なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



過密/ケーズデンキ開店
Crowded/K's Denki opening
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140627-01A.jpg
ヤマダ電機から約2kmしか離れていないところに ケーズデンキがオープン

6月26日ケーズデンキ郷東店がオープンしました。自宅のある地域は、東に峰山、西は勝賀山に挟まれた狭い地域で、高松中心街からは少し離れた郊外になります。
トップの写真で、ヤマダ電機(黄枠)から約2kmのところにケーズデンキ(赤枠)がオープンした訳ですが、その200m西にはイオンモール高松(青枠)があります。 
イオンモールでも規模は小さいとは言え家電を扱っていますから、今回の出店で家電量販店の過密地域になりました。
イオンモールは、さぬき浜街道沿いにあり、今回のケーズデンキは、そのさぬき浜街道を挟んで、斜め向い側とでも云うような位置で、イオンモールの集客力の恩恵を得られるロケーションへの出店といった感じです。
とろで、出店に伴いケーズデンキがどんな会社か調べてみると、結構面白い会社であることが判りました。
今後どうなっていくのでしょうか。

☆ケーズデンキ/NAVERまとめより抜粋
・家電量販店の売上高で日本国内3位(2013年3月現在)。
・業界1位にならないようにがんばらない事を心がけている。
 1位になった会社はやがて衰退するので、ゆっくりと成長することを目指している。
・客がいない時でも接客以外しなくてもいい。
 接客係が持ち場以外のことで動くと、肝心な接客が来た時に疎かになってしまう。
・出来る人を増やすのではなく、出来ない人を減らしていく人材戦略。
 すべては社員のために「がんばらない経営」
 100点満点の人を育てるより80点の人がたくさんいたほうが効率がいい。
・従業員に販売などに関するノルマを課さない
 ノルマがあると親身な対応ができなくなり、ケーズデンキの理念に反する。
・大切なのは「社員→取引先→お客様」の順番
 一般的には、この逆の優先順位になってしまう。
・いつも最大の力を出すために家電製品以外は扱わない
 家電に集中出来ないので、他のジャンルには手を出さない。
・シンプル会計にこだわりポイント制度の導入をしない。
 「ポイントカードを作ることによりリピーターを増やす」のではなく
 「確実な安さを提供することで顧客を増やす」という考え。

140627-05A.jpg
140627-02A.jpg
自宅/左赤 ヤマダ電機/黄 ケーズデンキ/赤 峰山中腹より撮影

140627-03A.jpg
140627-04A.jpg
6月26日午後3時頃 オープンとあって多くの人多くの店員で賑わう

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト

珊瑚刺桐/庭の花
Coral tree/Flower of my garden
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140621-01A.jpg
長年毎年 鮮やかな紅色の花を咲かせていたにも拘らず 名前も知らなかった
 
今まで何度か庭の花々を紹介してきて、全てを取り上げたと思っていたのですが、この花は取り上げていませんでした。そもそも、花の名前も知りませんでした。
この時期になると鮮やかな紅い花を咲かせます。咲いて暫くすると次々と花が落下し、少し油断をすると地面は花だらけになってしまいます。また枝には結構鋭い棘もあり時々不用意に触って、痛い思いもし、印象としてはあまり良くありませんでした。
こんなこともあり、この花への関心も薄かったということでしょうか。ブログネタを探す中(笑)、今年は、この花に、目が留まり、母にいろいろ聴いてみると、30年程前に、母の友人から苗をもらって植え、名前はデイゴとのこと。
デイゴ?どこかで聞いたことあるような。ネットでチェックすると、あのTHE BOOMの島唄の歌詞の中に出てくる-♪でいごの花が咲き♪-のデイゴだったのかと・・・。
ただ、木の雰囲気というか、葉の感じが違うので、さらに検索すると、珊瑚刺桐 (さんごしとう)であることが判りました。デイゴの園芸品種で、外来種がベースとなっており、沖縄のものとは系統が異なるとありました。花そのものはデイゴと区別が付かないほど良く似ています。
いろいろ知ってみると、それまでと全く違った花に見えてきました。

・サンゴシトウ(珊瑚刺桐)/花図鑑より抜粋
花色を「珊瑚」、枝や葉に刺があるので「刺」、葉っぱが桐に似ているので「桐」にたとえた。落葉低木。樹高2~4m。アメリカデイゴとエリトリーナ・ヘルバケアの交雑種で、オ-ストラリアのシドニー植物園で作出された。葉は3出複葉で小葉は菱形、枝や葉には棘がある。枝先に花序を出し赤い蝶形の花の旗弁が完全に開かず筒状になるのが特徴。
花言葉は、「夢・童心・優しい気持ち」。

・デイゴ(梯梧、Erythrina variegata)/Wikipediaより抜粋
マメ科の落葉高木。インドやマレー半島が原産。日本では沖縄県が北限。春から初夏にかけて咲く赤い花が有名。沖縄県の県花である。1967年、県民の投票により「沖縄県の花」として選定された。デイゴが見事に咲くと、その年は台風の当たり年で、天災(干ばつ)に見舞われるという言い伝えがある。THE BOOMの「島唄」でも歌詞として書かれている。
花は枝先に穂状に出る。 木は太くなるがあまり高くならず、横に枝を張る傾向がある。公園や街路樹としてよく栽培されるが、根本や根からも芽が出るので、人家の庭に植えられることは少ない。材は柔らかく、加工しやすいため、漆器材料として使われる。
琉球大学の合格電報の文面は“デイゴ咲く”。でいごの花言葉は「夢」。


140621-02A.jpg
140621-03A.jpg
140621-04A.jpg
真紅の鮮やかで華やかな花 デイゴではなくサンゴシトウ(珊瑚刺桐)でした

140621-05A.jpg
梅雨の時期に咲く 雨に濡れ 雫をまとうと一層美しく彩られる

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

香港発見(3)/もう一つの香港/カオス
Discover Hong Kong(3)/Another H. K/Chaos
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140620-01A.jpg
夜の2階建オープントップバスツアー 頭上スレスレにネオンが迫ってくる 

香港と言えば、なんといってもあの超高層ビルの未来都市のような景観です。とても美しく見事です。公共交通機関も、清潔で洗練された地下鉄が巡り、最新の2階建てバスも広告でポップに彩られ、そしてビクトリアピークやビクトリアベイなど、美しい自然のロケーションも至るところにあります。とても近代的でハイセンスな街です。
しかし、良く目を凝らして見てみると、「もう一つの香港」が見えてきます。再開発前の地域、そして下町の工場街というような旧市街や、通りが、古い雰囲気を残したビルが、いろんなところに散在していました。
高層ビル街の谷間といった雰囲気の、そして過密ゆえの景観、まるで蜂の巣のようなビル群、天空の住まい。夜、そこから街に溢れ出る人々、そのエネルギッシュな様相は、あたかもカオスのようでした。
初日の夜に乗ったオープントップバスは印象深いものになりました。夜の街を巡ると、ネオンの下、路上には人が溢れ、洗練された通りも多い中、旧市街の路地には、様々のもう一つの香港らしさを見ることができました。
バスは、ツアーの最終、各ツアー会社から募集した乗客を各々のホテルに送って行き、数か所のホテルを巡ります。我々は最終のホテルだったので、香港島と九龍を行ったり来たりで街並みをくまなく巡った・・・という感じでした。
各ホテルに乗客を降ろして客が減ってくるにつれ、運転手の早く送り終えたいという思いか、バスのスピードが上がり暴走バスとでもいうような走りに。そして行ったり来たりで3回ばかり通った海底トンネルは、こもった熱、熱風の中を天井スレスレに暴走・・・イヤ~実に貴重な経験でした。
人の息づかいを感じ、暮らしぶりの見えるこんな街並も、とても魅力的です。

140620-02Am.jpg
結構使い込んだ貫録のバス 海底トンネル通過の際は熱風暴走トンネル

140620-03Am.jpg
ナイトマーケット 身動き取れない程の人で溢れ 様々の品物も溢れる

140620-04Am.jpg
様々の入り組む通り カオスの様相 高層ビルの工場地帯ビルの中で蠢く人々

140620-05A.jpg
古い高層ビル 外壁にそして窓に様々のモノが 落ちてこないのだろうか?

2014/06/16 香港発見(2)/地下鉄/最良 
2014/06/10 香港発見(1)/街並

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

ジェラート/ペストル/自作
Gelato/Pestle/Own making
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140616-01A.jpg
近づく夏 冷菓の季節 木陰のサンルームで天然100%のジェラートは最高!

先日、東向くサムライの日記/クマの杯さんの記事(2014/5/15)で「家で簡単にできるジェラートの作り方」を拝見。とても美味しそうだったので作ってみました。
記事では、
>砂糖はもちろん植物性油脂も不使用。必要なのは力だけ。凍らせたバナナや苺を、
>ペストルでなめらかになるまで潰すだけ。
とありましたがペストルって?
早速、ネットでペストルを検索。いろんなものがありましたが、結構イイお値段。木製のモノでも約千円。形はスリコギの感じ。そこで百均に出かけて探すことに。ありましたスリコギ。ネットではウッドペストルの長さが23cmとありましたが、なんとこのスリコギも同じ23cm。先端を自分で加工すれば、市販のウッドペストルと同じになります。
潰す際の容器は、キャンプ用ステンレスマグカップが、強く押しても割れる心配も無く、丁度良いサイズで、これも購入。〆て108×2=216円。
家に帰ってきて、先端を加工。ペストルにする為の加工は、先端を切断して取り除き、バイス台に挟み、ヤスリで先端に凸凹加工をして完成。
記事を見て直ぐに買って冷凍しておいたイチゴを取出し、早速作ってみました。
>輪切りにして凍らせたバナナと苺。
>(輪切りにする理由は潰しやすいからです。丸いままだと滑って潰しにくいです)
と書いてあったにも拘らずイチゴは丸のまま凍らしてしまっていたので、取出して30分ほど放置してから潰しました。潰れ始めると思った以上に簡単に潰すことができました。味わいたい!という逸る気持ちもあって、少々粗挽きでしたが、チョット雰囲気を出して盛りつけ、頂きました。超旨し!
全く何も加えることなく100%のイチゴ、最高の味、最高の食感です。
この後、バナナを加え量も多くしたのでミルミキサーで作ってみましたが、これはもうジェラートそのもの、多めに作る時にはミルで作る方がより滑らかに作れます。
自分用に一人分を作るには、このペストルで作るのが超簡単でベストだと思います。
これから夏に向かって、ピーチやオレンジ、キウイ、ヨーグルト等々を、そして、輪切りサイズや解凍のレベル等、いろいろと試してみたいと思います。

140616-02A.jpg
スリコギの先端を除去 平になった先端に四角垂の凸凹目を三角棒ヤスリで加工

140616-03A.jpg
バイス台にスリコギを挟み(傷付防止で緩衝材を挟む) 寸法ケガキ後ヤスリ加工

140616-04A.jpg
スリコギ マグカップ共に百均にて入手 ペストルにて冷凍イチゴを丹念に潰す

140616-05A.jpg
粗挽きイチゴジェラートといったところ 100%苺 最高の美味 爽やかな逸品

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

香港発見(2)/地下鉄/最良
Discover Hong Kong(2)/Subway/Best
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140612-01A.jpg
とてもスッキリして判り易く安全なホーム 車両は清潔でグッドセンス

海外の地下鉄は、この3年間で、上海、ソウル、台北、そして香港と利用してきました。来阪してよく利用する大阪の地下鉄に比べて、どの地下鉄も、運賃が安く、ホームドア設置で安全、車両デザインが機能的で綺麗、等々と好印象でしたが、今回の香港の地下鉄は、中でも最良の地下鉄という印象でした。
初乗り約60円で、大阪に比べると1/3以下の安さです。台北も同じくらい安く、大阪の地下鉄は、国内でも東京より高く、何故こんなに高いのでしょうか、なんとか世間並に安くして欲しいものです。
今回、最も印象に残ったのが、発券システムです。チケットの購入は、画面に表示された路線図を見て、行先を手でタッチすれば、行先と金額が表示され、お金を入力すれば、ICカードタイプのチケットが発券されます。
行先確認とチケット購入が一体化されており、初めての人でも判り易く簡単にチケットを購入することができます。またICチェットは、降りる際に改札口で回収し、何回も使用でき、エコなシステムとなっています。
電車に乗車してからも、路線図に通過済の駅をLEDランプで表示する車内表示になっており、これも非常に判りやすいものでした。
システムの好印象に加え、整然と並んで待ち、老人は優先して座り、大声で喋る人もなく、乗客の皆さんのマナーの良さも印象に残りました。(経験した範囲ですが・・・)
香港初日は、昼過ぎに到着し、ホテルまで案内してもらって、その後はフリーだったので、夜は、オープントップバスに乗ることにしました。ホテルは中心部からは離れたところだったので、地下鉄を利用して行きました。
乗車後、社内の様子を写真に撮ろうと、例のショルダーバッグからカメラを取り出して何枚か撮影したところで、何やらバッグを指さす女性が・・・
バッグからカメラを取り出しファスナーが空いたままになおり、財布が見える状態だったので、スリに遭ってはいけないと注意してくれたのです。
その後、「何処から?、何処へ?」というような会話をし、乗換駅に着くと、「ここで乗換えなさい」と丁寧に教えてくれ、「良い旅を!」と云い、にこやかに見送ってくれました。こんな人の暖かさに出会うととても幸せな気分になります。
この親切なお嬢さん、とても美人の方、ホント、香港の方は素敵でした。(^_^)v

140612-02A.jpg
140612-03A.jpg
チケット購入 行く先をタッチすればICカードが出てくる 車内表示も分り易い

140612-04A.jpg
乗客マナーもグッド 大きな声で喋ることもなく お年寄りに席を譲る感じ

2014/06/10 香港発見(1)/街並

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

夕ぐれコンサート&花火大会/高松市水道資料館/2014
Sunset Concert and Fireworks/TWM/2014
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140611-01A.jpg
高松市水道局御殿浄水場 夕ぐれコンサート&花火大会 左端がステージ

第17回目となる 夕ぐれコンサート&花火大会 が、今年も高松市水道資料館で行なわれました。梅雨に入り前日まで雨模様で、天候が心配でしたが、開催日の6月7日は午後から好天に恵まれ、絶好のコンサート日和となりました。
自宅から歩いて10分、5時を少し過ぎた頃に会場に到着。わくわく縁日では、うどん、綿飴、かき氷などの食べ物。イベントコーナーでは、ヨーヨー釣りや水鉄砲射的など、既に多くの人々で賑わっていました。
ステージでは、オープニング前のウェルカムイベント。JAZZバンドのスーパーバディによる心地よいリズムが流れていました。6時の開演が近づくにつれ観客席も埋まってきて、筒井さんの津軽三味線の演奏が始まる頃にはほぼ満席になりました。
今年は、USTREAMを使ってのネット中継も行われ、時代に則した情報発信も、今後、しっかりと根付いて長く続いて行って欲しい催し物です。
地域の人はもちろん、多くの人がこのコンサートを楽しんでいる姿はイイものです。久し振りに会った同級生と昔話をしながら、心地よい雰囲気を存分に楽しむことができました。

第17回 夕ぐれコンサート&花火大会/2014/パンフレットより抜粋
 日時:6月7日(土)17:00~20:30 
 会場:高松市水道資料館/Takamatsu Water Museum
  17:00~18:00 ウェルカムイベント 
            スーパーバディLIVE
  18:00~18:30 オープニングセレモニー
            「水とわたしたち展」最優秀賞受賞者表彰式
            高松市上下水道工事業協同組合
            マスコットキャラクター紹介
  18:30~19:10 筒井茂広・津軽三味線LIVE
  19:20~20:00 mirekanコンサート
  20:00~20:30 花火大会

・スーパーバディ
 高松で活躍のディオ、バディを中心にこのコンサートの為に結成のジャズバンド。
・筒井茂広
 1972年生。琉球大卒。高松市在住。津軽三味線奏者。イベントや宴席等で演奏。
 一方で、高松市片原町で青果店「けやき市場」も営業。
 2007年からは大川中学校(東かがわ市)で音楽の臨時講師も務める。
・mirekan
 数々のCM曲、番組テーマソングを手掛ける他、
 劇団「銀河鉄道」のヴォイストレーナーや劇中歌作曲を担当。
 高松のまちを唄う企画「まちうたプロジェクト」に作曲・ヴォーカルで参加。

・USTREAMの動画配信録画で当日の様子を見ることができます。
 第17回 夕ぐれコンサート&花火大会 をクリック。
 その1、その2、その3 3編にてコンサートを実況録画。
・昨年の様子/ブログ記事 
 第16回 夕ぐれコンサート&花火大会 をクリック。

注) 写真掲載は、出演者の了承済/企画広報担当者の方に確認

140611-02A.jpg
スーパーバディ/ジャズバンド 昨年に引き続いて心地良いリズム  

140611-03A.jpg
140611-04A.jpg
筒井茂広・津軽三味線LIVE 伝統からアニメ、演歌まで 幅広く爪弾く

140611-05A.jpg
mirekanコンサート オリジナル曲を中心に 癒しの素敵な歌声が流れる

140611-06A.jpg
140611-07A.jpg
御殿橋の上に多くの観客 良く見え最高のポジション/自宅天空廻廊頂上から
 
☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

香港発見(1)/街並
Discover Hong Kong(1)/Cityscape
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140608-01A.jpg
ビクトリア湾スターフェリーから 香港島の高層ビル群 世界一の密集度 圧巻

6月1日から3泊4日で香港・マカオに、関空から4時間半程で香港国際空港に着陸。香港そして日帰りでのマカオといつもの如く駆け足ツアーに参加してきました。
香港と言えばなんといっても高層ビル群の街並、一番の象徴的な光景です。17年前にトランジットで当時の啓徳国際空港に夜間着陸した時、高層ビルの林の中に降りて行った光景は今でもハッキリと覚えています。
街の真ん中にある空港で、高層ビルに接触するのではないかという程の低空での急旋回には、「墜落する!」っと思ったほどでした。
今回は、新たな香港国際空港で、世界でも有数の立派な空港に様変わりしていて、とてもスムーズに着陸。香港に正午過ぎに着く便で天候も良く、ビクトリア湾上空から空港まで、あの超過密の高層ビル群を手に取るように眼下に見ることができました。
香港の面積は1104k㎡で、札幌市とほぼ同じ。人口は700万人を超え、アジアを代表する世界都市の一つ。人口密度は 6,688 人/km² で、日本の336人/km²に比べ 高いのですが、山岳地を多く抱え、可住地の実質の人口密度は圧倒的に高く、地区によっては 5万人/km²を超えるそうです。なので高層マンションなどの集合建築が密集し、超過密の高層ビル群の景観を生み出しているとのこと。
香港における超高層建築の集積率はニューヨークのマンハッタンを抜いて、現在では世界で最も高いそうです。 街中では至る所でビルの工事を見受けました。特に元啓徳国際空港の跡地周辺では大規模な工事が目に付きました。現在もなおエネルギッシュに進化し続けていると実感しました。
この地域では地震が無いということで、日本では考えられないような細くて高いビルが目立ち、独特の景観を生んでいました。また超近代的なビルの建設足場が竹を使用しているのも、お国柄、アンバランスな感じで印象深い光景でした。
古いもの、超近代的なもの、個性的デザインのもの、様々の地域・・・もっともっとじっくりと街並を観察したかったのですが、残念ながら、今回はツアーで巡るのみ、極一部しか見れませんでした。

140608-02A.jpg
オープントップバスに乗り 九龍半島の道路から 対岸の香港島の夕暮景  

140608-03A.jpg
香港島ビクトリアピークからの眺め 対岸の九龍半島にも高層ビルが溢れる 

140608-04A.jpg
Two International Finantial Centre/415m  International Commerce Centre/484m

140608-05A.jpg
至る所で高層ビルを建設中 古いビルを更新 足場はおなじみの竹足場

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

ロボQ/記念品/タダノ
RoboQ/Memorabilia/Tadano
[写真をクリックすると拡大して見ることができます]
140130-01A.jpg
「コンチワ!」Tazumichi 邸の天空廻廊に 懐かしの ROBO-Q 参上

ブログに掲載の写真は撮影のままで載せることは、まずありません、一部を切り取ったり、複数枚の写真を連結したりします。
また暗かったり、明る過ぎたりする場合も調整します。極端な場合は、被写体にとってどうしても邪魔だったり、イメージを阻害するものが気になるような極端な場合には画像の修正を行うことがあります。
今回、懐かしい品物が目に留まったので、それを使って少し遊んでみました。
このROBO-Qという愛称のロボットは、勤務していたタダノのコマーシャルにキャラクターとして登場。これを記念して作られ全社員に配られました。高さ14cm程の可愛いモデル。
このモデルを屋根の上に置いて下から望遠で見上げて撮影。別に撮影した自宅や橋の画像と合成してみました。画像ソフトは一番簡素で原始的なPAINTです。

・ROBO-Qについて
1990年、 タダノのコマーシャルにキャラクターとして登場。 立体アニメーションのユニークなコマーシャルで話題に。ビューティフル編」、「フレンド編」、「クリスタルボール編」の3編を制作。
モデルは、スイッチをONにすると 音楽やいろいろな音に反応して 目を赤く点滅させながら約100秒間カラダをゆする。さらに各関節を手で動かすことができるのでいろいろなポーズも可能。単4電池2本で動く。

140130-03A.jpg
香東川に現れたROBO-Qはもっと巨大化 ハテサテ御殿橋を如何にするのやら

140130-02A.jpg
1990年 ROBO-Q誕生 タダノのCMで活躍 写真は記念模型

140130-04A.jpg
CM 「クリスタルボール編」1992年 恐竜と友達「フレンド編」1990年

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

散歩/発見/自宅周辺
Walking/Discover/Around home
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140531-01A.jpg
ブーンと遠くで飛行機の大編隊が飛ぶような・・・ナヨクサフジ(弱草藤)に蜜蜂が

ウエスト廻りが気になり、始めた散歩。約2週間程続けてくることができました。まだ減量効果は実感できませんが、毎日いろんな発見があり、楽しく歩くことができています。
歩く沿道の至る所にナヨクサフジ(弱草藤)が群生しており、近付くとブーンという音がします。多数の蜜蜂の羽音が奏でる音で、大きな音ではありませんが、とても奥行きのある深い音です。音で弱草藤が群生しているのに気付くくらい感覚に響きます。この弱草藤、今までも見かけていましたが、名前は知りませんでした。そしてこんな風に蜜蜂が飛び廻っていることも気付きませんでした。発見です。
御殿貯水池は広くて深く、魚影を見ることは滅多にありません、何回か歩いていると、錦鯉の泳ぐのを発見。いつか池の主のような巨大なヤツに出会えるかもしれません。
昆虫、魚、鳥、様々な生き物との出会いはとても楽しみですが、散歩を初めて間もない頃、野犬の群れと遭遇し、彼らの縄張りに足を踏み入れると同時に数匹が猛然と牙をむいて突進してきました。必死で声を出して後ずさりし何とか回避できましたが、「かみ殺される!」と思ったほどの恐怖を感じました。
これ以降、杖替りに棒を持って行くことにしました。後日再び遭遇したのですが、地面を叩きながら棒を振り回して威嚇すると、直ぐに退散しました。棒の効果絶大です。
目に入るいろんなものが、普段なら見過ごしてしまいそうなものにも、ついつい目がいきます。豊かな自然の営みを感じるというのは、実に楽しいものです。
そんなこんなで、いろんな発見に満ちた散歩、これからも続きそうです。

140531-02A.jpg
御殿貯水池には錦鯉も結構泳ぐ 禁漁区故か雉が多い 華やかな雄

140531-03A.jpg
140531-04A.jpg
少し荒れた感じの果樹畑が散在 中で梅の樹も 樹液が宝石のように輝く

140531-05A.jpg
勝賀山に沈む夕日 暑さを避けて夕方に歩く 日毎にさまざまな表情が

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

ショルダーバッグ/ウエストポーチリメイク
Shoulder bag/Remake waist bag
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
140520-01A.jpg
旅行用のショルダーバッグ オールインワンのコンセプトで カメラも収納する

現在、主に使っているカメラ、Nikon P510はコンデジですが、小型の一眼のような形状でポケットインという訳にはいかず、いつも首から下げています。
旅行などに出かける時は、バッグ+カメラを首にかけることになり、これにスカーフやマフラーが加わると、時々お互いに絡んでしまうこともあり、飛行機のチェックインの時などに不便を感じていました。
カメラも入る、躰の前側に下げるショルダーはないかと探しましたが、小さ過ぎたり大き過ぎたりで、これといったサイズのものは見つかりませんでした。
諦めかけた時、これはイメージ通りのピッタリサイズ!が目に留まって手に取ってみると、それはショルダーではなくウエストポーチでした。試しにタスキ掛けで掛けてみたところ、使えそうな感触だったので、購入。
ところが、実際にカメラや小物を入れてタスキ掛けにしてみると、やはりしっくりしません。そこでショルダーにリメイクすることにしました。
バッグの両側に付いていたベルトの片側を取付部で切断し、バッグの横側に付け直しました。こうすることでタスキ掛けで安定してバッグを掛けることができる様になりました。
オールインワンのコンセプトで、カメラ用の仕切り(インナーケース)、小物引掛け用リング、タブレットホルダー(保持バンド)等も同時に追加しました。
これからは、チェックイン時、このバッグのみ検査トレイに入れればOKです。

140520-02Am.jpg
ウエストポーチベルトの片側を外し バッグの横下に取付 ショルダーバッグに

140520-03A.jpg
樹脂板とメッシュ(プランター底敷)で仕切作成 カメラを収納し上半分も個別に使う 

140520-04A.jpg
バッグのサイド(元は底)にホルダー取付 ケースは百均品改造 タブレット収納

140520-05A.jpg
躰の前側に吊るした状態 胸元で取出し収納が とてもやり易いバッグに変身

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック