なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



繁昌亭/はじめての寄席
Hanjo-tei/Yose for the first time
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140828-01A.jpg
雨模様の風情もまた良し 天満天神繁昌亭 はじめての寄席 話芸を堪能

落語は、ラジオやテレビを通じて、小さい頃から聴き馴染んでいましたが、生の落語は、今まで一度も聴いたことがありませんでした。
以前、大阪に「繁昌亭」なる寄席ができたのは、ニュースで知っており、一度は行ってみたいと思いつつ、行かずじまいでした。
友人に誘われ、今回初めて行ってきました。高松からのバスが、途中の渋滞で遅れ、夜席の開演6時にギリギリ間に合って、既に殆んどの席が着席の中、慌ただしく着席。
直後に開演、先ずは前座の若手、今回は、若手、中堅の落語家の公演で、所謂テレビ等に良く出演している有名どころではありません。しかし、聴き始めて直ぐ、違う!生は違う!、あっという間に話に引き込まれていきました。
同じ空間で、その息遣いや表情、所作を感じながらの「落語」は電波を通じてのそれとは全く別世界のものでした。
流れるような、リズミカルな、躍動する、そんな話芸、そして見えてくる人の顔、情景、あっと言う間に時間が流れていきました。
話すというシンプルな世界でいかに楽しませるか、それを極めてきた鍛錬や厳しさの「迫力」、その一端に触れることができたような、そんな感動を覚えました。
帰りには、出演者達が入り口でお見送り。「ありがとう・・・」「楽しかった・・・」と言葉を交わし、家族的な空気の中、また来ようと思いながら家路につきました。

・天満天神繁昌亭(てんまてんじんはんじょうてい)/Wikipediaより抜粋
大阪市北区天神橋二丁目にある寄席。上方落語唯一の寄席。落語を中心に、漫才、俗曲などの色物芸が毎日多数執り行われている。通称「繁昌亭」。元々は天神橋筋商店街で落語会を開く予定だったが、打ち合わせをしていくうちに定席の寄席話が持ち上がり、大阪大空襲後60年間上方落語には無かった定席が開設されることになった。2006年8月8日に竣工、2006年9月15日開席。「繁昌亭」の名前は、6代目笑福亭松鶴の発案により千里中央のセルシーホールで上方落語協会が主催していた落語席「千里繁昌亭」に由来する。

140828-02Am.jpg
140828-03A.jpg
桂三風・笑福亭銀瓶 ふたり会 (パンフはクリックして拡大すれば読めます)

140828-04A.jpg
140828-05A.jpg
2006年竣工 寄席の趣 募金者の名前を記した提灯が建物の内外に約1500個

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト

鉄人28号/食玩
Tetsujin 28-go/Premium stuff
[写真をクリックすると拡大して見ることができます]
140309-11A.jpg
幼き頃のヒーロー 鉄人28号 ガオーッ! Tazumichi天空廻廊参上

先日紹介したお遊び写真、ROBO-Q。今回は、最近、「まんだらけ」の事件で話題になった鉄人28号に登場してもらいました。
鉄人28号は、小学生のころ「少年」に連載され、夢中になり、模型を画用紙で何体も造りました。円筒形とか円錐形が基本の形だったので割と簡単に造れた記憶があります。
当時のロボットコミックは、この鉄人28号と鉄腕アトムが両極だったように思いますが、子供心に鉄人28号の方が好きでした。
鉄人28号は、遠隔操縦で人によって操縦され、もともと兵器として開発されたものの、少年探偵金田正太郎が操縦することによって、平和を守る為に活躍します。
後に技術屋になって、振り返ると、優れた技術も人の使い方によって悪にも、善にもなりえる、つまり技術の使い方を示唆するものとして改めて心に残りました。
アトムに近いロボットが現実に現れつつある中で、技術屋として忘れてならないのは、この鉄人28号が教えてくれたことではないでしょうか。

・鉄人28号/Wikipediaより抜粋
1956年、横山光輝の漫画『鉄人28号』が月刊誌『少年』で連載開始。
太平洋戦争末期、大日本帝国陸軍が起死回生の秘密兵器として開発していた巨大ロボット「鉄人28号」が戦後に現れ、鉄人を自由に操る小型操縦器(リモコン)を巡り悪漢、犯罪組織にスパイ団までもが入り乱れる争奪戦になる。主人公の少年探偵・金田正太郎も巻き込まれ、数々の苦難の末、鉄人を手に入れた正太郎は、今度は鉄人28号の力で次々と現れる犯罪者や怪ロボットを倒して平和を守る為に活躍。

140309-12Am.jpg
140309-13Am.jpg
江崎グリコ食玩 鉄人28号アジト強襲/フルカラー 「なつかしの20世紀」 .

140309-14Am.jpg
裏山の浄願寺山頂上に現れた鉄人28号 それにしても巨大過ぎるでしょう

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

流しそうめん/工作
Somen sink/Work
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140822-01AJ.jpg
流しそうめん装置を初めて作成 さまざまの失敗経験 改善含め纏め
 
8月16日に行った流しそうめん、子供達に喜んでもらえ、楽しいイベントになりました。流しそうめんのセットは今回初めて作成。作ってみてわかる様々の失敗を経験しました。今回その改善も含め纏めておこうと思います。
先ず、樋の作成。7月29日の工作教室の竹の材料準備を23日に行い、この日に流しそうめんの樋を長さ3mの太い竹を割って作りました。斧で半分に割り、節をハンマーで叩いて大雑把に取り、ディスクグラインダを使って滑らかに加工。竹の割面も手を切ったりしないように面取りを行い完成しました。
出来栄えも良く後は、本番前に、脚を作るだけ、作業の山は越えたと安心していました。台風で延期になったりで加工後約3週間強、そしてこの間、殆んどが雨模様で高温多湿状態。コミュニティセンターの軒下屋外に保管してあったのですが、青竹の樋は内側にかなりのカビが生えていました。(乾燥竹の方は殆んど生えず)。
青竹を使用する場合は、本番直前に樋を作るべきだったようです。
当初は屋外で行う計画で (3m+3m)2並列で行う予定でしたが、雨に備え、急遽屋内(厨房)に変更。樋は1列でよくなり、カビの生えていない乾燥竹の方を使用することでなんとかなりましたが、冷汗ものでした。
また、樋の配置も、左側を上流側にして立たないと、右利きの場合は、そうめんをすくえないことに、樋をセットして初めて気付きました。
室内の場合、床が滑らかでよく滑るので、樋の支持脚をロープで簡単に縛るだけでは、上手く固定できず、苦労。縛る部分に穴をあけその穴にロープを通して縛ることで、滑りや緩みがなくなり、何とか支持することができました。
脚の角度を保持する為に脚下部にロープを縛って固定。普通に使えば問題ないのですが、誤って脚を蹴飛ばしたりすると、ロープが緩んで倒れてしまいます。後日、針金を使って、角度保持も竹の棒で行うように改良しました。
頭で描いたイメージで造ってみると「あれ?」と様々の不具合が発生。未経験の世界でのモノ造りの難しさと、その楽しさを久々に味わい・・・物造りはやはり楽しいですね。

140823-06AJ.jpg
根元側の太い側に先端側の細い方を乗せる 夏場の保存はカビの恐れ

140823-01AJ.jpg
140823-02AJ.jpg
ホースの取付 ジョイント接続→様々の場所に対応可  直角接続の構造 

140823-05AJ.jpg
140823-04AJ.jpg
140823-03AJ.jpg
・支持脚改良/構造と寸法概要 
自立安定と分解組立の容易化に工夫 2本を長くし1本を短く Vで樋を安定保持
回転支点を針金で作成し全ての部品は連結され紛失防止 
固定棒は針金に通しインシュロックをスライドさせ固定

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

異変/庭の蝉/2014年夏
Change/Cicadas in my garden/2014 Summer
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140821-01A.jpg
2014夏 庭に異変 急にアブラゼミの姿が目立つ 10日前から急変

8月19日の10時頃、ジリジリと蝉の鳴き声が、鳴き声の方にゆっくりと近づいていくと、いましたアブラゼミが、ソメイヨシノの枝に。他にも鳴き声が聞こえたので、じっくりと観察すると、なんと11匹確認、クマゼミは3匹、ツクツクボウシが同じく3匹。10日前に確認した時には、クマゼミとアブラゼミの割合は、16対1、それが今回は3対11で完全に逆転です。おまけに、この撮影した日の深夜、アブラゼミが灯りにひかれて部屋に飛び込んできました。
先日の台風12号、11号以来ずっと梅雨のような日が続いていますが、一説には湿気を好むというアブラゼミ、このじめじめとした天気で、増えたのでしょうか。どちらにしても例年とは様変わりの状況です。異変です。

・アブラゼミ減少の原因/Wikipediaより抜粋
都市部の温暖化・乾燥化説:アブラゼミは幼虫・成虫とも、クマゼミやミンミンゼミと比べると湿度のやや高い環境を好むという仮説がある。都市化の進んだ地域ではヒートアイランド現象等による乾燥化によりアブラゼミにとっては非常に生息しにくい環境となっており、乾燥に強いクマゼミ等が優勢となっている。ただ一方で、この仮説に従わないように思われるデータも多数存在する。
野鳥の捕食説:アブラゼミ成虫の天敵は主に野鳥。都市で捕食される率は極めて高く、殆んどのアブラゼミが捕食される。天敵に気付いたアブラゼミは周辺の樹木に隠れるので、樹木が粗な都市環境では隠れるのに手間取り捕食されやすくなる。一方、クマゼミは木に隠れず飛んで逃げるので周囲の空間が開けている都市では、捕食され難くなる。
・夜鳴き/Wikipediaより抜粋
アブラゼミは、夜鳴きをすることで有名。薄暗く湿度の比較的高い時間帯を好むため、最も盛んに発声活動をするのが夕刻時。深夜の発声活動はその延長である。

一昨年からの庭のアブラゼミのレポート
・2012/08/14 昆虫接近/アブラゼミの比率
・2013/09/02 今年の夏/昆虫/庭
・2014/08/09 庭の欅/2014年夏

140821-02A.jpg
140821-03A.jpg
140821-04A.jpg
140821-09A.jpg
庭の 欅、ソメイヨシノ、榎 どの樹も アブラゼミが・・・ 10日前から急増

140821-06A.jpg
140821-08A.jpg
撮影した夜 飛び込んできたアブラゼミ 翌朝近接撮影後 元気に屋外へ
 
☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

おはしと器/工作教室/流しそうめん
Bowl and chopsticks/Child Workshop
             /Somen sink
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140818-01AJ.jpg
夏休み子ども講座『竹で作るおはしと器』 弦打コミュニティセンター大会議室

今年で3回目、もう恒例になってきた夏休み子ども講座を開きました。一昨年の『親子で作る竹とんぼ』、昨年の『水鉄砲』、そして今年は、『竹で作るおはしと器』、全て鋸やナイフを使い自分の手でモノを作り出す喜びを味わって欲しいと思い企画したものです。
7月29日(水)9:30~11:30弦打コミュニティセンター大会議室で多くの親子の方の参加で開かれました。流しそうめんで使えるお箸とつゆを入れる器を作りました。
器は竹を鋸で切ればできるのですが、太い竹なので、大人に竹を支えてもらい、鋸の曳き押しに苦労。特に、真っ直ぐ切るのは難しく、必死になって切っていました。
箸は鉈で割った竹をナイフで黙々と丹念に削る作業、油断をすると大怪我の恐れもあり、子供達にとっては大変な作業ですが、こちらも皆一生懸命に削っていました。
器は全員完成、お箸の方もなんとか形になって作業を終え、かなりの竹が残ったので、「持っていってもいいよ」と言うと先を争って持って帰っていきました。
自宅で、自分なりになにかを作ってくれると嬉しいことです。

器とお箸を使える夏休み子ども講座、『小麦のお話と流しそうめん』は、当初8月10日(日)が予定されていましたが、台風11号の為に延期となり8月16日(土)に開きました。この日も生憎雨模様だったのでコミュニティセンターの厨房で行うことにしました。
流しそうめんの班、お米や小麦粉のできるまでを座学で学ぶ班、の2班に分かれ交互に実施。これにより樋の長さをコンパクトにでき、室内での流しそうめんが可能になりました。
流れるそうめんをお箸ですくって食べるという楽しみもあって、子供たちは夢中になって食べ、驚くほどたくさんそうめんが子供達の小さなお腹に収まっていきました。
特に小さな子供は、流れるそうめんを追いかけたり、一生懸命すくったりと賑やかにとても楽しそうでした。こういう姿をみるとホントに癒されます。今年も、とても楽しい時間を頂きました。ありがとうございました。
楽しい企画を、また来年もやりたくなりました。

追)流しそうめんセットの工作は、細かなトラブルがあり、いろいろと苦労して造りましたが、詳細は後報にてレポートしたいと思います。

140818-02A.jpg
140818-06A.jpg
容器は鋸で切り お箸はナイフで削る どちらも悪戦苦闘 でも楽しそう

140818-03A.jpg
座学で稲や小麦からお米や小麦粉の出来るまでを学ぶ そうめんは小麦粉で

140818-04A.jpg
140818-05A.jpg
雨模様だったので 厨房で流しそうめん 小さな子供も夢中ですくい食べる

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック


どんどん高松/花火大会/飛鳥Ⅱ
Don Don Takamatsu/Fireworks/AsukaⅡ
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140815-01A.jpg
今年は サンポート高松港寄港中の飛鳥Ⅱ越しの どんどん高松 8,000発

昨年、約20年振りに観たどんどん高松花火大会、今年も8月13日の夜8時から高松港沖で行われました。今回は、瀬戸内海が日本初の国立公園に指定され今年で80周年ということで、打上数も、昨年の6,000発から8,000発に増え、また、豪華客船「飛鳥Ⅱ」がこの花火を観覧する為、高松に寄港。飛鳥越しに花火観覧をしようと出かけました。
打上場所は昨年と同様にサンポート高松沖の海上。飛鳥Ⅱからは200m位の距離。飛鳥Ⅱの展望デッキからは、最高の眺めだったと思います。
飛鳥Ⅱ越しにと、探し着いた場所が、旧宇高国道フェリー埠頭に隣接する香川県玉藻駐車場の3階。打上場所からは直線距離で約1km位の所。
昨年は、約2.5km程離れた港の岸壁から見ましたが、その時に比べ、近いだけあって、音の迫力が全く違っていました。ただ低い花火は飛鳥の陰に隠れ今一、一方、上空に上がる花火は飛鳥のシルエットが浮かび上がり期待通りのものでした。
花火を終え飛鳥Ⅱを見て帰ろうと係留岸壁まで行ったのですが、花火観覧を終えた人々が溢れ、身動きできないほど、打上場所に面したサンポート周辺は見所とあって人気スポットなのでしょう、それにしても想像を絶するに混雑ぶり。
近くでの観覧は相当大変。来年は事前に十分のリサーチをして、良い方策を考えなければならない様です。

翌日の朝7時に出港する飛鳥Ⅱの「お見送り隊募集」の情報があったので、それにも行ってきました。6時半集合で先着100名に記念グッズがもらえるとのこと、少し早めに出かけ6時に着いたのですが、既にかなりの人がいて岸壁を散策していました。
運よく記念品も頂き、飛鳥Ⅱをじっくりと観察。出航時間の7時少し前あたりから、雨が降り始め、視界がどんどん悪くなり生憎に出航となりましたが、靄の中に吸い込まれていく風情はなかなかのものでした。

・飛鳥IIクルーズ
 阿波おどり・高松花火クルーズ /8月11日(月)~15日(金)/出発地:横浜
 阿波おどり本祭を桟敷席で観覧。
 さらに今年は、四国最大級の「さぬき高松祭り花火大会」を船上から観覧。

・どんどん高松花火大会/テーマ:「瀬戸の都・高松 万華鏡」
 20:00~ 第1部 『飛び立て大空へ!』
 20:03~ 第2部 『瀬戸内パノラマビュー』
 20:16~ 第3部 『光の美術館』
 20:31~ 第4部 『歴史の夢舞台』
 20:44~ 第5部 『瀬戸の都・高松 万華鏡』

140815-02A.jpg
140815-03A.jpg
140815-04A.jpg
飛鳥展望デッキに多くの人影 こちらは飛鳥越しの観覧 低い花火は見難い

140815-05A.jpg
クルーズ客船飛鳥Ⅱお見送り隊参加 6時到着 先着100名の記念品ゲット

140815-06A.jpg
140815-07A.jpg
140815-08A.jpg
午前7時 タグボート2隻でゆっくり方向転換 生憎の雨模様の中静かに出航 
  
☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

傷跡/台風11号
The scars/Typhoon 11 (Halong)
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140811-01A.jpg
自宅隣 竹が折れ 貝塚伊吹が倒れ 強風の痕跡 やはり台風侮るなかれ

台風シーズンにはまだ早いと思っていましたが、先日の台風12号に続いて、今度は台風11号が来襲。とてもゆっくりとした速度で北上し、四国の太平洋岸に長い間強い雨を降らせ、結果的には1日からの10日間で、2000ミリを超える記録的な大雨となりました。被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
9日レベルの進路予想では、高松直撃ともいえる感じで、久々に身構えましたが、高松よりは少し東寄りのコースになり、雨も風も思っていた程でもなく、安堵しました。
台風の接近と共に、自宅前の香東川の水位も上昇しましたが、ピークは台風上陸前で、河川敷グラウンドが少し冠水した程度でした。
台風11号は、10日の午前6時過ぎに、高知県安芸市付近に上陸し高松の東寄りを北上、上陸後、高松に接近してきたにも拘らず、風も雨も思っていた程は強くなりませんでした。午後になると雨も上がり少し陽も射してきました。
直撃に近いコースの割には風雨ともに予想以下で一安心といった感じだったのですが、天気回復した後、自宅周辺を見廻って、ビックリ。
自宅隣の竹林の竹が折れ、そしてかなり大きく育っていた貝塚伊吹の樹が根こそぎ倒れていました。竹も、樹も西側に倒れていたので、上陸前の夜半の風が強かったのでしょうか。また、香東川の水位はさほど上昇しませんでしたが、自宅から少し上流にある砂防ダムでは、濁流が激しく、大きな音を立てて流れていました。
たいした被害はないだろうと思っていたのですが、改めて、自然のパワーの大きさを認識させられました。

140811-02A.jpg
自宅隣の竹林 2本が根元から倒れ大きく傾く 1本は背丈程の高さから折損

140811-06A.jpg
道路を隔てた隣の空地の貝塚伊吹 根元から倒れる 畑の胡麻も全て倒れる

140811-04A.jpg
140811-05A.jpg
台風一過 ピークから水位は下がっているものの砂防ダムでは 濁流が渦巻く

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

庭の欅/2014年夏
Zelkova of my gardena/2014 Summer
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140808-01A.jpg
庭の欅 夏の世界 昆虫劇場 クマゼミを主役にしたさまざまな演目上演

8月4日の10時過ぎ、約20分、庭の欅にカメラを向けて観察。クマゼミ16匹、アブラゼミ1匹、ニイニイゼミ3匹、そしてキリギリスが2匹、計22匹が欅舞台で、「夏」を演じていました。
毎年、この時期になるとクマゼミの大合唱ですが、今年は例年に比べ、少し静かな感じがします。また、このキリギリスは2匹共茶色ですが、散歩途中で見かけたキリギリスも緑ではなく、全て茶色。なぜ今年は鮮やかな緑のキリギリスがいないのでしょうか・・・。
毎年のキッチリとした営み、そして微妙な変化、昆虫界、それもこの庭の欅の世界で、日々、神秘のドラマが繰り広げられています。

一昨年からの欅の世界の様子・・・いろんなシーンを見せてもらいました。
・2012/07/26 昆虫王国/in庭園
・2012/07/31 蝉アラカルト
・2012/08/07 昆虫接近/クマゼミ
・2012/08/08 昆虫接近/キリギリス
・2012/08/13 昆虫接近/闘い/クマゼミ/アシナガバチ
・2012/08/14 昆虫接近/アブラゼミの比率
・2012/08/19 昆虫接近/一触即発/カマキリ/クマゼミ
・2013/07/22 クマゼミ/2013夏
・2013/09/02 今年の夏/昆虫/庭

140808-03A.jpg
140808-02A.jpg
140808-04A.jpg
140808-05A.jpg
140808-06A.jpg
140808-07A.jpg
140808-08A.jpg
ほんの20分の一コマ 蟻の小さな世界など 見えない所もドラマが進行中
 
☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

親子体験学習/高原水車
Parent-child on-site training/Takahara W・W
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140803-01A.jpg
生憎の強い雨 めげずに最善を尽くし 高原水車場の楽しい見学会実施 

高原水車の見学会の日、8月3日は朝から台風12号の影響でかなり激しい雨、予め警報が発令された場合は中止と決めていましたが、警報までは出ず、予定通り、瀬戸内海歴史民俗資料館が催す親子体験学習 「讃岐の水車小屋を訪ねる」が開かれることになり、7時半に自宅を出発。高原水車に到着すると既に、スタッフである多くの友の会のメンバーが来て準備作業を行っていました。
雨で足元がぬかるむので急遽、藁のムシロを通路に敷き、見学者の方々の駐車場への案内や、水溜りの排水、そしてうどん作りの準備、等々、各自手分けをして作業。
降り続く雨の中、予定した9組21名の親子の方が次々と訪れ、定刻通り9時半から見学会がスタートしました。
最初は座学、水車場の役割、製粉とは何かを、実際にお米の穂や麦や精麦、小麦粉等を用意し、子供達に問いかけるクイズ形式で楽しく説明。その後2班に分かれ、水車場見学と製麺機を使ってのうどんづくりを交互に行いました。
座学では、積極的に回答したり、様々のサンプルを撮影したり、メモを取る子もいたりと熱心に聴いていました。なかでも、うどん造りでは小麦粉を実際に練ったり、製麺機の手回しをやったりととても楽しそうに眼を輝かせ、とても楽しそうでした。
午後の部は、大雨警報が出たため止む無く中止となりましたが。自分達の手で造ったうどんも堪能し、満足した様子。「お疲れ様」「ありがとう」と言葉を交わしながら帰られました。
激しい雨の降る中、足元も悪く、とても厳しい条件でしたが、皆さん貴重な体験をし、満足されたのではないでしょうか。
そして、この劣悪な条件の中、スタッフ全員のチームワークで、事故もなく、素晴らしい見学会を無事に成し終えることができたのは、これからの水車復活活動に向け、高原水車友の会の大きな自信と財産になったのではないかと思います。
皆さん、お疲れ様でした!

☆親子体験学習 「讃岐の水車小屋を訪ねる」/瀬戸内海歴史民俗資料館
 詳細については、こちらをクリック参照

140803-02A.jpg
稲が麦が水車の力でお米にそして小麦粉に クイズ形式で楽しい学習

140803-03A.jpg
水の取水から 水車で粉を曳く驚きのメカニズムに興味深々 眼が輝く

140803-04A.jpg
小麦粉をこね クラシカルな製麺機を使ってエキサイティングなうどん造り

140803-05A.jpg
自分達で造った格別のうどんを堪能 夏休みの素敵な思い出を胸に帰路へ

2014/07/25  安全化/製麺機/高原水車
2014/04/15  高原水車/友の会発足
2014/03/24  高原水車/親子うどん体験会
2014/02/06  高原水車/友の会 
2013/12/07  高原水車/産業遺産

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

草刈り/香東川
Mowing/Koto River
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140801-01A.jpg
自宅直下 香東川の土手 桜並木の下草 綺麗に刈取られ スッキリ

盛夏の中、至る所で雑草が生い茂っています。特に自宅近くを流れる香東川の土手上の道路沿い、また河川敷内を走る自転車道では、茂ってきた雑草で道幅が狭くなり、見通しが悪くなったりしていました。
2週間程前から、香東川の土手廻りの草刈が行われ、連日のように草刈り機のエンジン音が聞こえてきています。炎天下の中、とても大変な作業だと思いますが、日毎に刈取られ、自宅近くでは、もうすぐ刈取りを終える最終段階にまできました。
雑草が茂ると、交通の障害になるだけでなく、棄てても目立たないと思うのか、空き缶やごみのポイ棄てが増えるような傾向があるようです。
いつもスッキリと整備された道路や地域環境であって欲しいものです。昔は農家が多く、牛などの家畜も多く飼われていました。そのため雑草が餌用に刈取られたり、河川敷などの緑地には牛や山羊がロープに結ばれ放牧され、雑草を食べていました。
里山の落葉等は、燃料として使われ、林に入ってもとても綺麗でした。地域住民が、自ら地域を守り整備する生活でした。野山は手入の行き届いた気持ちの良い環境でした。
時代は変わって、道路沿いの雑草の刈取り等は役所頼みとなり、自らの手で地域を保全・整備していくことは殆んどなくなってしまいました。
もう一度地域を自らの手で守っていく、そんな「地域」になるとイイのですが・・・
今日は、地域の共同墓地の一斉清掃日でした。心地良い汗をかけました。

140801-02A.jpg
対岸御殿橋下流側土手 左:草刈り前 右:草刈り後 見事に刈取り

140801-03A.jpg
対岸の御殿橋の両側の土手 ほぼ草刈も最終段階 下流側は終了

140801-04A.jpg
自宅直下川沿いの土手 左:下流に向かって 右:上流に向かって

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック