資料保管庫(旧倉庫)、集水埋渠東方人孔、北門門柱、擁壁が、国の「登録有形文化財」に登録。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


4月28日の様子 工事開始に向け フェンス設置作業が進む



5月2日の様子 周囲フェンスも完成 工事開始 桜伐採は未だ



来年3月16日まで約一年間 耐震補強等を行いリニューアル

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト