なんでも DIY Diary
FC2ブログ
なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



アンティミテマルシェ/フィギュアゲット
intimite Marche/Figure Get
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

御山の帰り アンティミテマルシエに立寄り フィギュアを超安値でゲット

10月21日、好天に恵まれた日曜日。白鳥で、20日~開催の 第3回Art Summit on the 御山 2018 を取材すべく出かける。
ビートで、久々にオープン走行を楽しみながら、御山に着くと、貴志さんが、写真ブロガーのUさんに作品説明をしているところ。
出展作品の撮影をしていると、お昼になり、3人でうどん屋さんへ。第2回搬入時に行ったお店で、そこで、風の姿展出展に誘われた当時の話を懐かしく思い出す。
取材を終え、帰路、初マルシェ開催のアンティミテに立ち寄る。午後4時前に着くと、テントが張られ多くの人で賑わい。
先ずは、Bostonさんの珈琲を味わいながら、いろんな出店を廻る。フリマもあってとても楽しい。中でも、猫待草さんのアクセサリーは、キャンディーのようにカラフル、山のように溢れ、圧巻。
フリマコーナーでは、ミニフィギュアやキーホルダーに目が留まる。訊くと、籠の中のものは、なんと無料。そして、ドラゴンボールのフィギュア(22体)は、まとめて100円! 即決でゲット。
帰宅後、ドラゴンボールはプレート作成し、コレクションケースを整理して、早速飾付(ニンマリ)。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


初アンティミテマルシェ 好天に恵まれ多くのお客さんで賑わう





nekomachigusaさんのキャンディーを思わせる超楽しいカラフルアクセサリ



ドラゴンボールや様々なキーホルダー等のフィギュアを なんと100円でゲット

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト

Art Summit on the 御山 2018/白鳥/初出展
Art Summit on the Miyama 2018
    /Shirotori/First time exhibitor
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

白鳥神社の松原 御山での 第3回野外彫刻展2018に初出展

夏に引田で開催の「風の姿展」。今年で3回目、出展に誘って頂いたのが、実行委員会代表の貴志さん。風の姿展が終わり作品撤収の際、「今度の、御山に出展してみませんか」と貴志さんに声をかけられ、隔年開催の第3回 Art Summit on the 御山の出展・申込資料を頂いた。
本格的な彫刻展、果たして作品が産出せるか?・・・との不安、即答できず、思案の時を頂く。
風の姿展用にと、廃ペットボトル集めていた結果、大量のペットボトルを抱えていたので、これを素材に作品を摸索。
ペットボトルの頭を繋げた脊椎のイメージを元に、蛇の骨格をベースにした作品に。構成や加工方法をいろいろと模索しながら、なんとか形に、初挑戦、反省点一杯の作品ながら、恥を忍んでとにかく出展。
搬入日、10月19日お昼前に会場へ、既に、貴志さん、井本さんが設置作業。お昼は貴志さんお勧めの吉本食品へ、つるつるの美味し~い うどんを頂いて、エネルギーチャージ。
その後、木下さん、平野さん、佐藤さん、田中さん、島田さん、大川原さんが搬入。送付作品を含め11作品無事設置。翌日搬入で、最終16作品が展示される。
・第3回 Art Summit on tahe 御山
 2018年10月20日(土)~11月11日(日) 会場:白鳥の松原<御山>周辺
 日の出~日没まで
是非ご高覧を。

追)作家名は敬称略。展示詳細は会期終了後報告予定。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



吉本食品の旨しうどんで力を付け送付作品を含め11作品設置 


     井本 英樹(香川)         大川原 暢人(京都)
 

    大川原 誠人(香川)         貴志 勉(香川) 


    木下 順(兵庫)           佐藤 富士夫(香川)  


    島田 君子(香川)          田中 保基(香川) 


    平野 年紀(香川)          水嶋 康宣(京都)



PET SNAKE 風鈴用に集めた大量のペットボトルを使用して作成


白鳥神社松原にて 10月20日(土)~11月11日(日)開催 ご高覧を

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

バスリフォーム/エコキュート
Bath remodeling/EcoCute
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

念願のバスリフォーム 高効率・清潔 快適そのものお風呂に

築40年の我が家、様々な処に老朽化現象が、特に水廻りはいろいろと不具合発生。中でも、風呂はもう限界状況。
深夜電力使用の電気温水器を使用、温水器保護用減圧弁が腐食し漏水、ピー音発生と、いつ破損してもおかしくない状況。風呂に給湯する時のみ元栓を開放し、減圧弁への負担を減少させ凌いできた。
また、ステンレス浴槽は、冬場には、浴槽に入った直後から温度が下がるのが判るほど、また床は石畳みで冷たく滑り易く、ヒートショック等、正に非健康風呂。
バスリフォームを決断し、最近完成。実に快適。これから、冬ならではの温かいお風呂を楽しめそう。

・エコキュートとは/PanasonicHPより抜粋・編集
大気の熱を利用し、お湯を沸かす、地球環境への負荷を抑えた自然冷媒ヒートポンプ給湯機。ヒートポンプは、空気の熱を熱交換器で冷媒に集め、その冷媒を圧縮機で圧縮してさらに高温にし、高温になった冷媒の熱を水に伝えてお湯を沸かすしくみ。大気熱を利用するので、お湯を沸かす効率は電気エネルギーのみの場合に比べて電力消費量約1/3。さらに、割安な「夜間電力」を使って昼間の電気使用量を抑える。


☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


TOTO SAZANA ユニットバス 清潔・明るい ホワイト選択




旧ステン浴槽に比べ 魔法びん浴槽 ふろふた 抜群の断熱



洗面脱衣所 白塗壁 床・天井は桧 スッキリ使い易く変貌



Panasonic エコキュート ヒートポンプで抜群の省エネ高効率



旧浴槽 ステンに発泡剤で断熱も剥離 とにかく良く冷えた

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

DIY 再掲載/ドゥーパ/時計型薪ストーブ
DIY Republished/Dopa
       /Clock type wood stove
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
181012-00A.jpg
DIYのバイブルともいえる 学研の雑誌ドゥーパに掲載第3弾

昨年1月、学研ドゥーパ No.116 2月号に時計型薪ストーブの活用事例として掲載。そして、今年9月1日、学研の編集部の方から、時計型薪ストーブを再掲載の連絡があり、原稿校正。10月2日、学研ドゥーパ特別編集版 「DIYでストーブを作る」 が発売され、「野外テーブルに内臓して アウトドアキッチンを製作」 として94、95頁に掲載。 
是非手に取ってお読みください。

・学研ムック ドゥーパ DIYでストーブを作る/学研HPより抜粋・編集
自作しやすくて高機能なロケットストーブ人気の高まりとともに、DIYでストーブを作る人が増加。今作は、インドア用・アウトドア用、調理用・暖房用などを問わず大活躍するロケットストーブと薪ストーブ作りのノウハウ&実例集を中心に、安価で手軽に使える時計型薪ストーブの活用術、ストーブ作りに役立つ鉄工テクニックなどを幅広く紹介。
10月2日発売 ISBN:978-4-05-611334-1 定価:本体1800円+税

2017/01/13 時計型薪ストーブ ドゥーパ取材掲載 
2015/07/22 ツールツリー    初ドゥーパ掲載 

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。

ドゥーパ! 特別編集 DIYでストーブを作る号/HP画像借用・編集


マイ記事 「野外テーブルに内臓して アウトドアキッチンを製作」 94、95頁

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

鬼無庭園美術館 Gallrry Hooks/鬼無
KINASHI GARDEN MUSEUM
      Gallery Hooks/Kinashi
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

鬼無庭園美術館 Gallery Hooks 住田佳瑞子氏作品所蔵・展示

FBを見ている時に、偶然、“鬼無庭園美術館”が目に留まる。「んっ?鬼無に美術館があるの?」 即検索。ありました。それも自宅から1.6kmの超ご近所。早速、翌日の10月5日午後訪問。
周囲を田に囲まれた住宅地に一際目立つアートな建物、一見して“美術館”の風格。青空と緑の芝生が良く似合う。
エントランスでインターホンを押すと、オーナーで作家の住田佳瑞子さんが、笑顔で出迎えてくれる。大学卒業後、単身渡米、ニューヨークに住み、絵画の世界へ、帰国後、自らの“美術館”を建設。現在も創作の中、100点余の作品を所蔵・展示。
作品や創作活動、そして美術館について丁寧な説明を受け、珈琲や手造りチーズケーキも御馳走になる。説明を受けながら、創作への熱き想いがビンビンと伝わってくる・・・。一杯エネルギーを頂きました。
今後の新作、庭園の四季の移ろい、楽しみです。

鬼無庭園美術館 Gallery Hooks/FBより抜粋・編集
住田佳瑞子氏が自作絵画を展示するプライベートミュージアム。盆栽の里鬼無に2017年秋開設。高松駅から車15分、緑の中で自由な現代アートを楽しめる。設計:久保勇人(株式会社創芸)  カフェ、宿泊施設、会議室なども併設。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


美術館として建物自体がアート 青空と緑の芝生が良く似合う





天窓外光も取り入れた 正統派の本格的展示室 スライド収納も



2階にあるカフェ 東に面した窓からは 黄金色の田 そして峰山



素敵な庭 超立派な藤もある 鬼無庭園美術館と命名も納得


香川県高松市鬼無町藤井180−8 自宅から1.6km 至近距離

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック