なんでも DIY Diary
なんでも DIY Diary
           家のリフォームから家具、小物、趣味の模型造り迄、なんでもDIY そんな日々の呟き
カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



プロフィール

Tazumichi

Author:Tazumichi
とにかく創るのが大好きな
チョイワルジジィ

温暖のんびり
うどん県在住なれど
薪ストーブをこよなく愛し
トムソーヤの心で
天と戯れ、樹と戯れ

そんな流れのひとかけら

創作詳細は Tazumichi
Mebius草原TmswJ
http://blog.goo.ne.jp/tazoogoo
こちらをクリック



検索フォーム



Total



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新トラックバック



花の里/芝桜/脇町広棚
Flower Village
  /Moss phlox/Wakimachi Hirotana
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]
180424-00B.jpg
徳島県美馬市脇町 広棚 花の里 見事に美しく咲き誇る芝桜 

先日、友人に連れて行ってもらった Loving Cafe その癒し空間を再び訪れ、テラスからの夕日を楽しみたいと、夜8時まで開いている土曜日、4月21日訪問。
夕刻まで、谷間の向かい側にある芝桜で有名な 広棚 花の里 に立寄り。今が盛り、ピンクや紫、白が畑一面に咲き誇り、美しい絨毯が敷き詰められたよう。
花の里の中心にある住居の庭で観ていると、友人と連立ち楽しく芝桜鑑賞する人達が記念写真を撮るところ。「イイカメラを持ってるので、撮ってもらえませんか?」
アングルを選んだり、笑顔の注文をしたり、ワイワイガヤガヤ楽しく撮影。その後、皆さんは、駐車場でお花見ならぬ"宴会"。帰り際、「運転なので、飲めません!」と云いつつも、缶ビールを頂きました。
皆さんが下った後、2人の女性、「この家は、元は茅葺屋根だったですか?」と話しかけると、「中を見ますか?」と鍵を外して屋内を案内され、この家の3姉妹の長女、三女の方とのこと。
花の里を立ち上げ、平成25年には、内閣総理大臣賞を受賞。群馬に嫁いだ次女の方は、年に7回帰省し手入する等、継続・維持の苦労話をいろいろ伺い、お土産に紫陽花のドライフラワーも頂く。
素敵な出会い一杯の"花の里"でした。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。



何枚かの畑に丹精込め植栽され 美しく絨毯の様に拡がる



友人と連立ち お酒を飲みながら楽しいお話 缶ビールを頂く



花の里を立上 内閣総理大臣賞受賞 苦労話をいろいろ伺う


東眼下に先日訪問の Loving Cafe この後2回目訪問 まったり

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック
スポンサーサイト

D500購入/APS-C最強カメラ
D500 purchase/APS-C strongest camera
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

価格もかなりダウンしてきたD500 今後もAPSで撮る決意し購入

D7200を購入してもうすぐ丸2年。センサー部にゴミ付着か、エアーブローだけでは取れない。そこで修理に出したいものの、その間一眼レス状態に。
2台目の一眼が欲しいと考え、Nikon以外の他メーカー、フルサイズも含めていろいろ検討。他メーカーやフルサイズの場合、保有レンズ(10-20、35、60macro、18-300.150-600)も新たに購入しなくてはならない。早々に断念。
そこで、APS最強機種であるD500を検討。仕様は申し分なし。価格も当初から比べると9万円近くダウン。先日、意を決し、購入後のサポートも考え、店頭購入。
現場でのレンズ交換は、手間がかかると同時に、ゴミ混入の恐れもあり、各々別レンズを装着し、2台持ちで撮影することに。
ネット情報を検討し、選択したのは、イタリア製のカメラベルトホルダーを購入。D7200に軽量レンズを装着しホルダーに装着。
装着時のカメラの姿勢を安定化させる為と思われる、ホルダー下部のサポート。装着時嵩張るので、他メーカーの形状を調べたり、サポートない場合の保持具合等を確認し、除去。
先日、D500に18-300mm、D7200に10-20mmを装着し、カメラ仲間の人達と撮影に遠征。結果良好。
後は、イイ写真を撮るだけ・・・。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


Nikon D500 APS-C(DXフォーマット)のフラッグシップ機 購入



既保有機D7200との2台持ち用 伊製カメラベルトホルダー購入



カメラ保持サポート部嵩張る為 機能低下無しを確認後 切断

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

ライブ鑑賞/パクシンとケイタロウの音楽会
Live viewing
 /Concert of PAKshin & Keitaro
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

パクシンとケイタロウの音楽会 @高松市寺井町晴れの広場 ciel

先日、3月24日、高松DIMEで開催のカルメラライブに参戦。ノリノリに堪能。そのカルメラ、キーボード奏者のパクシンさんの"パクシンとケイタロウの音楽会"が4月9日に寺井町の"晴れの広場 ciel"にて開催され、もちろん参加。
東京のカフェでバリスタの石川翔一郎さんが、ciel内に月一で不定期オープンしている"Flat Coffee Garage"(以降、FCG)の一周年記念イベント。
東京の飲み屋で、知り合い、一周年記念に駆けつけ、ライブ演奏。友情が産出した素敵なイベント。
そして、翔一郎さん拘りの豆を挽き、愛情を込め全員へハンドドリップで、その至宝の一杯を味わいながら、ホッコリした演奏に素敵な時間が流れる。
優しく見守る母上、そして2人のアーティストへの感謝、そして両氏のフレンドリーな対応、全員で一周年のお祝い。終始、愛情あふれる、ホッコリした幸せな時間を頂きました。

・パクシンとケイタロウの音楽会
4月9日(月) OPEN/18:30 START/19:00 
Charge \2,000(1coffee付) @晴れの広場 ciel
エンタメジャズバンド「Calmera」のキーボーディストとして活躍中のPAKshin(パクシン)と、BEGINやMINMI、きいやま商店、など様々なアーティストのサポートベーシストとして、またソロプロジェクト「jimsee」としても活躍中のカナミネケイタロウの2人によるセッションイベント。それぞれのフィールドで活躍する同い年2人によるこの音楽会では、ピアノとベースのみならず、様々な楽器を使ってのオリジナル、カバー問わず多ジャンルな演奏。

・晴れの広場 ciel
佐伯(さいき)工務店 高松営業所に木の香りとぬくもりに包まれる癒やしの空間「ciel~シエル~」誕生。おしゃべりの会、音楽の会、趣味の教室、発表会、まじめな会議、勉強会 etc…自由に使える。ホールをまるまる貸し出し。

☆全写真は、クリック及び再クリックにより より拡大可能(写真掲載は許可済) 


東京で出会ったアーティストと共に FCG一周年ライブ 珈琲と共に開催



PAKshin カナミネケイタロウ同い年の両氏 息の合った素敵な演奏



最近始めたという鍵盤ハーモニカ"雨に濡れても"ホッコリイイ感じ



FCG一周年記念Happy Birthday 島人ぬ宝 を皆で大合唱 交流


東京でバリスタ 月一で帰省 拘りの豆そしてハンドドリップ 至宝の一杯 

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

Loving CAFE/美馬市/カフェ情報
Loving CAFE/Mima/Cafe Info
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

Loving CAFE 県境を越えた美馬の山中 隠れ家の様な素敵なカフェ

3日程前、旧職時代の友人のTさんより電話があり、「日曜時間あれば、Loving CAFEへ行きませんか?」とのお誘い。
以前から、Tさんの奥さんのFBに幾度となく登場し、「素敵なカフェだな」と思っていたので、「行きたい!」と即答。
4月8日、日曜日、遠回りして自宅まで迎えに来てくれ、徳島県美馬市の山中にあるカフェ、Loving CAFEへ。
深い木立を抜けていくと、西に向かって開けた斜面の古民家を改装した、至る所に遊び心を感じる素敵な空間、カフェ。
いつも屋外で、過ごすというTさん。なるほど、西向きの見晴らしの良いテラスから、芽吹き始めた優しい緑を一望。そして、阿讃の山々に落ちていく夕陽は、最高、至福の時間。
頂いたキーマカレー、珈琲とも、とても美味しく、堪能。
今回、持参のカメラは、単焦点52.5mm。画角が狭く、素敵な空間を切り撮ることが出来ず猛省。
今回は、速報と云うことで、次訪問時は、今回の反省を踏まえ、的確なレポートをしたいと思います。

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


Tさんお気に入り オーナーとも家族ぐるみの付き合い 癒し空間



高低差が創出する どこからも素敵な景観を望むことができる



Garden Design 作庭社 のオーナー手造り空間 楽しいセンス良さ



オーナーの友人 監督のニワトリ★スター 広報キャラバン車 一筆Tazoom

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック

LED ヘッドライト/夜間サイクリング
LED Headlight/Night cycling
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]

十分な明るさで夜間サイクリングも安全に やっと満足のライトをゲット

2014年9月に、クロスバイク購入、ライトは未装備。そこでコンパクトなバイク用のLEDライトを購入して取付。
夜間走行には、照度が不十分と感じ、2016年1月に、高輝度のLEDライトを取り付けようとしたものの、4~5千円と高価で、購入断念。不本意ながらLEDタイプの"懐中電灯"を取付。
先日、近くのホームセンターへ立寄った際に、安価な高輝度LEDハンディライト(アイリスオーヤマ製)を発見。価格は、税込¥1,760。「この明るさでこの値段は安い!」と即購入。
バイク用ライトとしての性能確認を兼ね、夕方前に庵治のアンティミテさんへ出かけ、帰路の夜間走行でライト点灯。
ややワイド気味に設定。広範囲に明るく、特に中心部は、路面の細かな状態も確認でき、大満足の結果。やっと安全安心の夜間サイクリングゲット。
IHヒーター、LEDシーリングライト等、イイものを安く、ますますアイリスオーヤマファンに。

・LEDハンディライト  LWK-500Z/アイリスオーヤマ
照射距離が長いため、点検・警備などに便利。スポット配光/ワイド配光 ヘッド部分を左右に回し切換。 明るさ:500lm  照射距離:315m  点灯時間:9時間  単3乾電池×6本  \1,780(税込/近隣ホームセンター)

2016/05/30 フロントバッグ/クロスバイク/DIY
2016/05/15 リアキャリア/クロスバイク/DIY チューンアップ No.3
2016/01/10 自転車/チューンアップ No.2/DIY  
2015/01/28 自転車/チューンアップ/DIY
2014/10/26 自転車購入/フラットバーロードバイク

☆全ての写真は、クリック及び再クリックによってより拡大可能。


アイリスオーヤマ LEDハンディライト 高輝度500ルーメンながら安価 即採用


2016年1月 「当面は安価なLEDの懐中電灯を取付」 2年余経過



午後4時過ぎ 自宅を出発 ロータリーキャンドルホルダーをアンティミテへ持参


午後6時前に帰路に 屋島北側に沈む夕陽 峠の石屋さんの窓にも


夕焼けをバックに琴電志度線 自宅近く耐震工事中の水道博物館



自宅前で LEDハンディライトの性能確認 スポット配光 驚愕の照射距離

☆ ウッドデッキ、薪ストーブ、ミニカー、グライダー、そしてDIYの詳細は、
本家/Tazumichi をチェック、左バナーをクリック