なんでも DIY Diary
FC2ブログ
なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



白山/三木町/初登山
Mt.Shirayama/Miki Town/First climb
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

先日初登山の嶽山と向い合い 鳥居と掲揚ポールの白山にも初登山

天空の鳥居を求め、2月3日、三木町にある嶽山に初登頂。嶽山の北北東約3.5kmにある白山にも天空の鳥居。
30分足らずで登れるとのことで、2月14日、曇り空ながら、時々陽の射すまずまずのお天気、カメ友Nさんと初登山。
南麓の白山神社を抜け、登山道へ、殆んどが舗装道か、階段、そして緩勾配の迂回路があり、ゆっくり登ることもできる。また北側にも登山口があり、とても整備され、見晴らしも良く、とても快適に登坂。
山頂には、鳥居と国旗掲揚ポール。地魂坊社、石鎚神社と龍王社の石祠が祀られる。北西向き展望台からは、讃岐平野、瀬戸内海を一望、素晴らしい眺望。
頂上、登山道周辺には、多くの桜が植栽されており、桜の季節が期待大。

・白山(しらやま)/Netより抜粋・編集
三木町のシンボルで、霊峰冨士に似て三木富士、東讃岐冨士とも呼ばれ、讃岐七富士の一つで標高203mの美しい山。四季の移り変りで 風情が変わり、山麓一帯は史跡に富む。白山神社から頂上へは登山道が整備され、頂上には、石鎚神社と龍王社の石祠そして地魂坊社が祀られている。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


白山神社後方に聳える白山 整備された見晴し良い多ルート登山道
 

南方には先日初登山の嶽山 眼下に長尾線 合目標示も判り易く



頂上の鳥居には地魂坊社 石鎚神社と龍王社の石祠が祀られる



頂上北西向きの展望台から 讃岐平野・瀬戸内海のパノラマ眺望

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト

嶽山/三木町/初登山
Mt.Dakeyama/Miki Town/First climb
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

三木町にある 嶽山 小振りながら鎖場もある急峻な岩山 初登山

観音寺市にある高屋神社、天空の鳥居として最近、人気スポットに。ブログやFBで最近、三木町にある嶽山にも頂上に鳥居、という情報。
嶽山は、標高205mと高くはないものの、頂上近くには険しい岩場があり設置された鎖を頼りに登る、頂上の急勾配岩場では、アイゼンの講習会も開かれた由。
また高松空港滑走路東側延長線上に位置し、上空を通過する飛行機の撮影スポットでもあるとのこと。
そんなことで、2月3日の節分の日に、カメ友Nさんと、ロケハン登山。登山道入口前の駐車場から登り始め、30分足らずで頂上に、鎖場は、とても急勾配でここを一気に登り、最後の最後で強烈パンチを食らった感じで、ヘロヘロ。
頂上からは360°一望、この日は少し靄っていたので、遠望は利かなかったが見通し良ければ最高の眺望。
四季折々、豊かな景観が期待できそう、また国旗掲揚ポールにはためく日の丸も見てみたいもの。

・嶽山(だけやま)/Netより抜粋・編集
位置:三木町 標高:嶽山 205m 岩山がそそり立つ、険しい山。頂上の三角点のある方には天日坊神社の祠、最高所には龍王神社の祠が祀られている。天日坊神社の手前には昭和初期に建立された龍王神社の鳥居がある。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


登山道入り口に駐車場 登山道整備も行き届き 快適安心登山



最高所に龍王神社の祠 手前の三角点には天日坊神社の祠




龍王神社の祠 不謹慎に祠より頭高く お詫び後 再度記念撮影



鎖を伝って登れば 東方眼下に三木運動公園 頭上には飛行機 

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

春の気配/栗林公園/ポタリング
Spring sign/Ritsurin Garden/Pottering
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

梅が見頃と聞き 久々の栗林公園へ のんびりゆっくりポタリング

立春間近の、2月2日の土曜日、好天に誘われて、ポタリング、久しくご無沙汰の栗林公園へ。冬枯れの中、梅、椿、山茶花、ロウバイ、水仙、等々、乏しい花知識で咲く姿を妄想。
梅林は、紅白の梅が見頃。ただ萎みかけたもの、まだ蕾でこれからといったものもと、樹によって、其々の状況ではあるものの、見事な景観。
残念ながら、他の花は、椿が少々咲くのみといった状況ながら、流石に名勝栗林公園、園内をゆっくり巡り、見処一杯。春の気配を感じる。
昨年の4月、コイヘルペスで約250匹が大量死、園内6つの池の残り約750匹を全て殺処分。10月には、感染検査をし陰性が確認され、11月には、約100匹のニシキゴイが放流された。
昨年の10分の1、池泳ぐ鯉の姿は殆んど見ることなく、南湖の吹上亭へ、ここのに鯉が集結。井戸から汲み上げた水の水温が高く、集まってくるとのこと。
閉園お知らせの園内放送を聞きくまで、久々の栗林公園を堪能。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



丁度見頃も 既に萎みかけも そしてまだ蕾も まだまだ楽しめそう



群鴨池 多くの鴨が 既に紫雲山の日陰になり 仮眠中が目立つ



紫雲山に陽がかかり始め 光の織り成す世界が其処かしこに



昨年のコイヘルペスから 復活に向かうも まだまだ少い鯉達

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

河川補修/クレーン作業/ツリーデッキ
River repair/Crane work/Tree deck
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

自宅前の河川敷にクレーンが 例によってツリーデッキからのウオッチング

1月26日お昼前、自宅窓から香東川の河川敷に、大型ラフテレーンクレーンの作業中が目に留まる。早速、超望遠のNikon P1000で撮影。
河川敷護岸の上流側が流れによってえぐられ、その部分補修工事。ダンプカーに載せて運んできた“袋詰め玉石”をクレーンで吊上げ、えぐれ部分に積み上げ補修。
スチールネットの籠に石を入れた護岸は見たことあるが、この繊維ネットの袋に石を入れた工事は初めて。3個の袋詰め玉石を所定の位置に積み上げるのに要した時間は10分足らずで速攻作業。
ネットで、この工法をチェックすると、最近開発された“袋詰め玉石工”という工法で、なかなか優れものの工法。
活躍のクレーンは、旧職の我が愛するCrevo(注)。

注)Crevo:クレーンメーカー タダノのラフテレーンクレーンの愛称

・袋詰め玉石工/ナカダ産業HPより抜粋・編集
ゴルフ練習場や建築現場でよく見かける繊維ネット。この繊維ネットを巾着状に編み、その中に石を入れた構造の工法が海岸や河川の護岸工事に使われ始めた。海岸などの洗掘防止に効果が高く、従来から使用されているコンクリート製の消波ブロックより安く、現場で石を中詰めするため素早い設置が可能。今後、公共工事で更に普及していくことが予想される。(2017/1/13)

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


護岸補強の増水でえぐれた部分を袋詰め玉石工法で補修工事 



ダンプトラックに積んできた石入りネット3袋 10分位で設置完了



霰の降る寒い中 ミッションをパーフェクト果たし帰還する我がCrevo

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

火吹き棒/百均/DIY
Fire Blaster/Hundred yen shop/DIY
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

薪ストーブの着火 火付の悪い時の必需品 火吹き棒 百均でDIY

様々の鉄製調理器具や雑貨、アート作品を製作している槙塚鉄工所さんのFBを見ている時、偶然、“火吹き棒”に目が留まる。
細い鉄パイプに木製の保持部と吹込口を取り付けたもの。今まで、火吹き棒は、竹を加工して自作。使っていると、乾燥が進んでヒビ割れするので、都度、新たに製作。最近は、面倒になり、不本意ながらビニールテープを巻いて使っていた。
そんな中、目から鱗の感、金属パイプでいいんだ!細い金属パイプは?・・・と考えている時、閃いたのが、手動ドローンを作った時に百均で購入の自撮り棒
伸縮式で中空パイプ。早速購入し、チェック。先端のカメラ保持部を取除くと、2つの問題が、①先端を持って伸ばそうとすると細く滑って、伸ばせない ②先端の穴径が大きく風速が遅い。そこで先端に嵌合サイズがほぼピッタリのM10ボルトを加工(切断、Φ3キリ通し。M10外径削り調整)、し取付。
使用感、良好!、満足満足。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


百均でコンパクト自撮り棒(200円)を購入 後端にも穴あき貫通



M10 のボルトを加工し先端に取付 嵌合に少し太く外径を削り調整


今まで使ってた竹製 割れてビニールテープで補修 新はコンパクトで耐火



販売されてる火吹き棒の数々 高額のものは4~5千円 伸縮式も


最終 樹脂カバー除去 ストラップ取付 メタリックでスタイリッシュに

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック