なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



お土産/タイ赴任/友人
Souvenir/Thailand new post/Friend
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

娘さんの卒業式出席の為一時帰国 今回も素敵なお土産を一杯頂きました

機械工学系の修士課程を卒業する娘さんの卒業式に出席の為、タイから一時帰国したAさんの奥さん、その卒業式の前日、娘さんと一緒に来訪。タイでのAさんの様子や仕事などについて、進捗具合や、貴重な体験などいろいろと話を伺いました。
娘さんは、「お父さんの作っているクレーンを作りたい」という夢を現実のものとして、この4月からは、タダノに入社。技術者としての一歩を踏み出します。
異国の地で、クレーン工場を軌道にのせるべく頑張るAさん夫妻、そして、父の後を追い技術者として一歩を踏み出すお譲さん。
応援してますよ!
そして、今回も、素敵なお土産を頂きました。ありがとうございました。
木製のTukTuk/ツクツクは、ある日、Aさんが見つけ「これは絶対お気に入りになる!」と、当方へのお土産として買ってくれておいたそうです。早速、カーゴクレーン用のミニカー棚に以前頂いた空き缶製に並べて飾りました。

・ココナツミルクラベル記載英文
How to use:
Take 1-2 tablespoon before breakfast and dinner. The balance in the body Original.
Use thick Luoyang mouth disinfection in the morning before brushing teeth,15-20 minutes.And spit out a healthy mouth and teeth.
Use sunscreen lotion and the skin soft and smooth.
The Makeup Massage and Facial.
The hair soft Shiny black hair to the scalp.
 
2014/09/23 友人来訪/タイ/天空廻廊
2013/01/17 お土産/タイ赴任/友人



「絶対お気に入りなる!」とAさんが購入 奥さんの帰国で遠くタイから日本へ


蜂蜜とココナツオイル 全てタイ語表示 小ラベルに唯一英語で使い方表記


ミニカー展示棚 カーゴクレーンコーナーに 空き缶製ツクツクと並べて展示 

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト

大平正芳記念館/サイクリング
Masayoshi Ohira Memorial/Cycling
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
150321-01A.jpg
香川西端 観音寺 片道約50km 春めく好天 快走 初100kmサイクリング

ローカルニュースを見ていると、大平正芳元総理大臣の記念館がこの3月末で閉館されるとのニュース。地元香川出身ということもあり、とても印象深い政治家の一人。閉館するまでに、一度は行こうと思っていました。
記念館のある観音寺までは、片道約50km、自転車で行けば、初の100kmサイクリングとなる。好天となった3月21日の土曜日、9時半頃に出発、春を感じながらマイペースで行ってきました。
12時過ぎに、観音寺に到着。途中何ヶ所かの峠越えもあり、とにかくエネルギーを使い果たした感じで、超空腹!。美味しそうなうどん屋さんはないかと走っていると、ひなびた感じのイイ雰囲気のお店を発見。
B/十日屋さん、1963年にうどんの製造販売を始め、2003年にセルフの製麺所・うどん店を開店というお店。釜揚げと、ゲソ天を注文。細めのモチモチ麺で旨し。ゲソ天もカリカリの衣でこちらも旨し。偶然に大当たりのお店に飛び込み、エネルギー満タン補給。
記念館には、既に数名の方が来館し、展示物を鑑賞。写真や書、そして遺品等を見ていると往時の息遣いが伝わってくるようで暫し時を忘れて見入ってしまいました。
館員の方に聞くと、記念館は完全に閉館し、所蔵品は国会図書館や県立図書館、地元観音寺市にそれぞれ寄贈されるとのこと。
ジャーナリストの池上彰氏が、「ただ一人尊敬する政治家は、大平正芳」と評する政治家。後世に伝える場を遺して欲しいものです。
帰りは別ルートで、途中名物の鳥坂まんじゅうをお土産に買い、午後5時ごろには帰宅。後半、サドルに接する股間に痛みを感じ、腰を浮かして走行。これ以外は、さほど疲れもなく、まだ走れそう。全行程約100km、今までで最長のサイクリングになりました
次のステップは150km行程、鳴門渦潮観潮といったところでしょうか。

・大平正芳/Wikipediaより抜粋
演説や答弁の際に「あー」、「うー」と前置きをすることからアーウー宰相の異名を取った。また、その風貌から讃岐の鈍牛とも呼ばれ、鈍重な印象が強かったが、実際は頭の回転が早く、ユーモアのセンスもあり、発言も論理的で、早口であり、「あーうー」を除けば全く乱れがなかった。自身は「戦後で一番長い間外務大臣をやらせていただきましたが、外務大臣の答弁は下手に言えないので、あーといいながら考えて、うーと言いながら文章は考えてその癖がついてしまったが、悔いはございません (笑)」と発言。このような朴訥で謙虚な人柄だったが、「戦後政界指折りの知性派」との評が一般的で、学問や人間の知的活動への畏敬の念を、政治の場にあっても終生失わなかった。財政問題への取り組みや、「総合安全保障」の提唱、1960年代の外相時代から、自衛隊も含めた積極的な国際貢献を唱えたことなど、その政治思想や経済観の先見性は今日顧みられることが少なくない。


A/国道32号線直前 可愛い梅 艶やかに咲く 穏かな陽射し春本番近し


C/大平正芳記念館 観音寺市中心部 入口前道路 銭型マンホール蓋 


C/1階:書籍 VTRを見れる  2階:往時を偲ばせる様々の品々を展示


C/歴史の一コマを担った偉大な宰相大平正芳を身近に肌で感じる空間 


C/現在の諸問題を予見した先見性のある「九つの政策提言」 熱き想いの書


D/鳥坂峠の頂上 名物鳥坂まんじゅうをお土産に購入 多くの人で混みあう


サイクリングルート/参考:車ルート、自宅より約1km離れた御殿浄水場起点

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

艤装中/高松東港/ECO ENIGMA/サイクリング
Outfitting/Takamatsu East Port/
             ECO ENIGMA/Cycling
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

道路先端に目にも鮮やかな物が! 岸壁を使ってのLPGタンカー艤装工事

毎週金曜日は母の琴レッスンの日で松島町まで送迎。3月13日、この日もいつものように送っての途中、道路の先端に「んっ!」と思う程の鮮やかな船影が目に留まり、帰宅後、即、自転車で再訪。
場所は、昨年まで東京製鉄工場のあった朝日町で高松東港の西側の岸壁。その岸壁を利用して、LPGタンカーの配管等の艤装工事を行なっていました。
造船所ではなく、こういう岸壁で、艤装工事をするのは初めて目撃。タンカーの接岸した岸壁には、大型クレーンが3台、溶接用にガスボンベや電源供給のエンジン発電機、そして艤装資材が並べられ、多くの人々が忙しく立ち回って作業をしていました。
船の周辺を歩き回って撮影をしていると、沖合に最近何回か乗船のジャンボフェリーの姿が、深夜の到着でどのように入港していたか判らなかったのですが、直前に反転して接岸するという、見事な操船をしていました。
帰宅後、船名の ECO ENIGMA を入力して検索すると、VESSELFINDER というサイトをヒット。このサイトは登録した世界中の船の運行状況をリアルタイムに表示できるもの。
ECO ENIGMAは、ちゃんと朝日町の岸壁に接岸した状況になっていました。近くでは小豆島に向かう国際丸など航行中の船を確認することができます。ECO ENIGMAの船籍や排水量などの情報も得ることができました。
GPSとネットの成せる技。ネット社会の進化を実感した一コマでした。




ECO ENIGMA 船籍:マーシャル諸島共和国 総トン数:4200t 載貨重量トン数:4800t


岸壁に大型クレーン、発電機、艤装資材を設置して 多くの人が忙しく艤装作業


サイクリングルート/参考:車ルート、自宅より約1km離れた御殿浄水場起点


撮影中 沖合にジャンボフェリーの姿が 入港後反転して着岸 見事な操船


一週間後訪れてみると 岸壁は殆ど片付き 偶然にも出航直後 西方へ航行

☆現時点の位置は ECO ENIGMA Current position をクリックで確認できます

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

HONDA S660/正式情報/見積
HONDA S660/Formal information/Estimates
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

ついに市販車! 赤色での見積書(クリックにて拡大 確認可能)も入手

昨年の12月8日にS660の予約をして以来、ディーラーさんからの正式情報はなく、ネットで流れる情報に翻弄される毎日といった感じでしたが、ついに本日(3月19日)、HondaのKさんから「正式の情報が出ました」と、連絡があり、早速、ディーラーさんに出かけ、「説明だけ」という資料を見せて頂きました。
タブレットの販促用ソフトで、気掛りだった市販車のフォルムも確認。ネット上では、限定コンセプトタイプが出るとの情報があり、裏返せば、市販車は、昨年5月に見たモーターショー出品のコンセプトカーとはイメージが大きく変わるのではないかとの不安を抱いていましたが、ほぼコンセプトカーのイメージ。
ただ、仕様の内容の説明を受け、大きな失望感を感じました。それは、設定された3つの仕様の内容についてです。
β仕様がベース車で、α仕様は20万円アップの上位仕様となる訳ですが、その内容が、スイッチやノブそしてカバー類がピアノブラック⇒クロームメッキといった見栄えの内容が殆んど。そして限定車のコンセプト仕様もやはり見栄えの差別化が主なもの。
本来、テクニカルな足回りなどの、走りに関わる仕様差を期待していたのですが、「外観差」が殆んど、といったもの。
また塗装色の青、黄、赤の3色はα仕様のみの設定で、赤を選ぶと欲しくもないデコレーション付のα仕様になってしまうということになり「技術のHONNDA」イメージを損ねるもので、大いなる失望!
試乗車を確認してから、ジックリ検討することとなりました。

☆説明の中で確認できたデータ
・発表:3月30日       ・発売:4月2日       ・生産:700台/月
・β仕様:198万円     ・α仕様:218万円    ・コンセプト仕様:238万円
・ルーフはキャンバス巻き取りタイプで前部専用トランクに収納


市販車は、さまざまの危惧を跳ね返して、ほぼコンセプトカーのイメージで登場

※記事内のS660の画像は全てコンセプトカー
 見積書横の赤色のS660はネットより借用(転載不可)
 下部パールホワイト色は、2014/05/25 にEnjoy Honda 香川 2014にて撮影

2014/12/14 予約/HONDA S660         待望の具体的な動き
2014/07/07 Honda S660/開発中!       開発者達の熱き想い
2014/05/29 Enjoy Honda 香川/S-660/2014  コンセプトカー実車報告 

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

淳子原画展/魔女メグさん/YUNAYA/No.2
Junko Exhibition/Mazyo Meg/YUNAYA/No.2
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

淳子/魔女メグ/原画展再訪 前回観れずの datianさん ごろぉさん も紹介 

2月18日に淳子/魔女メグ/原画展に行ってきましたが、魔女メグさんとの楽しい会話にあっという間に時間が経ち、沢山展示されていたスケッチブックの大半を、鑑賞することができませんでした。
他の案件もあり、3月2日、再び神戸へ。そして、原画展にも行ってきました。
今回、再訪し、魔女メグさんの、そして、datianさんやごろぉさんさんの作品をじっくり鑑賞させて頂くことが出来ました。
原画展は、3月10日に既に終わっており、遅くなってしまいましたが、素敵な作品、一部ですが、紹介させて頂きます。

※紹介作品の写真は、影等の映り込みを避ける為、 斜めに撮影したものを
 平面形に、色彩等も一部修正。 原画と異なる部分もあると思われますが
 ご容赦願います。
※絵は、クリックすると一枚毎に拡大、再クリックでより拡大して鑑賞できます。

追)今回も、長居に拘らず、いろいろ気遣い頂き YUNAYAさんに感謝です。


datianさん/プチ撮り福岡そしてスケッチ 味わい深い様々の表情に溢れる 



かじがやごろぉさん/一心不乱 風景や静物 人物以外のGoLowさんWorld






魔女メグさん/魔女メグの今日もスケッチ 光あふれる桃源郷のような世界





魔女メグさん 人の産み出す街並み 人の息吹き 時の流れを感じる空間


魔女メグさん 様々の作品 豊かな表現 添えられた言葉に思わず微笑む

2015/03/11 キッチン展/あんカフェ/神戸
2015/02/24 淳子原画展/魔女メグさん/神戸 YUNAYA
2015/01/04 「62」楽描き/ごろぉさん
2014/10/23 スケッチブック展/あんカフェ/神戸北野

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

ひな飾り/四国村
Hina decoration/Shikoku Mura
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

四国村のひな飾り 2月12日(木)~3月22日(日)/無休 8:30~16:30

3月3日、節句の雛祭りは過ぎてしまいましたが、3月9日、激しい雨の中、「四国村のひな飾り」に行ってきました。
今回、友人に誘われて行ったのですが、四国村に対し、安直な開発のテーマパークのような印象があり、地元ながら今まで一度も行ったことがありませんでした。
入場してまず印象的だったのが、流れ坂と呼ばれる石畳の遊歩道、激しい雨にも拘わらず、足元は、水溜りもなく歩きやすく、そして広大な村内の遊歩道全てが、石畳、煉瓦、そして枕木と完璧なまでに整備されていました。
また、樹齢を感じる樹高のある林間に、巧みに調和させて移築された由緒ある古い建物も、日々整備保全されている様子で、とても質の高い空間となっていました。
事前に思い描いていたイメージとは大違い、こんなに素晴らしいところだったとは・・・ものの見事に裏切られました。
友人に誘われなければ、ずっと訪れることはなかったと思います。改めて、誘ってくれた友人に感謝です。
ひな飾りは、この素晴らしいロケーションの中で、とても雰囲気のあるものでした、そして激しい雨の中というのも、趣を深める一因となっていたかもしれません。
今後は、サイクリングコースの一つに加え、其々の建物をじっくり味わい。そして、四季折々、さまざまの表情を楽しみたいと思います。

・四国村/Wikipediaより抜粋
四国村は、高松市にある江戸時代から明治時代の民家を中心とする古建築をテーマとする博物館。1976年に開館。広大な敷地に、四国各県と兵庫県から移築・復元した民家、伝統産業施設、灯台をはじめとする建築物を展示する屋外型博物館。国指定の重要文化財建造物2棟、重要有形民俗文化財の建物6棟等、ほぼ全ての建造物が文化財の指定・登録を受けている。




農村歌舞伎舞台を雛壇が埋尽くす 様々のお雛様が華やかな舞台を演出  





様々な古民家に ささやかな飾り 枯れた空間に艶やかさが一際映える




流れ坂に始まり村内の通路は、石畳、煉瓦、そして枕木と歩きやすく美しい



様々の古い建物が復元移築 手入れされ 後世に遺す手段として納得

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

キッチン展/あんカフェ/神戸
Kitchen Exhibition/AnCafe/Kobe
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
150308-01A.jpg
「あるいとう」/ななじ眺スタンプラリーポイント あんカフェさん しのぶオーナー

北野の異人館街と神戸を舞台にした少女漫画、「あるいとう」/ななじ眺のスタンプラリー、その中の一店である、あんカフェさん。そこで開催された、キッチン展 at あんカフェ 神戸北野 2月8日~3月8日に、3月2日行ってきました。
昨年の10月に訪門して以来、ほぼ半年ぶり、そして先日訪神するも、休みで来れなかったリベンジの再訪でもあります。
今回も、キッチンをテーマにした個性豊かな楽しい絵が集合していました。オーナーのしのぶさんには、写真撮影についてご協力いただき、皆さんの作品についても丁寧に説明していただきました。
途中、出品者の一人、みすずさんが友達と一緒に御来訪。いろいろお話を伺い、またスケッチブックも見せて頂きました。
長居にもかかわらず、いろいろ対応頂き、ありがとうございました。

※紹介作品の写真は、硝子の映り込みを避ける為、 斜めに撮影したものを
 平面形に、色彩等も一部修正。 原画と異なる部分もあると思われますが
 ご容赦願います。
※絵は、クリックすると一枚毎に拡大、再クリックでより拡大して鑑賞できます。

150308-02A.jpg
神戸北野あんカフェ レトロな落着いた雰囲気の店内に溶込み 並ぶ作品




くぼさん


みすずさん


しらいしさん
しらいしさん




当日お会いしたみすずさん お願いしてスケッチブックを見せていただいた 

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

鉄人28号/新長田
Tetsujin 28-go/Shinnagata
[写真をクリックすると拡大して見ることができます]

会いたかったぁ 原寸大鉄人28号 見事な青空に映え迫力満点のお出迎え

魔女メグさんの記事で、大好きな鉄人28号が、それも原寸大が、新長田駅前にいるとの情報。是非会いたい!
そこで2月18日(水)、ジャンボフェリーに乗って自転車で行ってきました。当日はとても風の強い日で晴れたり曇ったりという感じでしたが、陽が射すと空気が澄んでいて見事な青空が現れ、絶妙にバランス良い雲が浮かび流れていました。
三宮駅から、JRの線路沿いに一路西へ、約30分弱で新長田駅に到着。駅に着くも28号の姿は見えず、歩いている人に聞くと「そのビルの向こうだよ」とのこと。ビルを超えると、いました28号、感激の対面です。
早速、28号の廻りを廻って、さまざまのアングルから撮影。満足して、次の目的のスケッチブック展へ、魔女メグさんとも再会し、夜8時の便で帰高。
ブログにアップしようと、写真整理、そして情報確認でネットでチェックすると、あまりにも「見てない」ことに唖然。見たのは、鉄人28号のモニュメントのみ!
そんな訳で、3月2日(月)に再度、訪神。TETSUJIN STREETやKOBE鉄人三国志ギャラリー、等々、今度は、新長田の街をジックリ歩いてきました。
いつもながらの行き当たりばったりのドジな顛末でした。

・鉄人28号モニュメント/神戸公式観光サイト FeelKOBEより抜粋
JR新長田駅南側、若松公園内に設置。直立時の設定が18mの「鉄人28号」巨大モニュメント。 神戸出身の漫画家、故・横山光輝さんの1956年の作品「鉄人28号」を再現したもの。 新長田にゆかりの深い横山光輝さんの作品の魅力で街を盛り上げようと、地元の商店街等が中心となって立上げられた「神戸鉄人プロジェクト」が、震災復興と地域活性化のシンボルとして作られた。 モニュメントの周囲は「鉄人広場」として整備され、周辺の商店街には、同じく横山光輝さんの代表作である「三国志」を紹介する展示施設や作中に登場する武将の石像などが設置されている。 また鉄人28号モニュメント制作映像を流したり、鉄人28号関連展示やグッズ販売をする「KOBE鉄人三国志ギャラリー」もある。



新長田の象徴として鉄人28号 鉄人通り KOBE鉄人三国志ギャラリー


2月18日の鉄人28号は目の覚めるような青空と綿帽子のような雲に映える



再訪の3月2日 地上から離れ 東側の東急プラザ新長田ビル2階テラスから


御本家鉄人28号 Tazumichi天空廻廊に参上 重くて天空廻廊潰れるう!


裏山の浄願寺山頂上に現れた鉄人28号 それにしても巨大過ぎるでしょう


ROBO-Qに比べてどうでしょう どっちが強そうかな? こちらもデカ過ぎ 

2014/08/27 鉄人28号/食玩
2014/06/07 ロボQ/記念品/タダノ

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

神戸/ジャンボフェリー/サイクリング/再訪
Kobe/Jumbo ferry/Cycling/Revisit
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

自転車での神戸からまだ2週間足らず またまたジャンボフェリーに乗って神戸へ

先月の2月18、初めて自転車で神戸へ、目的は、スケッチ展の観賞と新長田の鉄人28号に会うことでした。スケッチ展は、YUNAYAさん、そしてあんカフェさんに行きたかったのですが、生憎、あんカフェさんはその日は休日。ドジさ加減に自己反省、今回は断念と思っていたのですが・・・。
鉄人28号の記事をまとめ、内容チェックの為、ネットでチェックしていると、あまりにも見過ごしていることの多ささに唖然。
見過ごしたと諦めていたキッチン展は3月8日まで、そこで、急遽、神戸再訪を決め、日程と天候をチェックして、3月2日(月)に再度行ってきました。
高松東港6時15分発、前回と同様、早朝5時に自宅を出発しようと、午前4時15分に寝室のTVを予約。ところが、目覚めたのは、なんと5時15分、「間に合わん!」と一瞬諦めかけましたが、ダメモトで、とにかく港まで行ってみようと、おにぎりを頬張りながら着替え、なんとか5時半過ぎに自宅を出発。
全力で漕ぐと同時に、信号のない最短ルートも必死で考え、暗闇の中、東港へまっしぐら・・・結果6時に着き、なんとか無事乗船することができました。
新長田の街を歩き回って28号情報を、そして、北野のあんカフェさんでは作品鑑賞はもちろん、人の出会いもあり楽しく過ごし、再度訪れたYUNAYAさんでは前回見れなかった作品もしっかり鑑賞(詳細は後報)。
前回と同様、帰宅したのは、午前1時過ぎ。朝、必死で漕いだこともあり、結構疲れが、ただリベンジを果たしたプチ満足感で、心地良い疲れでした。
ますます、神戸が近くなった感じです。

2015/02/21 神戸/ジャンボフェリー/サイクリング 



浴場や個室もあって充実の設備で快適航海 今回もタダノクレーン4台乗船 



小豆島坂手港に寄港 背後の山々 人の顔 自転車若人出航間に合わず



高松行のジャンボや海保の消防巡視艇に遭遇 久々に鏡自撮りで記念撮影


船内売店 うどんを食べ トラやんのストラップ購入 リュックで神戸へ同伴


前回見落とし多しの鉄人28号再訪 今回は鉄人PROJECTでお土産もゲット


前回お休みのキッチン展へ 北野の急坂 無着地であんカフェさんまで乗車


ボトルアートatYUNAYAさん 前回観れずの作品鑑賞 そして了解得て撮影



ポートタワーが潰れ  神戸海洋博物館のトラス屋根先端が月に刺さりそう

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

掬月亭のひなまつり/栗林公園
Kikugetsutei Doll’s Festival/Ritsurin Garden
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
150301-01A.jpg
江戸時代初期に建てられた掬月亭 そこに飾られたお雛様 茶と共に味わう

毎月配布されてくる香川県の広報誌「THE かがわ」の3月号を見ていると、催しの欄で、「栗林公園 掬月亭のひなまつり」 に目が留まり、2月27日(金)に、例によって自転車でチョコッと行ってきました。
平日ということもあり、数組のみの来亭者。お茶をお願いして、撮影の可否を確認すると「OK」とのこと。ゆっくりとお茶を味わいながら、お雛様そして庭園を愛で、とても贅沢な時間を味わうことができました。
お雛様は、掬月亭の初莚観北棟と初莚観の2ケ所に飾られていました。特に広々とした初莚観の一角、黒漆塗り井桁菱格子の床の間に慎ましやかに置かれたお雛様は、超贅沢空間といった趣。
ちりめんの変わり雛、きつねの嫁入りは、灯りを上手く配って、雰囲気のある世界に。特に人形の表情がとても愛らしく、微笑ましく心和む作品でした。
今回、改めて掬月亭の美しさを認識。14年ぶりに更新された龍安寺垣、真新しい青竹が眩しいくらいでしたが、こういった個々の地道な新陳代謝が、将来に遺して行くこと。いつまでも守っていきたいものです。
掬月亭を後にして、帰路、開放された梅林に立ち寄り、美しく咲く花を、そして爽やかな香りを味わい、ここでも大いに癒されました。
もうすぐ春です。

・掬月亭のひなまつり/みんなの県政 THE かがわ より  
掬月亭でひな壇飾りを行い、ガラス細工、折り紙やちりめんのひな人形も飾ります。春の訪れを感じながら優雅に抹茶をお楽しみください。
時:2月21日(土)~3月8日(日)  9時~16時30分(入亭は16時まで)
所:栗林公園 掬月亭     料:入亭料 700円(抹茶、生菓子付)



14年ぶりに一新された龍安寺垣 数寄屋づくりの掬月亭に 青竹が映える
 


初莚観北棟に飾られたお雛様を愛でながら お茶を頂き贅沢な一時を味わう




初莚観の井桁菱格子を背景に 端整に飾られたお雛様 贅沢空間の極み




ちりめん雛 きつねの嫁入りをメインに 美しく飾り付け/本田 佐江子さん作



普段姿のお雛様 とても愛らしくほのぼの ポッチャリ猫雛の表情がキュート


ガラス細工お雛様 グラスタイム/Glass Tai.m/綾歌郡綾川町陶の作品 



園内の梅も美しく咲き 春の兆しに溢れる 梅林も開放 香しい花香も堪能

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック