なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



ワォ~ッ!
Wow!
120331-01A.jpg
ロケットストーブ試験機/廻りの10inと12inのダッチオーブン、陶板焼き機、鋤焼鍋、燻製機、等々

夜、電話が掛かってきた。従兄からであった。「チョッと来てもらってイイ?」なんかな?と思いつつ「イイっすよ!」
今日、作ったドライアップルをお土産に、出かけた。
駐車場で、既に待っていた。入って行くと、???、「ワォ~ッ!」
ロケットストーブの試験機が、煉瓦のつなぎに使った土はまだドロドロ、出来立てホヤホヤ。台車の上に乗っかってる!
作りたい、とは言っていたが…もうぅ、そっそこにあった。
早速、「火を入れましょうよッ!」、「燃やすもんがない」、薪の調達、暗闇に二人で探す、
かろうじて見つかった木片を、とりあえず焚き口に入れ、火をつける。
しばらくすると、ゴーッと、かのロケットストーブの名の所以でもある音が心地よく響く。
「ヤッタッ!成功だッ!」…一瞬童心に還る二人のジジィ
「鍋も買ったしなぁ」と従兄、「見せてよ!」自分の車から、出してくる、出てくる出てくる。
結果、周りに並んだ[お鍋さん達]、ダッチオーブン(10inと12in)、焼肉プレート(鉄と陶板)、鋤焼鍋(大と小)、タジン鍋、そして最後に登場したのが箱に入った燻製機。
ここで、またまた「ワォ~ッ!」であった。
気が付いたらもう11時、ホント楽しい時間を過ごせました。
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック
スポンサーサイト

できました!
SUCCESS
120329-01AJ.jpg
[写真をクリックすると拡大できます]
引出式としたのでとても使い易くなった。狙い通りに処理時間は大幅に短縮された。また、最下部を順次上に移動することで、お焦げもなくおいしく仕上がった。

120329-02AJ.jpg
[写真をクリックすると拡大できます]
大幅に時間短縮できたとは云え4時間近く、火力をコントロールしながらストーブの前にいるのは結構長い。今回は温度等を測定しながらだったので、割りと早く時間が過ぎた。ストーブの温度が上昇すると最下部の棚下面は100℃を超えてしまう。乾燥が進んで100℃を超えると焦げてまう。そこでアルミプレートが残っていたのでコの字に折曲げストーブの上に載せると、最下段の温度が大きく下がった。そして最上段は高温を維持できた。途中でこれに気づいた。乾燥初期は高温でも焦げることはないが、乾燥が進むと100℃を目途にコントロールし最上段の温度が落ちてしまう。アルミプレートを載せることで高温にでき、処理時間の短縮が可能となる。最下段の下面の温度が下がったのは、アルミプレートで輻射熱を遮ることができた為と思われる。
100均で見つけた瓶に入れたところ、6個分(小ぶり)のドライ林檎が丁度一杯になった。
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック


リベンジ
REVENGE
120328Dryj5.jpg

帯金物の曲げ位置を間違え、組んでからアラおかしいと気づき、曲げと穴あけを全部やり直し。左右の部品を右右で組んで、また組み直し、アァ相当くたびれてる、壊れてるというか、苦労してやっとできました…[乾燥機]

いろいろやってみて、高熱で短時間処理するには、棚の上下の大きな温度差を解消すること、手段は、引出式として、高温棚を低温側へ順次移動する。これが結論! ファイナルアンサーを目指して作成!
高熱になるので、使用材料は金属を使用。写真(左上)の鉄とアルミを選択。接続はブラインドリベット。
さて、製作費用は、前回までの¥998に今回の¥1,855を加えて¥2,853 ⇒ 野口英世さま3人で少しの御釣になってしまった。どちらにしてもリベンジだ…
やってみないと…結果は後日報告します。
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック


もう少し
P3280002.jpg
今朝のウチのソメイヨシノ

春が待ち遠しいのに、嵐のような風が吹いたり、急に寒くなったり、オテントさまに翻弄されてるんかなぁ~、そんな感じの中、しっかり自分のペースで時を刻んでました。紅が覗いてきました。もう少し、ですね。
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック

Tazumichi更新
Mebius草原TmswJ
2012/03/27
新記事として[図面]を追加/DIYの一部の図面を掲載
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック

途中の様子
120326-01A1.jpg
 一昨日は、嵐のように風が吹く中、無謀にもデッキでドライアップル作り。風で熱がうまく伝わらず、風避けに例のアルミのクックパネルで、急遽、箱を組んで取り付。しかし今度は温度が上がり過ぎて、お焦げ!…失敗です。一昨日は強風で撮影できなかったので本日、やっと風が治まり撮影。…次のステップへ。
追)強風に飛ばされそうになる箱を抑えていて、ジュッと手が煙突に。結果、久々の火傷、失敗は痛い!(写真右)
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック

まだ途中でした/乾燥機
120324-01A1.jpg
 ☆ドライアップルのスライス手順(素人なのでベストかどうか判りません)

 昨日は、嵐のように風が吹いていました。けど、そんな中、無謀にもデッキでドライアップルを作りました。案の定というか、風が吹いて熱が流れてしまって、うまく林檎に伝わらない!そこで、風避けに例のアルミのクックパネルで、急遽、箱を組んで取り付けました。今度は順調に温度が上がって、ヨシヨシと安心していました。乾燥が進んで、乾燥具合を確認すると、上の棚は、まだまだ、下はどうかなと上から覗くと、スライスした林檎がかなりくねくねと身を捩らせている。結構イイ塩梅に見えたのでカバーを外して確認、林檎を裏返してみると、なんと裏側は焦げている!一番下の棚は半分位が焦げていました。ドライアップルは、お焦げ厳禁、少しの焦げでもとても苦くなってしまいます。
 風が強くて熱が伝わらないないのでカバーを追加し、棚を少し上に上げたものの、ストーブの焚き方はそのままにしていたのがいけなかった!失敗です!ある程度乾燥が進んだら、火力をぐんと落として優しく乾燥してあげないといけません。後は、まめにチェックをしてチョロチョロ焚いて弱火に、途中油断して2回程火が消えかけたりしましたが、なんとか焦げることなく、美味しく出来上がりました。
 今回、強風の中でやったことで、いろいろと問題点が見つかりました。この方式は、当初の使い方の、ストーブの上に吊るして、ゆっくり一日かけて乾燥するのが一番です。これだとやはり冬限定になってしまいます…やっぱり一年中作りたい!とりあえず改良するしかありません。
・加熱し過ぎになるので、火加減をする為に、ずっと付きっきりになります。
・棚の下と上との温度差が大きく、最下部は、油断すると焦がしてしまいます。
 これらの問題の一番の対応策は、棚を簡単に入れ替えることができるようにして、様子を見ながら順繰りに棚を入れ替えること。これができれば強火でも、うまく全体を加熱でき、結果乾燥時間もグンと短縮されるはずです。
懲りずにまた改良をしょうと思っています。
注)温度は、放射温度計を使って測定。
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック

野口英世さんの百均乾燥機
120323-01A1.jpg
薪ストーブでのドライアップルの出来は予想以上の出来で、すこぶる好評!
だけど、ダイニングキッチンのストーブでは冬しか作れな~いっ!一年中作りたい!
それと、試して気づいたところや直したいところもあります
そんなこんなの問題を解決しようと、改良版を作ることにしました
・まず、オールシーズン化は、屋外のデッキに置いてある時計型ストーブを使う!
 前々から、夏でも麦茶、そして年中BBQに使ってきたので
・試した時、棚(金網)への熱の流れが、ストーブの右側に棚が偏っていたこともあり
 ロスが多かったので、棚をストーブの直上に置いて棚の周囲には壁をつけて、
 棚を流れる熱がまんべんなく伝わるように
・壁(パネル)に合う棚の数を見直して
 試した時の3枚から4枚に増やして処理能力をアップ!
高さを調整して素材の種類やストーブ燃え方に応じて、熱の量を調節する
ってな具合の改良をして、もう一度試したところ、グッド! とても良くなりました

120323-00.png
構造概要図面
棚の間隔は鎖の個数を合わせればキッチリ寸法がでます
パネルは、図のように折って2枚を箱状に組み合わせ
 重なった部分の上下をステプラ-(ホッチキス)で固定します、メチャ簡単!
 棚の箱への出し入れをスムーズに行えるように、箱の内間サイズは
 棚のサイズより一廻り大きくします
高さの調整は鎖の寸法(15㎜)ピッチで調整可能です

120323-05A1.jpg
各部の詳細   煙突には、針金をフック状に曲げ軽く引っ掛けてあるだけです

120323-12A1.jpg
さて、製作費用は、105×2+105×4+12×28+16×2=¥998 ⇒ 野口英世さま1枚
切ったり、貼ったりの加工は殆んどありません、部品の組立、そんな感じでできます
今回の素材は100均/セリアで購入しました
ダイソーでもチェックしましたが、パネル、金網共に品揃えは多いです
サイズに応じて箱のサイズ、金網の間隔を決めれば、同じ様に簡単に作れます

120323-13S.jpg
たちまちの保管は広口硝子瓶で保管してます、海苔容器や茶筒など
密閉性の良いもの、そして、スペースの余裕があれば、冷蔵庫の中など、
今後いろいろ試そうと思います
追)母がスーパーで早速、林檎を買ってきました。
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック

薪ストーブクッキング/ドライフルーツ
120321DryFruit-j.jpg
林檎のドライフルーツを薪ストーブ+天日で作った

去年からドライフルーツに挑戦
初秋に始めたので、もっぱら天日乾燥をメインにして
林檎、キウイ、バナナ、ブドウの皮、そして薩摩芋をやってみた
天日だけでは、なかなかうまくいかず
前処理で電子レンジを使ったり、冷蔵庫の中で乾燥させたり
要するにあまりうまくできなかった
今回、友人のブログでドライアップル旨し!の記事をみて再度挑戦することにした
友人は前処理としてパン焼き用オーブーンを使用していたので
当方は薪ストーブを使うことにした
ストーブ上方にネットに載せて吊るせば乾燥できるだろうと考え
100均でバーベキューネット(400㎜x300㎜)を3枚購入し
これを鎖で3段重ねにつないで乾燥棚を作った
棚1枚に林檎1個分が丁度載る、林檎は約5mm厚にスライス
お昼前から吊るして、夜9時ごろに確認
薄めにカットしたものは、ほぼ完成
翌日、翌々日と2日間天日乾燥(サンルーム内)し完成
先日、薪ストーブ3台を一気買した従兄に披露したところ
旨い旨い止まらないと、カルビーカッパエビセン状態
甘み、酸味そして旨みが凝縮されてホントに旨い!
ただ、このパターンだと冬場、つまりストーブを焚いている時しか作れない
デッキに設置の時計型ストーブを使えば、オールシーズン作れる
そこで、今回のことを踏まえ、より使い勝手の良いように改良
詳細は後日報告します
☆レシピ/ドライフルーツ
(画像はクリックすると拡大し、字も大きくなり読みやすくなります)
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック

膨らんできた

ソメイヨシノの蕾も大きく膨らんできた

今朝は眩い光に溢れとても気持のイイ朝
昨日は、高知で桜の開花宣言
我が家のソメちゃんもチャンと春の準備、膨らんできました
デッキのすぐ前、もうすぐ眼下にビンクの雲が拡がる
お花見をしましょう
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック


Tazumichi更新
Mebius草原TmswJ
2012/03/21
・Topics追加[薪ストーブ再度温度測定そして抱いた疑問]
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック


トムソーヤ
120320-01.jpg
幸せ一杯の Matsu ファミリーは天空廻廊の頂上がお気に入り

Mr Matsu's Family が、文旦をFamilyで分担して持って帰るということで
遠路はるばるジジィの庵まで足を運んでくれました
Son is very similar to his Father.
Daughter is very similar to her Mother.
奥さんまで来て頂きジジィは感涙に咽んだのであります

子供達、そして奥さんも天空廻廊を跳び廻ってくれました
嬉しい限りです、人に喜んでもらえるほど嬉しいことはありません

今日は、天気は良かったけど少し寒かったですね
暖かくなったらまた来てください!

☆天空廻廊、ウッドデッキ、ツリーデッキの詳細は、本家/Tazumichiをチェック
・・・本家/Tazumichi のチェックは、こちらをクリック

春子採れた
120319-02.jpg
椎茸畑そして恵み

一昨年事故で逝ってしまった父が植えつけた椎茸
1ケ月位前から少しづつ採れだした(春子というらしい)
ストーブの上で焼いて醤油を垂らして、熱々を頬張る
ジューシでプリプリ、醤油が焦げた香ばしさ…旨し!

一昨年、父が植えつけた薩摩芋、主亡き後収穫したが、
保存方法を知らず大半を腐らしダメにしてしまった
昨年は、母と共に植えつけ、秋に収穫、教えてもらった保存方法
保温が大切、おが屑の中に保存、今も時々おいしくいただいている

なんにも知らない、教えてもらいたかった、今となっては遅いけど
父の遺した椎茸畑、残していこうと思う
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック

薪補充
120319-01.jpg
今シーズンの薪ストーブもそろそろ終わり
今日は雨も上がり穏やかな天気だったので
薪の補充を行うことにした
思い立った時に少しづつやれば来シーズンへの準備も楽
こういう作業も、季節感を身体で感じることができ
薪ストーブのイイところ
それにしても、ハイラックスの荷台は載らんなぁ~
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック

薪ストーブ愛好家誕生!
Stove120318.jpg
薪ストーブの愛好家が一人増えました

14日に従兄から携帯に電話が入った「こんなタイプの薪ストーブはどうかな?」
てっきり購入検討の相談かと思いきや「特売で安かったんで買うた」とのこと
重いので降ろす時には手伝って欲しい、と言われたので17日に出かけた
行った時には、すでに一人でチェーンブロックを使って、ほぼ降ろしていた
薪ストーブを手押し車に載せ二人で保管場所の納屋に運ぶと、なんと!そこには
多数の煙突、時計型ストーブ、そして最近話題のロケットストーブの材料
ほんの数日間にこれだけのものを揃えてしまった
恐るべき行動力である
今後が楽しみ、また報告します
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック

サクランボ

咲き誇ってきたサクランボ

朝方は雨
でも暖かくなってきた
サクランボは咲き誇って、一足先の春を演出している
蜜蜂や小鳥を呼び寄せて受粉をする
開花してから冷え込むむと蜜蜂も飛べず受粉が十分にできない
毎年美味しい恵みを与えてもらえるが
出来具合は、天候次第のところもある
自然の営みを感じさせられる
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック


金柑マーマレード/薪ストーブクッキング
Cook120316.jpg
金柑マーマーレード作り

庭でとれた金柑、たくさん取れたので、友人に御裾分けし、
残ったものをマーマーレードにすることとしました。
薪ストーブの上でゆっくりと調理、ただし油断をすると焦げつくので、
丹念にかき混ぜること!
今回のポイントは、金柑の果肉の部分をミキサーで砕きガーゼで絞り、
皮に加えるところ、ペクチンがたっぷり含まれているので
トロミが十分でおいしく仕上がります。砂糖の量はお好みで。
☆レシピ/金柑マーマーレード
(画像はクリックすると拡大し、字も大きくなり読みやすくなります)
120316_2130~01
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック

Tazumichi更新
Mebius草原TmswJ
2012/03/16
・PhotoAlbum MiniCars に画像、コメント追加(Beat)
2012/03/15
・Topics追加[天空廻廊点検口]
・PhotoAlbum WoodDeck に画像、コメント追加
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック


Open Car
DVC00295.jpg
nabeさんのOpenCar

SolidModels愛好家のnabeさん作のBeatと彼女
いつも、空間のみでなく、時の流れ、空気の香り、つまり「世界」を
メッセージで伝えてくれるクリエーターである
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック

UFO!

神戸上空

春霞の神戸の空に浮かぶ飛行船
ゆっくりとスローモーションのように流れて行く
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック


白梅

浪速の白梅

今朝も「盗撮」今日は大胆にも庭に侵入しての一枚
公民館のようなところ、正面に咲く白梅
昨日は紅梅、今日は白梅、光琳の世界、紅梅白梅の図
讃岐への帰路、目に飛び込んできた
浪速の街そして、彌生婆さんとも、暫しの別れ
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック



リアル 魂の灯/赤

華麗なる紅梅

大阪の街並で華麗に咲く紅梅
枝振りも色合いも華麗な梅の花を見つけた
生け垣ごしに「盗撮」草間彌生の魂の灯/赤を彷彿とさせる
そんな見事な春の兆し
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック


草間彌生展/大阪

草間彌生展 国立国際美術館/大阪

永遠の永遠の永遠
Eternity of Eternal Eternity
2012年 1月7日(土)~4月8日(日)
国立国際美術館/大阪

来ました大阪、彌生さんを観に
良かった、パワーをもらった、83歳とは思えない
文字通りエターナル永遠のエネルギーを感じた
アートってイイなぁ

moblog_d0244c68.jpg
草間彌生展 入口

moblog_43e8c1f3.jpg
草間彌生展 導入部壁

moblog_d18351c2.jpg
チューリップに愛をこめて、永遠に祈る

moblog_9a71b431.jpg
魂の灯/青

moblog_37288ece.jpg
魂の灯/赤

・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック

オープンカー

オープンカーのトリム

Beatの内装は、かなり個性的
特に、シートは、知る人ぞ知る縞々模様
大嫌いという訳ではないが、好みではなかった
中古で買った93年当事既に
ドライバーシートの右側ランバーサポートに穴が空いていた
穴を覆う小さなカバーを自作して取り付けた
そのカバーも何年かで破れてしまった
その後一時期、MR-Sに浮気をして、2010年末に別れるまで
Beatは、お倉に入っていた
2011年1月に復縁し、懸案のシートのイメチェンを図ることに
いろいろとリサーチした結果、楽天でシートカバー(\12,800)を見つけ発注

シートを外して取り付けるタイプで、ほぼ完璧にカバー
カバーのイメージを超えた予想外の出来
ハンドルカバーはDIY Shopのがらくた市と称するバーゲンで\100で購入
ってな訳で\12,900で結構お気に入りのカラーコーディネートができた
かな?
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック


Japan/today'sfinalphoto

峯山西側斜面農道より北北西を望む

構図的には、今日イチ押しの一枚(自己評価)
峯山のシルエット、瀬戸内海上の雲
そのスリットに入りこむ勝賀山
そして、なにより、右下角の紅一点、さりげないBeat
今日の、Japanは、これまで
PS)ローカル山名ご容赦
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック


Japan3

裏山中腹より西方を望む

昔は、蜜柑畑がいっぱいあった
オレンジの自由化や後継者不在などで今は荒れ放題
斜面には網の目のように、畑へのアクセス用道路が残っている
路肩の愛車Beatごしの一枚
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック


Japan2

裏山中腹から北北西を望む

自宅の東側にある峯山の中腹から遠くに瀬戸内海を望む


Japan

2012/03/12 天空回廊から西方風景

タイに、単身赴任してる友人がいる
かの洪水も、掻い潜ってきた
メールを通じて、元気に楽しく頑張ってる様子が伝わってくる
そんな彼が、「日本の風景をみたい」とのこと
ハイハイOKですよ
こんなんで申し訳ないけど・・・

・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック

柑橘デパート

金柑、檸檬、文旦

うちで採れた柑橘類
あと、温州蜜柑、柚子は収穫済み
なので、5種類の柑橘類があることなる
あっ!そうそう思い出した
車庫の土手で、うちの土地じゃないところに、八朔もありました
生で食するのはもちろん
ジャム、マーマレード、濃縮ジュース等にして
おいしくいただいています
ご所望の方は遠慮なくお申し出を
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック

咲きました!

サクランボ蕾が開いて咲きました

今朝は、陽射しも明るく良く晴れてる
ても、風が冷たく、春とは言い難い
昨日は、まるで統制されたかのように、3.11特集をやっていた
一周年には意味がある、今一度、想いを馳せて、より良い未来に繋げたい
マスコミの展開は、ややもすると、お祭り騒ぎの感が、なきにしもあらず
それと、悲しむべくは、瓦礫処理に象徴される「エゴ」
あれほどまでに賞賛された日本人の美徳は、いったい何んだったんだろう
個々のできることは、たかがしれてる
でも、個々心の有り様は、社会を、日本を、形造る
と思う
・・・創作詳細は、Tazumichi こちらをクリック