なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



最終工区進捗/高松市道木太鬼無線/2017/09
Progress of final work area
  /Takamatsu city road Kita-Kinashi
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

最終工区進捗急ピッチ 御殿橋からトンネルの一部が見え始める

前回のレポートから約一か月。多数の掘削機が入り、ブルドーザーやダンプで土移動し、急ピッチで工事が進む。
工事が進むにつれ、現状が消え、新たな景観が生まれる。消え行く途中を記録に留めたく、一か月と云う短いスパンながら、今回喫録することに。
進んだなぁと実感したのが、最終工区西端の御殿橋から峯山を貫くトンネルの一部が見え始めたこと。
山の斜面に雑木が生い茂り、トンネルは遙か彼方のイメージだったものの、伐採し土を移動し、見えてきたトンネル、最短の直線で結ばれていたんだと実感。
日々変化、今後の進捗が楽しみ。

2017/08/11 最終工区進捗/高松市道木太鬼無線
2017/02/03 最終段階/高松市道木太鬼無線
2016/10/09 工事再開/高松市道木太鬼無線
2014/01/25 貫通道路/高松市道木太鬼無線

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。




左:9月1日 右:9月19日 約20日 目に見えて工事進捗 



多数の重機が連携プレーで稼働  スタックしたロードローラー救出 

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト

Cafe Switch/高松市成合町/カフェ情報
Cafe Switch
 /Takamatsu Nariai-cho/Cafe Info
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

カフェスイッチ またまた こんな近くに素敵なカフェが あったとは!

今回もカメ友さんの紹介。「気になるカフェがあるけど、場所がよく判らない」
ということで、9月7日、行ってみると、香東川公園成合運動広場の西側堤上、自転車専用道路に面し、広大な空間の中、とても環境の良いロケーション。
赤い屋根がとても印象的な外観。ポーチには、トラック鉄製工具箱を利用した看板、両サイドの柱には、ワンちゃんの可愛いシルエットサイン。
店内は、更に印象的、様々の蒐集品やアート作品、拘りの品々が、溢れる手造り感一杯の楽しい空間。
インテリア、家具、様々の品々、オーナーご自身の手造りと思い、伺うと、友人の方々が造ってくれた物、そして骨董蒐集の父上の品々・・・とのこと。支える人々の多さ、そしてオーナー御夫婦の、お人柄が伺えるお話。
拘りの珈琲、絶品スイーツ、そして美味しい料理。自宅から自転車道を通って直通約4km。お気に入りスポットが増えました。
とても可愛いビーグル、Rokuちゃんも迎えてくれます。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


カフェ前には 香東川公園成合運動広場が拡がり 広大眺望 



様々の蒐集品やアート作品 拘りの品々の溢れる楽しい空間



居心地良い いろんなスポット お気に入りのポジションで癒しタイム



最高の珈琲を追求する堀口珈琲 &美味しいスイーツ 料理


オーナーの“友人達の作品”が至る所に こだわりの楽しいカフェ


カフェスイッチ 高松市成合町4-1 090-7621-7831 Rokuちゃんが待つ

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

高級焼き肉/旧友来訪/天空廻廊
Luxury roast
   /Old friends visit/Sky corridor
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

天空回廊 久々に集う旧職の後輩達 溢れる若いエネルギー

猛暑、真夏日もすこし影りをみせてきた9月1日の夜。旧職の後輩達と、天空廻廊で焼き肉、今回は、いつものBBQとは全く異なる“高級肉の焼き肉”。
7月に開かれたサンポート高松トライアスロン2017。この大会に、旧職後輩のKさんが、初出場。
スイム (750m×2周回)、バイク (5km×8周回)、ラン (2.5km×4周回)の鉄人レース。初出場ながら、137位/500名の好成績!。
レース前、Kさんの同僚のSさんと、超高級牛を賭けて、レース参戦。結果、好成績だったにも拘らず、賭けはSさんの勝ち。
Kさんは、高級黒毛和牛のオリーブ牛(1,620円/100g)や、国産牛ロースステーキ肉等、約2kg。そして自らカットした野菜等をを持参。太っ腹、Kさんの“男前”にアッパレ。
御相伴に預かり、旨し和牛を堪能。鉄人レース、そして、久々の仕事談議。気付けば、日付けが変わっていました。
鉄人祝賀、楽しい時間を頂き、深謝。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


賭勝者Sさんに 賭敗者の鉄人Kさんから 高級和牛肉の贈呈



当方含め旧職後輩達と共に乾杯 旨し肉お相伴に与り至福



現役時代後輩 Kさん 初出場137位/500名の好成績!

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

起重機船/船橋取付/四国ドッグ
Floating crane
 /Bridge mounting/Shikokudock
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

四国ドッグでの 起重機船による巨大な船橋の取付作業撮影

8月29日、10時頃、ラジコンやブログを通じての知人のNさんから、「四国ドックで深田サルベージのクレーン船が、大きな船橋を吊って取付作業をしています。撮影しては如何ですか?」との電話。
早速、ビートで出かけ、10時45分到着、クレーン船確認。既に、船橋は船体の所定位置に移動済。残念ながら、吊上げ状態を撮影することは叶わず。
1時間強、様々な方向から撮影。巨大な船橋を吊り上げる吊り具も巨大。これを外す作業は、とても興味深いもの。
巨大吊り具を、補助ウインチで移動させたり、船体の周囲に投錨した操船用ウインチを使って、巨大な船体の微動操作等、見事な作業に時間の経つのも忘れて見入ってしまい、気付けば、正午過ぎ。
情報提供してくれたNさんに改めて深謝。

・深田サルベージ建設/Wikipediaより抜粋・編集
大阪市港区に本社を置く、総合海事業者。海難救助(沈没・座礁した船舶のサルベージ)や、橋梁架設、船舶・浮体構造物の海上輸送、海洋開発事業など、海洋分野に関する幅広い業務を行なう。起重機船/金剛(主巻定格荷重2,050トン吊)、船体 長さ:85m 幅:38.8m 深さ:6m

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


深田サルベージ 起重機船/金剛 吊上2,000トン超の迫力



COOL SPIRIT/冷凍運搬船(650,000cf 型) 新しさ感じる外観




船橋を所定位置に取付 巨大吊り具の取外し作業も見応えあり

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

花火大会/直島/信栄丸
Fireworks festival
     /Naoshima/Shinneimaru
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

信栄丸に乗船させてもらい 神在港出港 いざ直島花火大会へ  

今夏、どんどん高松で、アート花火撮影に嵌り、なかなか思うように撮れない中、一週間後には、まるがめまるがめ婆娑羅まつりへ。
どんどん高松で、花火台船を曳航設置した信栄丸、その信栄丸のA船長がブログを見てくれ、「アート花火面白いね、撮ってみたいな」とのお話。
丁度、8月26日に、直島で花火大会があり、高松同様、台船からの花火打ち上げ、その台船の設置を、信栄丸で行なうので、乗船させてもらえることに。
高松港の西方にある神在港から、直島へは、ほぼ真北に直線で約9km。あっという間に着きビックリ。
船上からの撮影は揺れを心配したものの、何とか撮影。ほぼ直下での花火観賞・撮影は、大迫力。
また、台船撤収、台船押し航行等を目の当りにし、超貴重体験。そして、帰りには、知合いの漁師さんのお裾分けの立派なマナガツオまで頂きました。
このような機会を頂き、感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


勝賀山を後に20分足らずで直島に 黄南瓜 そして花火台船




今回もアート花火撮影挑戦 やはりなかなか思うように撮れず



アンカーの回収 台船固定のr為に4方向に投錨した錨を回収


花火師軍団を乗せ日比港へ 手際よく撤収作業 神在港へ回帰

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック