なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



保管箱/安納芋/野地板DIY
Storage box/Anno potato/DIY
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

安納芋 毎年保管に失敗 多くを廃棄 今年こそは、と 保管箱作成

今まで、安納芋の保管は、ダンボール箱におが屑を入れ、その中に埋めてきたが、保温ができず、低温によって傷み、毎年、失敗し、多くを廃棄する破目に。
先ず、冬場でも暖かいリビングを、保管場所をにすることにより、低温になる機会を少なくする。ベンチとしても使える様に、箱の高さを、椅子の高さとほぼ同じに、そして、見映えも考慮し、野地板とはいえ、桧の無垢材を使用。
完成後、早速、おが屑を入れ安納芋を埋め、おが屑が散乱しないようにと一晩、ブルーシートをかけておいたところ、翌朝、ブルーシートに結露。
低温と同様、水分も、芋が傷む原因。通気性確保の為、おが屑を取り出し、再度、芋のみを優しく重ねて納め、保管のし直し。冷え込んだ日が続く中、まだ傷んだ様子は無いが、今後の経過を注視。
保管もさることながら、お裾分けしたり、焼き芋にして差し入れたり、勿論、毎日の料理で使ったりと、美味しく頂くのが一番。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


桧野地板使用 椅子とほぼ同じ高さ ベンチ代りでリビング設置



箱内面 蓋裏側 ブルーフォームを貼付け断熱 換気にも留意


一枚100円以下の野地板 桧の無垢材 材料寸法に合せ加工

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト

薪ストーブ/3台
Wood Burning Stove/3 units
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

10月20日安納芋収獲後 乾燥・低温防止 フル稼働の薪ストーブ

水に弱い安納芋、大豊作だったものの、泥濘の中での収獲、芋は泥まみれ、収穫直後、ひとつづつ洗浄。速やかに乾燥しなければならず、収穫の10月20日から、キッチンダイニングに設置の薪ストーブをフル稼働。
保存に適した温度は13〜15℃と云われている中、11月4日の立冬以降は、保温の為にもフル稼働。
デッキ設置の時計型薪ストーブ、こちらは収穫の安納芋“焼芋”に大活躍。
そんなこんなで、約1ケ月、屋外の薪棚(最下部中央写真)を一気に消費。
設置の3台の薪ストーブは、全てホンマ製作所製、いわゆる高級ストーブとは違い、安価なものばかり、煙突取付等、設置工事も全てDIY。
薪の調達も、“ナラ、クヌギ以外は薪にあらず”とは全く無縁で、樹木であれば全てを薪として使用。庭の樹木の剪定、近隣の倒木、工務店を営んでいた父の遺した建築材等を薪に加工。故に、労力、チェンソー等の電力以外は、ゼロコスト。
ということで、“チープストーブライフ”を満喫。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。

3階の工房 キッチンダイニング そして デッキに設置の3台稼働



揺らめく炎は見飽きることがない炎のショー 炎のアート作品



庭の剪定 近隣の倒木 そして建築材等 樹木なら何でも薪に

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

工房探訪/トライアンフ
Workshop exploration/Triumph
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

ずっと拝見したいと念願していたRC大先輩の工房 ついに訪問

エンジン機をはじめ、様々のラジコン機を楽しんでおられるRC大先輩のNさん、グライダー一筋だった当方とは、なかなか接点がなかったものの、当方ブログやFBも観て下さって、コメント等も頂いていた。
以前より、Net等で紹介されていたラジコンミュージアムの様なNさんの工房、そして愛車のヴィンテージカー、トライアンフ、ず~っと拝見したいと念願。
ここのところに来て電話連絡する機会があり、その際に、訪問のお願い。快諾して頂き、11月11日(土)午後3時、ついに訪問。
わざわざ、門のところまで、出迎えて頂き、庭へと誘導され、その庭の南側に、かの工房が・・・。
シャッターを開けて頂くと、RC飛行機、ヴィンテージカー、バイク、大人のおもちゃ箱が光彩を放って開かれたよう。
夢中でシャッターを切りながら、いろいろお話も伺う。全て自らの手で造られた工房。そして飽くなき好奇心、挑戦の証、グライダーから、超高速飛行のダクテッドファン機、そして高速ボートが所狭しと、工房内に。
棚には、スターリングエンジンや様々なタイプの飛行機用エンジン等が並ぶ。工作・作業コーナーには整然と様々の工具が、そして、還暦の“お虎婆さん” トライアンフTR3、その横には、水平対向BMWバイク・・・
“痺れちまったぁ~”みたいな感動。RC機、車やバイク、いろいろお話を伺ったものの、興奮して右から左。
この日は、曇り空、風が強く寒くて生憎のお天気。次は、是非、お天気の良い日を選んで、素敵なロケーションでトライアンフの美しい姿を撮らせて下さいと、図々しくお願い。
お忙しい中、ご対応頂き、ありがとうございました。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



60年の歳月を重ね圧倒的存在感 トライアンフ TR-3 美しい



水平対向 BMWのバイク ブーツ、ヘルメット、グローブがスタンバイ



グライダーからダクテッドファン機、そして高速ボート 様々のRC機



工作スペース 整然と各種工具が並ぶ 夢を紡ぐ至福の空間

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

水平剪定装置作成/手抜DIY
Making horizontal pruning device
           /Omission DIY
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

生垣の水平剪定装置 手持ちのモノを流用組合せで手抜DIY

生垣、正に“生きた垣根”、日々成長し、剪定は、毎年必須の作業。公道にはみ出してしまったら一大事。
昔は、手持ちの刈り込み鋏でコツコツ剪定。10年ほど前に電動ヘッジトリマーを使うようになり、ラクラク剪定。
生垣の上面の刈り込みは、トリマーを肩より上にあげての作業。ほどほどに重いトリマー、昨今、少々辛い作業に。そして生垣の高さにバラつきが出やすく、且つそのバラつきが目立ち易い・・・
そんな中、ふと思いついたのが、台車にトリマーを固定して刈ること。楽だし、高さも揃う、木でトリマー固定用台を造り台車に乗せようと計画。手持ちのアルミ製の台車をチェックしている時、目についたのが、アルミの脚立。これひょっとして使えるかもと、即、台車に乗せてみるとピッタリマッチ。
早速、生垣の横に持って行くと、脚立の上から2段目にトリマーを固定すれば、高さもバッチリ。勢いづいて、とりあえず荷紐と板を使ってトリマーを固定し、試しに刈ってみることに。
ほぼ期待通りの使い勝手で、大満足の結果。これに気を良くして、生垣剪定を一気に完了。翌日、トリマー取付具、脚立固縛具を造り。来年に備えることに。
既存の台車、脚立を使い固定しただけ、手抜DIY乍、大満足の結果。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



荷紐で組立てた試作機で剪定 良好結果を受け固定具作成




伸び放題だった貝塚伊吹の生垣 何とかスッキリ剪定完了 



試作機の良好結果を踏まえ 本体取付具 脚立固縛具作成

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

レガロビズ/高松市小村町/カフェ情報
Regaro Bis/Takamatsu Omore/Cafe Info
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

高松にまだありました 超素敵な喫茶室レストラン レガロビズ 

昨年の4月から、始まったカフェ発掘、今回もカメ友さんの紹介で、喫茶室レストラン レガロビズを訪問。所々に水田が残る高松市街地の東部、小村(オモレ)町にあり、外観は古い倉庫体、築80年の米蔵。
大きな扉を開けると、暖色低照明の予想外の空間に驚かされる。個性的な様々なテーブルセットが並び、販売もしている漆器やステンドグラスの小物、アンティークに目を奪われる。
喫茶室に隣接したアートギャラリー、吹付断熱壁がとても印象深い吹き抜けの大空間。久々に個性的で、素敵な空間に遭遇。
様々なイベントも企画されているとのこと。今後が楽しみ。

・レガロビズ/Netより抜粋・編集
 住所:香川県高松市小村町549-4 電話:087-813-1020 
 営業:11時~18時、金・土・日曜11時~16時30分、18時~22時 
 定休:水曜、第1・第3火曜 
 イタリア料理:ランチ、ディナー、コーヒー、ドリンク 
 開業:2015年4月7日

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



築80年の米蔵リノベーション 外観からは想像つかない空間が




喫茶室レストラン1階 漆器やステンドグラス等の小物も並ぶ




喫茶室レストラン2階 居心地良い様々のテーブルセットが並ぶ




アートギャラリー1階 吹き抜け大空間 印象深い吹付断熱壁

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック