なんでも DIY Diary ・薪ストーブ
なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



雑木伐採/薪切断/台自作
Logging/Firewood cutting/Stand DIY
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

雑木伐採に3日 更に5日かかって玉切り一応完了 次は薪割

1月23日から3日かけ、薪用に雑木林を伐採。その後、伐採した雑木を、約40cmの長さに切断。いわゆる玉切に5日を要し、薪運びで腰も、チェンソーを持った手も、関節痛でもうヘロヘロ。
太い薪は本数も少なく、作業としてはスムーズに終えたものの、薪が細くなってくるにつれ。圧倒的に本数が増え、中腰で長さチェックしながらの作業は、とても非効率で、切っても切っても終わらない・・・状態。
そこで急遽、玉切用台を自作することに、材料は、手持ちの物を見繕ってサイズ決定。結果、中腰からしゃがみこんでの作業に。腰への負担は軽減。
最大の効果は、長さをチェックしながらの一本々の切断から、10本程度までまとめて、台に印した長さ目盛に合せて切断。
効率は大幅にアップしたものの、切り終え細枝処分まで、5日。
次は、太い玉切を薪割、そして薪棚に積み上げ。今回は薪棚も新たに作成。薪造りなかなか終わりません(笑)

2018/01/26 雑木伐採/ストーブ用薪調達

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


細くなってくると一本々の切断は大変 そこで玉切用台 急遽DIY


曲がりくねった枝 曲部除去 除去部は生ながら火持ち良い薪に 



最細薪は直径1∼2cm これ以下の枝 減容の為焼却 灰は肥料に


手持ちの材料で急遽作成 使用しての問題点改良し 次作予定


玉切用台急遽DIY 従来は一本々切断から 10本程度を一気に

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト

雑木伐採/ストーブ用薪調達
Logging/Firewood procure for stove
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

薪ストーブ用にと お向い畑地の雑木伐採 まる3日間苦闘

昨年の年末年始休暇、お向いの従兄の息子さん家族で雑木林化した畑地の伐採。ストーブの薪に使えるから、「伐採手伝ってイイかな?」即答で了承。
手前は畑地に利用していたので、雑木の密度も疎だったので、一日で終了。その後の中断を経て、一念発起1月23日より伐採再開。
使用するのは、格安の電動チェンソー。電源は自宅から、奥の雑木伐採には、延長ケーブルを4本用意したものの、最奥は届かず最終5本を接続。
格安ながら、思いのほかパワフルで直径約40cmの巨木も見事伐採。玉切りも切断姿勢が撮り易く、思いの他スピーディ。コスパ最高のお気に入り。
薪に仕立てるには、玉切り、薪割と作業続行。厳しい寒中ながら、暖房不要の汗だくの三日間でした。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


お向かい従兄の畑地 手前は昨年末伐採 今回は奥の密集地帯



自宅より道路を過って延長ケーブル4本使用 電動で巨木と苦闘



自宅の薪ストーブ煙突の煙を見ながら伐採 太さにより長さ調整



伐採木 大・中・小・枝付に分類 これから玉切り、薪割と作業続行

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

薪割/楔使用
Wood splitting/Wedge use
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

薪割顛末 割れな~い欅 楔とハンマーを購入して何とか薪に

今年は、とても寒く、そして安納芋の保管を成功させるため、薪の消費量も例年に比べかなり増加。
そんな中、造園業を営むお隣さんから、庭の樹木の間引きで、昨年の夏に伐採していた欅を頂いた。
間引きした欅とあってかなり太く、割らずには薪として使えない。そこで玉切りをし、斧で割ろうと振り下ろすも、弾かれ、喰い込まず、全く割れる気配無し、そこで玉切りの長さを半分程度に短くして、辛うじて割るも、サイコロのような薪に、薪棚に積めない。
そこで、ホームセンターに出かけ、楔とハンマーを購入。流石に楔、なんとか割ることが出来たものの、何度も何度も打ち込まないと割れず、効率悪し。
チェンソーで縦方向に切れ目を入れ、なんとか全割。
その後、ネットで楔を購入しようと、チェックすると、楔は2個セットで使うのが常識とのこと・・・、今回も我流の徒労の“巻”でした。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



造園業のお隣さんから頂いた欅 斧では割れず! 楔でなんとか



欅 断面は歯が噛みあった様に繊維が絡み 硬い! 粘ばい!
 


この玉切りサイズだと楔でも中々割れず 切目を入れ全割

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

大枝剪定/薪造り
Pruning large trees/Making firewood
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

高枝切りチェンソー 成長した大樹 高所枝の剪定に大活躍

自宅庭には、欅、榎、ソメイヨシノを植栽。以前は、長い棒の先に手挽き鋸を取付け、高枝を切落していたものの、最近は、樹があまりにも大きく成長し、どうやって剪定するか、悩ましいテーマに。
そこで、以前テレビショッピングで目にし、気になっていた高枝切りチェンソー(電動)、能力、使い勝手に不安を抱いていたものの、“ダメモト”で購入。
早速使ってみると、思いの他、切断能力があり、チェンソーを枝に置くだけで、サクサクと切れる。
生木は非常に重く、高い位置から落下すると、大きな衝撃。そこで、先端の小枝から、少しづつ切落し、最後に根元を切断。高所作業となり、万全の注意を払っての作業が肝要。
切落した枝は、薪として有効活用。小枝まで、所定の長さに切断し利用。今回の剪定で、薪棚の空き部分が、満杯に。中腰作業で腰痛必至。
高枝切りチェンソーの購入、大正解。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


伸縮式1.72m~2.87m 最大直径25cmの枝も切断可 強力



赤部切断 枝先端から切落 徐々に軽くし最後に根元部切断



電動チェンソー 太枝切り鋏 剪定鋏 を使い 細枝まで薪に

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

薪ストーブ/3台
Wood Burning Stove/3 units
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

10月20日安納芋収獲後 乾燥・低温防止 フル稼働の薪ストーブ

水に弱い安納芋、大豊作だったものの、泥濘の中での収獲、芋は泥まみれ、収穫直後、ひとつづつ洗浄。速やかに乾燥しなければならず、収穫の10月20日から、キッチンダイニングに設置の薪ストーブをフル稼働。
保存に適した温度は13〜15℃と云われている中、11月4日の立冬以降は、保温の為にもフル稼働。
デッキ設置の時計型薪ストーブ、こちらは収穫の安納芋“焼芋”に大活躍。
そんなこんなで、約1ケ月、屋外の薪棚(最下部中央写真)を一気に消費。
設置の3台の薪ストーブは、全てホンマ製作所製、いわゆる高級ストーブとは違い、安価なものばかり、煙突取付等、設置工事も全てDIY。
薪の調達も、“ナラ、クヌギ以外は薪にあらず”とは全く無縁で、樹木であれば全てを薪として使用。庭の樹木の剪定、近隣の倒木、工務店を営んでいた父の遺した建築材等を薪に加工。故に、労力、チェンソー等の電力以外は、ゼロコスト。
ということで、“チープストーブライフ”を満喫。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。

3階の工房 キッチンダイニング そして デッキに設置の3台稼働



揺らめく炎は見飽きることがない炎のショー 炎のアート作品



庭の剪定 近隣の倒木 そして建築材等 樹木なら何でも薪に

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック